« ラスト・シンデレラ(篠原涼子)と王子様A(三浦春馬)と王子様B(藤木直人) | トップページ | あまちゃん、ハートの2の土曜日(小泉今日子)とリーガル・ハイ・スペシャルの美しすぎる裁判官様(広末涼子) »

2013年4月13日 (土)

黒魔法の少女・・・お天気お姉さんだよ(武井咲)ゆとり刑事くんだよ(大倉忠義)VSみんな!エスパーだよ!(染谷将太)パンチラ胸乳もみしだかれはじめました(夏帆)推定自慰(真野恵里菜)

エコエコアザラク・・・気象予報士だぜ。

新たなる黒井ミサが・・・単なるお天気キャスターだってばさ。

それにしても・・・すごいリレーになってるよな・・・変なお天気お姉さん(武井咲)→テレパシスト(夏帆)→ヴァンパイア(大政絢)→GARO(魔界騎士)である。最後、仲間違いじゃないか。

しかも、みんな黒井ミサとは無関係なんだぜ。なぜだ、なぜ、なんだ。一人くらい黒井ミサでもいいじゃないか。

まあ、まあ・・・。なだめるメガネの人になだめられてたまるかっ・・・はらちゃん見てない人にはわからない話はやめなさい。

とにかく・・・(金)の恐ろしさは良くわかったよ・・・これに「TAKE FIVE」も来るんだな・・・。

もう・・・ここはとりあえず・・・昔の火曜日体制で・・・や、やめて、それだけはやめて・・・来週、決めます。

とにもかくにもバニラモニカジャンボコクうまミルクを食べるしかあるまい・・・ステマかっ。・・・モナカかっ。

で、『金曜ナイトドラマ・お天気お姉さん・第1話』(テレビ朝日20130412PM1115~)脚本・大石静、演出・片山修を見た。ドラマに恵まれない武井咲が漸く、まともな脚本家を与えられたのだった。まあ、私ってブスだったの人も時々、微妙だが・・・今回はミステリ要素もあり、らくだと壇蜜が変態部分を吸収するので初回としては適度な仕上がりになっている。ほっとくとどんどんよろめいていくので注意が必要だけどな。

黒マントをまとい・・・魔法少女のように登場するスッピン式のヒロイン、安倍晴子(武井咲)は安倍晴明系の陰陽師的資質を備えたお天気キャスターである。そもそも、自然科学的方法による現象の観察及び測定の成果に基く現象の予想の発表をする気象予報士は魔法使いの一員なのだな。

過去の情報を統合して未来の現象を推定するのは実に魔術的なものだからである。

死体の一部を収集して新たなる生命の誕生を即するが如しなのだ・・・全然ちがうよっ。

ともかく・・・スキャンダル発覚で急遽、前のお天気キャスターの降板を余儀なくされた情報番組「モーニングZ」が発掘した天才・気象予報士の晴子は制御するのがなかなかに困難そうな謎めいた女なのである。

実質上のヒロインである警視庁捜査一課の新人刑事・青木豪太(大倉忠義)は連続放火事件の張り込み中に勇み足で誤認逮捕を犯しそうになるのだが・・・容疑者の男(温水洋一)を救ったのが通りすがりの晴子だった。

「その人は放火犯人ではありません・・・犯人は・・・雷雨によって自然発生したプラズマと思われる球電現象によるものです」

「き、きゅうでん・・・」

刑事たちの目の前で確率的にはあり得ないほど稀な球電発光体が発生し、連続放火事件は幕を閉じるのである。もちろん、球電現象は未解明の事象なのであくまでフィクションである。

やがて、主人公の晴子とヒロインの豪太は職業の壁を突破して数々のありえない事件を解決していくことになるのだろう。

豪太をとりまく人々もそつなく配置されている。人柄の良さが偲ばれる上司の亀岡刑事(高知東生)、ちょっと嫌な感じの先輩・遠藤刑事(丸山智己)、そして、「女に裏切られて死体としか会話できなくなった」監察医の三雲三平(佐々木蔵之介)である。

