« 旧相棒(及川光博)VS旧々相棒の妻(鈴木砂羽)とテロリスト(北村有起哉)VS公安(野間口徹)的トッカン(井上真央) | トップページ | ドジッ子なので死んじゃった(上間美緒)二人はプリキュア(中西美帆)じゃあねえだろ、愚か者!(榮倉奈々) »

2012年9月21日 (金)

エコエコアザラクとは無縁な再生魔術の女のVISION(山田優)

「浪花少年探偵団」、「東野圭吾ミステリーズ」はともに20世紀の東野圭吾の原作小説の再利用である。

秋ドラマのこの2本は21世紀もすでに12年が過ぎつつある今、ちょっと一昔前の世界観でズレている感じが・・・漂っていた。

つまり・・・なんとなく・・・変なのである。

しかし、まあ、20年前とそれほど変わらない暮らしをしている人は多くいるわけで・・・別に気にならなかったりもするだろう。

だが、気になるに人には本当に「ああ、なんだかなあ」という感慨を抱かせるドラマ化作品に仕上がっていたと思う。

脚本家をはじめとするドラマのスタッフたちは・・・もう少し、頭をひねるべきだったよなあ。

方法は二つある。

一つは・・・過去の話としてノスタルジックに描くこと。これはこれで時代考証が大変だし、過去の街並の再現などそれなりにお金もかかるが・・・それなりにリアリティーが確保されるだろう。

もう一つは完全なる現代への移植である。この場合は、たとえば科学技術の進歩、それにともなう社会文化の変化、そして風俗や時代感覚の変容に対応しなければならない。

たとえば・・・20年前にはそれほど一般的でなかったネット社会がこうなっている以上どうするのか。20年前にはそれほど確実でなかったDNA鑑定を使ったトリックが確実になってしまった現代ではどうするのか。20年前にはなかった北朝鮮による拉致被害が関係していたらどうするのか。20年前にはこんなに険悪ではなかった日中関係についてどうするのか・・・後半、あんまり関係ないぞ・・・といった換骨奪胎的アレンジが必要となる。基本はスタッフの創意工夫で製作費的には安上がりだ。なにしろ、アイディアに金を惜しむ業界である。

だがアレンジャーたちに熱意が不足してそれに失敗すると・・・ゾンビ(生ける屍)のような作品に仕上がるのである。

もちろん、一部愛好家にはそれもまた楽しいことだったりします。

で、『東野圭吾ミステリーズ・最終回・再生魔術の女』(フジテレビ20120920PM10~)脚本・篠崎絵里子、演出・河毛俊作を見た。再生には様々な意味があるが呪術的にはネクロマンシー(死者蘇生)ということになる。本編の主人公の一人、中尾章代(鈴木京香)は不妊治療の専門医で復讐者である。復讐のために手段を選ばないと言う点では「完全なる悪」であり・・・倫理的には非道といえる手段でとある復讐を果たす。

最後がひねってあるので・・・道をはずしていないようにも見えるが・・・乳幼児を復讐の道具に使っていることには変わりがないのだな。

不妊症に悩む千鶴(西田尚美)とその夫根岸峰和(小澤征悦)が『中尾レディースクリニック』のボランティア事業である里親募集に応じ・・・一人の乳幼児が夫妻に渡されるところからドラマはスタートする。

子供を養育できない女子高校生の生んだ子であり・・・根岸夫妻の養子になるという前提でしばらく試験扶養期間に入るのである。

視点は婿養子である峰和に移っていく。社長(竜雷太)の娘を妻にしたことで出世したらしい峰和は非情な性格を漂わせる。

そんな・・・峰和をなぜか誘惑するようなそぶりを見せる章代。

・・・まあ、なにしろ、タイトルからも外れるくらいなので・・・このブログでは章代は対象外女優の演じるヒロインであり、このあたりのニュアンスはよくわかりません。まあ、好みによっては迷惑に感じない方もいるのかもしれませんな。

で、好みだったらしく誘惑に乗る峰和だった。

だが、それには応じない章代は突然・・・七年前の出来事を物語はじめる。

章代にはホステスのアルバイトをしながら画家を目指す妹・神埼弓子(矢田亜希子)がいたのだった。弓子には・・・恋人がいたのだが、その男は社長令嬢との結婚を選択したという。その後・・・妹は殺害される。室内が荒らされていたために警察は当時、犯行を重ねていた窃盗団によるものとして捜査を勧めていたが結局、犯人は未だ特定されていないという。

