« 不戰而屈人之兵、善之善者也でごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 2013年、春ドラマを待ちながら(キッド) »

2013年4月 2日 (火)

あまちゃん、もしも明日が・・・(‘ j ’)ノ ならば(能年玲奈)

1984年と言えば・・・日本の平均寿命が男女とも世界一になった年である。

今となってはめでたいのかどうかもよくわからない。

クドカンは夏には14歳の中学生になっている。

この年、最大のヒット曲は聖子でもチェッカーズでもなく「もしも明日が・・・/わらべ」だった。

それから24年後の2008年。クドカンは「未来講師めぐる」と「流星の絆」を書いている。

それから3年後の2011年、東日本大震災である。

それから2年後の2013年が現在である。

つまり「24年後の2008年」は「2011年の3年前」なのである。

終盤・・・物語は(‘ j ’)ノなことになるのだろうか。

そういう不気味なものを孕みながらそよ風のような朝ドラマ始りました。

で、『連続テレビ小説・あまちゃん・第1回』(NHK総合20130401AM8~)脚本・宮藤官九郎、演出・井上剛を見た。「ちりとてちん」(2007年)の演出家なので安心して見ることができるのだった。ヒロインの天野アキを演じるのは1993年生れの能年玲奈でつまり、序盤はなんちゃって高校生なのであるが、なんちゃって中学生もできそうだぞ。旅先に制服で登場なのは・・・祖母危篤の知らせを聞いて駆けつけたからで喪服代わりなのである。全く説明されないが筋は通っている。

ちなみに・・・もうきれいさっぱり忘れるつもりだったのだが、筋の全く通っていないこの枠の前番組のヒロインからの「恒例のバトンタッチ」についてメモを残しておきたい。

そのためには前番組の前番組から書く必要があるだろう。

梅ちゃん「始れば終るよ・・・撮影はどう?」

純「・・・遊川さんに怒られてつらいです」

そして・・・半年後。

純「・・・撮影はどう?」

あまちゃん「楽しいです」

純「・・・これから放送が始まると、いろんな意見が入ってくると思うけど、負けないで楽しんで頑張ってほしい」

あまちゃん「鉛のバトンが重くのしかかってきたのを実感しました。引き継いで頑張っていきます~」

・・・前期のヒロイン、やはり大変だったんだな。

そんな夏菜の生まれる五年前の1984年7月1日。

岩手県の架空の都市・北三陸市(モデルは久慈市らしい)から18歳の天野春子(有村架純)は開通したてのローカル鉄道に乗って旅立つのだった。

願いがかなって冒頭で有村架純登場である。

しかも、爆笑のかまちんカットである。

松田聖子の出生名・蒲池法子に由来するヘア・スタイルであることは言うまでもないだろう。・・・いや、ほとんどの人が知らないか・・・忘れてるぞ。

ちなみに「時間の国のアリス/松田聖子」は五月にリリース。「涙のリクエスト/チェッカーズ」は一月にリリース。「俺ら東京さ行ぐだ/吉幾三」は十一月にリリースである。

この年、小泉今日子は9枚目のシングル「渚のはいから人魚」から「迷宮のアンドローラ」、「ヤマトナデシコ七変化」「The Stardust Memory」と連続してオリコンヒットチャート1位を獲得している。

ついでにドラマでは二歳年上の役設定の北三陸駅の駅長・大向大吉(杉本哲太)は実際には同学年で、歌手デビューも同じ1982年である。所属グループ紅麗威甦の最後のアルバム「ヨ・ロ・シ・ク四」の発表後、俳優への道を歩み始めた転機の年だった。

そして、今回は未登場だがアキの父親を演じる尾美としのりも同学年。尾美は1982年に映画「転校生」で女男を名演したことは言うまでもない。

さらに言えば・・・1984年はヒロインの祖母・天野夏を演じる宮本信子の亡き夫・伊丹十三が「お葬式」を監督しているのだった。

1984年・・・嗚呼、昭和五十九年である。

Am001 しかし、懐かしい時代は一瞬に過ぎ去り、吉幾三が再評価されたIKZOブームの2008年がやってくる。この年の夏には『崖の上のポニョ』が劇場公開され、「崖の上のポニョ/大橋のぞみ&藤岡藤巻」がそこそこヒットするのだった・・・なんでそこなんだよっ。