そして、豪太や三雲の行きつけのスナック「蜜の味」のママが服部栄養専門学校出身で嗣永桃子のものまねをレパートリーにする蜜代(壇蜜)である。女性は皆、彼女のようになりたがるのだが、男性が全員、彼女のことがタイプだとは限らないのである。しかし、絶対、タイプではないと断言できるかというとそうでもないのだ。・・・何がいいたいのかっ。

実は・・・晴子は蜜代の家に下宿しているのだった。

そして、らくだは一目で晴子に心を奪われてしまったらしい。

一方で・・・朝の情報番組「モーニングZ」のその他の人々もよどみない布陣である。

視聴率とネット上の評判だけが指針のプロデューサー原口蘭(笛木優子)は「クビ」と言った後で「即採用」の臨機応変さが身上である。ふりまわされる担当ディレクター染谷(野間口徹)だった。

そして、看板女子アナウンサー・橋本茜(佐々木希)は舌っ足らずの・・・いや・・・したたかな感じを漂わせるのだった。ふにゃんにゃにゃん。

まあ、このメンバーでなんとなく・・・楽しめます。

記念すべき第一作の犯人ゲストは愛人殺しの男(升毅)である。

遺体発見現場とは離れた場所にいたのを豪太が目撃してしまい・・・アリバイが成立してしまいそうになるのだが・・・晴子が真相を見抜くのだった。

「音波は波である以上、屈折します。そして気温が高いほど音速は早くなるのです。昼間は太陽光によって地表が温められ、上空にいくほど温度が低くなります。しかし、夜になって雲も風もなければ放射冷却がおこり地表が冷やされ、上空の空気の方が暖かくなるのです。この接地逆転層の発生によって、音は上空を高速で伝播し、遠くで汽笛が聞こえるのです・・・悲鳴も殺人現場より遠く離れた遺体発見現場まで届いて・・・目撃者たちは誤解したのです・・・すぐ近くで事件があったのだと・・・」

「私は・・・彼女を愛していた・・・しかし、家庭も大事だったのです・・・遠くで汽笛を聞きながら・・・何も悪い事がなかったこの街で・・・ずっとふたまたかけていたかった・・・」

こうして・・・新米刑事とお天気お姉さんはコンビを結成したのだった。

ま、ある意味・・・軽くて浅いガリレオ的ミステリですなーーーっ。だが、そこがくつろげる。

関連するキッドのブログ→Wの悲劇

シナリオに沿ったレビューをお望みの方はコチラへ→くう様のお天気お姉さん

で、『みんな!エスパーだよ!・第1回』(テレビ東京201304130012~)原作・若杉公徳、脚本・田中眞一、演出・園子温を見た。青年誌コミックが原作なので・・・青年的エロスに満ちている。「ラスト・シンデレラ」ではまったく勃起できないがコチラでは激しく屹立するのが男子というものなのである。いやあんなのである。まあ、男と女の間には所詮、深くて暗い河が流れているのだな。

三河(原作では九州)のど田舎に住む男子高校生・鴨川嘉郎(染谷将太)はそこそこ妄想に彩られた日常を過ごしていた。幼馴染のかわいい顔してパイオツカイデーなヤンキー・平野美由紀(夏帆)にパンチラありでどつかれ、東京から転校してきた清楚な感じのクラスメイト・浅見紗英(真野恵里菜)を聖なるオナペットとして愛する平凡な生活。