しかし、章代は犯人は妹の恋人だと断定したのである。

そして・・・その男が峰和だと決めつける。

「なぜ・・・」

「女の直感ね」

「・・・」

「私は妹の膣内から精液を抽出して冷凍保存しておいた・・・」

「え」

「そして・・・私の卵子を使い、体外受精と代理母によって一人の子供を作り上げたの」

「ええ」

「その子供が・・・あなたの養子候補よ・・・」

「えええ」

「やがて・・・子供は私とあなたによく似た子供に育つ・・・奥様はどう思うかしら・・・」

「そんな・・・その子にどんな罪があるんだ」

「それは復讐に狂ったマッドサイエンティストには禁句なのよ」

こうして・・・追い詰められた峰和は自殺である。

しかし・・・実は・・・子供は単に女子高校生が生んだ私生児ですべては「嘘」だったというオチである。

まあ・・・とにかく・・・窃盗団に偽装して殺すなら・・・自分の体液が残っている時に殺さないという「現代」としての感覚がある。原作初出時から七年遡った1970年代後半の鑑定技術と一般常識で成立する「話」なのである。

次に、機会を選んで章代を殺す。

最後に子供を別の子供とすり替える。

峰和なら・・・そうするだろうと思うのだった。

キッドが今回、頭から離れなかったのは再生魔術の女とその妹という設定である。

魔術の女といえば黒井ミサであり・・・その妹といえば・・・「エコエコアザラク」(1997年テレビ東京)の黒井アンリ(今村理恵)なのである。

その妹のために姉のミサ(佐伯日菜子)は壮絶な復讐劇を繰り広げるのだった。

妹のために復讐する姉萌えである。・・・特殊なジャンルだな・・・。

そして・・・姉はともかくとして・・・妹の二人は・・・キッドが顔の区別のつかない1978年生まれの二人の女優が演じている。ちなみに1978年は体外受精が公式に成功した年なのだ。

つまり、同じ男性と女性の精子と卵子を使えばこうなるというミステリーが・・・。

Immura001 今村理恵。1978年7月25日生れ。

Yada001 矢田亜希子。1978年12月23日生れ。

関連するキッドのブログ→先週の東野圭吾ミステリーズ

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はこちらへ→mari様の再生魔術の女

で、『VISION-殺しが見える女-・第11回』(日本テレビ)も見た。クリスティーナ・ゲームの黒幕らしい甲斐谷正憲(升毅)と玲奈(山田優)の新しいマネージャー・新津道雄(康喜弼)は繋がっていた。だが、玲奈は新津に誘拐されかかる。謹慎休職中の刑事・浅野和馬(金子ノブアキ)の連絡で脱出した玲奈だったが走行中のトラックのライトを浴びると記憶喪失になって失神してしまう。いろいろあって結局、甲斐谷に拉致されてしまう玲奈。新津は殺され、和馬の手元にはクリスティーナ・ゲームが残される。事情を知らず、玲奈の公開捜査を開始しようとする警察上層部。事情を知る刑事たちはもしも玲奈の顔が大々的に公開されたら・・・数万人のクリスティーナ・ゲーマーが一斉に殺人を始めて収拾がつかなくなると恐怖する。日本語ヴァージョンしかないなら・・・日本語圏を狙ったテロリズムである。甲斐谷の背後にはアンブレラ社が・・・バイオハザードかよっ・・・行方知れずの玲奈を捜すにはクリスティーナゲームによる波動通信しかない・・・思いつめた和馬はついにプレイヤーと化すのだった。呪いだな・・・新しい呪いの話だ。

|

« 旧相棒(及川光博)VS旧々相棒の妻(鈴木砂羽)とテロリスト(北村有起哉)VS公安(野間口徹)的トッカン(井上真央) | トップページ | ドジッ子なので死んじゃった(上間美緒)二人はプリキュア(中西美帆)じゃあねえだろ、愚か者!(榮倉奈々) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/47151665

この記事へのトラックバック一覧です: エコエコアザラクとは無縁な再生魔術の女のVISION(山田優):

» 【東野圭吾ミステリーズ】第11回(最終回)「再生魔術の女」鈴木京香の回 と、統括感想・ベスト5 [ドラマ@見取り八段・実0段]
どちらにしろあなたを待っているのは地獄よ。 何年も何年も苦しみなさい。終わりはないの。 あなたが死ぬまで続くのよ。 東野圭吾ミステリーズ 第11回「再生魔術の女」        ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 02時46分

