« 転げ落ちていくよ・・・何処までも・・・何も変わらない・・・それなのに(松山ケンイチ) | トップページ | 最後まで正義が勝てないなんてはずありえませんって・・・敗訴・・・ハイ、そうですか(新垣結衣) »

2012年6月26日 (火)

ニュートンのゆりかごと臨時収入と真犯人(玉木宏)と私(戸田恵梨香)と彼(大野智)

ぶっちゃけた話だが・・・原作的には密室トリック解明おタク・・・榎本は泥棒である。

つまり、窃盗犯なのだが・・・重要参考人でも容疑者でもなく取り調べられたこともない。

だから・・・犯罪者として彼を認知しているのは彼だけなのである。

あくまでフィクションなので彼が殺人鬼であろうと窃盗の常習犯であろうと違いはないわけだが・・・お茶の間に供する娯楽としてのドラマでは公共性の問題がある。

あまり・・・犯罪者をヒーローのように描くのは好ましいものではないという不文律が働くわけである。

悪魔としてはちゃんちゃらおかしいし、虚構に対する冒涜だと思うが未熟な人間というものが存在すると考える未熟な人間がいる以上・・・自主規制というものは常に安全策の一つとして成立するのだな。

だから・・・このドラマでは榎本の正体をギリギリ曖昧にして幕を閉じるわけである。

すべてはお茶の間の想像におまかせします・・・ということだ。

ま・・・そういうことなのです。

で、『のかかった部屋・最終回(全11話)』(フジテレビ20120625PM9~)原作・貴志祐介、脚本・相沢友子、演出・松山博昭を見た。もはや、弁護士というよりも探偵となった新米弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)はすべてを捧げた彼が何者かも知らないガードの甘い女なのである。まあ、そういうことはよくあります。

なぜなら・・・誰もが・・・交際相手の私生活や経歴を即座に調査する機関を持っているとは限らないからです・・・普通、みんなそうだろう・・・そうなんだ。

しかし、闇の世界に生きるものにとっては・・・それらは生きる基本であり、欠かせない生活の知恵なのですな。

通りすがりの窓ふき職人・佐藤学(玉木宏)は実は闇の世界に生きていてターゲットの周辺情報の収集には余念がないのだった。

彼は介護サービス会社ベイリーフの穎原昭造社長(佐々木勝彦)のすべてを知っていたのである。

そのために・・・東京総合セキュリティの解錠職人にして密室トリック解明おタク・・・榎本径(大野智)と昭造社長の関係を知り・・・密室を破る技術とみせかけの動機がある榎本を濡れ衣を着せるために密告するのである。

しかし・・・最初の容疑者・久永専務(中丸新将)が過酷な取り調べによって自暴自棄になり虚偽の自白をしたために榎本は釈放されてしまうのである。

榎本と対峙した佐藤は「あんたも・・・こっち側の人間なんだろう」と問いかける。

しかし、榎本は無言である。

この場合、佐藤は犯罪者として榎本に共感を求めたわけである。

しかし・・・榎本を密告した時点で・・・佐藤はその資格を失っているわけである。真の犯罪者であれば・・・事件後に周辺にうかつに介入しないものなのだ。真の犯罪者である榎本は佐藤とは違い用心深くけして尻尾をつかませない。そういう意味で・・・佐藤は・・・どちらかと言えば青砥や芹沢弁護士(佐藤浩市)の側にいる人間であり、実はダーティー・ヒーローであり、今のところ完全犯罪者であり、真の悪人である榎本とは違う側にいるわけである。

ただし、榎本はゴルゴ13とは一線を画しているらしい。

つまり、「盗み」はするが「殺し」はしないのである。

まあ・・・人の命を奪うのも一種の泥棒なんですけどね。

結局・・・佐藤の動機は・・・復讐だった。

その本筋解明の前に・・・この複雑な事件の被害者・昭造社長の犯罪を・・・青砥が解明する。

昭造社長は会社の金を着服して・・・時価六億円相当のダイヤに換え社長室の秘密の保管庫に隠匿していたのである。

ベイリーフの介護ロボットはその保管庫を持ち上げるためのシステムだったのである。

そして・・・保管庫のダイヤは消えていた。

さて、佐藤の動機の解明は・・・またしても青砥が解明する。

佐藤の本籍地を入手した青砥は佐藤の過去を調べ上げる。しかし・・・佐藤は実は佐藤の同級生・椎名章であり、椎名の両親は昭造社長にそそのかされて投資に失敗、自殺していたのである。

