« 昔の同棲相手(真木よう子)に死ねばいいのにって思われちゃう男(瑛太)と最高の離婚(尾野真千子) | トップページ | 泣くな、はらちゃん(長瀬智也)と言ってもきっと泣くのよね(麻生久美子) »

2013年1月19日 (土)

夜行観覧車に乗って小六から中三まで(杉咲花)お手並み拝見(吉田里琴)

思い切ったキャスティングである。

時間の錯綜というのはドラマではよくある手段だが・・・大河ドラマなどの場合は少年時代から老年時代までを描くので慣れないと違和感がつきものである。

今回はミステリで2010年~2013年という四年間の歳月が横たわっているらしい。

大人の四年間は鈴木京香(44)にしろ石田ゆり子(43)にしろ・・・なんとでもなるわけである。

しかし、小学校六年生から中学三年生までを演じる杉咲花(15)はなかなかに大変そうだ。

おなじく同級生の中川大志(14)もであるな。

だからでっかい小学生と思うしかないのだな。

ちなみにおなじく同級生である吉田里琴(13)は軽く大人びた小学生を演じている。

ちなみに中学生の宮崎香蓮(19)、高校生の安田章大(28)もなんとか・・・ね。

で、『・第1回』(TBSテレビ20130118PM10~)原作・湊かなえ、脚本・奥寺佐渡子、演出・塚原あゆ子を見た。横浜の架空の高級住宅地・ひばりヶ丘をめぐるサスペンスである。坂の下から来た遠藤一家は上昇志向の強い主婦・遠藤真弓(鈴木京香)の虚栄によってお屋敷街の片隅の駐車場跡地に新築の家を購入し、引っ越してくるのだった。分相応という言葉を知らない女の悲劇の始りである。

そういう身の程知らずの母親の犠牲となるのが小学六年生の娘・彩花(杉咲花)である。ちなみに夫は建設会社に勤務するサラリーマンで35年の住宅ローンの返済に迫られる啓介(宮迫博之)である。

坂の下に棲む人々と自分たちは階層が違うと信じているひばりヶ丘の女主人が小島さと子(夏木マリ)である。異物として侵入してきた遠藤家が禍々しくてならないのである。

がさつで社交辞令という言葉を知らない遠藤真弓はいきなり、引っ越し前の挨拶もせずに大量のゴミを出して顰蹙を買い・・・小島夫人に目をつけられてしまうのだった。

そんなさと子を庇うのは週末にインスタントラーメンを食べる貧民街の出身ながら、病院を経営する整形外科医・高橋弘幸(田中哲司)の夫人となった淳子(石田ゆり子)である。

家の配置関係で言うと【【【【【【【小島家】】】】】】】【遠藤家【道路】【【【高橋家】】】となっている。

高橋家には彩花と同級生の慎司(中川大志)、彩花の目指す私立中学に通う比奈子(宮﨑香蓮)、医大を目指す受験生・良幸(安田章大)がいるのだった。

高橋家も新参者であったが、夫の職業と妻の貧民あがりながらにそつのない社交力でひばりヶ丘にはそれなりに馴染んでいるらしい。

海の見える方向に日本最大級の観覧車が構築されていく間に、遠藤家もそれなりにひばりヶ丘に溶け込んでいくのだが・・・無神経な母親と違い、格差社会の荒波に彩花は少しずつ病んでいくのだった。