しかし・・・とある日を境に鴨川嘉郎に超能力が発現する。

≪・・・ああ、パイオツカイデー≫

≪カイデー≫≪おっぱ≫≪巨乳≫

≪もみしだ≫≪ブラ≫≪紐≫≪ジャー≫≪もみもみ≫≪乳輪≫≪ブラ≫≪透けて≫≪線≫≪ふくよか≫≪ぱい≫≪おっ≫≪おっ≫≪胸≫≪乳首≫≪カイデー≫

「うわあ・・・オレ、テレパシストになっちゃったーーーっ」

興奮する鴨川嘉郎だった。彼は自分も憧れのヒーローになれるかもしれないと希望に胸を萌やしたのだった。

しかし・・・この現象は地域的なもので・・・鴨川嘉郎の周囲では多数のエスパーが発生していたのだった。

研究者である教授(安田顕)は現地入りして、助手の秋山多香子(神楽坂恵)の胸乳をまさぐりながら調査を開始するのだった。

監督「もっと・・・大胆に揉んで・・・そうそう、右行って・・・左行って・・・そして両乳をぐぐっと・・・」

安田「監督・・・いいんですかあ」

監督「ボクの妻の乳だ・・・遠慮しないで揉みたまえ」

・・・あくまで妄想である。

高校生たちが入り浸る田舎のカフェレストラン「シーホース(海馬)」のマスター・永野輝光(マキタスポーツ)は鴨川嘉郎の良き相談相手だったが・・・嘉郎の母親(筒井真理子)を永年のオナペットとして愛用しているエロマスターである。彼は咥えこみ型電動ヴァィブレーターでの自慰行為中に手淫を行わずしてピストン運動を可能とする念動力(サイコキネシス)を発現させる。その超能力は性的衝動と連動しているためにエロ目的にしか使用できないのだった。海馬濁ればシーボーズである・・・意味不明な言動は慎みなさい。

人気者の先輩・榎本洋介(深水元基)がエスパーかもしれないと夢見た鴨川嘉郎だったが、念動力者が輝光だと知り、ちょっとガッカリするのだった。

その頃、発情した不良仲間の嘉山(中尾明慶)に性的行為を求められた美由紀は突然、精神感応力に目覚める。

「愛してる」≪やらしてくれだがや≫≪乳もんで≫≪挿入してえのだがや≫

「ふざけんなーーーっ」(え)(なに)(いま)(心の声が)(聞こえたよ)

とにかく、美由紀は嘉山の魔手と魔羅から逃れるのだった。

一方で・・・仕方なく輝光のエロエスパー修行に付き合う鴨川嘉郎・・・もちろん・・・そういうことも嫌いではないのだった。

そして・・・つい・・・憧れのマドンナ・浅見紗英の心を覗いてしまうことに・・・。

≪鴨川嘉郎≫≪鴨川≫≪鴨川ねえ≫≪≪≪あいつ、絶対、私でオナニーしてるよな≫≫≫≪鴨川の野郎≫≪鴨川≫

清純な外見に秘められたドス黒く毒々しい本心・・・。

鴨川嘉郎は今、大人の階段を昇ったのである。

監督はリレー式であるが・・・とりあえず、最高の夜のエンターティメント誕生である。

オンエアのない地域の心ある男子の皆さん・・・か、可哀相・・・。

とりあえず・・・これだけは言っておきたい。夏帆、かわいいよ夏帆・・・。

関連するキッドのブログ→帰ってきた時効警察・第三話

帰ってきた時効警察・第六話

時効警察・第四話

砂時計

SPEC

|

« ラスト・シンデレラ(篠原涼子)と王子様A(三浦春馬)と王子様B(藤木直人) | トップページ | あまちゃん、ハートの2の土曜日(小泉今日子)とリーガル・ハイ・スペシャルの美しすぎる裁判官様(広末涼子) »

コメント

今期は金曜が魔…ですな。
で、現に魔が集まってるし。

個人的には「お天気お姉さん」は大倉ラブ以上に楽しくて面白かったです。
みなさんキャラも立っているしストーリーもそこそこだったので今後に期待したいです~。
あ~とりあえず、ホントに面白いと思えるものに出会えてよかった。

「エスパー」は、ただただ見て楽しみます^^;
深夜帯レビューは最高級に面白くなければ無しにしたい。

ってことで、これから「リーガルハイ祭り」に出発~( 〃▽〃)

投稿: くう | 2013年4月13日 (土) 17時28分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

正統派の二枚目ではないものが
ハンサムのレッテル貼られちゃうほど
アウエイなことはありませなからな。
二枚目半的なかわいい男子は
こういう役柄が無難なのでございますよね。

