« ゴーイング マイ ホーム・・・リンドウの花言葉はあなたの悲しみを知っている(阿部寛) | トップページ | 結婚しない・・・ガーベラの花言葉は「一歩」と言えないこともない女(菅野美穂) »

2012年10月11日 (木)

相棒Elevenを指名したのはかわいかったからですか?(水谷豊)あなたを幸せにするために東京全力少女(武井咲)

相棒の季節である。

今回も輿水泰弘・脚本・・・シーズン・オフで浮気しなかったしな。

新・相棒は亀山 薫、神戸 尊に続き、甲斐 享(成宮寛貴)で・・・「か」で始まり、「る」で終わるネーミング・パターンは踏襲されている。

スタッフ一同、「つまらぬことが気になる」タイプなのだな。

新・相棒の恋人は笛吹 悦子(真飛聖まとぶせい)は宝塚の男役出身である。・・・誰かが好きなんだな・・・その手のタイプ。もちろん・・・実力者なのだが。

さて・・・一方、「Wの悲劇」→「息もできない夏」→ココの三季連続ヒロインである武井咲。

瀧本美織よりはましだが・・・やはり、作品には恵まれない感じである。

なんていうか・・・素材がどんどん汚れていく感じがするのはキッドだけなのだろうか。

それでも・・・一応、チャレンジして失敗している作品が多いので・・・そこはまあ、評価すべきなのだろう。

とにかく・・・ここまで女優としての美しさを引き出していたのが「GOLD」だけなのが残念な感じなのだな。

テレビの基本は「蔑み」と「憧れ」である。

「蔑み」で得た人気は長続きしないのが鉄則だ。

そして・・・女優は本来、「憧れの対象」が王道ですからねえ。

お茶の間が「ああ、この人みたいになりたい」と思う役柄をたまにはやらせてあげてください。

で、『相棒Eleven・第1回(初回スペシャル)』(テレビ朝日20121010PM8~)脚本・輿水泰弘、演出・和泉聖治を見た。香港まで競馬をやりに来た杉下右京(水谷豊)である。英国的に紳士のたしなみですからな。で、馬券は的中しないのだが、事件には遭遇するのだった。この後の番組ではがさつな偶然の出会いが続発するのだが・・・ここでは偶然もまた必然といえる優雅さがございます。

成田発香港着の往路でキャビンアテンダンドの笛吹悦子にアクシデントで粗相をされた右京は香港で悦子に再会。この時、一緒にいたのが悦子の年下の恋人で警察庁次長の甲斐峯秋(石坂浩二)を父に持つお坊ちゃん刑事・甲斐享である。

二夜連続お坊ちゃん登場だ。これはあのお坊ちゃん首相の政治的惨事がクリエイターたちの深層心理に深く刻印された結果だと思える。是非もなく、危険な兆候に創作家たちは恐怖するわけである。

それはともかく・・・お坊ちゃんであることに反発しながらも・・・甘えん坊体質を露呈するカイトこと甲斐刑事は「隠蔽しろってか・・・」と独白し・・・右京にターゲットとしてマークされてしまうのだった。

カイトが隠蔽を強要されたのは・・・招待された香港領事館での出来事だった。

総領事(団時朗)夫人(賀来千香子)が総領事の銃コレクションを玩ぶうちに銃が暴発。

総領事の部下の妻を射殺してしまったのだ。

スキャンダルを恐れた総領事は部下に因果を含め、病死として処理する。

領事館は総領事の聖域だった。居合わせたカイトの先輩刑事もカイトに隠蔽を懇願するのだった。

正義感の強いカイトは一度は説得されるがやはり・・・納得できなくなってしまうのだった。

もちろん・・・右京の矢は放たれたので真実に向かって一直線である。

やがて・・・妻の復讐を胸に秘めた総領事の部下は領事館立てこもりを敢行する。

部下に慕われる組織犯罪対策部組織犯罪対策第5課の角田(山西惇)、右京の数少ない友人と言える警視庁刑事部鑑識課の米沢(六角精児)、トリオ・ザ・捜一を代表して刑事部捜査一課の伊丹(川原和久)もつつがなくバックアップ。

