« 父(北見敏之)より怪しい娘(大政綾)って言うか、家族八景(水崎綾女)を待ちながら。 | トップページ | 欲望と死亡のはざまで愛をみつけたけだもの(山下智久) »

2012年1月19日 (木)

彼女(永作博美)は人間じゃない(香里奈)VSおっちょこちょいな女(鈴木杏樹)

水曜日と言えばダンスの日だったが・・・前回は「相棒」16.3%、「ダーティー・ママ」12.7%だった。

おそらく・・・そこそこのステップを踏んでいくと思うが・・・とにかく・・・作品の出来があまりにも落差が激しくて眺めているのも心苦しく・・・今回はそっとしておくことにする。・・・撃ってもいいよ。

しつこいようだが・・・「相棒」はレビューしない方針なのだが・・・今回はまさに想定外の連続だったので・・・一言触れておくことにする。

で、『相棒・Season10・第12話』(テレビ朝日20120118PM9~)脚本・古沢良太、演出・近藤俊明を見た。「ついてない女」「ついている女」に続いて、「つきすぎている女」として月本幸子(鈴木杏樹)が再々登場である。今月は鈴木杏樹月間なのか。加藤あいが落ち着いてきたので・・・勝負にでたのか。そんなことはないか。

数奇な運命を経て・・・模範囚として早めに出所した月本幸子(鈴木杏樹)。

「希望する職種はありません・・・」とハローワークで殊勝に語り、清掃業に就いた幸子である。地道に仕事をするうちに優良企業の社長のお屋敷の家政婦として抜擢されるのだった。

そこで月給が手取り53万2500円である・・・おや・・・何気なく作ったメニューが気に入られ商品開発のボーナスとして62万5631円が振り込まれたりする・・・おやおや・・・安くて豪華なマンションへの引っ越しを勧められ、ついには事業を引退した父親から継承したばかりのイケメン若社長からプロポーズされるに至るのである。

「私がこんなについているわけがない・・・これには裏がある」・・・月本幸子・・・悲しい女である。幸子の幸はどこにある・・・なのである。

思い余って・・・杉下右京(水谷豊)に相談する幸子。しかし・・・右京はなぜかスランプである。幸子の疑惑の物語に一向にピンとくるものがないのであった。

相棒の神戸尊(及川光博)は「習慣になっていたものが突然喪失されると調子が狂うことがありますよ」と分析し・・・右京の元妻の旅路を暗に匂わすが・・・右京はポーカーフェイスで凌ぐのだった。

やがて・・・事件は大量殺人事件を起こしたカルト教団「太陽のしもべ」やその後継団体「天体構造学研究会」を巻き込んで、幸子の前任の家政婦の失踪事件へと発展していく。

そして・・・カルト教団の信者となっていた若社長と対峙する幸子。

ナイフを振りかざし・・・「私はヤクザの情婦だった女よ・・・なめないで」と啖呵をきるのだった。

しかし・・・すべては幸子の思いすごしだったのだ。その詳細について・・・ここで語るのは野暮なのでやめておきます。今回は上質な大人のサスペンス・コメディーだったので。

ただ・・・女将不在だった「花の里」に新しい女将が誕生し・・・右京がスランプを脱したことは特筆しておく必要があるだろう。

右京と幸子に夜の生活があるのかどうかも・・・言及は控えたい。

とにかく・・・「花の里」は注文をすぐに取り違えるおっちょこちょいな女将・幸子を迎え、営業を再開したのである。事件解決後の時間調整が計算できるエンディング・シーンが作りやすくなってめでたしめでたしなのだった。

関連するキッドのブログ→脱獄したくはなかったのに・・・(鈴木杏樹)VS叱らずにはいられない私。(観月ありさ)

で、『ダーティ・ママ!・第2話』(日本テレビ20120118PM10~)原作・秦健日子、脚本・白木朋子、演出・南雲聖一を見た。ガールズ・バー「百蘭」の店長・ムツミは丸岡刑事(永作博美)に翻弄される長嶋刑事(香里奈)にこう語る。「ある人が言ってたわ・・・彼女は人間じゃない・・・だから彼女の産んだ子供も人間じゃないって」・・・つまり、丸岡刑事は・・・妖怪人間・・・違うと思うぞ。

先週の続きである「怪しい経理の女」幸代(西田尚美)の「守ってもらいたいタイプ」の話は・・・愛人の自殺未遂、幼い息子の誘拐事件へと発生する。

人質を無事に取り戻すために支離滅裂な作戦を実行し、人混みの中で発砲する丸岡刑事。大群衆は逃げまどい、おしあいへしあい転倒者が続出。死亡三人、重軽症者百人超の大惨事を引き起こすが、関係者の戒告と処分は案外軽いのであった・・・久しぶりなので一言申し上げておきますがこのレビューはあくまで妄想です。

それにしても・・・長嶋刑事と佐々木巡査(上地雄輔)のカップルって魅力を感じないなあ。

ヤクザ関係芸人の余波ってこわいし、関係者かわいそうだな。

どうしても汚れた感じがするものなあ。

とばっちりってこういうことなんだなあ。

ともかく・・・屋台の焼きそば鉄板台を押し出して犯人を逮捕した長嶋刑事のニックネームは「ラッセル」になりました。

こりゃ、来週はNHKスペシャル「シリーズ原発危機知られざる放射能汚染~海からの緊急報告~」の記事でも書くしかないかもね。

関連するキッドのレビュー→先週の水曜日のレビュー

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はこちらへ→mari様のレビュー 

|

« 父(北見敏之)より怪しい娘(大政綾)って言うか、家族八景(水崎綾女)を待ちながら。 | トップページ | 欲望と死亡のはざまで愛をみつけたけだもの(山下智久) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/43797064

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女(永作博美)は人間じゃない(香里奈)VSおっちょこちょいな女(鈴木杏樹):

» 《ダーティー☆ママ!》#02 [まぁ、お茶でも]
同じ刑事ものでも「ダーティー」では無い方が好きです。 ざっと感想を。 ワールドジャパンの社長が高子と葵の上に降ってきた。 部屋に飛んで行った高子は、そこで子供が描いた家族の絵を見つけた。 シカレマシタ と書いた遺書めいたものが置いてあった。だがどう見てもシとツがまぜこぜで、外人でも書いたような間違え方だった。 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月20日 (金) 23時25分

« 父(北見敏之)より怪しい娘(大政綾)って言うか、家族八景(水崎綾女)を待ちながら。 | トップページ | 欲望と死亡のはざまで愛をみつけたけだもの(山下智久) »