« さよあけてゆくえあやまつからのふねめざめしきみのひとりゆれけむ(松山ケンイチ) | トップページ | 外面如菩薩内面如夜叉の如く紅蓮の炎に包まれた十一面観音菩薩が十一面荒神に退行し紅蓮菩薩と化した時、震えた乙女(木南晴夏) »

2012年2月21日 (火)

凍てついた昼下がり(松本潤)

元ネタは「凍てついた夜」(リンダ・ラ・プラント)である。ちなみに女酔いどれ探偵ロレイン・ペイジ・シリーズ三部作の「序」である。この後は「渇いた夜」「温かな夜」と続いていく。シリーズを通じてドス黒い過去を持つ主人公が失意から再生していくという物語になっている。

ちなみに原題は「Cold Shoulder」「Cold blood 」「Cold Heart」でどこにも「夜」はない。直訳すれば「冷遇」「冷血」「冷淡」である。身も心も凍りそうなタイトルである。

しかも、さらに直訳すれば「凍える肩」「冷えた血液」「冷たい心臓」となっていく。肩が寒いくらいなら生きているが心臓が冷たくなったら死んでいるのである。

しかし・・・実際には紆余曲折あって・・・死にかけていた主人公が生き返っていくストーリーなのだ。「夜」をめぐる物語としてそれを示した邦訳タイトルは・・・好みにもよるだろうが・・・それなりに的を得ている。

もちろん・・・ラッキーセブンにはただの肌寒さが似合うわけだが・・・今回はいたるところで「凍てつく」昼下がりであったことは間違いないだろう。

「生温かい昼」というタイトルでもよかったが・・・あまりにもズバリだからな。

ともかく、映画版「花より男子」の道明寺司とドラマ版「花より男子」の道明寺司が夢の共演である。

ある意味、ホットではあったよねえ。

探偵という「トラブルこそが私のビジネス」という裏稼業の自己正当化を延々と続ける必要は一体、どこにあるのだろうか。

まあ・・・「なにもなかった過去」から「なにかありそうな未来」へ・・・主人公の成長の物語として考えれば、その職場は夢と希望と信頼に満ちていなければならないのかもしれないですけれどもーーーっ。

で、『ラッキーセブン・第6回』(フジテレビ20120220PM9~)脚本・野木亜紀子、演出・長瀬国博を見た。日本一無防備な探偵事務所・北品川ラッキー探偵社は記念すべき調査案件・2000件を達成しようとしていた。なぜか駿太郎(松本潤)が気になる第一号案件では調査対象が乱入し、ラーメン屋店主ではない筑紫(角野卓造)が刺され、若き藤崎社長(松嶋菜々子)が犯人を回し蹴りで昏倒させているにも関わらず・・・失敗から何も学ばないのか・・・第一、調査対象に存在をつきとめられてしまう探偵社って・・・というエピソードである。

新田(瑛太)が去り、観葉植物の苔丸だけが・・・駿太郎の心の拠り所である。

しかし、駿太郎の指示通りに熱心に格闘技の道場に通っている駿太郎だった。

そんな駿太郎に「あなたには期待しているわ・・・私はあなたをスカウトできて本当によかったと思っている・・・がんばって」と色目を使う藤崎社長。

駿太郎も飛鳥(仲里依紗)に「君っていつも魅力的・・・もてるでしょう」とさりげなく言って「むかつく」とほめられる色事師なのだが・・・まだまだ社長を陥落させるには未熟らしい。

しかし、事務所にかかってきた無言電話を「男性からでした」と見抜く特殊能力は持っているのだ。もちろん、藤崎社長はこの点をかっているのだな。世界でも十人くらいしかいないだろうと推測できる特殊能力だもんな。・・・有用かどうかは別として。

ともかく、無言電話や、無差別出前注文など・・・事務所に対して嫌がらせ行為が発生しており、要警戒レベルなのだが・・・いたって呑気なメンバーである。

休日のために愛犬の予防注射にでかけた飛鳥はテレビ番組でドッグフード1年分を入手するチャンスをつかみ、駿太郎をパートナーとしてテレビ局に呼び出す。つまり、駿太郎・・・業務していません。給料泥棒かっ。

藤崎社長は怪しい外回りにでかけ、旭(大泉洋)は怪しいクライアントと面談のために外出。茅野(入来茉里)にいたっては秋葉原に備品調達といいつつおでん缶の買い出しである。一人、留守番となった筑紫はひょんなことから鍵付倉庫に閉じ込められてしまう。

