« ヒキコモリが三日続かない男(丸山隆平)のボーイズ・オン・ザ・ラン(平愛梨) | トップページ | ミニスカ黒衣でシャレードがいっぱいのVISION(長澤まさみ) »

2012年8月16日 (木)

深樹(井上真央)木綿子(鈴木砂羽)千紗(木南晴夏)芽夢(美波)瞳(さとうやすえ)演美(小島聖)喜理子(星野真里)トッカン式女優詰め込み主義

濃すぎるわっ。

さて・・・北方領土、竹島、尖閣諸島と我が国周辺ではおだやかではない事態の推移がある。

これに沖縄の米軍基地問題を加えると・・・「いじめ」じゃないのか・・・と思う今日この頃である。

もちろん、日米同盟を前提とすれば・・・沖縄の米軍は日本の味方であるわけだが・・・ロシア・韓国・中国の侵略的態度に対しては静観である。

だが・・・ある意味、一歩間違えれば四面楚歌的状況である。

まあ、八方美人の宿命でもあるわけだが。

で、諸外国にいじめられている我が国政府は増税という国民いじめをせざるをえないのだな。

とにかく・・・税収入をアップしないとどうにもならないという意見もあり、原発再始動しないとどうにもならないという意見もあり、もう何をやってもどうにもならないという意見もある。

いじめられるのは本人にも問題があるという論理展開なら・・・「日本のような国にならないために」という傾向と対策さえも囁かれ始めるのである。

そんなときに・・・なんで税金の徴収官の物語やってんだ・・・そして闇金のウシジマくんより面白くないのはなぜなんだ。

で、『トッカン 特別国税徴収官・第5回』(日本テレビ20120815PM10~)原作・高殿円、脚本・いずみ吉紘、演出・長沼誠を見た。第4回でニセの友達・相沢(美波)にメガネを踏みつぶされメガネっ娘を卒業した鈴宮(井上真央)ことグ~子だが・・・いよいよクールなトッカン付徴収官になるかと思えば・・・もはや主役でもないんじゃないかという存在感である。っていうか・・・先輩徴収官・鍋島(鈴木砂羽)のフィーチャー回なのである。鍋島(36)とともに婚カツパーティーに出るグ~子なのである。そこに国税局の南部(木南晴夏)が出現し、「ブス」「整形美人」の醜い応酬なのである。

五輪後の新メンバーとして徴収官に夫を持つ身の錨喜理子(星野真里)が参入してきたりする。

まだ伏線段階だが・・・家庭生活になにやら問題がありそうで・・・フィーチャー回は確実にあるわけだ。

そして・・・ゲストとして鍋島の親友であるヴァイオリン教師・桑原演美(小島聖)が登場するのだ。もはや胃もたれしています。

桑原は父親の遺産であるマンションを売却したことによりに発生した譲渡所得税が未納のために差押予告書を発行されている。

トッカン(北村有起哉)出動である。

「私も参加させてください」

「どうして・・・」

「友人なんです」という鍋島である。

「・・・」

「私情は交えません」

いや・・・友人だからって参加する時点で私情まざってますから。

「ある事情で・・・人にお金を貸している」という鍋島。

「じゃ・・・返してもらってください」

「ちょっと・・・それは」

「それだと大変なことになりますよ」

「とにかく・・・大学の給料が出たら一部納付しますから・・・」

かなり私情のまじった温情展開である。

しかし・・・給料さえも恋人・中西(鈴木一真)に貢いでしまう桑原だった。

「そりゃ・・・完全に騙されてるだろう」と断言する南部だった。

「ちがうのです・・・彼は私のためにヴァイオリン教室を・・・」

「いくら・・・貸してるの・・・」

「三千万円くらい・・・」

「・・・」

とにかくトッカンはヴァイオリンとしては安めのモダンイタリアンなポスティリオーネを差し押さえるのだった。

そして・・・桑原の恋人には正妻がいたのである。しかもあろうことか・・・それはプロのヴァイオリニスト・川瀬瞳(さとうやすえ)だったのである。

あまりのことに辞表を提出し、自殺を図る桑原だったが・・・間一髪、駆けつけた鍋島によって一命をとりとめる。

義憤に燃えた鍋島とグ~子は・・・結婚詐欺師という他はない桑原の恋人に・・・正義の鉄槌を下すのだった。

それは秘儀「第二次納税義務」(滞納者が財産を無償または著しく低い対価による譲渡、もしくは債務免除などを行うことにより第三者に利益を与えたため、国が滞納者の税金を徴収することができない事態になった場合には第三者に納税義務を課すこと)である。

