« 25点(井上真央)が30点(木南晴夏)を笑うトッカン式刃傷沙汰(星野真里) | トップページ | 黒の女教師で津波注意報発令、ボーイズ・オン・ザ・ランの予告編で解除の夜(榮倉奈々) »

2012年8月31日 (金)

高校三年生殺人事件(三浦春馬)、ラインを越えた小さな故意の物語(三吉彩花)

東雲麻衣降臨である。

いつまで「熱海の捜査官」を引きずるんだよ・・・永遠に。

まあ、三吉彩花はまだ16才だからな、当分、美少女女子高校生できるけどな。

ちなみに三浦春馬(22)、大野卓朗(23)、波瑠(21)でなんちゃって高校生トリオである。

昨日、今日は「綾瀬はるか」も降臨しているのだが、「なでしこJAPAN日韓戦」も降臨しており、五輪が終わったというのに・・・殺す気か体制である。

しかも東京は35℃越えなのです。

暑さ寒さも彼岸までか・・・。その前に彼岸に旅立ってしまいそう・・・。

東北から関東にかけて放射能の雲が通り過ぎ、雨が何度も降ったので・・・子作りは極力さけるべき・・・なんて・・・ものすごいこと言っちゃう人もいるわけで・・・暑すぎるんだな・・・きっと太陽が。

で、『東野圭吾ミステリーズ・第8回・小さな故意の物語』(フジテレビ20120830PM1035~)脚本・川崎いづみ、演出・並木道子を見た。「小さな恋のものがたり」ならみつはしちかこの漫画だが、ここは「小さな恋の物語/アグネス・チャン」(1973年)だな。

夕映え空をきれいに染めてゆく

お話みたいに二人は恋するの

いついつまでもこの街で

いついつまでも暮したい

幼馴染の三人がいた。男と男と女だった。

高校三年生の中岡良(三浦春馬)の故意

あれは・・・サッカー部の最後の試合の後。俺と洋子(波瑠)と達也(大野拓朗)の三人は草原に寝転んだ。洋子と達也はお似合いのカップルだったけど・・・俺だってずっと洋子が好きだったんだ。だから・・・高校最後の思い出として・・・眠ったふりして洋子の手に手をかさねてみた。偶然を装ったけど・・・あれは故意だったんだ。

まるで夢見るような気持ちだった。

でも・・・達也が起き出して・・・洋子と二人で仲良く夕闇に消えて行った。

で・・・俺の恋の記憶はそれきりになるはずだったのだ。

でも・・・それからしばらくして達也は高校の屋上から転落死・・・警察には「自殺の原因」を聞かれたけど・・・そんなもの・・・思いつくはずもない。

だって・・・達也は頭も良くて・・・運動神経も抜群・・・陽気で・・・かわいい彼女がいて・・・そんな奴・・・普通自殺なんてしないだろう?