大吉からの「お母さんが倒れた危篤だYO(‘ j ’)ノ 喪服あるか?」のメールを76通受けて春子(小泉今日子)は娘のアキを連れて24年ぶりに故郷の街へ戻って来たのである。

長い乗換の果てにローカル鉄道で母の生まれた街にやってきたアキはいかにも由緒正しい汚れなき朝ドラのヒロインなのだった。ちなみに挿入されるアニメーションは鉄拳・担当である。

「これがリアス式海岸・・・でも最近の教科書ではリアス海岸なのね」

北三陸市は海辺の町だった。

アキを出迎えたのはかつ枝(木野花)、弥生(渡辺えり)、美寿々(美保純)、小百合(片桐はいり)という・・・層々たる海女軍団である。漁協の組合長でかつ枝の夫の六郎(でんでん)を加えればもう鉄壁の布陣と言えるだろう。

郷土料理の甘いとも辛いともつかない微妙な美味のまめぶを食べても「まめぶっ」と一言言うだけで一輪の花として引き立つ申し分のないおもてなし環境なのだった。

その表情の一つ一つが「かわいいよ、アキかわいいよ」に誘導されていくのである。

これを見ている前期のヒロインはうらやましくてうらやましくて涙目なんじゃないのかーーーっ。

・・・それはさておき・・・徐々に「赤羽ちゃん」モードに突入して行くアキの母親であった。そして・・・母の夏の危篤が大吉の嘘だと喝破するのだった。

「軽い危篤なんだ・・・」

「メールの(‘ j ’)ノ の時点でアウトなんだよ・・・だから赤いスカートはいてきたんだぜ」

倹しい実家に戻ると・・・お湯を沸かすコンロに火が入ったままである。

「これは・・・味噌汁作ろうとして、わかめが切れてるのに気がついて・・・ちょっと海まで採りにいったね・・・」

推察した春子に命じられ、アキは祖母を海まで捜しに出るのだった。

坂の下の海。駆け降りる女子高生。その控えめな胸のふくらみ・・・。

そそるじゃありませんかーーーっ。

申し分ないじゃありませんかーーーっ。

そして、アキはワカメを首に巻いた海女の夏(宮本信子)にウニをプレゼントしてもらうのだった。

アキは母の故郷が・・・そして祖母が凄く好きになったらしい。

見える・・・私にも見えるぞ・・・今年の紅白歌合戦でアイドルになったヒロインが熱唱している姿が・・・。

関連するキッドのブログ→純と愛

鍵のかかった部屋

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→くう様のあまちゃん

|

« 不戰而屈人之兵、善之善者也でごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 2013年、春ドラマを待ちながら(キッド) »

コメント

祝!あまちゃん記事

まってましたよ~ この記事アップを

>坂の下の海。駆け降りる女子高生。その控えめな胸のふくらみ・・・。
>そそるじゃありませんかーーーっ。
>申し分ないじゃありませんかーーーっ。

うんうん!申し分ない!っていうか連続再生ヘビーローテーションでございまする~


そっか、演出は井上さんかぁ。
確かに安心して見られる。

ほかはどうなんだろー
CP:訓覇圭さん・・ (‘jj’)/
 『ハゲタカ』『外事警察』の人なんだ!
 菓子浩さんは… (‘jjj’)/
 『風のハルカ』『芋たこ』『ちりとて』『ウェルかめ』
 みんなBKじゃん!高まる期待。

美術の丸山純也さんも気になる…
『祝女』の小道具つかってるし。
 なるほど『風のハルカ』の美術なのね。
 もしかするとどこかに「きりぼんちゃん」が仕込まれてるかも…


