« 黒の女教師で津波注意報発令、ボーイズ・オン・ザ・ランの予告編で解除の夜(榮倉奈々) | トップページ | 喜びも悲しみもみんな夢の中(松山ケンイチ) »

2012年9月 2日 (日)

ゴースト先生、さようなら(高梨臨)

9月1日が土曜日なので東京の新学期のスタートは9月3日である。

大人にとっては「もう勘弁してくれ」の暑い夏だが・・・子供たちにとっては暑ければ暑いほどOKだったりする。

そういう意味で・・・今年の夏に小中学生だった子供は意外と幸運の星の元に生れていると考えることができる。

夏休みの終りの週末と言えば、「全国小学生陸上競技交流大会」がNHKEテレでオンエアされるのである。

今回で「第28回」である。

五輪では陸上はほとんど注目されなかったわけだが・・・もちろん・・・室伏しかメダリストがいなかったからである。

だからこそ、次の次の五輪で花開く選手に注目するのである。

しかし・・・なかなか、小学生からトップという選手は少ない。

ロンドン五輪、五位入賞のリレー選手たちもこの大会ではまだ才能を開花していなかったりする。

なにしろ成長途上なのである。

逆に・・・ここでぶっちぎりトップでその後もトップを続けるような怪物ならメダリストになれるかもしれないわけだ。

今回、キッドが注目したのは女子走り幅跳びである。

あの井村(旧姓・池田)久美子(31)の持っていた大会記録5メートル14を更新した山崎百華(小6)の5メートル15である。

このまま、跳んで跳んで跳びまくってまずは井村の持つ日本記録6メートル86を越えてもらいたい。

そして世界へ。

心から、そう願うのである。

まあ・・・この大会各競技で優勝する小学生は・・・毎年、日本に一人しかいないのだから、それだけでもすごいんだけどね。

で、『ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~・第7回』(日本テレビ20120901PM9~)原作・佐藤智一、脚本・梅田みか、演出・大谷太郎を見た。久しぶりに目撃されたのはシンケンピンクあるいは「宇宙犬作戦」のアンドロイド・オハナこと高梨臨である。相変わらずの美少女ぶりだが、高梨臨も23才、役柄は女教師役なのでもはや、美少女ではなくて単なる美女なのだな。美少女時代に黒井ミサをやってもらいたかった一人である。原宿でスカウトしてすぐやればよかったのに・・・。

ま、それはそれとして初めて担任を持った小学校教師・進藤由佳(高梨臨)は児童たちが卒業してすぐ・・・事故で他界してしまったのだ。そして・・・ゴーストになったのである。

それから・・・30年の歳月が流れたのだった。

とんぼ(君野夢真)の学校では夏休みのイベントとしてPTA主催の肝試し大会が行われる。

とんぼの父親である航平(沢村一樹)もフランケンシュタインのモンスターと化して、教室を改造したお化け屋敷で人気を博すのである。

しかし・・・とんぼは本物のゴーストと遭遇してしまう。

それは白い服を着た長い髪のゴーストだった。

その頃、学校の裏庭に建設予定の工事現場では怪奇現象が続発して工事が中断していたのである。

蝶子(仲間由紀恵)と三船(生瀬勝久)のゴーストコンビはその原因を究明するべく現場に張り込む。

現れたのは・・・進藤先生のゴーストだった。

進藤先生の心のこりは・・・最初で最後の児童たちと埋めたタイムカプセルが掘り起こせなかったことなのである。

しかも・・・その児童の一人がなんと・・・とんぼの父親・航平だったのだ。

とんぼはなんとか・・・父親にタイムカプセルを掘り起こさせようとするが・・・航平はタイムカプセルを埋めた場所を覚えていないのだった。

進藤先生のゴーストも・・・「目印の木が切られてしまって・・・わからない」のだった。

仕方なく・・・とんぼは一人、タイムカプセルを掘ろうとスコップを手にするが熱中症で倒れてしまうのだった。

高倉(塚地武雅)によって救助されたとんぼから・・・理由を聞いた航平は心を入れ替えて真剣にタイムカプセルのことを考える。そして・・・卒業文集にタイムカプセル埋蔵場所の地図を書いたことを思い出すのだった。