無防備探偵事務所の成立である。そこへ宅配ピザの配達員に変装した調査対象の小林(飯田基祐)が侵入する。「俺の浮気調査の報告書を出せ」である。あきらかに言っていることが支離滅裂で精神を病んでいるのだが・・・そこにはあまり触れないらしい。

この状況と探偵たちの行動がハラハラドキドキさせるポイントになっています。・・・誰がハラハラドキドキするんだよっ。・・・もちろん、「渡鬼」ファンだろう。・・・ああ、そうですか。

駿太郎はテレビ局で偶然にも子供の頃に憧れた「私立探偵・真壁リュウ」を演じる祐希(谷原章介)に出会う・・・18年間続いている人気ドラマシリーズってやはり21年間続いていた「渡鬼」へのオマージュだよな。つまり、今回は筑紫回なのだ。

脅迫されているという祐希の依頼で行動を共にする駿太郎。ご褒美は甥っ子の翔太(後藤奏佑人)へのサインである。犯人は祐希に冷たくあしらわれたガリガリガリクソン(おそらく本人)であった。凍てついた昼下がりの屋上で駿太郎は犯人を習得仕立ての関節技で確保するのだった。毎週、あらびき団出身者をしめあげるというお遊びをこれから続けてもらいたいくらいの見せ場である。

定時連絡(危険をともなう稼業である探偵としては必修)で事務所の応答がないことに不審を持った探偵たちは急ぎ、事務所に向かう。

もちろん、展開的には不必要だが、筑紫と駿太郎の連携を見せるために・・・小林を誘導して筑紫は駿太郎と電話で会話し、阿吽の呼吸を見せるのだった。

「苔丸の水をやるのは俺の仕事だ」

「・・・なるほど、山と言えば川ですね」

こうして、ダッシュで事務所に帰着した・・・駿太郎。事務所では狂乱した小林がオイルを撒いてライターに火をつけ、放火寸前である。

しかし、駿太郎とゆかいな仲間たちは格闘の末、小林を確保して一件落着である。

駿太郎の回し蹴りが炸裂して・・・小林は即死したのだった・・・死んでないだろう。「はぐれ刑事」シリーズでは善良な市民がえてしてこういう展開で犯罪者になるじゃないか・・・ここは月9だから・・・主人公はたとえメルトダウン中の原子炉に飛び込んでも死にましぇ~ん。・・・ああ、そうですか。

こうして、探偵たちの団結は一層高まったのである。

・・・まあ、だからどうしたという話でございます。

「昔は俺が腹をさされて調査対象を犯罪者にしてしまった・・・今回は穏便にことがすんでよかった」とまとめる筑紫。

翌日、離婚を迫られた小林が妻を刺殺する可能性は25%くらいだとおもうが・・・もちろん、そこは他人事なのである。こうして・・・凍てついた昼下がりは吹雪の黄昏に向かっていくのだな。

今回の教訓・探偵はいつでも携帯電話を携帯すること。

関連するキッドのブログ→第5話のレビュー

天使テンメイ様は安心して楽しめるらしい→コチラへ

駿太郎のキックに新田の影を感じるあなたはコチラへ→まこ様のレビュー 

松潤と瑛太をこよなく愛する皆様はコチラへ→くう様のレビュー 

|

« さよあけてゆくえあやまつからのふねめざめしきみのひとりゆれけむ(松山ケンイチ) | トップページ | 外面如菩薩内面如夜叉の如く紅蓮の炎に包まれた十一面観音菩薩が十一面荒神に退行し紅蓮菩薩と化した時、震えた乙女(木南晴夏) »

コメント

わ~~~キッドさん、おはようございます。
一時期お休みされてたようでこちらに久し振りに伺ってみたら書かれてる!嬉しい事です。また通わせてもらいます^^
さて、ラキセブ、残念!な作品です。松潤スキーといたしましては夏虹の恐怖からやっと立ち直れると思った初回放送後の期待感も2話目にして、早はじけ~もう新田が主役のドラマをただへらへらゆるく鑑賞していこうと思った矢先の新田のわけわかめ事件でまたまた、はじけ~~もうどうしたらいいねん!状態です。
「ねーちゃんぐふぐふ」「こっらーつかさー」って女社長に駿太郎くんを蹴り飛ばしてもらいたい今日この頃です。
視聴者をどこまでも置いてけぼりにする脚本に毎回毎回「このドラマはいったい何を伝えたいのか?」がわかりません。爽快なアクションが売りなら毎回毎回見た事ないようなアクション見せてくれよーって思うのです。今回は特に真壁リュウとかわんことテレビ出演とか敷島こーしーとか詰め込みすぎてトホホですわ。
でもしっかと最終回まで駿太郎と一緒に走りたいと思います、てへっ(←結局は潤スキー)

