« 求めずば与えられることなく、捜さずば見つかることなしでごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 恋人から30000光年・・・恒星間遠距離恋愛中の異星の人(有村架純) »

2013年9月10日 (火)

お天気カメラマンと傘なし女たちと九月の雨のSUMMER NUDE(山下智久)

恋愛のび太かっ。

結局、おめかしのファスナーをあげるドラえもんと海苔屋のドラえもんが恋愛モードをあげまくるのである。

蒼穹のファスナーあげ子さんか、縁結びの世話やきノリ男くんかよっ。

お前が・・・意味不明になってるぞ。

それにしても・・・挿入される春夫(千葉雄大)と清子(橋本奈々未)のコントのようなものについて・・・痛々しくて途中から言及をさけているのだが・・・。

なんだったんだ・・・一体。

まあ・・・途中経過だから・・・あれだけどな。

山田くんと七人の魔女」が・・・先週、「SUMMER NUDE」にオマージュを捧げていたわけだが、みんなスカート付きだったりするが一応水着になり、おヘソをサービスしているわけである。

そういう意味で・・・橋本奈々未がサービスしているだけだったのかっ。

季節外れの就職ドラマと化した・・・本編である。

季節外れの上京物語である。

どこまで外したら気がすむのですかあああああっ。

で、『SUMMER NUDE・第10回』(フジテレビ20130909PM9~)脚本・金子茂樹、演出・宮木正悟を見た。海の家「レストラン青山」の店仕舞いの夜、思い出作りの二人だけの線香花火大会を決行した朝日(山下智久)と夏希(香里奈)は東京での再会を約束して別れる。波奈江(戸田恵梨香)とヒカル(窪田正孝)はみさき台駅(フィクション)のホームでキスをしてひと夏の関係の幕を下ろすのだった。あおい(山本美月)はモデルのオーディションを受けるために夏希の部屋に居候することになる。波奈江は介護福祉士を目指し、幼馴染のタカシ(勝地涼)を残して朝日は東京へと旅立つのだった。

季節にあせない心があれば

人ってどんなにしあわせかしら

ライトに浮かんで流れる傘に

あの日の二人が見える気もした

上京した朝日はおそらく写真の専門学校時代の友人で新進気鋭のカメラマン・・ハジメ(大東駿介)の紹介か、専門学校時代に講師でもしていたかもしれない、たぶん有名な写真家・長谷川(神尾佑)の助手として働いていた。

助手になって二週間とは思えない有能ぶりで・・・すでに助手の助手に照明配置の指示を出し、フィルムをセッティングし、写真の仮仕上げを命じられるほどのポジションに昇格しているのだった。まあ、他人の人生を変える写真を撮るスーパー・カメラマンだからな。

しかし・・・忙しくて再会を約束した夏希に連絡する暇もないらしい。

一方、夏希はイタリアン・レストラン「Giallo Blu」店長の影山(中村俊介)から大切な話があると切りだされる。

いよいよ・・・三角関係に突入かと色めき立つ一部愛好家の皆さん・・・。

しかし、話は・・・どうやら雇われシェフだったらしい影山の独立話と・・・次期店長として夏希を推薦するという純然たる仕事の話だった。影山は元々、別の有名店で店長だった夏希をその候補として採用していたというのである。