しかし・・・復讐を果たした佐藤は己の罪に悩む善人に過ぎなかった。

その心理を読みとった真の悪人である榎本は佐藤を心理的にコントロールするのだった。

「結局、最後のガラスを破って・・・傷だらけになってしまったのでしょう。あなたは人を憎めても罪を愛することはできない善人です。どうしますか・・・私が通報しましょうか。それとも自首しますか・・・。刑に服し・・・罪を償えば・・・あなたの心は自由を取り戻せるでしょう」

「・・・自首します」

真の悪人である榎本は悪の機会を逃がさない。

すでに・・・佐藤が強奪したダイヤのうち、1億円分はダミーにすり替え換金していたのである。

榎本にとって盗みこそ本業だからである。

うかつにも・・・名探偵・青砥は恋人である榎本の正体には全く気がつかない。

「どこへ行っていたんです?・・・彼女の私がこんなに心配しているのに」

「連絡が遅れてすみません・・・旅支度に忙しかったものですから」

「旅ってどこへ行くんです?」

「さあ?」

「いつまで・・・?」

「さあ?」

ガラスの向こう側の青砥を残し、榎本は臨時収入で一人バカンスに旅立つ。

善良で憐れな愛人にそれを告げる榎本はもちろん・・・魔王の微笑みを残すのである。

取り残された青砥に芹沢は問う。

「なんだって?」

「さあ・・・?」

ちなみに・・・榎本がビリヤードにたとえて語る昭造社長の頭蓋骨・窓ガラスのハンマー・ボーリングの凶器は運動量保存則と力学的エネルギー保存の法則の実演のために作られたニュートンのゆりかご(カチカチ玉)と呼ばれる装置に象徴されるものである。

    /   |  |   |  |
 /    |  |   |  |
○    ○○○○

・・・こういう奴です。

さすがに・・・唯一の帝国タイトルを確保した魔王様である。

悪の微笑みに痺れたぜ。

ニュートンのゆりかごの反対側の鉄球のように・・・心をゆらされるモラリストたちの受けただろう衝撃がうふふ・・・でございましたね。この脚本家ならでは・・・でしたな。

まあ・・・旅先でリゾートスタイルに変身した青砥が榎本に合流するという大どんでん返しはさすがにありませんでしたけど~。

その場合は知らぬは芹沢ばかりなりで多重人格一同爆笑でしたけど~。

今回、芹沢が正解らしきものにたどり着いた時の夜の世界を連想させる青砥のヨイショぶりに・・・そういう予感を感じさせる戸田恵梨香のパフォーマンスもさすがでしたな。

関連するキッドのブログ→第10話のレビュー

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→mari様の鍵のかかった部屋

|

« 転げ落ちていくよ・・・何処までも・・・何も変わらない・・・それなのに(松山ケンイチ) | トップページ | 最後まで正義が勝てないなんてはずありえませんって・・・敗訴・・・ハイ、そうですか(新垣結衣) »

コメント

私は原作を知らなかったので、まさかまさかまさか…と思いつつ、
彼を信じてしまいました~。

そう。ぎりぎりお茶の間にお任せします的に描くのに素晴らしいラストだったと思います。
ボーゼンとしましたもん。

トリックは色々と無茶でしたが、楽しかったですね。
3人の掛け合いがとても良い感じだったのでした。
「鹿男」の脚本家さんなら確かに余韻を残すのはお手の物。
楽しめた3か月と衝撃のラスト…という事で…
また、面白いドラマが1つ終わってしまいました。

明日はリーハイ最終夜。

投稿: くう | 2012年6月26日 (火) 01時47分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