「やるなといってもやるんでしょうから・・・とことんやってください」

一皮むけた伊丹だった。

右京は巻き込まれたカイトとともに・・・領事館に乗り込み・・・。

総領事を狙った暴発トリックの失敗。

そして・・・夫を殺せと寝物語で命じた貞淑ではない総領事夫人とカイトの先輩刑事の情事の果ての悲劇をすべて暴いてしまうのだった。

カイトの父・甲斐峯秋(石坂浩二)は総領事夫人の若き日の火遊びの相手だったらしい。

事件の報告を受けて右京に興味を持ったカイトの父は右京を呼び出す。

「君は優秀すぎて不遇らしい・・・何か望みはあるかね・・・」

「息子さんをいただきたい」

「そ・・・それは・・・プロポーズか・・・」

「いえ・・・そろそろ一人に飽きたのですよ・・・なにかと不便ですからね」

カイトの父は・・・息子に対する複雑な気持ちを胸に・・・部下が退職する確率高しの男にカイトを預けてみようと決心するのだった。

こうして目上の人に対する口のきき方も知らない「カイトくん」に対し右京の調教の日々が始るのだった。

・・・そうきたか・・・という感じでございましたねえ。

関連するキッドのブログ→相棒Season10

で、『東京全力少・第1回』(日本テレビ20121010PM10~)脚本・伴一彦、演出・久保田充を見た。脚本家はベテランだが・・・権利意識が高くて最近、あの記録に残る低視聴率ドラマを超低視聴率に導いた要因の一つになっていると思われる。少なくともNHKドラマ8版「七瀬ふたたび」(2008年)は最悪の仕上がりになっていてキッドの評価はすこぶる低い。今回もヒロインにパンツを脱がさせるというシーンをかなり無理矢理作っていて・・・基本的に悪趣味なのであるが・・・一部愛好家は熱狂なのかもしれない。

今回は・・・香川県在住の19才の佐伯麗(武井咲)が15年前に生き別れになっていた父・鈴木卓也(渡部篤郎)を幸福に導くために上京するという物語である。

住所も定かではない父に上京初日で巡り合ってしまうという・・・とんでもない偶然が発動しており・・・いきなり、全国で無数の卓袱台がひっくりかえったと妄想できます。

こうなると・・・外国人専用の賃貸住宅に麗の先輩がモンゴル人に変装して住み着いていることなど気にしてもいられないのです。

で・・・父親の愛人に・・・モデルの華子(比嘉愛未)、インストラクター奥野冬(市川由衣)、ホステスはるか(森カンナ)とバリバリの二線級をそろえ、卓也の元・妻で、麗の母(堀内敬子)、下宿先にハゲの玉川重輔(温水洋一)、息子でハゲそうな玉川大輔(三浦翔平)、卓也の部下・桜井(塚本高史)と男性陣も徹底的に二線級である。

ついには主題歌を歌う中島みゆきまで・・・。

ここだけ・・・夏ドラマみたい・・・というのが率直な感想である。

しかし・・・父親の空虚を見抜き・・・「幸せにしてあげよう」と決意するヒロインは・・・疲れた父親たちの福音になるのかもしれません。

ま、ならないと思うけどね。

関連するキッドのブログ→息もできない夏

さて・・・日曜日の秋ドラマが始るとここは「平清盛」のスペースになる予定です。

よほどのことがない限り・・・水曜日のドラマのレビューは終了ですのでご注意ください。

|

« ゴーイング マイ ホーム・・・リンドウの花言葉はあなたの悲しみを知っている(阿部寛) | トップページ | 結婚しない・・・ガーベラの花言葉は「一歩」と言えないこともない女(菅野美穂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/47398079

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒Elevenを指名したのはかわいかったからですか?(水谷豊)あなたを幸せにするために東京全力少女(武井咲):

» 相棒 season11 (第1話 初回2時間9分特別拡大スペシャル・10/10) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
テレビ朝日系ドラマ『相棒 season11』(公式)の第1話 初回2時間9分特別拡大スペシャル『聖域』の感想。 なかなか好調なすべり出しだったと思う… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3927/ ★Seesaaブログ…... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 06時22分

» 相棒 season11 第01話 感想 [荒野の出来事]
 相棒 season11  第01話  『聖域』 感想  次のページへ [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 06時30分

» 東京全力少女 #01 [ぐ~たらにっき]
『全身全霊で人生を空回る迷惑女のハートフルコメディ』 [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 07時14分

» 東京全力少女 第1話:全身全霊で人生を空回る迷惑女のハートフルコメディ [あるがまま・・・]
出来過ぎっ!ヾ(*^▽^*)ノわはは 亡くなったと聞かされていた父親が実は東京にいると知り、即座に上京! あの若さで60万ものお金を貯めてたのは凄いけど、お約束通りお金を紛失・・・ そんな不幸な目にあったのはトホホだけど、その出来事がきっかけで、 偶然にも父に再会・...... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 10時45分