» 東野圭吾ミステリーズ (第11話 最終回・9/20) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
フジ系ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(公式)の最終回『再生魔術の女』の感想。 最終回は見事な「鈴木京香劇場」… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3898/ ★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない…... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 12時37分

» 東野圭吾ミステリーズ #11 最終回 [ぐ~たらにっき]
『再生魔術の女~罰』 [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 12時42分

» 東野圭吾ミステリーズ#11 (最終話)〜鈴木京香「眠れる森の魔女」 [世事熟視〜コソダチP]
東野圭吾ミステリーズ #11 (最終話) 「再生魔術の女」 ケチャップ・・・中井貴一パートのオチって!? 「ミステリーはこうでなくっちゃ」ってセリフが、番組自体に対する皮肉になっちゃってるよ。 −◆− 全開の”篠原涼子エピソード”がもっとも平板で一番肌に合わない作品でしたが、今回も惹かれるところがなく、最後の2分だったですかね、根岸(小澤征悦)がいきなり遺影になってたシーンでの鈴木京香がドロリとした怖さを滲ませて赤ん坊を抱えて行っちゃうのが、すこし印象に残った程度で・・・。 −◆− ... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 14時37分

» 東野圭吾ミステリーズ 第11話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
第11話 2012年9月20日「再生魔術の女」 ラテ欄「再生魔術の女~言葉が凶器?謎めいた女医が仕組む戦慄の罠」 中尾章代(鈴木京香)が院長の『中尾レディースクリニック』に、根岸峰和(小澤征悦)、千鶴(西田尚美)夫婦がやって来た。章代は不妊治療に取り組む傍ら、そ…... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 15時59分

» 「東野圭吾ミステリーズ」 第11話 再生魔術の女 [トリ猫家族]
 いや〜おもしろかったんじゃないですか〜!私は、なんか好きでしたよ〜 さすが京香お姉さま、美しき復讐者が決まってましたわ〜  不妊治療をしていた根岸峰和(小澤征悦)、 ... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 16時15分

» 東野圭吾ミステリーズ 第11話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『再生魔術の女』 内容 根岸峰和(小澤征悦)と妻・千鶴(西田尚美)は、 中尾章代(鈴木京香)のクリニックを訪れる。 不妊治療を行いながら章代は、 子宝に恵まれない夫婦のため、産まれたばかりの子供の養子縁組を行っていた。 条件がクリアされないと認められない可...... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 18時19分

» 東野圭吾ミステリーズ - 木曜劇場 [新ドラマQ]
東野圭吾ミステリーズ 木曜 22:00 フジテレビ 2012年7月5日~9月20日(11回) [キャスト] [スタッフ] 原作…東野圭吾(『犯人のいない殺人の夜』『怪しい人びと』『あの頃の誰か』光文社文庫) 第1話...... [続きを読む]

受信: 2012年9月21日 (金) 22時06分

» 《東野圭吾ミステリーシリーズ》★最終話 [まぁ、お茶でも]
(倉敷)私が死んでいます。 間もなく私の死体が運び出されます。 ただミステリーの世界では土壇場で逆転することも あるんです。 オムライスだけでは足りなかった倉敷は、ギョーザを追加注文していた。 これから死のうとする人間がギョーザを追加しますか? 宮崎が俺だと名乗りをあげた。 死人に口無 魔術でも使わない限り彼らの罪を裁くことは出来ないようです。 結果としては副編集長が犯人のようです。 古びた1軒家。 窓もドアも閉まり、カーテンまでされている。 ... [続きを読む]

受信: 2012年9月23日 (日) 22時45分

» 色の違う東野圭吾 [笑う社会人の生活]
ドラマ「東野圭吾ミステリーズ」を見ました。 フジにて 木曜10時にやってました タイトルにあるとおり 東野圭吾の原作をドラマ化 東野圭吾の短編作品を毎話 見せていく うーん 思っていたほどではなかったかな 東野圭吾原作、豪華主演陣という割には・・・といった感...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 18時30分

« 旧相棒(及川光博)VS旧々相棒の妻(鈴木砂羽)とテロリスト(北村有起哉)VS公安(野間口徹)的トッカン(井上真央) | トップページ | ドジッ子なので死んじゃった(上間美緒)二人はプリキュア(中西美帆)じゃあねえだろ、愚か者!(榮倉奈々) »