« 突然、嵐のように、さらば夏の光よ、スプラウト(知念侑李) | トップページ | お茶の間を参らせた昔の美少女はダークサイドの女魔王様(杉田かおる)と黒の女教師(小林聡美) »

2012年8月24日 (金)

過激だから孤独なのか孤独だから過激なのか白い凶器のVISION(戸田恵梨香)

職場から窓が見える。

その窓から突き落としたい誰かがいる。

どうやって突き落とせば自殺や事故にみせかけることができるか・・・考える人がいる。

今季は東野圭吾ドラマが二作あり・・・そのヴァリエーションが展開する。

浪花少年探偵団・第4話」では自殺しようとして事故という展開だったが・・・こちらでは自殺に見せかけた他殺である。

現実の世界ではその「誰か」はまだ存命なのか・・・そこが一番、ミステリアスだな。

「エイリアン」シリーズのヴァリエーションである「プロメテウス」のプロデュースにも名を連ねるトニー・スコットがサンペドロの橋から飛び降りて死亡したという。「トップガン2」を準備中だったと言うが・・・結局、「トップガン」かと世をはかなんだか・・・。兄、リドリー・スコットには天寿を全うしてもらいたいものだ。

どんな成功も名声とも無関係に死はすぐそこにあるのだなあ・・・。

長澤まさみ→戸田恵梨香の黄金リレーなのだが・・・相変わらず演出家は眠たくなる演出病の呪いを受けているのか・・・戸田恵梨香の怪演だけが印象に残る回になってしまったなあ。

で、『東野圭吾ミステリーズ・第7回・白い凶器』(フジテレビ20120823PM10~)脚本・川崎いづみ、演出・林徹を見た。原作の初出は1988年である。科学的にはほとんど根拠がないが、受動喫煙による発がんに関する世界初の論文とされる平山雄論文を契機として1986年にいくつかの機関が「受動喫煙を肺癌のリスクのひとつ」として推定したことを受けた作品と言えるだろう。平山雄は「ガンにならない健康食―私が食べて私が防ぐ」などの著者である医学者だががんで死亡した。

つまり、白い凶器とは紙巻き煙草のことなのである。

ただし、第一の犯行では「健康のために吸いすぎに注意しましょう」という標語が書かれた裏が白い紙も道具として使われており、それのことだと言い張ることもできます。

ちなみにキッドは愛煙家なので嫌煙家はみんなガンで死ねばいいのにと思っています。

悪魔の言うことなので気にしないでください。

さて・・・それはそれとして・・・母子家庭で育ち母を失い、結婚したが夫を事故で失い、妊娠したが流産してしまった「みかど出版」販売促進部勤務の中町由希子(戸田恵梨香)は心の病を発症する。

流産した我が子を自分が殺してしまったと強く自責したためである。その苦悩を知った義理の弟・中町伸治(千賀健永)は気休めになるようにある記事を見せる。

それが「流産の原因は受動喫煙?」という憶測記事だったのである。

藁にもすがる思いでその記事に飛び付いた由希子は妄想の中の愛児とともに「みかど出版」の喫煙者たちに対する復讐を開始するのである。

アフレコといえば「家族八景」で木南晴夏が見せた登場人物の声を一人で演じ分けるも見事だったが、こちらの戸田恵梨香の「男声」も不気味と言えば不気味である。しかし、赤ちゃんの声なのだから・・・キャピキャピ声の方が辻褄はあっている。

男の共犯者がいるというミスリードを誘う演出なのだが・・・この当たりの詰めの甘さがこの演出家の不調を物語るのである。

とにかく・・・部長(菅原大吉)を窓から突き落とし、副部長(木下ほうか)を電車の線路に突き落とし、言い寄ってくる同僚(平岡祐太)をガス自殺に見せかけて殺そうとする由希子。

ついには真相にせまった刑事(ユースケ・サンタマリア)も殺害せんとするのだ。

まったく真相にせまらない相棒の刑事(満島真之介)は何事もなくいい味出してます。

「煙草を吸ってあなたを殺そうとするなんて悪い人たちでちゅねえ」

「くちゃいよ・・・タバコ・・・くちゃいよ」

・・・的な演出で面白おかしく見たい作品でございました。

関連するキッドのブログ→鍵のかかった部屋

で、『VISION-殺しが見える女-・第7回』(日本テレビ20120823PM1158~)脚本・原案・脚本・飯田譲治、演出・植田尚を見た。前回、来栖玲奈(山田優)のマネージャー(勝村政信)が死亡。おなじみのキャラを容赦なく殺すのがセオリーなのだった。そして、代わりに登場するのが・・・カジウラ・・・ではなくて怪しい顧問弁護士・川辺(升毅)である。「ぼくの夏休み」の怪しい旅館の親父が終わってここなんだな。

