« 私のベイビーになってください(長瀬智也) | トップページ | ああ、あなたはわかってくださるかもしれません(剛力彩芽) »

2013年3月25日 (月)

おおやまのみねのいわねにうづみけり わがとしつきのやまとだましひでごぜえやす(綾瀬はるか)

オオヤマツミ(大山祇神)はスサノオの妻となったクシナダの祖父である。

山崎天王社は祇園神の牛頭天王を信仰の対象としており、牛頭天王の権現はスサノオであるから、現在、オオヤマツミとスサノオが共にまつられている自玉手祭来酒解神社が天王山に鎮座しているのである。

水天宮総本宮の神主であった真木和泉守保臣は当然のこととしてイザナギとイザナミの子であるオオヤマツミを祖先神として崇拝の対象にしていただろう。

おなじくイザナギとイザナミの子であるスサノオは荒ぶる神である。

真木は自らにスサノオへの感応を持っていただろうと察する。

宗教的情熱をもって源氏徳川政権の打倒を目指した平氏真木和泉は敗軍の将として天王山にて自害して果てる。

大和の国は魂のまほろばである。吉田松陰と同様に・・・愛国者の憧れの地であるそこへ・・・魂の回帰を願った辞世の句となっている。

久留米生れの真木和泉もまた・・・まだ見ぬ大日本帝国誕生の夢を見ていたのだった。

で、『八重の桜・第12回』(NHK総合20130324PM8~)作・山本むつみ、演出・一木正恵を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は禁門の変の勲功によって出世する弾丸を見切る男・山本覚馬の第二ヴァージョンといよいよ登場、幕末の火炎魔神にして日本一の将器である薩摩藩士・西郷吉之助の二大描き下ろしイラスト展開でございます。まさに蛤御門の勝利の立役者二人・・・。英雄伝説誕生でございますな。実話であるところが・・・近代ですなああああああっ。妄想もそろそろおっかなびっくりでしておりますぞーーーっ。

Yaeden012 元治元年(1864年)七月十九日、前日に真木和泉の主張が通り、京都包囲の体制に入っていた長州諸隊は洛中への進軍を開始する。京都山崎の天王山長州六隊、山崎八幡の家老・益田右衛門隊、嵯峨天龍寺の来島又兵衛遊撃隊、後発で伏見に陣を張った家老・福原越後守隊である。長州の進軍開始を知った幕府軍は内裏の各門の警備を固めるとともに参集した各藩兵に迎撃を命じる。寅の刻(午前四時)に伏見街道を北上中の福原隊と大垣藩(藩主・戸田氏彬)が藤森付近にて遭遇。福原隊が発砲し、戦闘に突入した。大垣藩は大砲を連射、至近弾を受けた福原越後守が落馬し昏倒、主将を失った福原隊は混乱し、たちまち敗走する。嵯峨天龍寺遊撃隊は二派に分かれ黒田藩が守備する中立売御門と会津藩守備の蛤御門を目指す。長州勢は五門の大砲で宮中への砲撃を開始する。黒田藩は簡単に突破され、長州兵が突入を開始。十字砲火を浴びた会津藩は窮地に落ちる。しかし、ここで西郷吉之助の率いる乾御門守備の薩摩軍が参戦。遊撃隊は逆に十字砲火を浴びることになり壊滅。白兵戦となれば会津藩士と薩摩藩士はほぼ無敵であった。門内に入った長州兵はたちまち殺戮される。一方、合流した山崎の天王寺軍、八幡軍は西街道、松原通、烏丸通と進撃し、前関白鷹司屋敷へ侵入する。そこで宮中への発砲を開始したところを越前藩兵が急襲し、乱戦に突入。まもなく蛤御門の戦闘を終えた会津・薩摩連合軍が到着し、長州の実質上の司令官・久坂玄瑞は自害。長州軍は崩壊する。長州軍は各地に放火しながら退却し、幕府軍も敗兵籠城家屋に放火したために北は一条通から南は七条の東本願寺に至る広い範囲でどんどん焼けと呼ばれる大火災が発生した。軍師・真木和泉は天王寺まで逃亡して果て残念さんとなった。こうして勝敗は十九日中に決したが大火は二十一日まで燃え続けたのだった。

「なんでこないなことになったのや・・・」

「そりゃ・・・会津様が守護職におなりになったからやろ」

焼け跡で口やかましい京雀は囁きを交わす。もちろん、野望を秘めた天皇のしのびたちが流言の術を駆使しているのである。真木和泉も死を賭して妖術・カムロを放っていた。

天皇が会津藩主を寵愛しすぎたために周囲のものが危機感を持ったことは言うまでもない。この街に棲むものは上下を問わず陰謀家であり、陰謀家というものは基本的に中立を保つのである。勝者というものをけして認めない気質なのだ。