球電に関しては気象現象というよりも
超常現象に近いので
「都市伝説」なのにもっともらしい説明しちやっていいかよ・・・とも思いましたが
そこはこの枠なので全く問題なしでございますねえ。

「エ」はもうどストライクでしたからねえ。
妄想的にはいくらでも膨らみそうなので・・・ペンディング中・・・。

ペッティングではございませんぞ・・・誰が間違うんだよっ。

「T5」の出来次第で・・・存続も考えております。

ここまでのところ・・・・

(日)大河
(月)ガリレオ
(火)ガッキー
(水)幽かな彼女
(木)家族ゲーム
(金)エ
(土)あまちゃん

という・・・谷間なしの状態ですが・・・
リーガルハイ・レギュラー復活かよっ・・・。

なんだかんだと面白すぎますな~typhoon

投稿: キッド | 2013年4月13日 (土) 23時45分

ヒロインって女性のことでは…?

投稿: ジョセフ | 2013年4月20日 (土) 03時19分

toiletオトコナノニヒロインデスカ~ジョセフ様、いらっしゃいませ~ダンセイナノニヒロインデスカtoilet

ふふふ・・・素朴な疑問ありがとうございます。

男性主人公に対して、準主役的にある女性をヒロインと呼ぶわけです。

これに対して、女性主人公に対して準主役的な男性をヒーローと呼んでもいいのですが・・・。

ニュアンスとしてはヒロイン的ポジションという男女差別が根底にある表現なのでございます。

つまり、ヒーロー(男)に対するヒロイン(女)で
ヒロイン(女)に対するヒロイン(男)なのですな。

まあ・・・大人になればきっとわかると思います。typhoon

投稿: キッド | 2013年4月20日 (土) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/51205109

この記事へのトラックバック一覧です: 黒魔法の少女・・・お天気お姉さんだよ(武井咲)ゆとり刑事くんだよ(大倉忠義)VSみんな!エスパーだよ!(染谷将太)パンチラ胸乳もみしだかれはじめました(夏帆)推定自慰(真野恵里菜):

» お天気お姉さん EPISODE1 [レベル999のgoo部屋]
『爆弾低気圧女が挑む100%犯罪予報!?気象トリックの壁 内容 雨の日に発生する、奇妙な連続放火事件が発生していた。 その日の夜、雨が降るという予報があり、 捜査一課の刑事、青木豪太(大倉忠義)と亀岡巧(高知東生) そして遠藤壮一(丸山智己)八木圭司(川...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 07時31分

» お天気お姉さん〜安倍晴子、君は本物だ。だから生きにくい……! [平成エンタメ研究所]
「おまえ、何様だ!?」「気象予報士です」 「あなた、何者だ?」「気象予報士です」  すばらしい! 天気予報で事件を解決するなんて!  企画ってこれくらいぶっ飛んでた方がいい。  あえて類似作品をあげるなら『ガリレオ』かな?  湯川先生は物理学で事件を解決する...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 08時11分

» お天気お姉さん (第1話・4/12) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
テレビ朝日系ドラマ『お天気お姉さん』(公式)の第1話『爆弾低気圧女が挑む100%犯罪予報!?気象トリックの壁』の感想。 期待はしていなかったが… 脚本が大石静氏と言うことで期待はしていなかっ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 09時11分

» お天気お姉さん 第1話★黒頭巾ちゃん武井咲の大家さんは壇密だった! [世事熟視〜コソダチP]
お天気お姉さん 第1話 「その“気象トリック”私なら解けます」 安達哲のコミック『お天気お姉さん』とは関係なくて、『クレオパトラな女たち』が悲惨な視聴率で途中打ち切りになった大石静のオリジナル脚本なんだそうな・・・。 低視聴率タレント・武井咲と、打ち切り脚本家・大石静がタッグを組むってのは縁起が悪い!? −◆− 雨の日に起きている4件の連続放火事件! 新人刑事の豪太は、通りがかりのライターを持った男(温水洋一)に職務質問をかけていた。だが豪太の前に黒頭巾の女(武井咲)が現れ「犯人はそ... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 11時49分

