« ああ、だから今夜だけは君を抱いていたい、明日の今頃は僕は船の中(松山ケンイチ) | トップページ | 欲望が邪悪だとすれば生命は邪悪そのものであることを認知させる日曜画家に回心する乙女(木南晴夏) »

2012年2月28日 (火)

戦死者が死んでいる(松本潤)

元ネタはエド・マクベインの87分署シリーズ・第14作「クレアが死んでいる」(1961年)である。

探偵ではなく警察小説であるが・・・第1作の「警官嫌い」が1956年であるから・・・第56作の「最後の旋律」(2005年)までおよそ・・・半世紀続いていたことになる。・・・エド・マクベインは2005年に逝去している。

しかし、今回の話のポイントとなる太平洋戦争終結は昭和20年(1945年)でそれより昔なのだ。なんといっても今年は戦後67年なのである。

ちなみに依頼者の老婦人を演じる水野久美は実年齢75歳で終戦の時には7歳でした。

まあ・・・若く見える老婦人ということにしてだ。遺影の相手と将来を誓うとなるとやはり16歳が最低限であると考えてマリアナ沖海戦が1944年なので前年に最後の別れをしたとして終戦時に18歳。現在85歳の老婦人となる。まあ、いろいろな意味でギリギリだな。

単純に「幽霊譚」なら・・・どうせジュブナイルと考えて、キャロリン・キーンの『少女探偵ナンシー』シリーズから老婦人がらみの「幽霊屋敷の謎」でもよかったが・・・「幽霊屋敷の謎はどうなっちゃったのでしょう?」とかね。

しかし・・・まあ、大泉洋回だったし、結局、シリアスだったわけだから・・・「おなじみの登場人物が突然死ぬ」の元祖である「クレアが死んでいる」に落ち着きました。クレアというのは87分署の刑事の一人、クリングの愛しい恋人で・・・銃乱射事件の被害者なのである。

まあ・・・ドラマの方はキワモノクラスのメルヘンで・・・お若い方にはまさにちんぷんかんぷんなんじゃ・・・。

で、『ラッキーセブン・第7回』(フジテレビ20120227PM9~)脚本・宇田学、演出・成田岳を見た。脚本・演出は「TOKYO コントロール」(2011年フジテレビNEXT)と同じである。これは東京航空交通管制部を舞台にしたサスペンスだった。空港の遺失物取扱所(Lost and found)に美人(中越典子)捜索官がいるという発想は素晴らしいと思う。しかし、ふってわいたお見合いの件といい、違和感ありまくりでしたな。中越典子は「必殺仕事人」と「サラリーマンNEO」以外にはろくでもないキャスティングで意味不明のことが多いのだが、今回もギリギリでしたな。

まあ、所轄の北品川署の刑事である桐原警部補(吹石一恵)が要人警護のために空港の下見にくるというのは・・・完全に意味不明である。

まったくふりむいてくれない相手(吹石)より、食事に付き合ってくれる相手(中越)を選ぶべき・・・という「月9」的アドバイスかよ・・・腐っても探偵ミステリーじゃないのかよっ。

ラッキー探偵社に老婦人(水野久美)が現れ、夜な夜な訪れる恋人の幽霊についての捜索が依頼される。相手が超常現象の場合は心霊探偵に頼んでもらいたい・・・と依頼を拒絶するラッキー探偵社。

