« 帰り道は遠かった来た時よりも遠かった(仲間由紀恵) | トップページ | こんな女に誰がした(有村架純)哀しい時は泣いたらええんや(多部未華子) »

2012年8月13日 (月)

メリーゴーランドには二度乗る(芦田愛菜)

決勝戦と三位決定戦には微妙なニュアンスがある。

その最大の差異は負けて銀メダルと勝って銅メダルというポイントである。

実際は二位と三位なのだが、敗者と勝者という印象が生じるのである。

なでしこJAPANは日本サッカー史上初の五輪銀メダルという快挙を成し遂げたのだが、決勝戦で敗北したことにより、敗者の落胤を押されかねないピンチに立たされた。その印象をぬぐい去るための演出が授賞式の過剰な笑顔と歓喜の表現なのである。人によっては「はしゃぎすぎ」という感じを持たれるかもしれないが・・・そこは勝負なのである。銀メダルという金字塔をアピールするための苦肉の策と言えるのだな。

皆さまの公共放送によれば、もう一度見たい名場面は今のところ、1位「体操・個人総合金メダルの内村」2位「競泳・男子メドレーリレーの銀メダル」3位「なでしこの銀メダル」である。女性視聴者が男子子役よりも女子子役に厳しい視線を送るがごとくなのだな。

しかし・・・ロンドン五輪の真の主役はなでしこJAPANに他ならない。誰がなんと言おうともだ。

なぜなら、卓球女子よりもバドミントン女子よりも限りなく金に近い銀だったからである。

それとは別に・・・メビウスともセブン・スターとも言えるのが七人の金メダリストたちだろう。

最初は女子柔道の松本である。金メダル候補二人の敗退の後で・・・男女を通じて唯一の金メダルを柔道にもたらした。その闘志に乾杯である。

次に唯一の格闘系でない金メダリスト。美しい男子のシンボル内村くん。ストイックでクールで母親思い・・・きっと将来、若い女を泣かせること間違いなしである。

それから女子レスリングの闘魂三人組。三連覇の二人に、苦節の一人・・・姉妹物語あり、父娘物語あり・・・小原・伊調・吉田の三人娘は五輪ならではのスターである。

そして、終盤で日本男児が意地をみせる。

ボクシングでほぼ半世紀ぶりに金メダルをもたらした・・・ミドル級の村田。少年マンガでは五輪金メダリストのボクサーといえば主人公にやられるための敵役設定なのだが・・・実際は50年近く架空の存在だったのである。そして顔に残る傷痕はエリートの姿ではなく・・・「実際に王座に立って見る景色がぼやける」ほどのパンチドランカーを予感させる悲壮感を伴うのだった。

そして・・・最後の金メダリストはレスリング男子フリースタイルの米満だ。最後は大技の投げを決めて「レスリングの技を見てもらえてよかった」と競技のエンターティメント性を表現する自衛官である。こちらも1/4世紀ぶりのメダルである。

団体、絆を誇る日本だが・・・頂点に立った日本人は皆・・・孤高の人々・・・しかも、基本格闘家である。

結局、すべてのスポーツは「自分」との戦いなのである。

自分に負けるものはけして頂点にはたてないのだな。

そして・・・それはもちろん人生に通じることは間違いないだろう。

まあ、あくまで悪魔が考えることですから・・・。

それにしても日本国固有の領土である竹島について「自分たちのものだ」と競技場で政治的な主張をしてしまったサッカー男子の韓国選手・・・馬鹿だなあ・・・もちろん・・・韓国が銅メダルを剥奪されて日本に銅メダルが転がりこめばこれ以上ない面白さなのだけど~。まあ、そんなことになったら可哀相と思うのも日本人の優しさだったりして・・・。

で、『ューィフル・第7回』(フジテレビ20120812PM9~)脚本・羽原大介、演出・八十島美也子を見た。夏休みである。青果店の娘である菜子(吉田里琴)は店の手伝いをして打ち水などをしながら出番を確保である。沼津から高速道路で二時間をかけて・・・亡き妻の老父母が東京にやってくる。上原一夫(浜田晃)と愛子(岩本多代)の夫妻である。

何も知らない二人は孫娘の美雨(芦田愛菜)に会うのがただ楽しみなのであった。

しかし・・・若年性アルツハイマー病を発症している娘婿の木下圭介(豊川悦司)にとっては・・・病気の進行によっては美雨にとっての拠り所となるだろう二人に事情を明かすタイミングについて迷う。

忘れるということをなかなか受け入れられないのが認知症患者の宿命なのである。

アルツハイマー病の姑を介護したアカネ(中谷美紀)がもっとも事情通である。

真夜中のベランダでセクシーな肢体を披露するので・・・もう、圭介とそういう仲になってしまう可能性大なのであるが・・・それは男性視聴者の願望というものであろうか・・・。

まあ、アカネと再婚できるなら若年性アルツハイマー病を発症したい者は多いと思う。

とにかく・・・今のところ、アカネはそういう意向は表示せずに・・・美雨と圭介の別居を示唆するにとどめるのである。

東京スカイツリーから浅草といったら遊園地は花やしきでいいじゃないか・・・という下町の人々のつぶやきはさておき・・・すでに乗っている「メリーゴーランド」を父親のために二度乗る美雨・・・泣かせます。

先立つ不孝という言葉があるが・・・老父母よりも先に痴呆化する不幸・・・言葉では語れない凄惨さがございますなあ。

頼りの子供にボケられた親は神も仏もあるものか・・・と呪うか、新興宗教に入れ込む可能性大なのである。

とにかく・・・バカの秋生(三浦翔平)もついに圭介の病気を知ることになり・・・ついに真相を知らないのは美雨だけになりました・・・。

五輪も終焉し・・・美しい雨が心に降る季節がまもなくやってくるのでございます。

関連するキッドのブログ→第6話のレビュー

|

« 帰り道は遠かった来た時よりも遠かった(仲間由紀恵) | トップページ | こんな女に誰がした(有村架純)哀しい時は泣いたらええんや(多部未華子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46674082

この記事へのトラックバック一覧です: メリーゴーランドには二度乗る(芦田愛菜):

» ビューティフルレイン (第7話・8/12) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
フジ系ドラマ『ビューティフルレイン』(公式)の第7話『二人で暮らせない!?辛い父の決断…』の感想。 演出家交代で見違えるような仕上がりに! ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3804/ ★Seesaaブログに…... [続きを読む]

受信: 2012年8月13日 (月) 09時48分

» 【ビューティフルレイン】第7話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
私はちゃんと話した方がいいと思う。 病状を正直に話すことはもちろん、今後症状が悪化したときに備えて 美雨ちゃんをどうするか、きちんと相談しといた方がいい。 問題が起きてからじゃ遅いのよ。 は...... [続きを読む]

受信: 2012年8月13日 (月) 10時26分

» ビューティフルレイン #07 [ぐ~たらにっき]
『二人で暮らせない!?辛い父の決断…』 [続きを読む]

受信: 2012年8月13日 (月) 19時50分

« 帰り道は遠かった来た時よりも遠かった(仲間由紀恵) | トップページ | こんな女に誰がした(有村架純)哀しい時は泣いたらええんや(多部未華子) »