P.S
コメントありがとうございました。
・・・ということで、こちらこそよろしゅぅm(_ _)m
春ドラマにもお邪魔致しまするぅ~

投稿: シャブリ | 2013年4月 2日 (火) 11時26分

wine▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯wine

(‘ j ’)の正体「じぇ」も解禁になって
「じぇじぇじぇの孫娘」開幕ですな。

母はいつもワナワナしているキョンキョン。

祖母はいつもムカムカしているマルサの女。

前後左右を囲む強烈海女軍団。

アイドルドラマとしてはサイコー!・・・でございます。

かまちんカットで首かしげ
「え~うそ~やだ~」でブリブリ・・・ではなくて
唇ツンととがらせてプリプリしている
若き日の架純もトレビアンでした。

あっという間に終わってしまうので
貯めてみたいと考えてしまいまする。

あまりにも萌え~なので
女性陣の反応がちょっと心配になるほどですな。

発表になっている演出陣は他に

「外事警察」「とんび(NHK版)」の梶原登城。

「サラリーマンNEO」の吉田照幸。

ワクワクしたり、ドキドキしたりもできそうです。

これ以上、ふざけてしまうのはヤバイ気もしますしねえ。

とにかく・・・どう考えても終盤は
(‘jjj’)/なことに・・・なりそうですし~。

美術で言えば
北三陸鉄道のジオラマ・・・。
久しぶりに作りたい気分になってしまいましたぞ~。
24年後なのに「祝開通のポスター」がフレッシュなままなのもちょっと楽しかった~。


生前の蟹江敬三や、橋本愛、八木アナ、

薬師丸ひろ子、松田龍平、古田新太が

未登場で・・・この面白さ・・・たまりませんなっ。

老骨なのでツイート参加はできませんが
シャブリ様のつぶやき&データに
多くのインスピレーションを受けております。
不躾ながらまとめて御礼申し上げます~。typhoon

投稿: キッド | 2013年4月 2日 (火) 16時02分

あまちゃん 始まりましたね♪
朝ドラは普段見る習慣がないんですが(カーネーションは途中からですが一週間まとめて 見てました)クドカンが脚本なんで発表があった時から楽しみに待っていましたhappy01
青い海、役者陣 あまりに好みのドラマで(^^)その分 3年後の風景をどう描写するのか不安ですが
クドカンの作品は愛がある気がするので辛いけど乗り越えられそうな気もします
とりあえず毎日録画して見ようと思います
連続ドラマの醍醐味を堪能できる半年になりそうです(^^)
ジオラマいいですよね☆もうガン見しちゃいましたsign01sign01
でも 場所をとるから…やめといたほうが良さそう(;_;)

投稿: chiru | 2013年4月 2日 (火) 18時08分

じぇっ( ‘ j ’ )/
バトンタッチに大爆笑wwwですわ!!!

希望の朝がまいりましたわね~( 〃▽〃)
それでも大好きな脚本家の朝ドラは胃が痛くなるほど心配です。
とりあえず1日目と2日目は満足すぎました・・・。

まぁ…2011年より前から始まったという事は、当然そうなるワケですが、
そういう事は今は考えずにただこの幸せに浸ろうと思っておりまする。

クドカンの世界に女は不要…と思っていた私ですが、可愛すぎるヒロインと
美しくてとげとげしいヒロインの母に初回から魅せられております。
「I.W.G.P.」の衝撃から13年…今までで最高だったと言っちゃうほどの
クドカン作品になったらいいな~。

投稿: くう | 2013年4月 2日 (火) 18時19分

cherryblossomシンザンモノ↘シッソウニン↗・・・chiru様、いらっしゃ いませ・・・大ファンheart04

家族の形も様々に変化して
朝ドラマの形も徐々に変貌していきますが
お出かけ前のひとときだったり
おひるの再放送だったり
BSだったりで
多くの人が見ることは変わらないと思うのです。

