« 自分。をプロデュース(柏原収史)、放課後ラブホテル純情派(大野いと) | トップページ | オン・パーピーヤス・ソワカ・オン・バサラ・ダトバン・オン・アビラ・ウンケン(井浦新) »

2012年7月29日 (日)

女子高校生の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られててぃひっ!(志田未来)

勝負の世界である。なでしこ・・・サムライ・・・火の鳥と順調に勝ちを刻んできたが・・・新・ヤワラちゃんは一瞬の隙を突かれて敗北。敗者がいてこその勝利の喜び。へい、フクミ、気にするな。敗北を受け入れるんだ。クールに振る舞う必要はない。天は自らを救うものを救うんだ。へい、フクミ、落ち込むな。すべてを受け入れた時、新しい何かが始るんだ。へい、フクミ。勝つと思うな思えば負けよなのだ。

ジュードとヤワラを混ぜるなよ。

さてさて・・・ついに五輪に本格突入である。

なるべく、記事更新を続ける予定だが・・・プライベートも立て込んでいて・・・いろいろアレなのである。

しかし・・・前回と今回の記事はなかなかに書けてると思う。

ただし、ジェンダーの問題を含むため・・・トラックバックの発信は自粛しています。ただしトラバ返しはいたします。

で、『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜・第4回』(日本テレビ20120728PM9~)原作・佐藤智一、脚本・梅田みか、演出・大谷太郎を見た。連夜の女子高校生恋愛白書である。ハードでもソフトでもやってることは同じだという話になるので【熱帯夜のために一部妄想が変態的な場合があります。ご使用の際はご注意ください】ということでよろしくお願いします。

一学期の通知表の様相から選択の範囲がかなり狭い偏差値の上原葵(志田未来)なのであるが・・・夏休みは猛勉強で遅れを取り戻す覚悟だけはある。しかし・・・受験勉強場所であるファミレスのアルバイト店員・・・就職活動中の年上の人・良太(戸塚祥太)に一目惚れをしてしまう。

話はとんとん拍子で進み・・・ひと夏の体験に向けてまずは由緒正しい映画デートである。

映画なんかほとんど見ないで「彼」にうっとりの葵なのだが・・・恐ろしい偶然で・・・せまい街だからな・・・父親の航平(沢村一樹)に目撃されてしまう。

自分以外の男に娘が処女を捧げると想像しただけで大魔神となる航平は良太に暴言を吐き、娘にはお仕置きである。

しかし、我に帰れば・・・ひどいことをしてしまったと反省する航平。

そして、売り言葉に買い言葉で義母の悪口を言ってしまう葵だった。

お互いに相手を思いながら・・・不器用な父と娘だった。

航平は蝶子(仲間由紀恵)は義理の娘にも我が子のように接してくれる女性と信じたから愛したのだった。

・・・彼女をベッドの端に座らせる。そしてゆっくりと仰向けになってもらう。着衣はあってもなくてもよい。できれば昼下がりの陽光が木漏れ日とレースのカーテンが明るく恥丘を照らし出すライティングが望ましい。彼女の膝小僧に両手をあてがいゆっくりと跪く。彼女が自ら両足を開いても構わないが、優しく開いていくのがいいだろう。彼女は恥じらいを感じるだろう。同時にその淫らな状態を慄いて受け入れる。開かれた秘部はすでに湿り気を帯びているだろう。個人差はあるが概ね美しいと感じる光景である。いつまでもいつまでも眺めていたい景色である。ただ見るだけで見られている彼女が高まりを感じるくらいが良好な関係である。彼女はついに耐えきれず身じろぎをする。静かに一番敏感な部分に口づけをしよう。そして舌先をとがらせて愛撫を始める。永遠を感じる長さで修道士のような敬虔さで彼女が何度も痙攣するまで行為に没頭する。彼女は鳴くだろう。彼女は吐息をもらすだろう。彼女は絶頂に達するだろう。その快楽に自らを委ねる時・・・誰に罪があるというのだろう。そんなことを言うのは嫉妬深い神だけだ。彼女も私も生きている喜びに恍惚となる。そんな歓喜の瞬間の共有を誰が罰することができようか。少なくとも悪魔はニヤニヤするだけなのでございます。やがて彼女はすべてを受け入れたくて受け入れたくてたまらなくなるのだから。

そして、とんぼ(君野夢真)が生まれたのである。・・・お前の官能の宴は一種類しかないのかよ。

とにかく・・・「彼」と変なことになってしまった義理の娘のために・・・ゴーストママは犬のメリーちゃんを使って誘導を試みるのだった。

良太のファミレスにやってきた葵・・・しかし、そこには航平が先に来て・・・非礼を詫びていたのだった。

「すまない・・・父親はバカだが・・・娘はいい子なのでよろしくおつきあいください」

「・・・お父さん・・・」

「葵・・・」

「変なお父さんでごめんなさい」

「・・・いいお父さんじゃないか」

天使のような良太だった。

その後、就職が決まって大阪に旅立つ良太と葵は思い出の昼下がりを過ごすのである。

・・・彼女をベッドの端に座らせる。そしてゆっくりと仰向けになってもらう。着衣はあってもなくてもよい。できれば昼下がりの陽光が木漏れ日とレースのカーテンが明るく恥丘を照らし出すライティングが望ましい。彼女の膝小僧に両手をあてがいゆっくりと跪く。彼女が自ら両足を開いても構わないが、優しく開いていくのがいいだろう。彼女は恥じらいを感じるだろう。同時にその淫らな状態を慄いて受け入れる。開かれた秘部はすでに湿り気を帯びているだろう。個人差はあるが概ね美しいと感じる光景である。いつまでもいつまでも眺めていたい景色である。ただ見るだけで見られている彼女が高まりを感じるくらいが良好な関係である。彼女はついに耐えきれず身じろぎをする。静かに一番敏感な部分に口づけをしよう。そして舌先をとがらせて愛撫を始める。永遠を感じる長さで修道士のような敬虔さで彼女が何度も痙攣するまで行為に没頭する。彼女は鳴くだろう。彼女は吐息をもらすだろう。彼女は絶頂に達するだろう。その快楽に自らを委ねる時・・・誰に罪があるというのだろう。そんなことを言うのは嫉妬深い神だけだ。彼女も私も生きている喜びに恍惚となる。そんな歓喜の瞬間の共有を誰が罰することができようか。少なくとも悪魔はニヤニヤするだけなのでございます。やがて彼女はすべてを受け入れたくて受け入れたくてたまらなくなるのだから。

・・・だと思ったよ。

ひと夏の思い出の余韻を感じるけだるい早朝ラジオ体操。

素晴らしい朝が来た・・・希望の朝だ。

すべての女子高校生がそれなりに楽しい思い出が作れる夏休みでありますように。

そして元気に新学期が迎えられますように。

関連するキッドのブログ→第3話のレビュー

|

« 自分。をプロデュース(柏原収史)、放課後ラブホテル純情派(大野いと) | トップページ | オン・パーピーヤス・ソワカ・オン・バサラ・ダトバン・オン・アビラ・ウンケン(井浦新) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46499416

この記事へのトラックバック一覧です: 女子高校生の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られててぃひっ!(志田未来):

» ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日(4) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 9.5%・・・前回(11.0)より 恋の季節!!娘のデートに潜入捜査開始! [続きを読む]

受信: 2012年8月 1日 (水) 16時52分

« 自分。をプロデュース(柏原収史)、放課後ラブホテル純情派(大野いと) | トップページ | オン・パーピーヤス・ソワカ・オン・バサラ・ダトバン・オン・アビラ・ウンケン(井浦新) »