« 信長のシェフ(玉森裕太)に胸乳触られちゃいました・・・てぃひっ(志田未来) | トップページ | 百年の時は一瞬に過ぎぬのでございます(綾瀬はるか) »

2013年1月13日 (日)

黒くぬれたらカラマーゾフの兄弟(高梨臨)

なんで、ドストエフスキーなんだよ・・・と誰もが言いたいエレーン。

しかも、「Paint It, Black/The Rolling Stones」(1966年)である。

ちなみに「カラマーゾフ」のネーミングは1866年ロシア皇帝アレクサンドルニ世を狙撃して暗殺未遂事件を起こしたドミトリイ・カラコーゾフに由来するという説がある。

「カラマーゾフの兄弟」の出版が1880年ということから辻褄はあっている。

ただし、テロリストになるのはドミートリイではなく、アレクセイであったらしい・・・ただし、作者死亡のために第二部が書かれなかったので真偽のほどは永遠の謎である。

さて、「カラ」とは「暗黒神カーリー」の名が起源にある。つまり「黒」なのである。

カラマーゾフは「黒塗り」というニュアンスを持つ。

黒は「無政府主義者」の色であることは言うまでもない。

「カラマーゾフの兄弟」の挿入曲が「黒くぬれ」であるのは・・・そういうことなのだ。

今や、目に見えない汚染物質で黒く塗られたわが国土である。

神が死にゆく時代の物語は語るにふさわしいのかもしれない。

で、『カラマーゾフの兄弟・第1回』(フジテレビ20130112PM1110~)原作・フョードル・ドストエフスキー、脚本・旺季志ずか、演出・都築淳一を見た。「女帝」や「正義の味方」など秀作のある脚本家であるが最近は「ストロベリーナイ」「Wの悲劇」とやや低調。ここらで一発かな。まあ・・・カラスは啼いています。ちなみにカラスのカラも黒という意味です。

冒頭は取調室である。黒澤家で起きた殺人事件を捜査する名もなき刑事(滝藤賢一)なのである。被害者は黒沢家の当主・文蔵(吉田鋼太郎)で容疑者は三人の息子。

取り調べ中にそれぞれが近所から出前を頼んでいる。カツ丼が出ないのだった。

カレーライスを意地汚く食べるのが長男の満(斎藤工)である。失業中の遊び人。最近、投資に失敗して多額の借金があるらしい。最近、父親に借金を申し込んで断られている。

パスタを忙しなく食べるのが次男の勲(市原隼人)。優秀な弁護士で「医療ミスした医師を守るのがわがビジネス」となかなかに不道徳な言動をする。不出来な腹違いの兄には複雑な感情を抱いているらしい。

オムライスをのんびりと食べるのが三男の涼(林遣都)。園田志朗(小野寺昭)教授のお気に入りの医大生である。原作では一番ピュアなポジションだが・・・そういうイノセンスな役を最近やってないので・・・ちょっとね。ひとくせありげにみえてしまって問題あります。ここはミスキャストになるのか・・・純白の狂気を花開かせるのか・・・難しいところだな。恋人のリーザ役にあたる人物が未登場である。入院患者設定かな。

とにかく、容疑者として黒いのは長男だが・・・二人の母親・黒澤詩織(安藤サクラ)は20年前に自殺しており・・・夫である文蔵のひどい仕打ちが前提にあるので・・・動機は次男・三男にも充分にあるわけです。

そもそも文蔵は資産家であるが・・・かなりの嫌われ者で・・・三男が通りがかりのいじめられっ子を助け、黒澤家のものだと名乗っただけで「死ねっ」と噛みつかれるほど・・・悪名高い人物なのである。

だったら・・・容疑者、もっといるだろうとは問わないでください。

ともかく・・・取調室で時は遡り・・・黒澤家の秘密が暴かれていくという趣向になっています。

長男の満の恋人で原作のカチェリーナにあたるのが遠藤加奈子(高梨臨)で・・・加奈子には次男の勲が思いを寄せています。出番多いといいよね~。

しかし、長男は放蕩息子なので原作のアグラフェーナにあたる父親の愛人・吉岡久留美(芳賀優里亜)にもちょっかいを出しています。妖艶な美人なのかどうかキャスティングとしてはここが一番微妙だな。