引っ越してから引っ越しの挨拶。

無神経で無遠慮なゴミ出しにより、早くもマークされてしまった遠藤夫人の挨拶回りは誰にも取り合われない。

助け舟をだした高橋夫人は「挨拶回りは小島家から」というルールを教授する。

坂の上から娘を車で小学校に送迎する遠藤夫人。

受かってもいない「私立中学になってもみんな仲良くしてほしい」などと空気をまったく読まない発言で彩花のクラスメートに接する。

「セレブになっても公立においでよ~」と彩花の同級生の村田志保(吉田里琴)は優しく気付かないフリをするのだった。

やがてひばりヶ丘ではチャリティーバザーが開催。

夫の会社のタオルやら、使い古しのぬいぐるみを出品しようとした遠藤夫人は高級ブランド品のならぶバザーに立ちすくむ。

ニヤニヤしながら小島夫人は「あらあら、遠藤さんは何をお持ちくださったのかしら・・・」

そこへやってくる高橋夫人。

彩花は「お母さんがマジ庶民なんです~」と縋るのだった。

憐れに思った高橋夫人はそっと自分の出品するものを半分手渡してくれるのだった。

思わず「神様、仏様、高橋様」と拝む遠藤夫人である。

実年齢では一つ下だが物凄くかっこいい高橋家の次男に恋心を感じる彩花。

小島家の音楽界に招待され、姉のピアノに弟のヴァイオリンという姉妹演奏にうっとりなのだが・・・自分以外の子供たちがすべてプレイヤーであることに物凄いいたたまれなさを感じるのだった。

屈辱を感じて小島家を去る彩花を遠藤夫人は事情も知らずに礼儀をわきまえないと小島夫人の前に引き戻す。

「まさか・・・なんの音楽的素養のない御令嬢がいらっしゃるとは思わなかったもので・・・可哀相なことをしました」と嘯く小島夫人。

「ピ、ピアノがひけないと・・・ふ、普通じゃないとおっしゃるの」と蒼白になる遠藤夫人。・・・いい加減学習すればいいのに・・・。まあ、ハトポッポを首相にしてしまう国家の庶民だからな。

そこへ高橋夫人がやってきて・・・彩花と簡単な連弾を披露してその場を取り繕ってくれるのだった。

「なんと・・・御礼をしたらよいのやら」という遠藤夫人に「じゃ、一緒にカップラーメン食べて」ともちかける高橋夫人。

実は庶民出身だった高橋夫人は遠藤夫人と友情関係を結ぶことを提案するのである。

遠藤夫人は「幸せ」を満喫するのだった。

やがて・・・家族ぐるみの交際が始まる。

しかし・・・蜜月は長く続かないのが人生というものなのである。

坂の上の私立中学に挑んだ二人の子供たち・・・。

雪の舞う・・・合格発表の日。

彩花は不合格となり、慎司は合格してしまう。

虚栄心にあふれる遠藤夫人は悔しくて悔しくて二度と心から微笑むことはできないのだった。

そして・・・四年の歳月が過ぎる。

2013年1月22日の夜・・・。

コンビニに買い物に出かけた遠藤夫人の右手には包帯が巻かれている。

夫の啓介は玄関を閉めて震えている。

娘の彩花は積木くずし風になっている。

高橋夫人は居間で泣き伏している。

そして・・・庭には高橋弘幸が何者かに後頭部を殴られ倒れている。

中学生となった慎司は行方不明である。

結城哲也刑事(高橋克典)は「顔見知りの犯行」を疑いつつ殺人事件の捜査を開始するのだった。

予告編で見る限り、吉田里琴は来週も出番があるのだった。

関連するキッドのブログ→高校入試

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→くう様の夜行観覧車

|

« 昔の同棲相手(真木よう子)に死ねばいいのにって思われちゃう男(瑛太)と最高の離婚(尾野真千子) | トップページ | 泣くな、はらちゃん(長瀬智也)と言ってもきっと泣くのよね(麻生久美子) »

コメント

じいやちゃま、こんにちは!
またまた格差を描く湊作品でしたね。
まさに抉り出すといった演出で
皆さん、怖い怖いと言いながらも
楽しんでいたみたいですよ。。。

賢い人ならそんな変な場所に近寄らないですよね。
空中移動も一発OKのお屋敷と違って
自家用飛行機を止める場所もないみたいだし、
アタシもね、ひばりヶ丘は坂を上りきる自信ないわ(チガウッテバ

そんなわけで、ピアノぐらいは弾けて当たり前という
じいやの教育が今こそはっきりと身に染みましたのよ。
ベートーベンのソナタで泣きべそかいてたら
じいやにハッパかけられたのも
今では懐かしい~~。
あそこを越えたら
ラフマニノフも入りやすくなりましたもんねえ~不思議ですわ。

まあ、事件発生が主軸のドラマみたいですけど
あまり関係なかったりして^^;
犯人はママか息子のどちらかでしょうしね。

むしろ妖怪夏木さんに同化して見ていきそうなアタクシですのよ。

今晩はね、かぶとレンコンを使った和風のポトフをどうぞ。
庶民のお料理も愛があって侮れないですわよ。
ワインもホットにして芯から温まってね~。

投稿: エリ | 2013年1月20日 (日) 15時39分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

