« 外面如菩薩内面如夜叉の如く紅蓮の炎に包まれた十一面観音菩薩が十一面荒神に退行し紅蓮菩薩と化した時、震えた乙女(木南晴夏) | トップページ | あなたは笑顔の方が素敵・・・たとえ動機が不純なんだわとしても(山下智久) »

2012年2月23日 (木)

ダンボールって呼ばれてます。(桜庭ななみ)

たぶん・・・なあ・・・なんていうか・・・おふざけ℃で言えば・・・「時効警察」に一番近いノリなのかもしれない・・・って先週あたりから思いだした。

もちろん・・・実際の事件・・・しかも迷宮入りになった凶悪事件を・・・実際に解決してしまうという・・・「時効警察」とはポテンシャルが違いすぎるという部分はある。

しかし、全体を通じるゆるさにはかなり近いものがあるんだな。

だけど刑事ドラマ全盛期にあって・・・あのゆるさが貴重だったことは明らかで・・・。

大学を舞台にした青春ものがまるっきりないところで・・・突然ゆるくされても・・・どうしていいのかわからないと思うのだな。

暗い21世紀の始まりにあって・・・どこか浮世離れした大学生と教授たち・・・。

まあ・・・心からそれを楽しめないのは・・・キッドが老いた証拠かもしれないなあ。

でも・・・「中年夫婦のリフレッシュ対策としての狂言下着泥棒を一目ぼれ体質のクワコーがスタイリッシュなジンジンの助けを借りて解明する」・・・ことに徹頭徹尾魅力を感じないのだ~・・・どうしよう。

今回、面白かったのはジンジンが張り込みのためにダンボール・ハウスを仮設してしまうというギャグ一点。

まさに一点豪華主義なドラマだよな。

トリックの上田と山田。もげっの桃子と大友さん。時効の霧山と三日月。

どのカップルも恋愛モードにいきそうでいかない・・・でも・・・きっと・・・ねえ・・・という感じが成功の秘訣だと思う。

そういう擬似恋愛モードになんとなくくすぐられるのが人情なのである。

えーと、クワコーとジンジンにその気配はあるのか。

なくてもせめて・・・ダンボールハウスでジンジンの着替えをクワコーがうっかりのぞいちゃうとか

せっかくスウェット出すならそういうサービス精神があってしかるべきっ。

トリックでは刑事コンビ、もげっでは葬儀屋の皆さん、時効ではまあ、署員一同。

箸休めのポイントにもことかかなかった。倉科カナと升毅は健闘しているが・・・弱いんだよっ。

ジンジン・・・クワコーのことが・・・何故か好きなんだな・・・という強引な展開に持っていくしかないと思います。

で、『妄想捜査〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活・第5回』(テレビ朝日20120219PM2315~)脚本・森ハヤシ、演出・七高剛を見た。ミスたらちね(谷澤恵里香)ぐらい・・・ジンジンも体を張ってくれたら・・・と思う今日この頃です。いっそ・・・「ダンボール・ガールのスタイリッシュな生活」で最初からやり直せば・・・いや、マスターいやアソシエイト・プロフェッサー(佐藤隆太)もいい味出しているけどね。これで視聴率*6.3%は恩の字だよな・・・以上。

関連するキッドのブログ→その4

(本記事です・・・念のため)

|

« 外面如菩薩内面如夜叉の如く紅蓮の炎に包まれた十一面観音菩薩が十一面荒神に退行し紅蓮菩薩と化した時、震えた乙女(木南晴夏) | トップページ | あなたは笑顔の方が素敵・・・たとえ動機が不純なんだわとしても(山下智久) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/44224670

この記事へのトラックバック一覧です: ダンボールって呼ばれてます。(桜庭ななみ):

» 妄想捜査〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 第五妄想 [レベル999のgoo部屋]
『ミスコン女王×団地妻 (秘)毒殺トリック!!』 「美人妻(秘)毒殺トリック!!誘惑する下着の罠!?容疑者は警察官12人」 内容 ある日のこと、絹ブリーフ効果があったせいか、 “ミスたらちね”の住吉真由(谷澤恵里香)が、桑潟(佐藤隆太)を訪ねてくる。 同じマ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月23日 (木) 18時13分

» 妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 #05 [ぐ~たらにっき]
『美人妻(秘)毒殺トリック!!』 [続きを読む]

受信: 2012年2月23日 (木) 19時42分

« 外面如菩薩内面如夜叉の如く紅蓮の炎に包まれた十一面観音菩薩が十一面荒神に退行し紅蓮菩薩と化した時、震えた乙女(木南晴夏) | トップページ | あなたは笑顔の方が素敵・・・たとえ動機が不純なんだわとしても(山下智久) »