« てめえ、はったおすぞぉっ!(本田望結)なぁにいっ!(鈴木福) | トップページ | 赤い車と青い空、潮騒と流木と初夏の海風と過ぎ去っていく時間の歌(竹野内豊) »

2012年6月15日 (金)

すっぽかし・・・約束を忘れちゃいました・・・誰が朝ドラの話をしろと・・・。(谷村美月)

すっぽかされるのは・・・嫌なんだよなあ。

忘れたとすれば・・・自分が忘れ去られるような存在だと思っちゃうし、わざとだとすれば・・・嫌われているんだと思っちゃうし、やむにやまれぬ事情があると運が悪いと思っちゃう・・・人間として最低の行為だよな。

人をすっぽかし続けたその口で言うか。

だって、悪魔だもん。

それにしても修羅場を外して来週、木南晴夏ゲストだよ~。さすがだよ~。間がいいよね~。

で、『たぶらかし-代行女優業・マキ-・第11回』(日本テレビ20120614PM2358~)原作・安田依央、脚本・児玉頼子、演出・白川士を見た。今回は新人女流である。がめつく貯金をしている老人(石倉三郎)のためこんだ3000万円を狙い、息子(徳井優)の娘を演じるマキ(谷村美月)である。凄いのは実のおば(大沢逸美)がマキの正体にまったく気がつかないこと。どんだけ疎遠なんだよ。

やがて・・・石倉に米のとぎ方を教わったマキはすっかり情にほだされ、使命を忘れるのだった。

なんていうか、回を追うごとにマキの仕事に対する熱意がなくなっていく感じ。このドラマの根本的な失敗点だな。

ビジネスより人情という展開が死ぬほど安易なんだよな~。

みどころ・・・おじいさんにお尻をさわられるマキと実の孫娘(宮地真緒)と太もも丸出しでとっくみあいをするマキ。

後は石倉三郎劇場である。

しかも、二回連続ゲストの死んだふりオチである・・・なんじゃ、こりゃあ。

関連するキッドのブログ→第10話のレビュー

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→mana様のたぶらかし

(仮記事ではありません)

|

« てめえ、はったおすぞぉっ!(本田望結)なぁにいっ!(鈴木福) | トップページ | 赤い車と青い空、潮騒と流木と初夏の海風と過ぎ去っていく時間の歌(竹野内豊) »

コメント

キッドさん、おはようございます~♪♪

「たぶらかし-代行女優業」

みていないのですが、コメント失礼致します。

ていうか今期のドラマ、ひとつもみていません。

もうなんかそういった時間をつくれない。
忙しい人ぶるわけではなく、
本当に、テレビをみる時間が無いのです。

まあヒューマンスキルの問題ですよね。
同じ境遇でもドラマ見放題のヒトもたぶんいる。
同じ境遇でもフルタイムで
複雑なお仕事もそつなくこなすヒトもたぶんいる。

まあ自分はもう死ぬまで自分ですから、
良いんですけれど~。
今更頑張って自己改革してどーとかいう次元ではないし。

「モテキドラマ版」DVDで全話みました!
しかも全話3回くらいリピートしました!

なんか最終回泣いちゃいました。

マジでどーすんだナツキ!に反比例して、
イツカちゃんやドイアキの明るい未来。

で、なんかどういった状況も克服しそうな
ハヤシダの強さ。

4人の女性に振り回されつつ
親友の意外な一面を知りつつ
成長し前進した幸世。

良かったー。本当良かったですわー。

はなしかわって、

「スペック」にももれなく出演した
木南晴夏はなかなか「主役」しませんよね。
結構好きなのですが。

儚げなかんじがー。
美人で演技力もあるのに
主役の座をなかなか得られないって
どういったしくみなのだろろう。

暗澹たる日本の未来。
美女で芸達者なのになんかいつまでも脇役。
良くない単語オンパレードの情報番組。
何年に一回しか来ないデキテルドラマ。

日本なあ。どうなるのでしょうなあ。


投稿: ヤマト | 2012年6月15日 (金) 09時15分

ありゃ、

奥貫薫  と

木南晴夏  を

脳内でとりちがえていました。

すみませんです。

「銭ゲバ」の仕業です。

また勘違いしてしまったズラ。

投稿: ヤマト | 2012年6月15日 (金) 09時44分

こんにちは~。

>(仮記事ではありません)
前回に続き(≧∇≦)ノ彡バンバン!