「殺したいと思ったんだろ・・・」

「ずっと殺してやりたいと思ってました・・・でも・・・殺しませんよ、親だから」

ま、ドストエフスキーなんて無理・・・と言う人はものはためしで見てみるといいかもね~。

新潮文庫だと上中下三巻だし、岩波文庫だと全四巻だしね~。

赤い扉が見えたら黒くぬりたい

色なんていらない 黒だけでいい

夏色の娘たちが通り過ぎる間

闇の彼方へ私は顔をそむけていたい

なにもかもが黒くそまればいい

なにもかもが闇に堕ちればいい

ヨウ素131は八日で半減し

セシウム137は三十年で半減し

プルトニウム239は二万四千年で半減し

黒はどこまでも黒だから

紅い扉を黒く塗りたい

花の色など見たくもない

夏の光と輝く乙女たち

顔をそむけて凍りついて一人

顔も体も黒く塗りたい

夢も希望も感じたくない

関連するキッドのブログ→ドクロゲキ

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→くう様のカラマーゾフの兄弟

|

« 信長のシェフ(玉森裕太)に胸乳触られちゃいました・・・てぃひっ(志田未来) | トップページ | 百年の時は一瞬に過ぎぬのでございます(綾瀬はるか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/48722928

この記事へのトラックバック一覧です: 黒くぬれたらカラマーゾフの兄弟(高梨臨):

» 【カラマーゾフの兄弟】 第1話 初回感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
そのとき、お父さんへの殺意が芽生えたのではないんですか? 殺意? んなもんもっと前からだよ。 …でも殺しませんよ。    だって親ですから。 カラマーゾフの兄弟 第1話       原...... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 04時30分

» カラマーゾフの兄弟 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『汚れた血族 「汚れた血族〜衝撃の心理サスペンス開幕 内容 刑事(滝藤賢一)の取り調べを受ける 黒澤満(斎藤工)勲(市原隼人)涼(林遣都)兄弟 「おとうさんを殺したのは、あなたですか?」 不動産業を営み、町に絶大な影響力を持つ父・文蔵(吉田鋼太郎)が、 寝...... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 08時01分

» カラマーゾフの兄弟 (第1話・1/12) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』(公式)の第1話『汚れた血族』『(ラテ欄)汚れた血族~衝撃の心理サスペンス開幕』の感想。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4155/ ★Seesaaブログにトラッ…... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 11時31分

» カラマーゾフの兄弟「汚れた血族」 [のほほん便り]
原作は、ドストエフスキーの超有名な作品… こんなオハナシだったのですね。 めちゃくちゃダークなトーン、ハードな諸々ににのけぞってしまいました。あまりにも修羅場な環境。爆発する感情表現… 思わずドキドキ。 このチャレンジ魂。巷の評価がどうなるか、そういう意味でも、興味    (ストーリー)  黒澤家当主、黒澤文蔵(吉田鋼太郎)はある地方都市一帯に多くの土地を持ち、"クロサワ"という会社名で不動産業と建設業を営んでいた。文蔵が住む烏目町の経済は"クロサワ"を中心に回っており、町内... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 15時30分

» カラマーゾフの兄弟 第1話 [ドラマハンティングP2G]
2013.1.12 Sat On-Air 第1話 〜汚れた血族〜   黒澤家当主、黒澤文蔵(吉田鋼太郎)はある地方都市一帯に多くの土地を持ち、クロサワという会社名で不動産業と建設業を営んでいた。文蔵が住む烏目町の経済はクロサワを中心に回っており、町内…... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 16時40分

» カラマーゾフの兄弟 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
黒澤家の当主・文蔵(吉田鋼太郎)は、不動産業と建設業を地方都市一帯に手広くやっているやり手ジジイで、色んなところから恨みを買っています。 かなり性格にも問題があるみたいで、文蔵には息子が3人い...... [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 19時11分

» いじめをするのは弱い人間なんです [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「何があったって 人間食べないと 生きていけませんから」「商売なんか程度の差こそ [続きを読む]

受信: 2013年1月13日 (日) 21時06分

» 「カラマーゾフの兄弟」1 ☆☆☆ [ドラマでポン]
なぜ今、この原作でドラマ化なのか? 暴君である父に従い、あるいは反発する、3人の異母兄弟。 大きな屋敷や時代錯誤感に「銭ゲバ」を思い出しました。そして結構楽しく見られたの ... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 01時08分

« 信長のシェフ(玉森裕太)に胸乳触られちゃいました・・・てぃひっ(志田未来) | トップページ | 百年の時は一瞬に過ぎぬのでございます(綾瀬はるか) »