テレビタレントで怪しい心理カウンセラーの藤堂由加里(村岡希美)のカウンセリングを受けることになった玲奈。しかし、秋山刑事(吉家章人)が隣室で待機していたにも関わらず藤堂は絞殺されてしまうのだった。密室だったために現行犯として逮捕される玲奈。

しかし・・・その部屋には秘密の扉があったのである。誤認逮捕の可能性が出てきて狼狽する刑事たち。

一方、防犯カメラの映像には不審な行動をする番組制作会社AD・岡田一夫(山口大地)の姿が残っていた。

そして・・・玲奈のVISIONには弁護士の川辺(升毅)が登場する。

「あなたの秘密を守るために・・・あの女を殺したのです」

「もう・・・やめて・・・」

「私はこれまでのものたちとは違う・・・私は破滅を望んでいないし・・・あなたを守るために働くのです・・・クリスティーナ」

一方、和馬(金子ノブアキ)は玲奈の過去を探るために中学時代の同級生を訪ねる。

しかし、男子中学生に人気だった玲奈の評判は女生徒たちにはすこぶる悪いのだった。

女たちの恥も外聞もない悪意に胸やけする和馬だった。

「彼女は中学生のくせにものすごくキスがうまかったんだって・・・」

そんな評価をするかってのクラスメイト(大村彩子・・・生存を確認)から卒業アルバムをゲットした和馬。

そこには・・・「昔の彼女のことは知らない」と証言していた・・・朝倉マリア(コトウロレナ)の姿があるのだった。

朝倉・・・なのである。「ケイゾク」のアサクラしかり、「相棒」のアサクラしかり・・・アサクラならではの展開らしい。

関連するキッドのブログ→第6話のレビュー

|

« 突然、嵐のように、さらば夏の光よ、スプラウト(知念侑李) | トップページ | お茶の間を参らせた昔の美少女はダークサイドの女魔王様(杉田かおる)と黒の女教師(小林聡美) »

コメント

どうもです! キッドさん☆
白い凶器は 愛しの恵梨香ちゃんが 出ていたので 見ました!
私は怖い話ならまだしも グロい話はすごく苦手で
他の皆がグロシーンを普通に見れるのが
不思議で不思議で仕方ないんです!!!
だけどやはり恵梨香ちゃんが出るというので
腹をくくって 見ようと決断したのです(-_-;)
だけど見てみたら やっぱり 恵梨香ちゃんの演技が素晴らしい!
…ので最後まで見ることが出来ました♪
キッドさんは グロい映画やドラマは 好きですか??

投稿: nana | 2013年3月24日 (日) 21時27分

virgo恵利香ちゃんheart01~nana様、いらっしゃいませ~heart01真央たんlibra

ふふふ・・・グロい話でございますか。

グロいの語源はグロテスクですが
本来は怪奇趣味というニュアンスがございます。
ドクロをモチーフにした海賊の旗とかも
ジャンルとしてはグロですねえ。

キッドは生々しいグロというものは
あまり好みません。
死んだばかりのゴキブリとかは
生前のそれ以上にオエッとなりますな。

「エイリアン」はギリギリOKですが
「遊星からの物体X」となると
面白さより不快感が大きくなったりします。

グロシーンを好んで見る人というのは
基本的に病んでいると考えます。

しかし、グロい話となるとまた別で
それはこわいもの見たさの心理が働くのですな。
何しろ話ですから
基本的には見えないのですから。

この作品は戸田恵梨香の存在感の他は
退屈と言える作品でしたが・・・
キッドはこの演出家の演出と相性が悪いのでございます。

話としてはまあまあでしたな。

グロテスクの世界もなかなかに深いものです。

ファッションにおけるゴスロリは
グロの一種ですが
「死」の匂いが耽美的でもございます。
そのあたりはまったくセーフというか大好物。

スプラッターは悪趣味だと考えます。

「グロさ」を語るというのは意外と難しいのですよ。

だって・・・人間は基本的にグロテスクなものですからねえ。shadow

投稿: キッド | 2013年3月24日 (日) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46803083

