« AKIRA(30)のGTO(25)今週も陰謀失敗かよっ(川口春奈)おしおきだべえ(瀧本美織) | トップページ | 自分。をプロデュース(柏原収史)、放課後ラブホテル純情派(大野いと) »

2012年7月27日 (金)

悪魔っ子としてのレイコと玲子(大野いと)と魔女的ダークサイドの貞子(佐藤寛子)

NHKの解説者が「ひょっとしたら勝ち点1を取ることも夢ではない・・・」と強調した五輪男子サッカー日本VSスペイン。

終ってみれば勝ち点3ゲットだぜ。

値千金ゴールの大津・・・前の試合から「何か」が完全に憑依しているな。

で・・・憑依と無関係でないのが多重人格的発想である。

本人ではない誰かが本人という・・・何を言ってるか不明の状況を生み出すのが・・・フィクションというものだ。

ちなみに・・・解離性人格障害という怪しげな病名はさておき・・・多重人格には人々を魅了する何かがあるのだろう。

さて・・・多重人格についてあまり詳しくない方に説明するが・・・キッドの多重人格は同時性多重人格である。

あくまで、たとえであるが・・・ドラマを書いている時の脚本家の頭の中を想像してもらいたい。そこでは登場人物たちが次々とセリフを言ったりしているわけである。

キッドの場合はこれが日常茶飯事的に展開されているわけで・・・時には日常生活に支障をきたすのである。

一方、多くの脚本家の書くドラマに登場するのはほとんどが交替性多重人格である。ジギル博士がいる時にはハイド氏はいないのである。キツネに憑依されればコーンと鳴くのである。悪魔に占領されればブリッジで歩行します。

多重人格は大きく分けて・・・この二種類があります。

まあ・・・同時性多重人格は病気ではないという考え方もあります。インターフェイスを失えば統合失調症みたいになるけどな。

で、『東野圭吾ミステリーズ・第4回・レイコと玲子』(フジテレビ20120726PM10~)脚本・山本健介(他)、演出・川村泰祐を見た。脚本・演出ともに原作への読み込みや多重人格への理解が浅く・・・やや・・・不明瞭な展開になっているのが残念だが・・・レイコ(大野いと)がものすごくいい感じなので・・・それなりにミステリアスでした。

ある雨の夜。中年の男が刺殺された。

目撃者の証言から、「赤い傘をさした長い髪の少女」が容疑者として浮上する。

その夜、少年犯罪の案件を多く手がける弁護士・浅野葉子(観月ありさ)は記憶を喪失した少女レイコ(大野いと)を保護する。

浅野の知人である心理カウンセラー・藤川(吉田栄作)はストレス性の記憶障害ではないかとアドバイスする。

その頃、中年男の妻が不倫中であることをつかんだ今西刑事(平田満)は・・・その男が勤務する学習塾に張りこむ・・・違うんじゃないか・・・そのくらいシンプルにした方がいい。

主人公がかなり複雑だからな・・・・ちなみに浅野は虐待経験を乗り越えて性善説を信じる弁護士で、今西刑事は職業的に性悪説にたっている。

弁護士は人を信じるのが仕事・・・刑事は人を疑うのが仕事だが・・・本当は刑事だって人を信じたいなどと甘いことを叫ぶのである。

もう、このあたりからオチは見えているのである。

そして、核心は「殺人というタブーは絶対的な法則ではなく、単にタブーにすぎない」という精神の存在である。

やがて・・・浅野弁護士はレイコと出会った場所で赤い傘と凶器を発見する。

同時に、藤川と二人きりになったレイコは豹変し・・・男性を嫌悪し、殺害しようとする凶暴なキャラクターとなる。

ここで刑事たちも合流し、二人のレイコと対峙することになる。

父親からの暴行を受けたことで異常な人格となったレイコ。

健全な人々は記憶を失ったレイコこそが本来の山下玲子であり、凶暴なレイコを第二の人格と考え・・・レイコと玲子の多重人格を受け入れてしまう。

レイコは保護者的な女性に接近する男性を排除しようとする傾向があり・・・被害者の妻はこれを利用して・・・夫を玲子に殺害させようとした・・・という計画が妻の愛人から告白されるのである。

レイコは心神喪失のために責任能力なしと判定され、罪科を逃れることになる。

善意の勝利と見えた瞬間、凶暴なレイコこそが玲子の本質であることが本人の口から語られ・・・健全な人々は苦い味に顔をしかめるのだった。

「あっははは・・・悪が悪いことだなんて・・・ただの言葉の問題じゃないの・・・私はただ私。殺したい男を殺すだけ・・・」

大野いと、抜群でございました。

関連するキッドのブログ→第3話のレビュー

で、『VISION-殺しが見える女-・第3回』(日本テレビ20120726PM1158~)脚本・原案・脚本:飯田譲治、演出・植田尚を見た。第三の殺人者である高級秘密クラブのエスコートガール・水島貞子(佐藤寛子)はクリスティーナの「秘密」を玲奈(山田優)に開示する。