相変わらずほとんど、業務をしていないように見える探偵たちである。とりあえず、着手金の相談ぐらいしろよ・・・とテレビに向かって灰皿を投げ付けそうになりますな。

そして・・・旭(大泉洋)はお見合いに出発。興味津々で尾行する駿太郎(松本潤)と飛鳥(仲里依紗)である。

相手は遺失物取扱所にお勤めの自称探偵(中越)である。

「忘れ物を捜すって素晴らしいことだと思うんです」と自分の職業を誇らしげに語る彼女に対し、旭は「弁護士です」などと身分詐称をするのである。立派な犯罪である。

そこで、駿太郎はちゃちゃをいれて、お見合いデートをぶちこわす。

「そんなにウソから入ったらダメだろう・・・相手にピンときたら・・・真心こめてアタックしなきや・・・」恋愛については百戦錬磨の駿太郎は旭を教え諭すのだった。

前回の非礼をわび、再び・・・彼女とデートした旭は「忘れ物は・・・単なるもの・・・じゃないと思うんです・・・どうしても失いたくない思いそのものだと思うんですよ。私はその思いに答えるのが自分の仕事だと思います。人間は大切なものでもうっかり忘れる生き物ですからね」

彼女のロマンあふれる職業意識に刺激され・・・旭は切り捨てた老婦人の依頼を拾いに行くのであった。

一人暮らしの老婦人は身の上を語る。

「将来を誓い合った人がいたんです・・・しかし、その人は大東亜戦争でお国のために戦死したと知らせが届きました。でも・・・あの頃は戦死したはずの人が九死に一生を得たり、敵国の捕虜になっていたりして・・・ひょっこり帰ってくるなんてこともあったんですよ。私はどうしてもあの人が死んだと信じられなくて・・・気がついたら67年たっていたんです」

「ロマンチストだなあ・・・」

その夜、寝ずの番をしていた旭の前に戦死した「彼」が現れる。

「彼女は・・・もしも、私をあきらめて他のものに嫁ぎ・・・私がひょっこり帰ってきたらどうしようとそればかりを考えて・・・戦後ずっと操を守り続けてきたんです。こんなことなら・・・別れの日に・・・やることをやっておけばよかった・・・」

「じゃあ・・・おばあちゃんは・・・処女なの」

「ロマンチストでしょう・・・」

旭はこのロマンにオチをつけなければならない自分を幽かに哀しく思う。

一方、暖かい家族に恵まれた駿太郎は急に老婦人のことが気になりだして・・・旭の次に老婦人の家庭訪問を行う。そして・・・処方された薬から病院を割り出すと、院内に潜入。守秘義務の壁を乗り越えて、老婦人が悪性腫瘍に犯されていることを知るのである。

旭と駿太郎はお互いの情報を交換する。

「おばあちゃん・・・死ぬ気なんだぜ」

「まあ、それも運命かもしれないが・・・このままじゃ、寝ざめが悪いよな」

「なんか・・・証拠が欲しいんじゃないのかな・・・許嫁が死んだ証拠が・・・」

「そんなもん・・・あるのかな」

「それを捜すのが探偵の仕事でしょう」

「いや・・・それはかなり違うと思うぞ・・・でも俺が依頼人代理になって・・・一応捜してみるか・・・なんていうか、ボランティア精神だな」

「もうまったくビジネスじゃないですよね」

しかし・・・とにかく暇なのである。ラッキー探偵社は全力をあげて・・・老婦人の許嫁の消息捜査を開始するのであつた。

ミッドウェイ海戦の大敗北以来、苦境に陥った帝国海軍は防衛線を縮小しつつ、起死回生の祈りを捧げ、マリアナ沖海戦に挑む。

空母部隊を集結させ、敵の空母を撃滅する作戦である。

時に1944年6月19日。しかし、すでに日本軍の暗号解読に成功していた米国海軍は待ち伏せ作戦を決行。後にマリアナの七面鳥打ちと呼ばれるほど帝国海軍の空母航空隊に壊滅的打撃を与えるのである。

やがて、航空機を失って無力化した帝国海軍の空母に米国海軍が襲いかかる。

最初に米潜水艦の雷撃により空母「翔鶴」が沈没。続いて、雷撃によって損傷した艦内に気化した航空燃料が充満した空母「大鳳」が大爆発、炎上、沈没する。

敗北を悟り退避を開始した帝国海軍だが、米国海軍は追撃の手を緩めず翌日の6月20日に空母「飛鷹」が敵艦載機の猛襲を受け炎上。乗組員は退艦し「飛鷹」もまた太平洋の藻屑と消えたのだった。

