« 犯人のいない殺人の夜の死体(八木のぞみ)と身代わり(関めぐみ)のVISION(山田優) | トップページ | 女子大生(山下リオ)と幸せの白いハンカチとチェリーボーイ(賀来賢人)とその母(藤吉久美子) »

2012年7月14日 (土)

残酷な神が支配する世界でロリータ(草刈麻有)は主に泣いてます(中丸雄一)

美人であるがゆえに不幸である・・・というのは金持ちであるがゆえに不幸であるのと同じである。

いや・・・そうでもないと思うが・・・。

モテモテであるがゆえに不幸である・・・というのはエリートであるがゆえに不幸であるのと同じである。

うーん、まだまだ・・・。

幸福であるがゆえに不幸である・・・というのは・・・もう意味不明の領域になるな。

優れて美しいものというものは嫉妬の対象である。

そのために・・・迫害を受ける・・・。

性的対象としての美は同性の悪意を誘いやすい。

しかし、場合によっては憧れの対象ともなる。

つまり・・・美しさと・・・幸せや不幸せは無関係なのだ・・・いやあ・・・それはどうだろう。

かくて・・・この主題は実に難解だし・・・もう、ケース・バイ・ケースで見るしかないのだな。

まあ・・・端的に言ってあまり美しくない人が見る悪夢の一種なのでございましょう。

で、『主に泣いてます・第1回』(フジテレビ20120707PM2310~)原作・東村アキコ、脚本・野木亜紀子、演出・葉山裕記を見た。久しぶりに「いじめ」がブームである。特に自殺に追い込まれたという立場に立つと、一種の殺人なのである。「生きているより死んだ方がいい」と死んだわけなのでその気持ちを尊重すればいいのにと思うがそれを口にするといじめられるおそれがあるのでいわない。・・・言ってるぞ。愛するものに自殺されてしまったものはなんとか責任を転嫁したいのだが・・・結局、死んだのは本人の責任ではないのだろうか。まあ、とにかく・・・言いたいことは言ったのでこれ以上の言及はさけたいと思う。いじめられるのがいやだったら、いじめる相手を殺すのも一つの選択だと思う。・・・もう、やめとけよ。

結局、弱肉強食と平和共存の闘争も世界が果てるまで続くと断言しておくにとどめよう。

さて・・・超美人であるがゆえに男に惚れられ、女には妬まれる紺野泉(菜々緒)は就職もままならない。就職のために面接を受ければ面接官が全員、泉の虜となり、独占欲のためにその場で殺し合いが始まるからである。もう、一種の超常現象だな。

つまり、魔性の女なのである。

これを実写で展開できると考えるプロデューサーは一種の狂人である。

だが・・・結局、泉は妻帯者の画家で大学教授の青山仁(風間トオル)の愛人に過ぎない。

妻の由紀子(安達祐実)には劣る美しさしかもっていないのだ。

もう・・・この時点で企画倒れだが・・・所詮、フィクションだから辻褄のあわないまま・・・話は展開する。

この作品の原点の一つはウラジミール・ナボコフの「ロリータ」であろう。12歳の少女・ロリータに恋した大学教授は彼女の母親と結婚するわけである。

母親にとって愛娘ロリータは圧倒的な恋仇ということである。いや・・・そもそも母親は対象外なのである。

本来・・・超絶的な美とは一種の変態的妄想の中にのみ存在することが物語られるのだ。

「ロリータ」の発展形として萩尾望都の「残酷な神が支配する」が登場する。こちらは美しい息子を手に入れるためにサドでゲイの男が美しい息子の母親と結婚するのである。その屈折した愛は少年に深い傷痕を残し、さらに次世代の愛を傷つけて行く。素晴らしくロマンチックなのである。

そうした珠玉の作品に比べれば・・・この作品は哀しいほどに亜流である。

しかし・・・その辺境性もまた・・・愛すべき存在の要因となりうるのが・・・変態の世界なのである。

泉の不幸を愛する・・・女子中学生・緑川つね(草刈麻有・・・実年齢19歳のなんちゃって中学生)はその経済力にものを言わせ、泉をペット化するのだった。

エサを与え、手作りコスプレ衣装を作るのである。

結局、水木しげるマニアの女子中学生とペットの捨て美人の話なのだな。

多重人格一同・・・協議の結果、菜々緒の美人度は*6.6%であった。奇しくも初回の視聴率と同じだな。

残念ながら草刈麻有が*7.7%で・・・菜々緒より・・・キッドの世界では美人度が高いのである。それは基本、おまえがロリコンだからだろう。

失礼な貧乳も好きだが、爆乳も好きだぞ~。

審議のランプが点灯しているので深層心理トークはそこまでだっ。

ともかく・・・そんな超時空に彷徨いこんだのが普通の大学生である赤松啓介(中丸雄一)なのである。

なぜか・・・彼は・・・ゲイという暗黙の了解で・・・泉の素顔を垣間見る栄光に浴するのであるが・・・そこそこ恋に陥ちそうになるものの・・・一般人とは違う体質なのか・・・抑制が効くのである。まあ・・・いわゆるひとつのご都合主義てんこもりですなあ。

まあ・・・そういうことで・・・他人の悪夢に興味のある人は一度覗いてみるといいと思う。

もちろん・・・レビューは今回限りです。

関連するキッドのブログ→スシ王子!

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→くう様の主に泣いてます

|

« 犯人のいない殺人の夜の死体(八木のぞみ)と身代わり(関めぐみ)のVISION(山田優) | トップページ | 女子大生(山下リオ)と幸せの白いハンカチとチェリーボーイ(賀来賢人)とその母(藤吉久美子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46318821

この記事へのトラックバック一覧です: 残酷な神が支配する世界でロリータ(草刈麻有)は主に泣いてます(中丸雄一):

» 【主に泣いてます】第1話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
生まれ変わったらブスになりたい。 明るくて面白くて誰からも愛される素敵なブスに… 「主に泣いてます」 第1話         ちょ~簡単感想で。 シュールでキモ可愛くて可笑しくて悪...... [続きを読む]

受信: 2012年7月14日 (土) 03時06分

» 主に泣いてます 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『生まれ変わったらブスになりたい』 内容 「生まれ変わったらブスになりたい」 そんな思いを抱き続ける女がいた。 紺野泉(菜々緒)。。一目見るだけで男は、泉に好意を抱く絶世の美人だった。 就職活動をしようとしても、面接官が一目惚れしてしまい、 就職さえ出来ず...... [続きを読む]

受信: 2012年7月14日 (土) 21時39分

« 犯人のいない殺人の夜の死体(八木のぞみ)と身代わり(関めぐみ)のVISION(山田優) | トップページ | 女子大生(山下リオ)と幸せの白いハンカチとチェリーボーイ(賀来賢人)とその母(藤吉久美子) »