テレビドラマとしてはギリギリの
インモラルな結末でございました。

まあ、寅さんならそれをやっちゃあおしまいだろう・・・
的な部類ですが・・・

たまにはこういうのも来ないと刺激不足ですからねえ。

小説やコミック、そして劇場映画やアニメなら
許されてテレビドラマには許されないもの・・・
それは主役が泥棒ということですな。

つい最近も上川隆也が火傷してましたけど。

そう言う意味ではこの作品は
匙加減がパーフェクトだったのではないでしょうか。

もちろん・・・素知らぬ顔をして
旅先から戻ってくれば・・・続編でもSPでも
OKですしね。

つまり・・・青砥がモラル側に残っているように
見えるのもそういう配慮だと思われますな。

このように「悪」と「善」の境界の曖昧さを
お茶の間に楽しく届けることができるのは名手と言わざるをえないでしょう。

ある意味、明るい「白夜行」ですからねえ。

まあ、あまり大手をふって「善も悪もない」をやりすぎると
それはそれで本質を損ないますがね。

やはり、悪はひっそりとうしろめたく感じながら行うことで喜びを感じるわけですし。

ともかく・・・今季はそれぞれが
特色あふれる傑作ぞろい・・・トレビアンの連呼です。

そして・・・いよいよ、明日は「リーハイ」のフィナーレ。

「もうプロ」「都市伝説」「アタル」「鍵」と続く
ゴールデンラインナップの終焉です。

こんなシーズン、今度はいつやってくるのか・・・。

感慨深い夜になりそうです。

投稿: キッド | 2012年6月26日 (火) 02時38分

キッドさん、こんにちは♪

あー、鍵部屋の感想書く前に、次のシーズンに突入しちゃいました(^_^;)

だって夏なんだもん〜中学の期末が終わったら今度は高校の期末。。。

小学校はプール授業もはじまり、洗濯の回数も増えます(>_<)すんません〜グチでした。。。

純子と径の
「いきましょう」
「どこへ?」
の掛け合いが今回最大のじゃれあいでしたかー

私たちの想像以上に、睦みあっているということですかね(^-^)v

続編が楽しみだなー(^-^)

今季は、旬くんとさとみちゃん〜さとみちゃんのかわゆさはピカイチでした☆

やはり月9は、ヒロイン大事ですねー♪

投稿: ゆきみき | 2012年7月11日 (水) 10時43分

parking✪✪ブザビーヤマピー✪✪ゆきみき様いらっしゃいませ✪✪ブザビーヤマピー✪✪basketball

ふふふ・・・小中高の三拍子そろった
なつやすみ直前はか・な・り刺激的ですな。
まあ・・・高校生ともなれば家族よりも
その他の関係重視かもしれませんが
それはそれで心配ですからな~。

一方、フィクションの世界の大人の二人は
それなりにラブラブの世界で楽園に旅立ったものと思われます。

はらいそ~(パラダイス)でございますねえ。

原作小説よりもドラマの二人の方が親密だったと
キッドは確信しておりますぞ~。

はたして・・・続編はいつになりますかね。
案外・・・すぐだったりして~。

キャラクター・プリンセスの戸田恵梨香はともかく
大野智は次から次へと
当たり役に恵まれ・・・個性の勝利を謳歌してますな。
やはり、魔王役が見事だったからですな。

さて・・・2シーズン連続で月9をレビューしたので
今回はオフにする予定・・・。
谷間でとりあげるかどうかも未定です。

石原さとみはかわいいけど・・・代表作のない女。
パンチにかけるんですな~。
不思議なことでございますねえ。

それは小栗旬にも言えるので
もはや二線級となった二人が意地を見せることが
できるのか・・・
やや温い目で見守りたいと考えます~。


投稿: キッド | 2012年7月11日 (水) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/45876841

この記事へのトラックバック一覧です: ニュートンのゆりかごと臨時収入と真犯人(玉木宏)と私(戸田恵梨香)と彼(大野智):

» 【鍵のかかった部屋】第11話 最終回と統括感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
それでガラスは越えられたんですか? 復讐を果たしダイヤを手に入れて、あなたは解放されたんですか? 僕にはそうは見えません。 前後左右。それから上下までガラスに囲まれているように見えます。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 01時32分