クリスティーナは玲奈のダークサイドである・・・と。

一方でどこぞの口の重たい准教授(野間口徹)が登場。玲奈が二重人格である可能性を示唆する。

う~ん。時間も局も違うのに二重人格の女の夜である。

しかし・・・玲奈は単なる二重人格ではなく・・・ダークサイドの魔女であるモンスターが人間の皮をまとっているに過ぎないという展開である。

この場合は・・・「ヨハネの黙示録」に見られる・・・神と悪魔の対立の図式を考慮しなければならない。

悪意の源は・・・もちろん・・・悪魔の棲む世界にあるのである。

魔女クリスティーナは・・・人間の中に潜む悪への傾斜に働きかけ・・・「悪の花」を開花させる怪物なのである。

玲奈は自分の中に恐ろしいものが潜んでいることを察知する。

そして・・・一般人にはもちろん・・・為す術はないのである。

人間たちは使い魔としての殺人鬼と化すか、ただあわてふためくだけなのだな。

もちろん・・・玲奈には天使も宿っていることは確実である。

天使の玲奈がクリスティーナを封じることができるかどうか・・・ハルマゲドンが始ったのだ。

さて、クリスティーナの第三使徒・貞子を演じる佐藤寛子は家族八景第2話に登場した桐生綾子もなかなかの存在感だったが・・・ホラーブームだった2005年の秀作「いちばん暗いのは夜明け前」(テレビ東京)の第五話主役である。あの頃のソニンはかわいかったな。熊田曜子とか、安田美沙子とか、安めぐみとか、かでなれおんとか・・・みんな若かったのね~。

刑事も追いつけないスピードで逃走し、最後は破滅のために追跡する覆面パトカーに特攻・・・。素晴らしい体当たりの演技である。ま、そのままですが。

関連するキッドのブログ→第2話のレビュー

|

« AKIRA(30)のGTO(25)今週も陰謀失敗かよっ(川口春奈)おしおきだべえ(瀧本美織) | トップページ | 自分。をプロデュース(柏原収史)、放課後ラブホテル純情派(大野いと) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46477084

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔っ子としてのレイコと玲子(大野いと)と魔女的ダークサイドの貞子(佐藤寛子):

» VISION 殺しが見える女 #03 [ぐ~たらにっき]
『破滅   (破滅してゆく女殺人者、多重人格に隠された謎を追え)』 [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 07時45分

» 東野圭吾ミステリーズ (第4話・7/26) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
フジ系ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(公式)の第4話『レイコと玲子』『(ラテ欄)レイコと玲子~容疑者は多重人格少女!一体どちらが本物か?』の感想。 「全員が演技をしているように見えます」は痛烈な自虐ネタか? ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くだ…... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 09時57分

» 【東野圭吾ミステリーズ】第4回「レイコと玲子」大野いとの回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
あの子の事件に向き合うことで母に会う決心がついたの。 人には誰にでも心の闇がある。 だけど、それに向き合うことで本当の自分が分かるのかもしれないって。 東野圭吾ミステリーズ 第4回「レイコ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 11時52分

» 東野圭吾ミステリーズ#04「レイコと玲子」〜”大野いと”は黒い女教師にまかせろ [世事熟視〜コソダチP]
東野圭吾ミステリーズ #04「レイコと玲子」 大雨の日。少女(大野いと)が前村哲也(川井つと)という男を刺殺。 少しニマッとする少女(大野いと) 「大野いと」が「川井つと」を刺すって、なんだか芸名的な面白さが・・・。 たまたま記憶を失い倒れている少女(大野いと)を発見した人権派弁護士・葉子(観月ありさ)が、彼女をお世話・・・。 −◆− 少女=レイコ(大野いと)は、幼少期に義父から性的虐待を受けたことが原因で多重人格(解離性障害)になって”、恐いレイコ”と”普通のレイコ”に分離... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 15時21分

» 「東野圭吾ミステリーズ」 第4話 レイコと玲子 [トリ猫家族]
 さて、貴一さんの事件は掃除婦の三沢さん、倉敷(中井貴一)の妻登場で混迷状態。 誰と誰が通じていて、誰が嘘をついているのか、全く謎です。 そんな中、今回の倉敷からのアド ... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 16時20分

» VISION 殺しが見える女 第3話 [ドラマハンティングP2G]
#03「破滅してゆく女殺人者、多重人格に隠された謎を追え」7月26日(木) 夜23:58~ 第3の殺人者は悪意に満ちた女。    玲奈(山田優)のVISIONにボンデージ姿の水島貞子(佐藤寛子)が現れ、その直後に和馬(金子ノブアキ)は崎阪(矢柴俊博)から殺人事件が起きたとい…... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 16時43分

» VISION−殺しが見える女− 第3話 [レベル999のgoo部屋]
『破滅してゆく女殺人者、多重人格に隠された謎を追え』 内容 清末(勝村政信)、和馬(金子ノブアキ)の勧めで、 玲奈(山田優)のもとを心理学の長岡太一(野間口徹)准教授が訪れていた。 長岡は、多重人格である可能性を指摘する。 納得がいかない玲奈。。。。が、そ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 17時33分

» 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★04 [まぁ、お茶でも]
倉敷は、他殺。覚えのない遺書と毒物で、捜査は迷走。 こんな時頼りになるのは、警察よりも・・・ 彼女は掃除婦の三沢さん。ミステリーの世界では、善良な顔をした人ほど、心に深い闇を抱えている… 東品川7丁目10。標識がある電柱の陰で、赤い傘をさした女が、待っていた。 大雨の中車が止まり、左手に手帳を持ち携帯を右手に持った男が出てきた。 何も言わず、女は男に体当たりするようにナイフを突き立てた。 倒れた男から無造作にナイフを引き抜いて、とても楽しそうに女は去った ... [続きを読む]

受信: 2012年7月31日 (火) 05時32分

« AKIRA(30)のGTO(25)今週も陰謀失敗かよっ(川口春奈)おしおきだべえ(瀧本美織) | トップページ | 自分。をプロデュース(柏原収史)、放課後ラブホテル純情派(大野いと) »