だから・・・俺はあれは事故だったんだと思う。

美術部の笠井美代子(三吉彩花)の故意

グラウンドを駆ける達也くんは本当にかっこいい。

だから・・・私はラインを越えてしまったのです。

こんな私が達也くんにふりむいてもらえるとは思えないけど・・・。

勇気を出してヴァレンタインデーにチョコレートを贈ったのです。

でも、達也くんはそれをサッカー部の仲間に分け与えていた。

私は哀しくて哀しくてその夜は泣きました。

でも・・・どうしてあきらめることができるでしょう。

それからもずっと遠くから達也くんを眺めていました。

そして・・・あの日、美術室から屋上にいる達也くんを発見しました。

マネージャーのかわいい彼女と屋上で楽しそうにしていたのです。

屋上の柵を乗り越えておどけてみせたりして・・・。

私は手鏡をとりだして・・・屋上の達也くんに太陽の光を反射させてみました。

ただ・・・私がいることに気付いてもらいたかったから・・・。

ふと・・・振り返った達也くんの目を光が捕えました。

そして、バランスを失った達也くんはまっさかさまに堕ちたのです。

偶然かどうか、問われれば故意だったと言うしかないのです。

私が・・・達也くんを殺したのです。

佐伯洋子の故意

達也と良と私。幼い頃からいつも三人一緒で・・・恋とは違う意味で仲良しだったの。

積極的な性格の達也はいつも強引に迫ってきて・・・いつの間にか、恋人同士みたいなことに。

別にそれはそれで楽しかったけど・・・何か違うと感じていた。

一日一日、季節が映る度、一年一年。

私の心の中にいつしか恋心が生じていたの。

でもその相手は達也ではなくて・・・良だった。

それを私が本当の意味で感じたのは・・・あの日。

眠っていた良の手が偶然、私に重なった日。

ああ、この人が私の恋する人。

この手のぬくもり、肌触りが私をときめかせる。

途端に・・・達也のことがとても疎ましくなってしまった。

だって・・・はっきり言って邪魔でしょう。

できれば・・・自然消滅が望ましかった。

だって・・・男同士の友情とか・・・なんだかんだ面倒臭いじゃない。

だから・・・あの日、突然、達也が屋上に呼び出して・・・

私に捨てられるくらいなら死ぬって言いだした時・・・

私は本当にうんざりしていた。

だって・・・達也を拾ったつもりなんてまったくなかったもの。

たまたま・・・となりにいただけの人だったんだもの。

その時・・・キラキラした光が見えたの。

あの光が達也をとらえたら・・・ひょっとしたら・・・と思ったわ。

そして・・・光が来る方向に私は故意に指差した。

「あれは何」ってね。

そして・・・望んだ通りのことが起こったの。

行原達也の故意

草叢でふと隣を見ると・・・洋子が良と手をつないでいた。

俺は知っていたさ・・・良が洋子を好きなこと。

でも、まさか、洋子が良を好きになるとはね。

女心って不思議だな。

嫉妬。嫉妬。嫉妬。

世界が闇の中に包まれちまった。

なんだか・・・生きているのが面倒になるほどにね。

で・・・屋上に洋子を呼び出してお決まりの愁嘆場さ。

もちろん、ポーズだけのつもりだったのさ。

でも・・・このまま行けば・・・良と洋子は結ばれちまう。

それじゃあ・・・俺があまりにも憐れだろう。

その時・・・光が見えたんだ。

二人を傷つけて・・・ざまあみろと言えるかもしれない。

俺は光に向かって跳んだのさ。

もちろん・・・それは故意だったのさ。

そして・・・俺はラインを越えたんだ。光の彼方の闇へと。

古びた教会の鐘の音ひびけば

あなたとつくるの小さな物語

いついつまでもこの街で

いついつまでも暮したい

関連するキッドのブログ→第7話のレビュー

サムライ・ハイスクール

で、『VISION-殺しが見える女-・第8回』(日本テレビ20120830PM1158~)脚本・原案・脚本:飯田譲治、演出・植田尚を見た。玲奈(山田優)の事務所の顧問弁護士・川辺を名乗る男(升毅)は・・・何やら怪しいマッドサイエンティストで殺人鬼で・・・そしてクリスティーナの秘密を知る者らしい。

スーパーナチュラルとは何かというのは非常に困難な設問である。

つまり・・・自然とは何かを知らなければ超自然は明らかにならないからである。

フィクションの世界ではそれぞれのクリエーターがそれぞれの好みによって「それ」を表現する。

超能力、霊能力、シャイニング、念力、スタンド、スペック・・・あるいは単なる「力」・・・。

偽の川辺はそれを解明する理論体系を科学と断言するが・・・本当にそうなのかは謎なのである。

とにかく・・・玲奈には「秘められた力」があり・・・予知もできるし、人格の遠隔操作もできるし、霊体を物質化もできる・・・らしい。

そして・・・マリア(コトウロレナ)は玲奈の母親のスパイだったらしい。

だが・・・玲奈と耐電体質の和馬(金子ノブアキ)は恋に落ちているらしい・・・。

・・・というわけで、自らの殺人事件を擬装しようとして失敗したカジウラではなくて偽の川辺は闇の中へ走り去るのだった。

|

« 25点(井上真央)が30点(木南晴夏)を笑うトッカン式刃傷沙汰(星野真里) | トップページ | 黒の女教師で津波注意報発令、ボーイズ・オン・ザ・ランの予告編で解除の夜(榮倉奈々) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46891224

この記事へのトラックバック一覧です: 高校三年生殺人事件(三浦春馬)、ラインを越えた小さな故意の物語(三吉彩花):

» 【東野圭吾ミステリーズ】第8回「小さな故意の物語」三浦春馬の回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
俺と達也と洋子は、気付けばいつも一緒だった。 小学生のころからずっと…。 ずっと一緒にいることに何の疑いも持たないまま。 けれどその思いが複雑に変わっていったのは、いつの頃からだろう? 東...... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 02時58分