世界は格差に満ち満ちておりますから
題材に不自由はしないのでございますねえ。

まあ、このドラマにおける程度の格差では
ポケットの中の塵芥の階級闘争のようなものですなあ。
なにしろ、丘を切り開いて住み着いた初代開拓民と
新参者の間のことですので
何が違うのかさっぱりわかりませんぞ。
やはり、高貴な伝統というものは最低でも
千年ほどの熟成が必要なのでございます。

ましてや自家用原子力発電所もないようでは
停電などの場合、エレベーター一つ動きませんですぞ。

まあ、下々の間にも
それなりに上下感覚がございますので
ご参考になるドラマかもしれませぬ~。

平成財閥の英才教育は
基本的に英国王室と日本国皇室の伝統行事に
対応できる程度の教養を
五歳までに修身なさるカリキュラムになってります。
エリ様は四歳でマスターなされてしまいましたので
じいやとしては誠に感服つかまつりました。
まこ様は問題外といたしましても~。
アンナ様は米国育ちでございますので
些少ながら略式になっております。
しかし・・・お嬢様方は
生れ持った気品があふれんばかりですので
教養などほんの装飾にすぎないのでござりまする~。

(じいやバカ発動中)

ミステリはミステリとして・・・
上流への憧れと
身の程知らずの傲慢さを
合わせ持つ主人公母に翻弄されるいたいけない娘と
小泉今日子の未来を思わせる絹の靴下夫人の怪演や
いつまでも初々しい石田姉の危うさ爆発が
なかなかにそそるドラマでございますなあ。

平成財閥七草かゆの
カニぞうすいヴァージョンが
まこ様からリクエストされましたので
明日の朝食にお持ちいたします~。snow

投稿: キッド | 2013年1月21日 (月) 01時39分

ミュージシャンの娘“花ちゃん”に音楽ができない役をさせるたぁ粋な演出やね〜‥

【マクロス芸人】の“宮迫博之”が自分の娘役が【ミレーヌ・ジーナス】の娘ってゆうコトゎ知ってるンかな…?

投稿: ですとろい | 2013年1月22日 (火) 14時09分

parking✪✪✪ブザビーヤマピー✪✪✪ですとろい様いらっしゃいませ✪✪✪ブザビーヤマピー✪✪✪basketball

ふふふ・・・。

思春期の娘さんの話なので
プライベートなことはまあ、成人後で
いいのじゃありませんかねえ。

そういうことを含めて女優ではありますけどね。

あくまで歌ミレーヌは歌ミレーヌ。

梶浦花は今は杉咲花なのでございますし。

秘するが花でございますよ。

投稿: キッド | 2013年1月23日 (水) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/48826356

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行観覧車に乗って小六から中三まで(杉咲花)お手並み拝見(吉田里琴):

» 夜行観覧車 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊 内容 2013年1月22日 買い物帰りの遠藤真弓(鈴木京香)は、救急車が走っていくのを見かける。 その4年前の2009年9月。 真弓は、夫・啓介(宮迫博之)娘・彩花(杉咲花)と “ひばりヶ丘”に引っ越してきた。夢の一...... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 08時05分

» 夜行観覧車 (第1話・1/18) 感想 [ディレクターの目線blog@Seesaa]
TBSテレビビ系ドラマ『夜行観覧車』(公式)の第1話『高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊』の感想。 雑感… ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4172/ ★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は…... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 10時18分

» 夜行観覧車 [AKIRAのドラマノート]
初回の感想  [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 10時50分

» 夜行観覧車 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
ひばりヶ丘に住む遠藤真弓(鈴木京香)は、買い物から帰宅すると、向かいに住む高橋淳子(石田ゆり子)の家に救急車が止まっていることに気付きます。 真弓の夫・啓介(宮迫博之)は、青ざめた顔でドアのの...... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 12時22分

» 夜行観覧車 #01 [ぐ~たらにっき]
『衝撃殺人…家族崩壊』 [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 12時38分