» もう一度、君にプロポーズ最終回&鍵のかかった部屋最終回感想 [NelsonTouchBlog]
■もう一度、君にプロポーズ最終回 竹野内豊の育ての父親が亡くなった。その葬儀などで忙しい竹野内。だが、その傍には、和久井映見が常に寄り添うようにずっと傍にいた。 前回からすでに和久井は、確実に寄り添う姿勢を見せていたからね。。この最終回はようするに、竹野内が題名のとおりのことをするだけだな!という(笑) まあ実は、最終回の一番の個人的興味は、 山本裕典が彼女・市川由衣とどうするのか!?という部分だったのだけどね。。この和久井の弟を演じていた山本の役柄が、どうしても脚本から手が離れて暴...... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 04時00分

» 「鍵のかかった部屋」解決する3つの最後の鍵 硝子の密室!遠隔操作による犯行に外からの殺害を見破った榎本は犯人に自首を促し自らはダイヤと共に消え去った [オールマイティにコメンテート]
「鍵のかかった部屋」最終話は密室を解こうとした矢先に榎本が警察に連行された。榎本が連行されてしまった事で事件は暗礁に乗り上げようとしたが、榎本が釈放され、専務が自供し ... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 06時01分

» 鍵のかかった部屋 最終回(第11話)の感想 [オタクと呼ばないで]
フジテレビ系列で放送の「鍵のかかった部屋」最終回(第11話)の感想など玉木宏さんは、大河ドラマ「平清盛」での源義朝の役が終わったからこの「鍵のかかった部屋」に出演したのかなと推測。低視聴率ドラマウォッチャーの私は、ちゃんと「平清盛」を見てますよ。さて、怪し... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 06時40分

» 鍵のかかった部屋 最終回 最後の密室事件~榎本が、いなくなる日 [のほほん便り]
なんとも意表を突く「うわ~~っ!」な終わり方でしたね。しばし、呆然… ( ̄◇ ̄;) さすが30分延長しただけのことはあります。しかし、最後に、こんなサプライズが用意されてたとは、 玉木宏、演じる「佐藤学」を調べていくうち、じつは、彼は「なりすまし」で、本当は「椎名章」だった件もドキドキものでしたが、さらに驚いてしまったのでした。 でも、芹沢(佐藤浩市)、ついに最後には花をもたせてもらい、お手柄かと思いきや、やっぱりトホホのオトボケ役だったのも、笑えたのでした。 それにしても、... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 08時48分

» 鍵のかかった部屋 (第11話 最終回・6/25) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
4/16からフジテレビで始まったドラマ『鍵のかかった部屋』(公式)の最終回『硝子のハンマー』の感想。また、貴志祐介氏の原作推理小説は未読。 もう少し歯切れ良く、終わって欲しかった… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.sh…... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 11時14分

» 鍵のかかった部屋 (11)最終回〜玉木宏は市橋達也みたいに写真嫌い [世事熟視〜コソダチP]
鍵のかかった部屋 第11話 (最終回) 「最後の密室事件〜榎本が、いなくなる日」 「硝子のハンマー(第58回日本推理作家協会賞受賞)」が、前後編でうまく収まったかどうかは、微妙なところでした。 『月9・鍵のかかった部屋』は、原作がよくできているが故に、かえって謎解き部分などのディティールをドラマで描ききれなかった印象が全話を通じて残りました。 しかしながら、『ドラマの造りの良さ』が、行き届かざるところを充分すぎるほど補っていました。 原作には居ない芹沢豪(佐藤浩市)という面... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 12時40分

» 「鍵のかかった部屋」最終回 ちょっと期待外れの結末 [今日も何かあたらしいドラマ]
「鍵のかかった部屋」玉木宏さんが犯人なので期待してたけど、なにしろ長かった。 特に玉木さんと大野智さんがビルで堂々と長話をするシーン、だれてしまった。 大野さんは、ダイヤのうち1億円を偽物と...... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 12時45分

