« 究極のフィクションで、ごめんね。(薬師丸ひろ子) | トップページ | もしわたさぬとおっしゃればただではすまぬ(安田成美) »

2013年2月25日 (月)

緋色なる恩賜の御衣の陣羽織、松平容保公は会津藩兵千名を率い建春門前にて天覧馬揃えに臨むのです(綾瀬はるか)

馬揃えは軍事訓練であると同時に示威行為でもある。

日本における先達は源義経であり、木曽義仲追討のための軍勢を浮島原(静岡県・原宿)に集結したことによる。

それを儀式的に洗練したのは織田信長である。信長は正親町天皇に京都御馬揃えを披露した。

圧倒的な軍事力の保持とそのショー・アップは抑止力としての効果を持つと同時に・・・周囲に脅威を与え、警戒心を強める。信長が馬揃えを披露した翌年・・・本能寺の変が勃発する。

徳川幕府三代将軍徳川家光は先代将軍・秀忠の死を受けて品川宿において馬揃えを敢行した。武断政治の続行を示すとともに将軍の権威というものを高めようとしたものと思われる。

そして・・・会津藩による天覧馬揃えが行われる。

企画者は因幡国鳥取藩12代藩主・池田慶徳だったと言われる。慶徳は徳川斉昭の五男で一橋慶喜の兄にあたる。公武合体推進の一手として、「武」の威力を示す意図が濃厚であったと思われる。

一方で尊皇攘夷に期待する人々は勅命により、それがなされることに新たなる権威を見出そうとしたのである。

結局、公卿たちは「武力」に恐怖し、天皇は「武威」に憧憬を感じたらしい。

会津藩の猛々しい武力はこの瞬間、政治に利用されるものに堕ちたのである。

で、『八重の桜・第8回』(NHK総合20130224PM8~)作・山本むつみ、演出・加藤拓を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は倒幕の推進者・革命家にして政治家であり逃げの小五郎こと長州藩士・桂小五郎(30)その人の信長も相棒も御免の陰謀スタイルと・・・未来予知能力者にして一家総自害の後も生き残っちゃう悲しい家老・西郷頼母(33)の二大イラスト描き下ろしでお得でございます。毛利(天野)の血を引くものと徳川(保科)の血を引くもの・・・いわば・・・東西両雄激突ですな。両者から維新の後もそこそこ生きながらえるしぶとさが感じられまする。

Yaeden008 文久三年(1863年)三月、第14代将軍徳川家茂はついに上洛する。幕府と朝廷の間では「攘夷実行」についての綱引きが行われる。将軍継承問題に端を発し、黒船来航によって動揺した幕府、各藩、朝廷の様々な思惑が交錯し、幕末の混乱が始ったのである。これを機に壬生浪士組は京都守護職・平容保の預かりとなった。言わば、江戸幕府による警察組織と同様に汚れ仕事を行う岡っ引き、下っ引きの役割を担う新撰組の誕生である。幕府は朝廷より「攘夷」を命ぜられるが実際には実行が困難であることを承知していた。しかし、即刻攘夷を望む長州藩は五月に外国船への砲撃を開始、馬関海峡封鎖を実行する。朝廷における攘夷論の推進者であった右近衛権少将・姉小路公知は幕府に懐柔されつつあったが暗殺され、背後にいた薩摩藩の朝廷への影響力は後退する。三条実美を操る長州が我が世の春を謳歌したのである。七月には薩英戦争が勃発し、薩摩藩はますます退行する。孝明天皇はそうした風潮に危険なものを感じていた。若手貴族たちの越権行為が不快だったのである。お気に入りの松平容保が天覧馬揃えを実施し武を示したことに天皇は親政の活路を見出したのだった。

会津藩・京屋敷にしのびたちが集合していた。山本覚馬を棟梁とする会津しのびの密会である。その多くは家中の次男・三男でしのびになったものであり、また江戸屋敷に奉公する女中であるくのいちたちである。全員が覆面をして身分を隠している。

覚馬だけが素顔である。身分を明かすのは公用であることを示すためで、実際には覚馬に命令する上司の存在を暗黙のうちに了解させるためであった。

「皆の衆、これより、会津しのび組はそれぞれのお役目を果たすことになる。このように一同に会することは・・・殿が京に在する間はもはやなかろう。つなぎはそれぞれの小頭に命ずるゆえにおのおのそれに従ってもらいてえ」