» 夜行観覧車(1) [ドラ☆カフェ]
高級住宅街の殺人!渦巻く悪意・・・家族崩壊 [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 13時14分

» 夜行観覧車 - 鈴木京香 石田ゆり子 [新ドラマQ]
夜行観覧車 金曜 22:00 TBS 2013年1月18日~ [キャスト] 鈴木京香 石田ゆり子 宮迫博之 安田章大 杉咲花 宮﨑香蓮 中川大志 田中哲司 夏木マリ 高橋克典 ほか [スタッフ]...... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 14時28分

» 「夜行観覧車」第1話★TBSがつくると「意地悪婆さん」がメインになる [世事熟視〜コソダチP]
「夜行観覧車」第1話 角川映画の全盛期に「読んでから見るか、見てから読むか?」というコピーをよく耳にしましたが、『夜行観覧車 第1話』を見て思ったのは《読んだら観るな》ですわ。 期待していただけに、「ここまで原作の持ってる良い部分を破壊できるものか」と落胆。 良くできた心理劇『夜行観覧車』をTBSが映像化すると、意地悪婆さん・小島さと子(夏木マリ)の『新参者イジメ』に変貌しちゃってる。 原作を知らずに見れば、それなりに見られたかもしれないけど、読んじゃってるから違和感がキツく... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 16時44分

» 夜行観覧車 第1話 [ドラマハンティングP2G]
第1話「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」2013.1.18(22:00~23:09) 2013年1月。遠藤真弓(鈴木京香)は、向かいに住む淳子(石田ゆり子)の家の前に救急車が停まっていることに気がつく。夫の啓介(宮迫博之)は、ドアの覗き穴から青ざめた顔を押し付けるように…... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 19時21分

» 夜行観覧車 第1話:高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊 [あるがまま・・・]
背伸びし過ぎたね・・・扉】▽ ̄;)ノあうっ! 高級住宅地「ひばりヶ丘」に住むと言う事自体がブランドではあるけど そこに暮らすには、それ相当の教育や生活やお付き合いが必要らしい。 そんなハードルが高い場所に浮かれて引っ越してきたものの、最初にあいさつする タ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 21時39分

» 「夜行観覧車」第一回 やっぱり怖い湊かなえさん [今日も何かあたらしいドラマ]
「夜行観覧車」第一回、原作は読んだけど例によって詳しくは覚えてない。 一緒にこのドラマを見ていた夫が、だんだんいや~な顔をし始めた。 彼は「高校入試」も見たがらなかった、長澤まさみさんは好き...... [続きを読む]

受信: 2013年1月19日 (土) 23時29分

» 夜行観覧車「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」 [のほほん便り]
せっかく、憧れの高級住宅地に住むことができたのに… 身の丈に合ってなかった住まいと、ちょっとご挨拶が遅れて、地域のボスに睨まれてしまった悲劇、怖っ! 殺人事件はともかく… ドラマ的、小説的誇張はあったものの、ありそうなオハナシだけにぞわっ、だったのでした。目の付け所が眼力です。おそるべし、湊かなえ! ただ、このような仕打ちをされたら、自分なら、すぐに逃げ腰。再び引っ越したくなりそうですが… (^^;)ゞ 個人的に、自治会婦人部の部長・小島さと子を演じた、夏木マリの迫力にタジタ... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 14時50分

» たかが子供の受験 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
「この街に住んでから全てが変わったんです」「どんな家族にも秘密はある」『告白』の [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 22時57分

» 「夜行観覧車」 「最高の離婚」 「とんび」 ほか初回感想 [エリのささやき]
冬ドラマも力作ばかり!けっこうハマります。 [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 07時51分

» 「夜行観覧車」1 ☆☆☆ [ドラマでポン]
げー怖い(><) 分不相応な一戸建てなんて生涯買うまいと心に決めましたよ。ていうか、ご近所セレブも心狭いけど、友人の新居を無理してるとかクサす人たちが一番嫌だったかなあ ... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 16時34分

« 昔の同棲相手(真木よう子)に死ねばいいのにって思われちゃう男(瑛太)と最高の離婚(尾野真千子) | トップページ | 泣くな、はらちゃん(長瀬智也)と言ってもきっと泣くのよね(麻生久美子) »