探偵たちはデータベースを探り、生存者による戦友会を訪ね・・・やがて・・・老婦人の許嫁の遺族が和歌山県に生存していることをつきとめる。

探偵たちが手にしたのは・・・戦死者に授与される旭日章(今更ですが妄想のために再現性は低く設定されています)であった。

事情を聴いた許嫁の甥は・・・形見の品を贈与してくれたのだった。

探偵は老婦人を呼び出した。

「優しくしてくれたお礼に・・・」と老婦人は多額の入金がある預金通帳を渡す。

老婦人はどうやら資産家だったらしい。

「こんなものもらえない」といいつつ、旭は一度はポケットに通帳をしまうのだった。

「あなたが・・・恋人がもう・・・この世にいないことを信じられる証拠になるかどうかは・・・わからないが・・・事情を話したら彼の身内の方が・・・これをあなたに・・・って」

旭は旭日章を渡す。

勲八等白色桐葉章
内藤一喜一等機関兵

老婦人は勲章に記されたその名に・・・ようやく・・・彼が去ったことを受け入れる気になるのだった。

駿太郎は「彼からもらった浅草寺のお守り・・・空襲でもえちゃったんだってね・・・これ、あげるから・・・機嫌なおしてよ」と新しいお守りをプレゼントするのだった。

旭は通帳を渡す。「これで遺された人生を有意義に送ってみたらどうだろう・・・すごくいい、老人ホームに入るとか・・・素敵な出会いが待っているかもしれませんぜ」

駿太郎「そうそう・・・おばあちゃんは・・・美人だもん・・・なんてったって和製フランソワーズ・アルヌール(フランスの美人女優)・・・怪獣大戦争のX星人に萌えた人もたくさんいるんだよお」

二人の若い男に囲まれて・・・老婦人は微笑んだ。

そして、はるか、太平洋の海底では白骨化したご遺体から最後の吐息のように水泡が漏れたのだった。

こうして二人の恋は終わったのである。

今も昔も、帰らぬ人々を待つ人々はいるだろう。・・・黙祷。

今回の教訓・必要経費請求のためにレシートはお忘れなく

関連するキッドのブログ→第6話のレビュー

瑛太不足で楽しめるものも楽しめないあなたはこちらへ→まこ様のラッキーセブン

松潤と瑛太をこよなく愛する皆様はコチラへ→くう様のラッキーセブン

|

« ああ、だから今夜だけは君を抱いていたい、明日の今頃は僕は船の中(松山ケンイチ) | トップページ | 欲望が邪悪だとすれば生命は邪悪そのものであることを認知させる日曜画家に回心する乙女(木南晴夏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/44290194

この記事へのトラックバック一覧です: 戦死者が死んでいる(松本潤):

» ラッキーセブン #07 [ぐ~たらにっき]
『恋におちて』 [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 02時59分

» 「ラッキーセブン」7人の個性派探偵ファイル6,7老女の依頼に1度は断るもお見合い相手の話しを聞いて依頼を受ける事にし恋人だった人の遺品を見つけた [オールマイティにコメンテート]
「ラッキーセブン」第7話は昔の恋人が幽霊で出るということで調べてほしいという老女の依頼が来たものの、さすがに幽霊の調査はできないと最初は断る。その頃淳平がお見合いをす ... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 06時15分

» ラッキーセブン 第7話 [レベル999のgoo部屋]
『恋におちて』 内容 淳平(大泉洋)が、千崎陽子(中越典子)という女性とお見合いをすることに。 駿太郎(松本潤)飛鳥(仲里依紗)筑紫(角野卓造)メイ(入来茉里)らは、 写真を撮るなど、いろいろと世話を焼きはじめる。 そんななか、妙な依頼が探偵社に舞い込ん...... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 07時31分