» 「鍵のかかった部屋」最終回感想 [Kanataのお部屋へようこそ]
あらすじ 公式サイトより  榎本径(大野智)が不在の中、青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)は事件の検証を行う。そして、榎本は犯人ではない、と純子が断言したとき、榎本が釈放されたと連絡が入る。専務の久永が犯行を自認したからだ。拘置所で純子と接見した久永は、睡眠中の無意識のうちに社長を殺害したのかもしれない、と弱気になっていた。 その後、榎本は、副社長の穎原雅樹(鈴木一真)らに、社長が狙撃事件を自作自演したのは、社長室に隠した何かを守るため窓を防弾ガラスに交換させたかったか...... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 13時06分

» 鍵のかかった部屋 [AKIRAのドラマノート]
最終回の感想 [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 13時49分

» 「鍵のかかった部屋」 第11話(最終話) 硝子のハンマー 後編 [トリ猫家族]
 ( ̄∀ ̄) にやり・・・・ 榎本よ、何処へ行く・・・  にゃるほどね〜 最後の最後で、正体を見せたか・・・グレーが一気に黒になった。 視聴者が戸惑う暇もなくEND・・・ こ ... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 16時15分

» 鍵のかかった部屋 第11話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
Story#11「最後の密室事件~榎本が、いなくなる日」06.25 Mon On-Air 榎本径(大野智)が不在の中、青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)は事件の検証を行う。そして、榎本は犯人ではない、と純子が断言したとき、榎本が釈放されたと連絡が入る。専務の久永が犯行…... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 16時37分

» 鍵のかかった部屋 Episode11(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『硝子のハンマー』 「最後の密室事件〜榎本が、いなくなる日 「榎本が、いなくなる日 内容 介護サービス会社「ベイリーフ」社長・穎原昭造(佐々木勝彦)殺害事件。 純子(戸田恵梨香)芹沢(佐藤浩市)から、 密室の解明を求められた榎本(大野智)は、狙撃事件を自作...... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 17時49分

» 経済ではなく、正義の問題なんです [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
最終回 視聴率 17・5%平均視聴率16・0%で、今クール最高のドラマ鍵のかかっ [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 23時07分

» 【鍵のかかった部屋】最終回(弟11話)と平均視聴率1位♪ [ショコラの日記帳・別館]
「硝子のハンマー後編」(「最後の密室事件~榎本が、いなくなる日」) 素晴らしい終 [続きを読む]

受信: 2012年6月27日 (水) 10時26分

» 『鍵のかかった部屋』 最終話「硝子のハンマー 後編」 [英の放電日記]
 ラストに衝撃を受けてしまい、密室の謎解きや芹沢弁護士(佐藤浩市)の「出たよ〜」の面白さも吹っ飛んでしまいました。  確定はしていませんでしたが、榎本(大野智)の正体は泥棒(怪盗)だったと考えていいのでしょうね。原作では、この『ガラスのハンマー』が一作...... [続きを読む]

受信: 2012年6月27日 (水) 15時10分

» 「鍵のかかった部屋」最終回 ☆☆☆☆ [ドラマでポン]
ニヤリ。 えーっ、謎を解く側が消えてエンド??ピカレスクでもないのに妖しいラストで驚きでした。(でもそうか、榎本は始めから正義とか倫理とか道徳とか、興味ないものね) 月 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月27日 (水) 17時39分

» 《鍵のかかった部屋》#最終話 [まぁ、お茶でも]
(芹沢)ここには一見密室なんか存在して内科に見えます。 でも、・・・。このガラスの密室は、閉じ込められた本人が無意識のうちにつくりあげたものです。 (純子)目の前に拾い世界が広がっていてもそこにあるものに触れる事は決してできません。彼はこの密室を私たちに残して突然姿を消してしまいました。 (芹沢、純子)さて彼は今、一体どこへいるのでしょう。 榎本の事で、タレこみがあり、彼が警察に引っ張られた。 だが、久永が、ねむっているうちに反抗を犯したと自供したので、榎本が解放された ... [続きを読む]

受信: 2012年6月29日 (金) 08時06分

« 転げ落ちていくよ・・・何処までも・・・何も変わらない・・・それなのに(松山ケンイチ) | トップページ | 最後まで正義が勝てないなんてはずありえませんって・・・敗訴・・・ハイ、そうですか(新垣結衣) »