投稿: もも | 2012年2月21日 (火) 08時33分

筑紫さん、ちっとも穏便に事は済んでねーよ!
と突っ込んだのはわたしだけでしょーか?
だって、もうあの時点で放火未遂という立派な犯罪だしー。
ナイフとか持って人に斬りかかってるから傷害未遂だしー。
そういう事も、ギャグの彼方に飛ばされていく物語なのでしょうか…
お休み回だからこれでいいのか?^^;

世の中は、瑛太が居なくなった穴が大きくて松じゅんだからダメなんだの
ように言うわけですが、私はそれはちょっと違うと思う。
それ以上の何かがあるでしょー・・・と思うわけでございます。

しかし、このドラマにはまだ「希望」があると思うのです。
本来ならばあまり体験できない、その回その回のメイン脚本と演出者の
違いがあまりにも大きく出ているこの作品…
いっぱい脚本と演出を抱えてるみたいだしー。
つまり…他のスタッフがやれば面白くなる…という「希望」が…
駄目ですかね^^;

投稿: くう | 2012年2月21日 (火) 11時54分

こんにちdog
先日は図々しくもcoldsweats01
お汁粉(粒餡が好きです、、笑)を
御馳走になりましたhappy01

次回のおやつも、、って(こら)

>「凍てついた夜」(リンダ・ラ・プラント)

コレ面白そうですね~。
そっちに興味シンシンでした。

>調査対象に存在をつきとめられてしまう探偵社って

携帯を携帯といい
ですよね(笑)
よく潰れなかったな(おい!)

投稿: ルル | 2012年2月21日 (火) 11時54分

cherryblossomサクラじゃないよ~もも様、いらっしゃいませ~リンゴじゃないよapple

長期休養させていただき申し訳ありませんでした。
かってのような量産レビューはできませんが
そこそこ更新するつもりでございますので
よろしくお願いします。

ラキセブというか、ナツニジというか、スマイルというか・・・もう、ずーっと松潤スキー涙ですな。

世界三大スキー・・・ドストエフスキー、チャイコフスキー、マツジュンスキーの悲劇なのですな・・・なんのこっちゃ。

やはり、司のイメージが強すぎて
それ以外のキャラクターを造形しようとするあまり・・・
どんどん、間違った方向に行っちゃってるみたいな~。

まあ、今回は視聴率は16.3%↗16.9%↘15.2%↗15.4%↘15.2%↘14.6%とまあまあで唯一の救いかと。

新田と駿太郎の男の友情はそこそこ描けていると思いますね。
ただし、お茶の間はそんなに関心がない。

まあ、瑛太を松潤が追いかけるという展開が
ピンと来ないのかもしれません。

瑛太は松潤をかわいいと思っているし
松潤は瑛太をうらやましいと思っている。
そういう力関係ですからな。

松潤はこういうキャラ設定にしたからには
毎回、人妻ほ陥落させないと・・・
最終目標は姉ちゃんと近親相姦なのですから。

意外とお茶の間はついてきているのかもしれないですぞ。
基本、小学生向けのストーリーですからな。
今回の甥っ子の存在がそれを物語っています。

わんことテレビ出演、見たかったですな。
そこをクリアできなかったのが今回は残念な感じ。

今回は久しぶりにアクション回だったのですが
壁を使った跳躍、関節技、回し蹴りと
なかなか素晴らしかったのですが
初回の裸の格闘に皆さまは目がくらんで
ちょっとやそっとでは感じなくなっているようですねえ。

まあ、おそらく・・・社長の秘密をめぐって
最後は新田と駿太郎が合体するでしょうから
そういうセリフがいくつかちりばめられていますからね。

それまでは先輩が不在の間の駿太郎の成長を
マツジュンスキーの瞳で見守ることを推奨しますぞ~。

投稿: キッド | 2012年2月21日 (火) 16時03分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