そういう意味でクドカンだから見る場合、
「ほどほどにしとけよ~」とか
「そこまで、そこまで」とか
余計な心配が生じる場合もあります。

クドカンマニアには控えめでも
朝ドラ常連には高等すぎることは多々あるものでございます。

そういう意味でギリギリセーフの初回でございました。

とにかく・・・素晴らしいスタートでしたねえ。

海もいろいろな意味で美しいし
人々もいろいろな意味で温かい・・・。

キッドは背景の看板のひとつひとつにも東北の魂が宿っているように感じました。

この痛々しいほどにのどかな光景を
無情に奪って行く出来事に向かって行くドラマ。
常に「死後の世界」を描き続けるクドカンだからこそのチャレンジですな。

その「愛」はきっと「それ」を乗り越えて行く・・・そんな予感がございますねえ。

キッドはこれまで久しぶりに録画を何回かリピートしてます。
翌朝まで待てない・・・これはたまりませんねえ。

ジオラマ・・・作りたい作りたい作りたい・・・やめときなさい・・・のリピートもしております。

まず、古新聞で紙粘土を作って、樹木は手作りか・・・それともホビーショップで・・・やめときなさい。

ナインゲージのアレを改造して北三陸車両を・・・いやいっそのことHOゲージで・・・やめときなさい。

照明で夜昼切り替えたいよなあ・・・やめときなさい。

・・・でございます。wrench

投稿: キッド | 2013年4月 3日 (水) 02時10分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

じぇっ( ‘ j ’ )/
大爆笑していただき大感謝でございます。

半年かけた壮大なコントを見た気持ちでいっぱいになりましたものですからーーーっ。

そして、朝だよーーー・・・でございますねえ。

ファンにとっては昼ドラの時と同様に
おい、朝ドラ大丈夫なのかいっ・・・でございますよねえ。

まあ、昼ドラも大丈夫だったし・・・
朝ドラも20.1%スタートだし・・・
なんとかなりそうですなーーーっ。

春子の大荷物・・・
帰るところないのか・・・とかを感じさせる
キョンキョンの演技も冴えわたっているし
朝ドラ定番のツンデレばあちゃんを演じる伊丹夫人の抜群の安定感・・・。
役者陣の息の合い方が初週とは思えない感じですな。

ふふふ・・・アイドル再生工場の異名を持つクドカンは
少なくとも加藤あいと酒井若菜は生んでいますからねえ。

ちょっと「アホの子」はある意味得意ジャンルでございましょう。

モー子には通りすがりでいいから出てほしい・・・。

ある意味でクドカンにハズレなし(「ガンジス河でバタフライ」を含む)でございます。

世間のことはともかくとして
のんびりと朝のクドカンを半年間楽しめる幸せをかみしめたいと考えます。wave

投稿: キッド | 2013年4月 3日 (水) 02時30分

じぇ!じぇ!( ‘ jj ’ )/
井上真央ちゃん、堀北ちゃんと紅白の紅組司会者が
AK制作の朝ドラヒロインで続いてるけど、
どう見てもアホの子?能年ちゃんには無理そう・・・って
思ってたけど、そっか!アイドルとして歌手としての
出場するという線があったか!!!

