« 国会議事堂中央塔最上階よりの展望とエリカの花言葉は孤独(長澤まさみ) | トップページ | もう、どうでもいいのさ(新井浩文)モテキ終了~ス(戸田恵梨香)怪しいチームメイト(大野智) »

2012年5月14日 (月)

弓をとって叫べ!子供だましの伝説にゃもうごまかされやしない(松山ケンイチ)

(波岡一喜)でもよかったのだが、二週連続主役じゃないタイトルになっちゃうからな。

ついに牙を剥く武士たちの魂の叫びである。

どうせ・・・血を流さずにすまぬなら・・・自分のために血を流したい。

どんなバカにも分かる道理なのである。

しかし・・・どんな世にも血の呪縛が存在する。

すめらみこともいぬのこもみな父母があって生まれるもの。

情けがあればこそうらめしく、慈しみがあるからこそ鬼となる。

父が子を裏切れば、兄は弟を討ち、母が子を騙せば、弟は兄を侮る。

運命に操られ・・・天下太平を願えば願う程、天下大乱の道を招く男の宿命の旅が今・・・始りました。

で、『平清盛・第19回』(NHK総合20120513PM8~)脚本・藤本有紀、演出・渡辺一貴を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は意表をついて藤原道隆流従三位皇后宮権大夫・藤原忠隆の四男にして、従四位下武蔵守信頼のブー頼な描き下ろしイラスト大公開でございます。そうきましたかーーーっ。まあ、家成(佐藤二朗)逝去の後にこの枠を背負って立つは信頼(塚地武雅)しかないかもしれませんなーーーっ。どんな枠なんだ。なにしろ、信西がスマートに見えてきますからなーーーっ。それにしても家成の子・成親はともかくとして後白河天皇の寵愛を受ける信頼を妄想することは阿鼻叫喚の地獄絵図でござりまするねえ。

Tairakiyomori17 近衛天皇の崩御は久寿二年(1155年)七月のことである。その直後、源義朝の命により、長男・義平が義朝の弟で源氏嫡流の旗を掲げる源義賢を殺害する大蔵合戦が発生する。すでに左大臣派に属する父・為義と鳥羽法皇・美福門院・関白派に連なる源義朝は決裂したのである。王家の相続、公家の相続、武家の相続が混然一体となり・・・血で血を洗う時代の幕開けとなった。後白河天皇が即位し、九月には美福門院の養子となっている守仁親王が立太子される。久寿三年(1156年)四月に新帝即位の儀式が行われ、保元に改元され・・・いよいよ・・・保元の乱の開幕である。前の前の天皇である崇徳上皇は皇位継承の政治から締め出され・・・あなにくしの歌を残される。そして、新体制の主導権を握った信西により、左大臣・藤原頼長もまた朝義から遠ざけられてしまう。摂関政治復活の夢は断たれ、後白河天皇の左右には鳥羽法皇の寵臣の子息たちと・・・自由貿易主義の信西が台頭するのだった。崇徳上皇と悪左府藤原頼長・・・二人の巨大な生ける怨霊を残して・・・三人の息子を帝位につけながらも祖父・白河法皇との相克に苦悩し続けた鳥羽法皇は保元元年七月・・・この世を去ってしまう。

鳥羽法皇が辛うじてつなぎとめていた平安の糸はついに切れたのだった。

大火により、大内裏の修復は遅れ、御所はさびれていた。鳥羽法皇は鴨川下流の鳥羽殿で院政を行っていた。所謂、里内裏である。鳥羽法皇と距離を置きつつ、崇徳上皇はその近在の田中殿に居を構えていた。吉報を待ちつつ・・・ついにそれを聴かぬままに時は流れて行った。かって・・・不遇の身を寄せ合っていた同母弟が今や今上天皇である。

系譜上の父の父の父である白河法皇を実の父とする崇徳上皇は系譜上の父である鳥羽法皇とは叔父と甥の関係になる。鳥羽法皇は崇徳上皇を叔父なのに子であるということから叔父子と呼んで忌み嫌った。