» ラッキーセブン「恋におちて」 [のほほん便り]
今回は、ほっこり話… 旭淳平(大泉洋)のお見合い話と、トメ(水野久美)おばあちゃんからの幽霊に関する依頼話が並行して進みました。 人情にほだされ、請け負うはめに。そして、終わり良ければ… だったんだけれど、あれほどガイガーに反応していた位なので、そういうサプライズも、ちょっぴり期待したんだけどな。 お見合いした同士も、同じ探偵仲間(?)ってことで、気がつくと、なんだかイイ雰囲気に たしかに、中盤で、お遊びバージョン。でも、序盤のスピード感からすると「番組、変わった?」と感じてしまう... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 07時58分

» ラッキーセブン(7) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 13.6%・・・前回(14.6)より 恋におちたら [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 10時14分

» ラッキーセブン 第7話〜老女トメになった「X星人」の『最高の人生の終り方』 [世事熟視〜コソダチP]
月9「ラッキーセブン」第7話 おみそれしました。 先週時点では、新田=瑛太がいったん消えて、”松潤”の顔ばかりに焦点が合うような、『松潤ドラマ』に成り下がったのだと思ってたら、今回は旭(大泉洋)に焦点が当たって、主要な登場人物に順番にスポットを当てるパターンを踏む気配・・・。 ”大泉洋”ならではのコミカル部分に加えて、戦争で恋人を亡くした老女トメ(水野久美=懐かしのX星人)の『最高の人生の終り方(終わらせない)』まで描きこまれて、随分とマトモなドラマになってました。 ひたすら”松潤”... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 10時21分

» ラッキーセブン (第7話 2/27) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
1/16からフジで始まったドラマ『ラッキーセブン』(公式)の第7話『恋におちたら…』の感想。 これ以上の大火事になる前に… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3436/ ★Seesaaブログにトラックバックが飛ばな…... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 11時01分

» 【ラッキーセブン】第7話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
今週は大泉洋ちゃん@旭の主役回~・・・? 「ラッキーセブン」第7話       ほんとにほんとにほんとに簡単感想のみで。 トメさんの部屋を調べる旭がゴーストバスターズみたいで面白かっ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 11時57分

» ラッキーセブン mission7:恋におちて [あるがまま・・・]
二人は付き合ってんの?(・・。)…ん? そういえば淳平って由貴に惚れてたっぽいけど、ただの憧れだったのかな? このまま千崎陽子@中越典子と付き合うのか?それとも・・・ と、今回は淳平が主役の回ではあったけど、依頼の話もイマイチながら見・・・ で、結局本当に幽霊...... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 15時39分

» ラッキーセブン 第7話 [ドラマハンティングP2G]
第7話「恋におちて」 2012.2.27 MON ON-AIR 自分の元に現れる幽霊が死んだ恋人かどうか確認してほしいと、トメという老女から依頼が入った。奇妙な依頼に時多駿太郎(松本潤)は驚くが、トメはいたって真剣だった。しかし、筑紫昌義(角野卓造)から請け負えないと断られ…... [続きを読む]

受信: 2012年2月28日 (火) 16時15分

» 《ラッキーセブン》★07 [まぁ、お茶でも]
事件としては、かなり薄くて来週へのつなぎと言う感じでした。 簡単に感想を入れていきます。 淳平がお見合いをする事になった。 今朝到着の写真を見て、探偵社は盛り上がった。 まだ写真を送っていないと言う淳平に駿太郎は、ここで写真を撮りましょうと言いだした。 デートの初回。淳平は、見栄をはって自分を弁護士だと紹介。話は弾んだが、それを心配して尾行してきた駿太郎と飛鳥に知られた。 駿太郎は、アドバイスと称して電話をしたが淳平の登録は、「リンカーン」だった。 ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 1日 (木) 17時09分

« ああ、だから今夜だけは君を抱いていたい、明日の今頃は僕は船の中(松山ケンイチ) | トップページ | 欲望が邪悪だとすれば生命は邪悪そのものであることを認知させる日曜画家に回心する乙女(木南晴夏) »