梅ちゃんですかぁ(笑)
ケイタイが無くて不便なのか、今が便利なのか、
分からなくなる時ありますね。
昨晩、娘から帰るメールが届いてから1時間以上経つのに帰って来ず、
10分で着くはずが心配になってしまい、
メールや電話をするものの通じない…

で、帰って来たんですけどね。
終点の駅まで居眠って乗り過ごしたと言う。
ちゃんと充電しとけっ。

連絡なんてしない方がマシなんだと思いました。
でも自分はもっと酷かったな~と大昔を思い出し、
親の心を知る機会となりました。チャンチャン

何の話だ!
と思いながらも読んで下さってありがとう。
旬の話でした(笑)

それでは、来週もたぶらかされましょう♪
あと少し!

投稿: mana | 2012年6月15日 (金) 14時19分

shine☆*⋄◊✧◇✧◊⋄*ヤマト様、いらっしゃいませ*⋄◊✧◇✧◊⋄*☆shine

でしょ、でしょ、でしょーーーっ。

とにかく面白かったでしょーーーっ。

ヤマト様のご趣味にもおあいになったでございましょう。

まあ、あれですな。
これで気持ちがすーーーっとしましたな。

ドラマは別に観なくてもよいのです。
そういう「今」というのはあるものですからな。

キッドだって時には長期に渡って
ドラマどころかテレビも見ない時がありますぞ~。
まあ、そういう期間のものはあとで
結局、まとめてみるわけですがなーーーっ。

ビョーキでございますから~。

とにかく、踊れるスターに踊らせる。
これだけで「モテキ」はトレビアン!です。

ああ・・・胸の鼓動が高鳴って
また見たくなってきました・・・
修羅場だから無理なんですなーーーっ。

奥貫薫  と

木南晴夏  を

脳内でとりちがえてしまうことは

相当に器用さんですねえ。

まあ・・・その程度のとりちがえは
キッドにとって日常茶飯時ですが・・・。

大島優子とたかみなの区別なんて
まったくつきませんしーーーっ。

現役じゃなくてよかったーーーっ。

投稿: キッド | 2012年6月15日 (金) 16時37分

hairsalon|||-_||シャンプーブロー~mana様、いらっしゃいませ~トリートメント|||-_||hairsalon

そうですなあ。

ケータイがあると・・・
いやあ、南口だと思ってた~的な
とぼけ方が禁じられますな。

もう「うっかりケータイ忘れちゃって」と
言い訳している時に
鞄の底で着信音鳴りだす修羅場でございます。

そうなれば芸者は「前のお座敷にしつこいお客がいて
押しちゃって・・・」と言いまくるのみです。

前が押しちゃって・・・。

もう、一種の呪文です。

ただし、これを使っちゃうと

すいません、後があるんで、そろそろ・・・。

が使いにくくなります。

まあ・・今はとにかく

修羅場なんで~・・・失礼しま~す。

たぶらかし・・・まだ最終回じゃないのか・・・。

投稿: キッド | 2012年6月15日 (金) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/45658948

この記事へのトラックバック一覧です: すっぽかし・・・約束を忘れちゃいました・・・誰が朝ドラの話をしろと・・・。(谷村美月):

» 『たぶらかし』 第11話 [美容師は見た…]
お金は三欠(さんかく)に貯まる。。。「義理と人情と交際、その三つが欠けるぐらい、 がめつくしなければお金は貯まらない」上手いこと言いますね~、ミネコ。300万円の報酬に飛びついた時の顔は凄かった。義理で断れず、人情に騙され、交際費はどんだけかかるんだ~(ノ゚ο゚)... [続きを読む]

受信: 2012年6月15日 (金) 14時19分

« てめえ、はったおすぞぉっ!(本田望結)なぁにいっ!(鈴木福) | トップページ | 赤い車と青い空、潮騒と流木と初夏の海風と過ぎ去っていく時間の歌(竹野内豊) »