もちろん・・・その背後には次の時代を読む闇の公卿たちの暗躍がある。

焼失を免れた祇園の遊女街は戦勝景気でにぎわっていた。

しかし、その片隅でくのいち朝日から報告を受ける山本覚馬の表情は暗い。

「お傷の加減はどないでしょう」

「大事ない・・・それより・・・我が藩の人気はどうだ・・・」

「よくありませんなあ・・・会津藩は勝ったのに吝い・・・ともっぱらの評判です。長州は相当に大盤振る舞いをしていましたから・・・」

「向こうは密貿易でしこたま儲けて景気がいい・・・会津は米にも困る有様だ・・・」

「とにかく・・・銭どす。銭がなければなんともなりませぬ・・・。もっとも薩摩藩は銭を落しても人気ありませんけど・・・」

「結局、薩摩は南国、会津は東北・・・京都の衆から見れば蛮人も同然ということか」

「悲しいけれど・・・それが現実どす」

「望月(斉藤一)からは何か報告があるか」

忍んでいた壬生浪しのびが影から姿を見せる。

「お預かりした・・・佐久間様の遺児のお方ですが・・・」

「ああ・・・三浦敬之助殿か・・・」

「一応、新撰組に入隊なさいましたが・・・あれは使えませんぜ・・・気位ばかり高くて」

「そうは言わずに面倒みてやれ」

「焼け跡には童の幽霊が現れて会津や幕府の悪口を言いふらしていると噂があります。しかし、新撰組の巡回ではそのようなものについては報告がありません」

「面妖な・・・あやかしの術か・・・」

「それにしても残党狩りは厄介ですな・・・やればやるほど怨みを買います」

「それが・・・過激派の手なのだ」

「それから、大沢の清八親分のところに妙なのがいついてます・・・会津小鉄というヤクザなんですが・・・」

「ああ・・・それは会津のくさだ・・・ぬしらとは別のお役目で動いている」

「気をつけてくださいよ・・・あれはなんか腹に一物ありますぜ・・・」

「会津の古い家柄の方々の御用をしているからな・・・俺も一度刺客をけしかけられてるよ」

「ご存知ならようございます・・・」

「そういえば・・・岩倉村に・・・瞽女(ごぜ)の集団が参っておりました・・・あれはくのいちではないかと・・・」

「岩倉様は・・・皇子様を握っておられる・・・目配りを頼むぞ・・・」

「承知しております」

覚馬は祇園を後にする。京の街はもはや廃墟と化していた。

悪いのは長州だとどう言いわけしても・・・会津藩が京都守護職を受けた結果がその光景を生んでいるのである。

御所へと向いながら焼け跡の匂いを嗅ぎ、覚馬の気持ちは暗澹としてくるのだった。

関連するキッドのブログ→第11話のレビュー

龍馬伝→禁門の変

篤姫→禁門の変

|

« 私のベイビーになってください(長瀬智也) | トップページ | ああ、あなたはわかってくださるかもしれません(剛力彩芽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/50934288

この記事へのトラックバック一覧です: おおやまのみねのいわねにうづみけり わがとしつきのやまとだましひでごぜえやす(綾瀬はるか) :

» 大河ドラマ「八重の桜」第12回 [日々“是”精進! ver.F]
覚馬、負傷… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303240004/ 八重の桜 二山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2013-03-26売り上げランキング : 9385Amazonで詳しく見る by G-Tools ... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 05時56分

» 【八重の桜】第12回 「蛤御門の戦い」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1864年7月、長州が洛中(らくちゅう)へ兵を進め「蛤御門の戦い」が始まった。 慶喜(小泉孝太郎)や容保(綾野剛)が率いる幕府軍は劣勢を強いられるが、覚馬 (西島秀俊)や大蔵(玉山鉄二)らの活躍と...... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 11時47分

» 『八重の桜』第12回「蛤御門の戦い」★カッコイイ西郷(吉川晃司)が「ご加勢つかまつる」 [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第12回「蛤御門の戦い」 藩士・来島又兵衛(関戸将志)率いる長州勢と、蛤御門を警固する林権助(風間杜夫)や覚馬(西島秀俊)ら会津勢がついに対峙。 来島「鉄砲隊、前へ!」 覚馬「御所に銃を向ける気か!」 来島「蛮族を討ち取り、帝をお守りするためじゃ!!」 とうとう御所前で火蓋が切られ市街戦となりました。 長州兵が銃弾に倒れ、覚馬は自ら銃を手に馬上の来島又兵衛を狙いをつけますと、日ハム・大谷翔平の速球どころでは無いスピードで敵の銃弾が飛んできて覚馬をかすめます... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 12時59分

» 八重の桜 第12回 蛤御門の戦い [レベル999のgoo部屋]
『蛤御門の戦い』 内容 元治元年。 京へと迫る長州軍を会津藩を中心とした幕府軍は、迎え撃つ準備を進めていた。 そのころ会津では、権八(松重豊)が、ある事に頭を悩ませていた。 父の奇妙な姿に、首をかしげる八重(綾瀬はるか)だったが、 うら(長谷川京子)によ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 18時16分

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人12八重に尚之助との縁談も八重は断り長州軍の京都攻撃に一時助勢になるも薩摩軍の加勢で盛り返し京都を死守した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第12話は長州軍が京都御所を攻めてきた。これに幕府軍は対抗し京都御所を守るが見通しが甘く京都御所まで長州軍は迫り一時守りが手薄になるも覚馬の奮闘 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 23時32分

» 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか [新ドラマQ]
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...... [続きを読む]

受信: 2013年3月29日 (金) 13時14分

« 私のベイビーになってください(長瀬智也) | トップページ | ああ、あなたはわかってくださるかもしれません(剛力彩芽) »