« セイヨウオダマキの花言葉は勝利の女神、守護者(溝端淳平)と危険を察知する女(長澤まさみ) | トップページ | 水鉄砲と小さな依頼者(畠山彩奈)と私(戸田恵梨香)と彼(大野智) »

2012年6月11日 (月)

悪たれ小僧が自分の影につばをはいた、命がちぎれてとんでった(松山ケンイチ)

何度も書いているが、フリとオチは構成の基本である。

初心と言ってもいい。

そもそも構成とは全体を分割することなのだ。

たとえば・・・現在というのはすべての過去をフリとするオチなのである。

起承転結というのはフリフリフリオチと考えてもいいし、フリオチフリオチと考えてもいい。

もちろん、フリオチオチオチの場合もある。

序破急はフリフリオチかフリオチオチになる。フリオチフリや、オチフリオチはもはや序破急とは言えない。

そういう意味で・・・常に甘かった清盛が、常に苦かった義朝と・・・立場を変える今回は壮大なオチなのである。

フリフリフリフリフリフリフリフリフリフリオチぐらいな感じ?

清盛は斬りたくない人を斬り・・・義朝は斬れずに終わる。

誰が主役なのかよく分かっている脚本なのである。

清盛はモンスターになり、義朝はただの人になったのだ。

そして・・・怪物を演じる限り、松山ケンイチは無双なのである。

とにかく・・・素晴らしい脚本だと思う。キッドは絶賛を惜しまない。

で、『平清盛・第23回』(NHK総合20120610PM8~)脚本・藤本有紀、演出・渡辺一貴を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は藤原通憲として生まれ、高階家に養子に行き、出家して信西と名乗った後白河天皇の乳父にして保元の乱の実質的指導者・苦悩の改革者の出家後のお姿イラスト描き下ろし大公開でございます。剃髪後、登場まで長かったのですが、病床からの発表、感じ入ります。マイペースでお願いします。

Tairakiyomori21 国家が治安を維持する場合、基本的には法治が理想である。しかし、教育制度がここまで浸透した現代においても武装した警察官の存在や、その実(武)力に基づいた執行がなければ刑法は機能しないのである。発展途上国である平安日本においては、開拓される新しき領土と、それを管理する者の自治権の問題が胎動し始めている。その対立構造がついに支配構造の頂点まで逆流してきたのが、保元の乱なのである。悪左府もまた、理想の法治国家を目指して厳罰主義を貫いたのであるが、それはあくまで摂関政治の復権を目指したものであった。これに対し、合戦して悪左府を死に至らしめた信西は、さらに死刑制度を復活し、恐怖による法の支配を目指したのである。死を賜ることを導入し、法治の権威を高めることに成功した信西。いわば、それは政治行為の責任の所在を明らかにすることに他ならない。当然、その瞬間から、信西は己の死を覚悟したであろう。これ以後、信西は公領と私領(荘園)の抜本的整理に乗り出す。もちろん、抵抗勢力はたちまち、牙をむき出すのである。そうした政治的背景を元に・・・反乱者として・・・平氏の平忠正とその子息たち、源氏の源為義とその子息たちは・・・それぞれの氏の頭領によって斬首の刑に処せられるのだった・・・。

藤原頼長に矢を的中させたのは近江源氏の矢島重貞である。父・重実の代に罪を犯したが、名誉挽回のために兄・重成とともに天皇方に参陣し、実質上の賊の長を射ぬく手柄をたてたのである。

上皇方、敗北の後、謀反者の追討が天皇から命じられ、武者たちは追手として落ち武者狩りに向かう。

矢島重貞も検非違使として・・・本拠地である近江矢島方面に向かった。

矢島武者は比叡山忍びの流れを組む僧兵である。

源氏・平氏の大物たちが捕縛される中、消息を絶っていた鎮西八郎こと源為朝の所在を確認したのは・・・そうした忍びの一人、守山の佐渡である。

「殿・・・大物がみつかりましたぞ・・・」

「もはや・・・大物など残っておるまい」

「いやいや・・・上皇方で一人、南門を守った荒武者・鎮西八郎がおりまする・・・」

「なに・・・」

「近江の北の坂田の里に隠れ潜んでおりました」

「・・・」

「すでに・・・忍びに結界をはらしておりまする」

「・・・参る」

重定は矢島源氏所有の白い船で琵琶湖を北上する。

「手負いとはいえ・・・相手は名だたるもの・・・一矢でしとめねばならぬ・・・」

重定は狙った的を外したことがないと言われる弓矢の名手である。

「里のものに命じて秘湯をすすめさせておりまする。くのいちを手配して・・・獲物を裸にいたしまする」

「弓矢が一番うまくあつかえるのは吾じゃ・・・そこまでせずとも・・・」

「殿、油断は禁物でござる。これは戦なのですぞ・・・」

「・・・殺さぬように・・・動けなくしてみせる」

裸の為朝のかかとを重貞の北斗七星の矢は一撃で貫いた。

「かかれ」

忍びのものたちは為朝に襲いかかった。

「やらせはせぬ・・・やらせはせぬぞ~」

しかし、矢に塗られた痺れ薬が為朝の身体を麻痺させていた。

為朝は捕縛され・・・この手柄で重貞は右衛門少尉に任じられるのである。

関連するキッドのブログ→第22話のレビュー

|

« セイヨウオダマキの花言葉は勝利の女神、守護者(溝端淳平)と危険を察知する女(長澤まさみ) | トップページ | 水鉄砲と小さな依頼者(畠山彩奈)と私(戸田恵梨香)と彼(大野智) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/45606779

この記事へのトラックバック一覧です: 悪たれ小僧が自分の影につばをはいた、命がちぎれてとんでった(松山ケンイチ):

» 【平清盛】第23回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
「斬首せよ」と、信じ難い沙汰を信西(阿部サダヲ)から言い渡された清盛(松山ケンイチ)と 義朝(玉木宏)は、叔父・忠正(豊原功補)と父・為義(小日向文世)を守ろうと奔走する。 しかし、かい無くつ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月11日 (月) 17時05分

» 平清盛 第23回 [to Heart]
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/藤木直人/森田剛/西島隆弘/田中麗奈/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/松雪泰子/上川隆也/國村隼 第23回 「叔父を斬る」 11.6%...... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 00時46分

» 大河ドラマ「平清盛」第23回 [日々“是”精進! ver.F]
共に、世を変えようぞ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206100005/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラ... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 05時06分

» 平清盛、選択肢がなかった為義と忠正!! [函館 Glass Life]
久し振りにテレビに見入ってしまいました 史実云々より演技に引き込まれてしまったのです。 特に玉木・義朝の演技は抜群でしたね 一本調子の清盛より役者としてはワンランク上の感じがしたのは 僕だけでしょうか?? 忠正を斬る清盛と為義を斬る義朝 清盛は自分で...... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 15時26分

» 『平清盛』 第23話「叔父を斬る」 [英の放電日記]
今回の見所は、身内(叔父や父)を斬首する清盛と義朝  ですが、真のテーマがあります。 信西の真意と保元の乱の意義  黒くなった信西(安部サダヲ)が保元の乱を誘導したと考えてよいと思うが、保元の乱の意義は?  一言で言えば、藤原頼長(山本耕史)、崇徳院(井...... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 18時29分

« セイヨウオダマキの花言葉は勝利の女神、守護者(溝端淳平)と危険を察知する女(長澤まさみ) | トップページ | 水鉄砲と小さな依頼者(畠山彩奈)と私(戸田恵梨香)と彼(大野智) »