» 東野圭吾ミステリーズ (第8話・8/30) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
フジ系ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(公式)の第8話『小さな故意の物語~謎の死を遂げた親友…真実の裏の哀しい嘘』の感想。 好き嫌いが分かれそう… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3848/ ★Seesaa…... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 08時30分

» 東野圭吾ミステリーズ#08 波瑠の故意の物語〜鏡まぶしい殺人事件? [世事熟視〜コソダチP]
東野圭吾ミステリーズ #08「小さな故意の物語」 春頃に放映されていた『ドコモCM・新社会人のきみへ篇』で、何もわからないまま席に座っていると、電話が鳴って「おい電話!」と先輩に叱られちゃうショートヘアの新入社員を演じていた波瑠に好印象を持っていたのですが、『小さな故意の物語』でも独特のムードが垣間見えました。 −◆− 高校三年生の良(三浦春馬)、洋子(波瑠)、達也(大野拓朗)は、仲良しの幼なじみ3人組。 ただし洋子(波瑠)と達也(大野拓朗)は交際中という微妙な三人。 部活引退の日... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 13時15分

» 東野圭吾ミステリーズ 第8話 [ドラマハンティングP2G]
第8話「小さな故意の物語」2012年8月23日  ラテ欄「小さな故意の物語~謎の死を遂げた親友…真実の裏の哀しい嘘」 高校三年生の中岡良(三浦春馬)、佐伯洋子(波瑠)、行原達也(大野拓朗)は、小学校からずっと同じ学校に通う幼なじみで仲の良い3人組。だが、思春期…... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 16時42分

» 「東野圭吾ミステリーズ」 第8話 小さな故意の物語 [トリ猫家族]
 青春って切ないやねぇ・・って終われればいいんだけど・・・な〜んか気持ちよく酔えない感じやった(-∀-`;) 「あの日・・・私の手にね、隣で寝てた良ちゃんの手があたった。 ... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 17時07分

» 東野圭吾ミステリーズ 第8話 [レベル999のgoo部屋]
『小さな故意の物語』 「小さな故意の物語〜謎の死を遂げた親友…真実の裏の哀しい嘘 内容 中岡良(三浦春馬)洋子(波瑠)行原達也(大野拓朗)は、 小学生の頃からずっと一緒だった。 だが、いつの頃からか、洋子と達也がつきあい始め、苦悩する良。 もう少しで卒業。...... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 18時03分

» 『東野圭吾ミステリーズ』 第8話「小さな故意の物語」 [英の放電日記]
重なる恋(故意)心 美代子(三吉彩花)の故意  達也(大野拓朗)への恋心(片思い)に気づいて欲しくて、鏡で反射させた光を屋上の縁にいた達也に当てた 洋子(波瑠)の故意  達也の束縛から逃れたいと思った洋子は、美代子の反射させた光を達也に気付かせた(目が眩み...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 1日 (土) 15時59分

» 東野圭吾ミステリーズ - 木曜劇場 [新ドラマQ]
東野圭吾ミステリーズ 木曜 22:00 フジテレビ 2012年7月5日~ [キャスト] [スタッフ] 原作…東野圭吾(『犯人のいない殺人の夜』『怪しい人びと』『あの頃の誰か』光文社文庫) 第1話『さよならコー...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 17時48分

» 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★08 [まぁ、お茶でも]
良と達也と洋子は気付けばいつも一緒だった。小学生のころからずっと、一緒だったが、それに何の疑いも持っていなかった。 サッカー部の試合に負けたことより良は、3人でいなくてよいということに期待していた。 洋子に対する自分の気持ちをを押さえることをしなくてよいという気持ちを期待した。高校を卒業して俺たちはバラバラになれる。そう思ってロッカーを開けると、荷物の間から写真が転がった。それを見ていると、どさっと音がした。外に出ると、女子は、うずくまり、先生... [続きを読む]

受信: 2012年9月 3日 (月) 21時49分

« 25点(井上真央)が30点(木南晴夏)を笑うトッカン式刃傷沙汰(星野真里) | トップページ | 黒の女教師で津波注意報発令、ボーイズ・オン・ザ・ランの予告編で解除の夜(榮倉奈々) »