夏菜も相当な涙目で見守ってるだろうけど
森下愛子さんも、何でこっちじゃなかったの!?と
地団駄踏んでると思われ・・・

そしてまこ☆ミキは毎朝あまちゃん見ては
ウニ食いてぇ~~~!!!と地団駄デス!
まめぶとやらは、勘弁だべ・・・

投稿: まこ | 2013年4月 7日 (日) 12時48分

cute●no choco●まこ☆ミキ様、いらっしゃいませ●no choco●cute

じぇ!じぇ!( ‘ jj ’ )/ ・・・でございます。

能年ちゃんはあくまでアホの子を演じているのであって
けしてアホの子ではないと思いますぞ~。
もうすぐ二十歳でございますからな~。

どんなアイドルになるのかわかりませんが・・・
きっと特別枠で
ヒロシの妹と登場するのですな。

はらちゃんとあまちゃん。
はらちゃんはシンガーソングライターで
あまちゃんは海女ちゃんアイドル。
そして・・・ヒロシはダメな兄弟。

クドカン・・・はらちゃん見てましたな。

忘れよう・・・忘れようと思っても
どうしても思い出す前のドラマのこと。
なかなか忘れられない嫌あな思い出の如しですな。

きっと脚本家もこっちを書きたかったとか
思っているかもしれません。
まあ、それじゃあ、本当にアホの子ですけれど~。

産地直送海女さん付のウニが届きましたぞ~。
まめぶも健康にいいのでたべなされ~。
好き嫌いはいけませんぞ~。
なになに、地団駄体操を開発したと。
さすがでございます。

しかし、まこ様、今日は春休み最後の日曜日ですぞ~。
宿題ないからといって
のんびりしてはいけませんぞ。
始業式のためにご準備なさりませ~。

じぇ!じぇ!じぇ!( ‘ jjj ’ )/
・・・もういない。bell


投稿: キッド | 2013年4月 7日 (日) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/51057064

この記事へのトラックバック一覧です: あまちゃん、もしも明日が・・・(‘ j ’)ノ ならば(能年玲奈):

» NHK朝ドラ【あまちゃん】第1回 初回 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
2008年夏、高校生の天野アキ(能年玲奈)は、母・春子(小泉今日子)の 故郷・岩手県北三陸市を初めて訪れる。 春子は、高校生のときに家出して上京したきりだったが、「母危篤」の知らせを受け、 24年ぶり...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 2日 (火) 12時31分

» あまちゃん 第1回 [レベル999のgoo部屋]
『おら、この海が好きだ!』 内容 2008年夏。 母・春子(小泉今日子)とともに母の故郷へと帰ってきた天野アキ(能年玲奈) 春子にとって24年ぶりのこと。 実は、母・夏(宮本信子)が倒れたというメールが、 幼なじみの大向大吉(杉本哲太)から送られてきたため...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 2日 (火) 21時27分

» 『あまちゃん』 初回 [美容師は見た…]
面白くなりそうな予感ヒシヒシのウシッシ(笑)クドカンだから?東北弁に字幕がつくから?それは青春の1984年だから~?(ノ゚ο゚)ノ じゃぁ、『カーネーション』の後だったならどうだったんだろうと思ったり…そうすると、『梅ちゃん先生』が気の毒だったじゃないかと振り返ってみ... [続きを読む]

受信: 2013年4月 5日 (金) 15時11分

» あまちゃん [AKIRAのドラマノート]
第一週「おら、この海が好きだ!」 [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 12時40分

» 「あまちゃん」 第1週 おら、この海が好きだ!  [トリ猫家族]
 いや〜ついに待ちに待ったクドカンの朝ドラが始まりましたョ〜 まだクドカンらしさはキャスティングに感じられるぐらいだけど、いい滑り出しだと思います。 朝ドラらしい清々し ... [続きを読む]

受信: 2013年4月 6日 (土) 19時49分

» 「あまちゃん」にホっとする [のほほん便り]
やはり、朝は、このように明るくてユーモラス、どっかトボけた味があって、ちょっと天然な爽やかヒロイン(能年玲奈が実にヨイです)が似合いますね。 ちょっとチャレンジャーな意味では、キョンキョン、演じるお母さん役の規格外さ、というか奔放さがイイ味だしてるし(彼女等の若い時代を演じてる役者さんもヨイ) 多少、親子の確執や不協和音があれど、前作「純と愛」の、“これもか!”なダークさに比べれば可愛いものです。ほとんど御愛嬌?! 登場人物が、みな、少しづつトボけてるのも癒されます。 鉄拳の紙芝... [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 09時57分

» 「あまちゃん」 その② [オヨヨ千感ヤマト]
アキが浩一に告白するところまでみた。こんなふうな「 だらだら曖昧レビュー」、まだ [続きを読む]

受信: 2014年6月15日 (日) 11時39分

« 不戰而屈人之兵、善之善者也でごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 2013年、春ドラマを待ちながら(キッド) »