» 相棒 Eleven 第1回「聖域」眠れる森の賀来千香子 [世事熟視〜コソダチP]
相棒 Eleven 第1回「聖域」 シーズン10の初回なんかとくらべると、今シーズンの初回SPは可もなく不可もなく・・・って感じだったかな。 内装や家具類が凄く立派な”お屋敷”風の「日本領事館」という閉鎖空間で事件が起きて、白髪で濃い顔をした日本総領事やセレブな夫人たちが事件に絡み、犯人が「この中にいるのは間違いない」という絵面は、ほとんど『名探偵コナン』みたいなエピソード・・・。 −◆− 香港での右京(水谷豊)とカイト(成宮寛貴)との偶然の出会い・・・。 1996年にゴジラによっ... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 11時38分

» 相棒season11 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
初回は恒例の2時間9分スペシャルですね。 今回は香港総領事での事件で、サブタイトル通りの聖域での事件ですね。 警察庁のエライさんを父親に持つ甲斐享(成宮寛貴)は念願の刑事になれて、恋人の悦子(...... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 15時13分

» 秋ドラマ始まりました。 [エリのささやき]
4作ほど見ました。内容はもう忘却の一方なので印象だけの感想ってことで。 [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 16時19分

» 新ドラマ「相棒 Eleven」第1話 [日々“是”精進! ver.F]
仕組まれた、計画… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210110002/ 相棒オフィシャルガイドブックvol.3 (NIKKO MOOK)産経新聞出版 2012-09-14売り上げラン... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 16時22分

» 相棒Eleven 第1話 [ドラマハンティングP2G]
第1話「聖域」初回2時間9分特別拡大スペシャル 2012年10月10日(水)8:00〜10:09pm  香港のホテルの一室。警視庁中根署で念願の刑事になったばかりの甲斐享(成宮寛貴)は、一発の銃声でベッドから跳ね起きる。悪夢のような現実を思い出していた。享は窓から雄大な景色を…... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 16時35分

» 相棒11 初回2時間9分特別拡大スペシャル 聖域 [レベル999のgoo部屋]
『聖域』 内容 悪夢にうなされ飛び起きる甲斐享(成宮寛貴)。。。。そこは香港のホテル。 恋人の笛吹悦子(真飛聖)が、隣のベッドで眠っていた。 享は、昨夜のことを思い出していた。 昨夜、享は、香港の小日向貞穂総領事(団時朗)三井直政副領事(小林正寛) らに...... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 17時53分

» 相棒 11 [シフォンなキモチ]
相棒新シリーズ始まりましたー!初回スペシャルは面白かったですよ♪ ぼっちゃまのカイト君。キャラとしては、中々良かったのではないでしょうかw 尊ほど、頭が切れるわけではなく、薫ほど野性的なわけでもなく、でも真実を好むところは、右京さんが好きそうな感じです。まっすぐな感じがいいよね! しかし、飛ばされたわけでなく、右京さん... [続きを読む]

受信: 2012年10月11日 (木) 22時29分

» 「相棒11」初回sp ☆☆☆ [ドラマでポン]
か、可愛い(><) 「相棒」見始め11年。相棒交代の衝撃も2度目ならさほどではなく、今度は若造かーとぼんやり見始めてガツンとやられました。 刑事になりたてのカイト坊ちゃ ... [続きを読む]

受信: 2012年10月13日 (土) 11時33分

» 相棒11 初回SP 「聖域」 [のほほん便り]
視聴率(関東)は19.9%、今までのシリーズ初回視聴率最高値を更新したんですってね。 「相棒」らしく、人気シリーズに甘んじず、チャレンジ精神いっぱい。初めての海外ロケ、新・相棒の登場。しかも、右京さんが、元気に走る、動く。 それでいて、一同を前に、緻密に謎解きして、じりじり真相に近づいていくあたり、まるで古典的・ミステリーのよう、だったのでした。 日本で見守る捜一トリオや、わからんチンでおとぼけ上司達や米沢さん他、レギュラーの面々も、出番は少ないながら、ユーモラスな、イイ味出してた... [続きを読む]

受信: 2012年10月15日 (月) 09時28分

» 相棒 Eleven (シーズン11) - 水谷豊 成宮寛貴 [新ドラマQ]
相棒 Season 11 水曜 21:00 テレビ朝日 2012年10月10日~ [キャスト] 水谷豊 成宮寛貴 鈴木杏樹 真飛聖 川原和久 大谷亮介 山中崇史 石坂浩二 ほか [スタッフ] 公式サイト ... [続きを読む]

受信: 2012年10月17日 (水) 18時10分

« ゴーイング マイ ホーム・・・リンドウの花言葉はあなたの悲しみを知っている(阿部寛) | トップページ | 結婚しない・・・ガーベラの花言葉は「一歩」と言えないこともない女(菅野美穂) »