そのもつれた関係の果てが今である。父の父の父と父、二人の男に寵愛された待賢門院が世を去って十年。異母弟に譲位し名ばかりの上皇となって十四年・・・。崇徳上皇は重苦しい気持ちで北の空を仰ぐ。

田中殿の北・・・藤原摂関家の屋敷である東三条殿の間近に後白河院は高松殿御所を開いている。その北には美福門院の屋敷があり、西には後白河天皇の乳父・信西入道の館、南側には鴨川をはさんで東に平氏の六波羅館、西側には源氏の堀河館がある。

「みな・・・肩をよせあって・・・睦まじいことだ・・・」

崇徳上皇は胸にせまる寂寥感に唇をそっと噛んだ。

その頃、堀河源氏館では修羅場が繰り広げられていた。

「なんじゃと・・・もう一度申してみよ」

「先ごろ・・・武蔵国比企の地で謀反いたした弟・義賢を我が子・義平が討伐せしおり・・・取り戻した源氏伝来の友切の太刀が届きましたゆえ・・・これより、河内源氏の棟梁をこの義朝が務めまする」

「そんなことは・・・子であるおのれが決めることではないわ」

「父上・・・義賢を失っただけでは気が済まず・・・四郎義頼を信濃の国より上野の国に送り出しましたな・・・鳥羽の法皇様の崩御で義頼が引き返したから事無きで済みましたものの・・・もはや・・・猶予なりませぬ・・・隠居なされよ」

「何を申すか・・・」

「父上の頼みとされる・・・悪左府殿ももはや・・・なんの権限も持たぬただの公家となりはてましたぞ」

「黙れ・・・」

「聞き分けられぬか・・・ならば・・・是非もなし」

義朝は父の身体を抱えあげた。

「八卦よい」

「う・・・」

義朝は為義を釣り上げたまま、有無を言わせず、館の門へと向かっていく。

そして、放り出した。

「いずこなりとも、出ていかれませい」

土煙を上げて背中から着地した為義はうめき声をあげる。

源氏の館の郎党たちは息をひそめていた。

「このようなことが・・・あってよいものか・・・」

しかし・・・為義の声に応じるものはない。

「おのれ・・・おぼえておれ・・・」

為義は唾を吐くと・・・よろよろとたちあがり、とぼとぼと北へ向かって歩き出した。

もはや頼るべきは土御門殿に籠る藤原頼長しかなかった。そこで・・・四郎頼賢をはじめとして各地に散っている郎党を呼び集める他はない。

ぽたり、ぽたりと、子によって家を放逐された男は都路に血の涙を落としている。

その果てにある土御門院では「なにもかもけしからぬ」と独り言をつぶやきながら、左大臣・藤原頼長が唇をかみちぎる。つーっと堕ちる悪しき鮮血。

その頃、武蔵の国での任務を終えた西行と波留は信濃路をたどっていた。

その背後から・・・騎馬武者が一騎、山道を駆けてくる。

咄嗟に忍びの頭領とくのいちは身を消す。

行く手に人影を見た・・・と思った騎乗の武者は殺気を放つ。

しかし・・・道なき道に人の気配はない。

「もののけか・・・」

騎馬武者は背に幼子を背負っていた。源義賢の遺児・駒王丸である。

騎馬武者は義平の郎党である・・・畠山重能が討つに討てなかった駒王丸を預かり・・・信濃国の中原一族に届ける任を引き受けた武蔵の国長井庄の武将・斉藤実盛だった。

甥が叔父を討つ修羅の世界にも・・・人の心は残っていたのである。

後に源義仲となる駒王丸を背に斉藤実盛は昼なお暗き森を駆け去っていく。

樹上から西行と波音はその姿をしばらく見送っていた。

関連するキッドのブログ→第18話のレビュー

|

« 国会議事堂中央塔最上階よりの展望とエリカの花言葉は孤独(長澤まさみ) | トップページ | もう、どうでもいいのさ(新井浩文)モテキ終了~ス(戸田恵梨香)怪しいチームメイト(大野智) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/45250043