航平によって集められた近所の同級生たち。

やがて・・・30年の時を越え・・・航平の手に「大人になった自分への手紙」が届く。

そこには・・・大人になったら進藤先生をお嫁さんにしたい・・・としたためてあった。

たちまち、呪詛の言葉を放つゴーストママ。小学生の初恋相手に嫉妬する女の性である。

そんな修羅場を尻目に昇天していく進藤先生だった。

まあ・・・とにかく「踊る大捜査線最後のSP」の裏で視聴率が恐ろしい感じのほのぼのさだったな。

関連するキッドのブログ→第6話のレビュー

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→くう様のゴーストママ捜査線

高梨臨のドクロゲキ

|

« 黒の女教師で津波注意報発令、ボーイズ・オン・ザ・ランの予告編で解除の夜(榮倉奈々) | トップページ | 喜びも悲しみもみんな夢の中(松山ケンイチ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/46917130

この記事へのトラックバック一覧です: ゴースト先生、さようなら(高梨臨):

» 【ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日】第7話 [ドラマ@見取り八段・実0段]
意味ないなんて事ないです。 新藤先生が幽霊になってまで生徒たちとの約束を守ろうとしたんです。 その思いは無駄なんかじゃありません。 「ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日」 第7話 ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 03時00分

» ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日 #07 [ぐ~たらにっき]
『笑って泣ける家族の物語ついに最終章へ』 [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 03時39分

» ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜 第7話 [レベル999のgoo部屋]
『笑って泣ける家族の物語ついに最終章へ』 内容 小学校で“こども祭”が開かれることに。 保護者たちがオバケになり、子供たちを驚かせるのだ。 とんぼ(君野夢真)から、一緒にとせがまれ、渋々、入った蝶子(仲間由紀恵) 何が一番怖かったかと言われ、とんぼは“長い髪...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 07時36分

» ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日 (第7話・9/1) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
日テレ系ドラマ『ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日』(公式)の第7話『笑って泣ける家族の物語ついに最終章へ』の感想。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3851/ ★Seesaaブログにトラック…... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 09時04分

» ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 第7話:笑って泣ける家族の物語ついに最終章へ [あるがまま・・・]
はい、チーズ!v(゚∇^*)⌒☆ぶいぶいィ〜♪ そっか、幽霊は写真にはうつらないって事をとんぼは知らなかったのねん うつらないものがたまにうつっちゃうから、心霊写真とか言って怖がられちゃうんよね。 だけど、落武者だったり、ありえない場所に浮かんでる幽霊が写真にうつ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 14時02分

» 【ゴーストママ捜査線】第7話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第7話の視聴率は9/3(月)追加予定】このドラマの最終回は、9月15日(土)で、2時間スペシャルです(公式HPより)今回は、航平の小学校6年の時の担任の進藤由佳(高梨臨)先生の幽... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 18時14分

» ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜 第7話 [ドラマハンティングP2G]
第7話「笑って泣ける家族の物語ついに最終章へ」2012/09/01 今日は、とんぼ(君野夢真)が待ちに待った小学校のこども祭り。一年一組の教室は、保護者たちが様々なオバケの扮装をして子供たちを驚かせるオバケ屋敷に! なぜか蝶子(仲間由紀恵))もとんぼと一緒に入るこ…... [続きを読む]

受信: 2012年9月 2日 (日) 18時24分

» ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日 第7話の感想 [オタクと呼ばないで]
日本テレビ系で放送された「ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日」第7話の感想など今さらながら第7話の感想です。やっと録画を見ました。この日、何か他に見たい番組とかぶったんですけど、何だったか忘れました。さて、タイムカプセルではないのですが、「10年後の... [続きを読む]

受信: 2012年9月13日 (木) 06時45分

« 黒の女教師で津波注意報発令、ボーイズ・オン・ザ・ランの予告編で解除の夜(榮倉奈々) | トップページ | 喜びも悲しみもみんな夢の中(松山ケンイチ) »