納税のためには契約書などなくても覚書(日記など)があれば充分なのだった。

もちろん、法律は税の徴収に優しくできているのである。

こうして・・・すべてを失ったような桑原に自己評価額1000万円のポスティリオーネと鍋島の友情が戻るのだった。

二人の友情をうらやましく感じるグ~子だったが・・・相沢(美波)と偶然再会し・・・甘い言葉に誘われると・・・またもや心を動かされてしまうのだった。

もう・・・みんな中学生のまま成人してしまうんだな。

こりゃ・・・国際的ないじめに耐えられない国家に確実になるな。

関連するキッドのブログ→第1話のレビュー

|

« ヒキコモリが三日続かない男(丸山隆平)のボーイズ・オン・ザ・ラン(平愛梨) | トップページ | ミニスカ黒衣でシャレードがいっぱいのVISION(長澤まさみ) »

コメント

全くノーチェックのドラマなんですが・・・
キッドさんのブログの文章が面白すぎで、思わず書き込みしてしまいました。
それにしてもめっちゃ濃いメンバーですね・・・見れば良かった(笑)
税金ネタでは黄金の豚が面白かったです。

投稿: あまね | 2012年8月17日 (金) 15時01分

bellハーメルンノフエノネ~あまね様、いらっしゃいませ~ハルノココロニヒビキアリbell

各世代の准主演級をこれでもかと
あつめまくった今回・・・。
顔見せ興行みたいでしたぞ。

こちらは「税金」の集め方のドラマですが
「黄金の豚」は税金の使い道に対するチェックのドラマ。
いわば・・・入口と出口みたいなものですな。

国家を動かすもの・・・それはやはり「金」なのですな。
それでいいのか、どうかは別として。typhoon

投稿: キッド | 2012年8月17日 (金) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46706844

この記事へのトラックバック一覧です: 深樹(井上真央)木綿子(鈴木砂羽)千紗(木南晴夏)芽夢(美波)瞳(さとうやすえ)演美(小島聖)喜理子(星野真里)トッカン式女優詰め込み主義:

» トッカン-特別国税徴収官 第5話〜出たぁ〜鈴木一真! [世事熟視〜コソダチP]
井上真央の「トッカン-特別国税徴収官」第5話 「親友が結婚詐欺に?美人教師を差し押さえ 貢いだ金を取り戻せ」 鍋島(鈴木砂羽)が鈴宮(井上真央)を誘って婚活パーティ。 そこに千紗(木南晴夏)も居たからドタバタに・・・。 パーティに国税徴収官が3人も居たら、内偵か何かかと思ってドン引きするわなぁ・・・。 こんな風に、冒頭にコミカルな場面を持ってきたのは、ドラマの味を微調整する意図があるのかな・・・。 五輪中断前の『トッカン』は、”ももクロZ”に”森進一”の歌を唄わせている... [続きを読む]

受信: 2012年8月16日 (木) 11時48分

» 「トッカン 特別国税徴収官」納税の現実5女を騙した男の悪質手口に鈴宮は女の日記メモで物品差押えを強行した [オールマイティにコメンテート]
「トッカン 特別国税徴収官」第5話は鈴宮は鍋島の同級生の滞納者桑原演美の譲渡所得税の滞納税差し押さえに向かった。鍋島と同行した鈴宮はどうして滞納しているのかを問質すとお ... [続きを読む]

受信: 2012年8月17日 (金) 06時20分

» 《トッカン 特別国税徴収官》#05 [まぁ、お茶でも]
ロンドンオリンピックの中継で先週までお休みでした。 冒頭は、メガネを外した深樹が合コンに出席。 先輩木綿子の婚活に付き合っていた。 うるさい同期のホンテン千紗もなぜかいた。 ホンテン→国税局 シテン→税務署 どうしてもこの2人、顔を合わせると喧嘩になる。 仕事を聞かれて、「金融関係」と言ったのまでは良かったが、スピッツ@千紗がぐー子@深樹の足を踏んだものだから、ワインをドレスにひっかけて、掴み合いの喧嘩になった。 そこで税大(税務大学校)の名前を出してしまったぐー子に周りの人達の反応が・・・ ... [続きを読む]

受信: 2012年8月19日 (日) 17時29分

« ヒキコモリが三日続かない男(丸山隆平)のボーイズ・オン・ザ・ラン(平愛梨) | トップページ | ミニスカ黒衣でシャレードがいっぱいのVISION(長澤まさみ) »