覆面の忍びたちは面を伏せたまま、息を殺している。

「しのび名を呼ばれたものは前さ出てきてくれ」

覚馬は用意した密書を取り出す。

「小頭、木賊(とくさ)・・・東山、芦ノ牧、中ノ沢、早戸」

名を呼ばれたものたちは進み出る。

「にしらは温泉組だ・・・木賊の指示通りに励んでくれ」

覚馬は木賊に任務内容を記した密書を渡す。

「別れの盃じゃ」

覚馬は人数分の盃に酒を注ぐ。自分の分を最後に注ぎ、一気に呷る。しのびたちは飲むことはせずに酒を床にこぼす。盃が置かれるとしのびのものたちは去っていく。

「次は・・・小頭、只見・・・」

順次、五人ほどにわかれた数組が退出していき・・・やがてしのびとくのいちが一人ずつ残された。

「朝日・・・にしには・・・苦労をかける・・・」

くのいちは無言でさらに深く伏せる。

「しかし・・・お役目じゃ・・・」

覚馬は密書を渡し、他のものとは違い金杯を差し出した。

朝日と呼ばれたくのいちは覆面をとり、覚馬とともに酒を飲みほした。

少女の面影を残すくのいちは覚馬と一瞬、目をあわせると静かに去って行った。

最後に一人のしのびが残った。

「望月殿・・・」と覚馬が呼びかけるとしのびは覆面をとる。

「お久しぶりでございます」と挨拶した男は覚馬よりもひとまわりは若い年頃である。

望月は江戸において代々、潜伏する会津しのびの草のものだった。

「江戸においてはお世話になりました」

覚馬は江戸留学の時に望月に剣技を伝授していた。二人は聖徳太子流の秘剣を受け継ぐ同門のものだった。かって覚馬の会得したものを江戸で望月に伝えたのである。

「にしには・・・会津藩お抱えになった浪士組に潜入してもらう・・・」

「承ってございます」

「名は決めたか・・・」

「斎藤一と名乗ります」

「ふふふ・・・なかなかに良き名前じゃの」

「斎藤道三の末裔という筋立てでございますよ」

「・・・面白いのう・・・」

覚馬は脇差を取りだした。

「無銘じゃが・・・山本家に伝わる名刀じゃ・・・」

「ありがたきしあわせ」

男は立ち上がるとかなりの長身であった。

部屋には覚馬が一人残された。

文久三年の熱い夏がすぐそこまでやってきていた。

関連するキッドのブログ→第7話のレビュー

龍馬伝→文久三年五月の頃

篤姫伝→文久三年夏の頃

|

« 究極のフィクションで、ごめんね。(薬師丸ひろ子) | トップページ | もしわたさぬとおっしゃればただではすまぬ(安田成美) »

コメント

ばんはです

此度は新撰組の殺陣は控えめでしたが
これは今後の戦争でとっておくってことでしょうかね

かつての威勢だけを頼りにする
すっかすかの幕府と

そんな幕府に見切りをつけて
朝廷と譲位の名を借りて倒幕を模索する長州と
長州に負けじと政権を掌握しようとする薩摩

そんな両家の争いに巻き込まれていく会津

会津は
朝廷に振りかかる火の粉を振り払おうとし

頼母は
会津に振りかかる火の粉を振り払おうとし

そんな互いの思いが通じ合わない

それぞれの臣としての立場がこんな風にしてしまったのでしょうな


さて、当方pixivをやっておりまして
これまで描いたイラストを掲載しております
まぁかれこれいつのまにか700ものイラストを掲載してました; ̄∇ ̄ゞ

IDは「ikasama4」でございます

それと和宮はこんな感じでございます
http://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=2028823&mode=medium

投稿: ikasama4 | 2013年2月26日 (火) 22時12分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

今回は標的が「逃げの小五郎」でございましたからね。
剣技の振るいようがなかったのかもしれません。

CGによるスペクタクルですが
要素の挿入はなかなかのものと感じました。

謎の剣士である斎藤一が主軸になりそうなのも
凄くときめきますねえ。
妄想も一気に加速いたしました。

幕末史的な要素をこなしつつも・・・
尊皇攘夷の密謀四天王の
ダークサイトな感じとか・・・。

新撰組の殺伐とした狂犬ぶりとかが
かなりそそります。

薩摩や長州あるいは水戸では
国内での抗争がかなり激しかったわけですが
会津では意見の相違はあるものの
基本的には上意下達が貫かれていた。
結局、ナイーヴだったわけですな。

そのために白虎隊や子女の自害といった悲劇が
生れるとも言えます。

ある意味、お国柄なのでございます。

なにしろ、ことなかれ主義の人々の方が
結局、漁夫の利を得たりしますからねえ。

まあ、負け組には負け組の美しさや愚かさがございますので
そのあたりのバランスがどうなるのかも見どころです。

会津主従は長生きしますので
悲劇の後の振る舞いも楽しみでございます。

ふふふ・・・堀北和宮、なつかしゅうございますな。

古のプリウスくんには
画像工場の倉庫に
ikasama4様のイラスト画像がすべて収納されていたのですが
震災後、レスキューできておらず
代役捜しが一苦労だったのですが
pixiv利用で一息つけそうです。
画伯のお心づかいに感謝・・・でございまする。art