この記事へのトラックバック一覧です: 弓をとって叫べ!子供だましの伝説にゃもうごまかされやしない(松山ケンイチ):

» 大河ドラマ「平清盛」第19回 [日々“是”精進! ver.A]
鳥羽院、崩御… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205130004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 505 Amaz... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 06時17分

» 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男19鳥羽法皇崩御!最後まで和解を模索した清盛も最後は現実を見据え後白河天皇に味方する苦渋の決断を下した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「平清盛」第19話は後白河天皇のまさかの誕生で朝廷は大混乱に陥っていた。そんな中で清盛は何とか鳥羽院と崇徳院の和解を模索するが手段が見えないままだった。そん ... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 06時26分

» 【平清盛】第19回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
予想し得なかった後白河天皇(松田翔太)誕生に、朝廷は揺れる。 強大な軍事力を持つ平氏の棟りょう・清盛(松山ケンイチ)は、この人事によって決定的と なった崇徳上皇(井浦新)と鳥羽法皇(三上博史)...... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 09時49分

» 平清盛 第19回「鳥羽院の遺言」〜義朝(玉木宏)の息子は悪源太 (波岡一喜) [世事熟視〜コソダチP]
『平清盛』第19回「鳥羽院の遺言」 思いつきなんですが、小沢氏が国民から好かれないことと、『平清盛』の視聴率が低いことには共通項があるような・・・。 表舞台でスパッと物事が進まず、ドロドロと陰湿な権力闘争に明け暮れするばかり・・・。 夏場のガムテープみたいにネトネトしていて気持ち悪い。 −◆− 巫女が、のたうちまわりながら口寄せ・・・。 凄いのなんのって、『テンペスト』(ドラマ版は出来が悪い)の世界かぁ? はたまたオセロ中島が信じた霊能者?? 目に打ち込まれた天公像 (プ... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 10時14分

» 平清盛 第19回 鳥羽院の遺言 [レベル999のgoo部屋]
『鳥羽院の遺言』 内容 誰ひとり予想できなかった後白河帝(松田翔太)の誕生。 鳥羽法皇(三上博史)の信頼厚い信西(阿部サダヲ)の策略によるモノだった。 権力を握っていた頼長(山本耕史)を失脚させ、父乳として権力を握ることに。 動揺が走る朝廷。 それは清盛(...... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 18時29分

» 14歳の少年、叔父を殺害 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「欲のため身内を殺すも厭わぬ者になるばかりではござりませぬか!」この優しい鬼武者 [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 20時30分

» 平清盛 第19回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/森田剛/成海璃子/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第19回 「鳥羽院の遺言」 14,7% 誰もが...... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 00時32分

» 平清盛、性格に問題があった義朝!! [函館 Glass Life]
後白河天皇を即位させた事に後悔する鳥羽法皇と恨みを募らせる 崇徳上皇 このまま何事もなく時が過ぎる筈がありません。 全ての争いの元は後白河天皇を即位させた鳥羽法皇にあるようで す 鳥羽法皇晩年の失策と言ってもよいですね 権力を維持したい者、権力を奪い取...... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 14時35分

» 火種の元 ~平清盛・鳥羽院の遺言感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
『このごろ都に流行るもの 肩当て、腰当、烏帽子止め 襟の立つ型、錆烏帽子 布打の下袴、四幅の指貫(さしぬき)』 梁塵秘抄 368章 梁塵秘抄の一節で、京の治安が悪かった事を表したもの のちの建...... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 20時57分

« 国会議事堂中央塔最上階よりの展望とエリカの花言葉は孤独(長澤まさみ) | トップページ | もう、どうでもいいのさ(新井浩文)モテキ終了~ス(戸田恵梨香)怪しいチームメイト(大野智) »