ふふ、まさしくその通りでございますね。
このドラマは死刑なんて人殺しだからできないという
現法務大臣のようなお子様ムードがただよっているわけです。

ちょっぴり大人になると耐えがたいリアリティーのなさですな。

しかし、まあ、お子様向けということで考えると
オイタをした子は叱られちゃうという感じで
成立しているとも言えます。
まあ、大人はそう思って耐えるしかございません。

キッドとしては現行犯で警察に突き出せば
桐原警部補(吹石一恵)の出番確保できたのに・・・
と精も根もつき果てましたな。

今回は松潤はがんばってましたな。
跳躍、関節技、回し蹴り。
どれをとっても簡単にはこなせないアクションでしたぞ。
今回は「踊る」の助監督で、「ウソゲ」デビューの
若手ですのでアクションに関しては
そこそこがんばってましたが
ドラマ全体を覆うお子様モードに
打ち消されてしまうのですな。

脚本は基本的にはすでに野木作品という感じになってます。
まあ、セリフの一つ一つはそれなりに
楽しく書けてますな。
とくに女の子のセリフは良い感じです。
しかし・・・まだまだ若い・・・そこにつきるのですな。

それと・・・あの曲者脚本家とは
あまりにキャリアが違いすぎて深読みのしがいがなく
ダメダメな部分がさらに印象深く残りやすい・・・
ということでしょうな。
なにごとも修練ですから。
そういう意味ではキッドはかなり甘めで見ております。

流れとしては新田不在の間に
駿太郎が成長し・・・最終回は初回なみの面白さになる。
そういう宿命のドラマだと考えます。
まあ・・・それが希望と言えるなら
最後の希望と言えましょう・・・スター・ウォーズかっ。

投稿: キッド | 2012年2月21日 (火) 16時27分

cherryYY*★*YY~ルル様、いらっしゃいませ~YY*★*YYcherry

こんにちcat

今日はあつあつのおでんをご用意いたしましたぞ。
おでん缶もよろしいですが
やはり、和のお茶処の冬の定番はおでんですからな。

大根、じゃがいもをベースにつみれ、こぶ、ゴボウ巻きなどもお勧めです。

お好みでご注文くだされ。

今回はキッドの心に残る探偵ものミステリのお薦めを
兼ねているわけですが
残りわずかになって選択にまよいますな。

「凍てついた夜」はとにかく読ませます。
残り二作については好みによって分かれるようです。
キッドは三部作すべてをそこそこ評価しております。

まあ・・・探偵社というよりは
探偵社ごっこなんですな。
そう言う点では家政婦ごっこの
あのドラマと大差ないのです。

ただ、一般の人々には
家政婦以上に
探偵社が馴染めないかもなあ・・・
と思う今日この頃でございます。

だから・・・まったくお花畑のような探偵社で
いいのかもしれない・・・そのように考えます。
とにかく視聴率はそこそこ取ってますからな。

投稿: キッド | 2012年2月21日 (火) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/44199374

この記事へのトラックバック一覧です: 凍てついた昼下がり(松本潤):

» ラッキーセブン #06 [ぐ〜たらにっき]
『最初で最悪の案件』 [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 07時33分

» ラッキーセブン「最初で最悪の案件」  [のほほん便り]
はからずして、瑛太の抜けた穴は、とてつもなく大きかった、を証明してしまったようになりましたね (^^;) ラッキー探偵社、記念すべき2000件目の依頼は、浮気調査。それがハプニングになろうとは… まるで、最初の時と同様、立てこもり状態になり、今度は所長(松嶋菜々子)ならぬ、時多駿太郎(松本潤)の「回し蹴り」で解決して、チャンチャン。 また、真壁リュウを演じる祐希守(谷原章介)のイベントでの騒動や、ラッキー探偵社、お隣りの喫茶店も登場。まるで、スピンオフのような、おまけの回、だったの... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 08時13分

» ラッキーセブン 第6話 [Happy☆Lucky]
第6話 JUGEMテーマ:エンターテイメント [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 08時28分