投稿: キッド | 2013年2月27日 (水) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/49633145

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色なる恩賜の御衣の陣羽織、松平容保公は会津藩兵千名を率い建春門前にて天覧馬揃えに臨むのです(綾瀬はるか):

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人8京の警備強化のために新撰組を雇うも頼母に危惧され退任を説得されるも容保は拒否し頼母を謹慎処分にした [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第8話は薙刀の稽古に励む八重と時尾だったが、時尾は二葉の弟の大蔵の結婚が決まった事にショックを受けるも八重は鈍感でその気持ちに気づけない。しかし ... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 06時05分

» 大河ドラマ「八重の桜」第8回 [日々“是”精進! ver.F]
頼母、蟄居… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302240004/ 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-12-20売り上げランキング : 1962Amazonで詳しく見る by G-Tools ... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 06時20分

» 八重の桜 第8回「ままならぬ思い」〜ままならぬ思いで繋がる人たち [平成エンタメ研究所]
 今回のサブタイトルは『ままならぬ思い』  さまざまな『ままならぬ思い』が描かれる。  まずは八重(綾瀬はるか)。  女性であるがゆえに、鉄砲の腕があっても会津のために働けない。  時尾(貫地谷しほり)は恋愛。  想いを寄せていた人が別な人と結婚してしまっ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 08時59分

» 【八重の桜】第8回 「ままならぬ思い」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
攘夷派不逞(ふてい)浪士の取り締まり徹底のため、会津藩は剣が立つと評判の 壬生浪士組を召し抱えることにした。 これに危機感を持った長州派の公家たちは、会津藩を都から追い出そうと孝明天皇 (市川...... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 11時38分

» 『八重の桜』第8回「ままならぬ思い」★綾野剛の熱演、綾瀬はるかは毛虫取り [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第8回「ままならぬ思い」 人生”ままならぬ”ことが多いですねぇ。 せっかくの諫言が通じず、蟄居の身となりながらも、心が荒んでダークサイドに墜ちたりしない頼母(西田敏行)さんの精神性に感服ですわ。 小生なら、グレるぞ。 −◆− 都では尊王攘夷派の不逞の輩たちの暴動が激化し、治安悪化。 地元の町奉行たちはヘタレで役に立たず、かといって会津藩士が自ら不逞の輩を捕縛することもはばかられるとして神保修理(斎藤工)林権助(風間杜夫)らが思案・・・。 田中土佐(佐藤B作)が「... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 13時21分

» 八重の桜 第8回 ままならぬ思い [レベル999のgoo部屋]
『ままならぬ思い』 内容 文久3年。将軍家茂が孝明天皇(市川染五郎)に拝謁しているころ、 都の不逞浪士の一掃に容保(綾野剛)らは、壬生浪士組に目をつける。 覚馬(西島秀俊)秋月悌次郎(北村有起哉)は、 近藤勇(神尾佑)土方歳三(村上淳)斎藤一(降谷建志)...... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 17時38分

» 『八重の桜』 第8話 「ままならぬ思い」 [英の放電日記]
ままならぬ思い…… ……………………八重、官兵衛、大蔵、時尾、そして頼母  京・本陣では、得体の知れぬ壬生の浪士雇い入れたことを聴き、謹慎中の官兵衛は居ても立ってもいられず京に駆け付けようとするが、頼母に制止される。  官兵衛の忠義心とままならない思いが、女である...... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 19時09分

» 八重の桜 第8回「ままならぬ思い」 [D☆エディション]
会津藩視点での新撰組(壬生浪士組)登場。 紛争地帯で雇った凄腕の傭兵って感じです! 実在の壬生浪士組もこういう狂犬のような印象だったのでしょうね。 桂小五郎も登場し、幕末 ... [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 22時03分

» 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか [新ドラマQ]
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...... [続きを読む]

受信: 2013年2月26日 (火) 23時05分

» 【八重の桜】第8回感想と視聴率「ままならぬ思い」 [ショコラの日記帳・別館]
「ままならぬ思い」 第8回の視聴率は、前回の17.5%より下がって、15.6%で [続きを読む]

受信: 2013年2月27日 (水) 19時35分

« 究極のフィクションで、ごめんね。(薬師丸ひろ子) | トップページ | もしわたさぬとおっしゃればただではすまぬ(安田成美) »