この記事へのトラックバック一覧です: 過激だから孤独なのか孤独だから過激なのか白い凶器のVISION(戸田恵梨香):

» 東野圭吾ミステリーズ (第7話・8/23) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
フジ系ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(公式)の第7話『白い凶器(悲)』『(ラテ欄)犯人のいない殺人の夜』の感想。 良くも悪くもミステリーでなく、「サイコ・ホラー」… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/…... [続きを読む]

受信: 2012年8月24日 (金) 07時18分

» 「東野圭吾ミステリーズ」第7話・白い凶器 JTはスポンサーになれない [今日も何かあたらしいドラマ]
オリンピックがあまりにもドラマチックすぎて、ドラマのレビューなど書けない夏。 でもこれ「東野圭吾ミステリーズ」第7話は、戸田恵梨香×東野圭吾だから見逃せない。 ミステリーというよりはホラーだ...... [続きを読む]

受信: 2012年8月24日 (金) 09時07分

» 東野圭吾ミステリーズ [AKIRAのドラマノート]
第7話「白い凶器」 [続きを読む]

受信: 2012年8月24日 (金) 10時33分

» 東野圭吾ミステリーズ#07 「エリカと恵梨香」人形を抱く戸田恵梨香怖い! [世事熟視〜コソダチP]
東野圭吾ミステリーズ #07「白い凶器」 第4話が「レイコと玲子」でしたが、今回は『エリカと恵梨香』みたいな・・・ −◆− 中町由希子(戸田恵梨香)が働く『みかど出版』で不審死が続く。 訪ねた先で毎週のように人が死ぬコナン君や毛利小五郎よりはマシですが、安部(菅原大吉)が社屋から転落死、佐野(木下ほうか)が駅で轢死、そしてあれやこれやで森田(平岡祐太)もガス中毒死寸前・・・。 横浜”湾岸署”刑事・田宮准一(ユースケ・サンタマリア)が”刑事の勘”かなにかで中町由希子(戸田恵梨香)... [続きを読む]

受信: 2012年8月24日 (金) 10時55分

» 【東野圭吾ミステリーズ】第7回「白い凶器」戸田恵梨香の回 [ドラマ@見取り八段・実0段]
大丈夫。 今までどおりやるんだ。終わったら2人だけで…。 2人だけでどこかに行こうよ。 ママ。 あいつもやらなきゃ。 仕方ないよ。僕らの邪魔をするんだから。 僕とママの幸せの邪魔を…… 東...... [続きを読む]

受信: 2012年8月24日 (金) 11時46分

» 「東野圭吾ミステリーズ」 第7話 白い凶器 [トリ猫家族]
 他人の健康のために吸いすぎに注意しましょう〜〜〜(m~-~)ノ ~(((怨  たしかにな・・・たばこの煙に含まれる有害物質は煙の方に多く含まれているらしいし・・・ それにしても、 ... [続きを読む]

受信: 2012年8月24日 (金) 14時58分

» 東野圭吾ミステリーズ #07 [ぐ~たらにっき]
『白い凶器~悲』 [続きを読む]

受信: 2012年8月25日 (土) 20時11分

» 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★07 [まぁ、お茶でも]
「私が死んでいます」も7回目。他殺なのか自殺なのか。 男が4階の窓から落ちた。亡くなった。みかど出版部長。 夜中に窓があいているのを守衛が確認し、窓を閉めた。その時もう靴は脱いで窓の下に置かれていた。風で、スローガンが飛んでいた。 田宮がごみ箱に入れられた紙を出して読んだ。 「タバコの吸いすぎに注意」 とあった。 ... [続きを読む]

受信: 2012年8月26日 (日) 08時05分

» 東野圭吾ミステリーズ(7) [ドラ☆カフェ]
視聴率は 7.9%・・・前回(8.9)より 白い凶器 [続きを読む]

受信: 2012年8月27日 (月) 12時31分

« 突然、嵐のように、さらば夏の光よ、スプラウト(知念侑李) | トップページ | お茶の間を参らせた昔の美少女はダークサイドの女魔王様(杉田かおる)と黒の女教師(小林聡美) »