» ラッキーセブン 第6話〜主演・瑛太不在 ワントップ松潤の顔が映る映る〜。 [世事熟視〜コソダチP]
月9「ラッキーセブン」第6話 前回で、新田=瑛太は実家を継ぐという形で勇退(?)しましたけども、タイトルバックにはまだ瑛太の名前が残っていましたねぇ。 劇中でも、履歴書とか瑛太の存在が完全には消え去っていないことが仄めかされていて、やはり16年前の事件、警察幹部が絡む怪しげな動きに絡めて、フジテレビ得意の『最終章』あたりで、瑛太が帰ってくるような気配を匂わせています。 −◆− 絵や写真の構図に関しては、画面を垂直線でタテに3等分、水平線でヨコに3等分して、その線が交わるところにメインの被... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 10時19分

» ラッキーセブン(6) [ドラ☆カフェ]
最初で最悪!の案件 [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 11時29分

» 【ラッキーセブン】第6話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
「ラッキーセブン」第6話       ほんとにほんとに簡単感想で。 ラッキー探偵社、記念すべき2000件目の依頼。 それは、よくある浮気調査だった。 で、ラッキー探偵社に無言電...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 11時42分

» ラッキーセブン mission6:最初で最悪の案件 [あるがまま・・・]
綺麗な回し蹴り!o(・ヘ・θキーック!!☆;゚o゚)/ やっと駿太郎が主役らしい活躍を見せてくれはしたものの、このキックが 綺麗に決まったのも、新田がジム通いをすすめてくれた成果だよな〜とか思ってしまう で、駿太郎にキックを浴びたのは小林タモツ@飯田基裕。彼の浮気調査がラ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 16時04分

» ラッキーセブン 第6話 [ドラマハンティングP2G]
第6話「最初で最悪の案件」2012.2.20 MON ON-AIR ラッキー探偵社に無言電話がかかってきた。それを取った時多駿太郎(松本潤)は、気配から、かけてきたのは男だろうと言った。その後、探偵社には、注文していないのに寿司やうどん、ピザなどのデリバリーが続々と届く。 …... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 16時22分

» ラッキーセブン 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
駿太郎(松本潤)は、早退していた飛鳥(仲里依紗)から電話でテレビ局に 呼び出される。 そこでは「私立探偵真壁リュウ」のイベントが行われていて、駿太郎の弟・ 孝次郎(小山慶一郎)と彼の息子・翔太(後藤奏佑人)もイベントのために 並んでいた。 飛鳥は駿太郎と夫婦に... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 16時54分

» ラッキーセブン 第6話 [レベル999のgoo部屋]
『最初で最悪の案件』 内容 新田(瑛太)が去ったラッキー探偵社。 ひょんな事から駿太郎(松本潤)は、13年前の設立時のアルバムを見つける。 駿太郎は、瞳子(松嶋菜々子)筑紫(角野卓造)に “最初の案件”について、訪ねると、、、、“最悪”だったという。 そんな...... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 18時42分

» ラッキーセブン (第6話 2/20) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
1/16からフジで始まったドラマ『ラッキーセブン』(公式)の第6話『最初で最悪!の案件』の感想。 なお、本作で感動した方や出演者のファンの皆さんは読むと不快になりますから、読まない方が良いです。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://dire…... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 19時50分

» ようやくリハビリ・ラン開始&久々の怖い夢&『ラッキーセブン』 [テンメイのRUN&BIKE]
リハビリ鼻呼吸RUN 16km,1時間20分36秒,平均心拍156       [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 23時14分

» 《ラッキーセブン》★06 [まぁ、お茶でも]
和やかな始まり。 俊太郎は、輝から託された苔丸に1日1回の水をやり、飛鳥が、今日は大次郎(犬)の予防接種だから、早退すると宣言していた。犬の鳴き声でデスクの下を覗くと、横にまだ押収品のダンボール箱が残っていた。駿太郎が中身を改めると、ラッキー探偵社の記念アルバムが入っていた。めくると、13年前の日付。探偵社創業時、瞳子も筑紫も若かった。 13年・・・駿太郎は考えた、俺は、こんなに長く同じ仕事をできるだろうか? 淳平に聞かれて駿太郎は職歴を長くてせいぜい7カ月かなと、答えた。 淳平が2000件目の案... [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 21時05分

« さよあけてゆくえあやまつからのふねめざめしきみのひとりゆれけむ(松山ケンイチ) | トップページ | 外面如菩薩内面如夜叉の如く紅蓮の炎に包まれた十一面観音菩薩が十一面荒神に退行し紅蓮菩薩と化した時、震えた乙女(木南晴夏) »