» お天気お姉さん 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
必ず雨の日に起きている4件の放火事件がありました。 その事件を追う新人刑事の「ゆとり」こと青木豪太(大倉忠義)は、張り込み現場でライターを出した男(温水洋一)に職質を掛けますが・・・ そこに...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 12時59分

» お天気お姉さん 第1話 [ドラマハンティングP2G]
2013年4月12日放送 第1話「爆弾低気圧女が挑む100%犯罪予報!?気象トリックの壁」  必ず雨の日に起きている4件の連続放火事件。今日こそ、その犯人を挙げてやろうと雨の中張り込みに精を出していた新人刑事の“ゆとり”こと青木豪太(大倉忠義)は、通りがかり…... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 16時41分

» 【お天気お姉さん】第1話 初回感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
古来、天候を制する者が世界を制すると言われてきた。 この物語は、人々の命と安全を守るため気象予報に人生をかけた 一人の天才お天気お姉さんの物語である。 お天気お姉さん 第1話   大...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 17時00分

» (新)お天気お姉さん 第1話 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
ワイドショーの馬鹿っぷりの再現度が半端ないw 日和見主義の司会者、見るからに空っぽの女子アナ、頭の悪いディレクター、笑顔の裏の卑しい顔の群れ。この自虐ともいえるネタふりは、TVの終焉に向けて...... [続きを読む]

受信: 2013年4月13日 (土) 17時24分

» お天気お姉さん「爆弾低気圧女が挑む100%犯罪予報!?気象トリックの壁」 [のほほん便り]
「これは、武井咲を見る作品かな?」と思ってたら、彼女の黒衣装な陰陽師の末裔を演じたり、ミステリーあり、大石静によるドラマオリジナル作品だったのですね。 その役名も「安倍晴子」ってのが可笑しかったのでした なかなかユニークなキャラと展開。しばし様子見です (^。^*)     (ストーリー)  必ず雨の日に起きている4件の連続放火事件。今日こそ、その犯人を挙げてやろうと雨の中張り込みに精を出していた新人刑事の“ゆとり”こと青木豪太(大倉忠義)は、通りがかりのライターを持った... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 08時28分

» 「みんな!エスパーだよ!」 第1話 なんで僕に超能力だん?バス停の風、大作戦! [トリ猫家族]
 『このドラマは、若きエスパーたちが、正義と性への憧れの狭間で苦悩し、成長する物語である』ジャーン!!  いや〜おもしろい!ぶっこんできたね〜 でも、エロというよりも ... [続きを読む]

受信: 2013年4月14日 (日) 22時04分

» みんな!エスパーだよ! [のほほん便り]
原作は、『週刊ヤングマガジン』に連載れたコミックだったのですね。人気漫画「デトロイト・メタル・シティ」などを手掛けた若杉公徳氏の作品だけに、なかなか、きわどい笑いが満載です。 映画「ヒミズ」でベネチアをわかせた園子温監督と染谷将太が再びタッグを組んだコメディー、とのことだったので興味を感じてみてみたのですが… 限りなく、アングリ 良くも悪くも、深夜枠なられはの番組だなぁ、と感心 ... [続きを読む]

受信: 2013年4月15日 (月) 09時15分

» 『お天気お姉さん』 第1話 [英の放電日記]
金曜ナイトドラマ枠は、『YASHA-夜叉- 』『トリック』『特命係長・只野仁』『スカイハイ』『ミステリー民俗学者 八雲樹 』『着信アリ』『時効警察』『モップガール』『歌のおにいさん』『名探偵の掟』『ハガネの女』『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』『都市伝説の女』など、革...... [続きを読む]

受信: 2013年4月19日 (金) 16時17分

« ラスト・シンデレラ(篠原涼子)と王子様A(三浦春馬)と王子様B(藤木直人) | トップページ | あまちゃん、ハートの2の土曜日(小泉今日子)とリーガル・ハイ・スペシャルの美しすぎる裁判官様(広末涼子) »