「しかし・・・どうして、前の店をやめたんだ・・・」

「寿退職したんですけど花婿に逃げられちゃいまして・・・」

「ぐふっ・・・・いやなことを・・・思い出させてしまったようで・・・すまない」

「そんなに・・・引かないでくださいよう・・・殺人事件に遭遇したみたいなリアクションじゃないですか」

とにかく・・・夏希に対しては全くその気がないらしい影山だった。

夏希の部屋に転がり込んだあおいは相変わらず、脱がないのでオーディションに合格しない日々を送っていた。

「こうなったら・・・朝日さんにモデルとして使ってもらうしかないですよ」

「そんな権限、あいつにあるのかな」

「そこんところ・・・電話で聞いてみてくださいよ」

「え~、なんで~、あたしが~」

「あれ・・・連絡とりあってないんですか」

「・・・」

「あれから・・・一度も・・・」

「・・・」

「のび太かよっ」

業を煮やしたドラミちゃんはドラえもんに連絡をとるのだった。

「まったく、朝日くんはしょうがないなあ・・・」

ついに上京を決意するタカシだった。

「用もないのにか」と出番を確保するカフェ&バー「港区」のマスター・賢二(高橋克典)。

「物産展があるので」

「タカシは・・・ストーブさんかっ・・・また・・・あまちゃんネタなのね」と出番を確保する妻の勢津子(板谷由夏)だった。

「本当に面倒見の良い奴だな」

「昔のあなたに似てるかも・・・」

「ええーっ」と嫌な顔をする賢二だった。

その日、朝日は長谷川から次の仕事をまかせたいと打診される。

クライアントの担当者も「長谷川先生の推薦をいただきましたんで・・・」と乗り気である。

「お受けします」と即答する朝日だった。

「写真の仕事は世界に良き終わりをもたらすこと・・・それがハッピーエンドだからな・・・良き終りを」と微笑む長谷川だった。

一方、タカシはまず・・・「Giallo Blu」を訪ねる。

兄と偽って夏希を呼びだし、夏希の部屋にあがりこんで朝日に電話するのだった。

「生きてる~」

「死んでるよ・・・」

「まったく・・・連絡くらいしろよな」

「してるじゃないか・・・」

「俺にじゃなく・・・夏希さんにだよっ」

「・・・」

「罰として・・・今すぐ来てね~」

「どこにだよっ」

「夏希さんの家に決まってるだろう・・・」

「タカシ、お前、今どこに・・・」

「夏希さんのお部屋で~す」

「・・・」

あわててかけつける朝日だった。

朝日が来ると知って急に酒の肴を調理し始める夏希。

「俺には・・・乾きもの・・・だったのに」

「タカシの胃袋つかんでもしょうがないからねえ」

猫型ロボットたちは慰め合うのだった。

しかし・・・やってきた朝日は妙に不機嫌だった。

二人で酒を買い出しに出かけ・・・夏希はその理由を問う。

「どうしたの・・・なんか怒ってるの」

「そんなことないよ・・・ただ、次に会うのは夏希の料理を食べる時って決めてたから」

「ああ・・・覚えてたんだ・・・それにしてはちっとも来ないじゃない」

「仕事が軌道に乗ってから・・・って思ってさ」

「じゃ・・・いつになることやら」

「明後日・・・初めての仕事を任せてもらえることになったんだ」

「え・・・おめでとう」

「ありがとう・・・」

「がんばって・・・」

「そっちもね・・・」

激励のために夏希がつかんだ腕をやんわりとはずす朝日。

ある意味、スキンシップの拒否である。

ものすごく誤解される行動なのである。

朝日は潔癖症なのかよっ。

しかし・・・夏希は・・・朝日に逢えた喜びで瑣事は気にならないようだった。

このドラマのスタッフはちょっと頭おかしいな。

朝日の部屋に転がり込むためにタカシは二人で夜道を行く。

「まったく・・・先に夏希の店に行くなんて・・・」

「だから・・・水しか飲んでないって・・・」

「金もないのに・・・レストランにおしかけたのか」

「ちがうよ・・・先に俺が食べちゃったら機嫌悪くなるだろ・・・のび太くんは・・・」

「俺は・・・そこまで心が狭くないよ・・・」

「またまた・・・何年つきあってると思ってるんだ・・・」

「・・・」

朝日はやはりのび太なみに心が狭いのだった。

翌日、ドラえもんタカシは兄と偽ってヒカルの職場を訪ねるのだった。

「よく・・・ここがわかりましたね」

「お前・・・波奈江になんで・・・電話しないんだよ」

「え・・・」

「最近、波奈江がんばってるけど・・・元気がないんだよな」

「先輩から・・・悪かったと謝っていること伝えてくれませんか」

「なんだそれ・・・」

「言えば・・・分りますから」

「まったく・・・世界はのび太であふれてやがる」

「え・・・」

「いえいえ・・・伝言ロボットタカ~シ~、メッセージをお預かりしましたよ」

ヒカルの父親からの干物の仕送りを渡して、みさき市に帰還するタカシだった。

物産展は・・・まあ、いいか。

みさき市では・・・波奈江が・・・ヘルパーの実習修了証を取得していたのだった。

「えへへ」

「それ・・・ヒカルに報告してやれよ・・・」

「え~」

「なんか・・・ごめんってあやまってたぞ」

「なにそれ・・・どういう意味~」

「言っても伝わらねえじゃねえか・・・のび太のくせに~・・・思わせぶりなこと言いやがって~」

「・・・」

しかし・・・波奈江は動くのだった。

ひょっとしたら・・・ヒカルは・・・波奈江が怒っていると誤解しているかもしれないと直感したからである。

まったく・・・奴隷はしょうがないわね・・・と女王様は思うのだった。

主人の心、奴隷知らずなのである。

ドラマの撮影が押して徹夜明けの朝帰りをするヒカル。

アパートの前には波奈江が待っていた。

「ええーっ」

「まったく・・・どれだけ待たせれば気が済むのよ」

「だって・・・来るなんて思わないから」

「私ね・・・ヘルパーの資格取っちゃったの・・・ほら」

修了証を見せる波奈江。

「おめでとう・・・」

「まだ・・・序の口だけどね・・・」

「わざわざ・・・それを見せに・・・」

「私・・・別に怒ってないわよ・・・」

「え・・・」

「じゃ・・・」

「よっていかないの・・・」

「変なことするんでしょ・・・」

「変なことなんかしないよ・・・じゃあ・・・今夜、食事でもどうかな」

「忙しいんじゃないの」

「今日はお休みなんだ・・・」

「じゃ・・・私、行きたい店があるんだけど・・・」

任務を終えたタカシはみさき海岸にやってきた。

人気の消えた秋の海には青い背広のジャン・レノが佇んでいる。

「オツカレ・・・」

「そっちののび太くんはようやく免許とれたんだね」

「ナカナカ、車買ワナクテコマッテルヨ」

「本当に、世話が焼けるよなあ・・・」

九月の雨が降りだしてタカシの化粧がはげる。

その下から青い地肌がのぞくのだった。

「SUMMER NUDEじゃなくてもはやSeptember rainだよね」

まかされた仕事をそつなくこなす朝日。

長谷川とクライアントは朝日の写真に大いに満足するのだった。

朝日の成功物語が始ったらしい。

予約の名前を見て・・・動揺する厨房の夏希。

影山は部下の心の動きを見逃さない。

「どうした・・・知っている人か・・・まさか例の・・・」

元フィアンセと勘違いした影山が朝日といざこざか・・・と期待した一部愛好家を裏切って・・・。

「海の家に誘ってくれた特別な人か・・・」

「はい」

「よし・・・今日の料理は君にまかせる・・・店長としてのリハーサルだ・・・存分に腕をふるってくれ」

「シー」

とにかく・・・夏希の料理の腕は・・・以前からいた料理人たちを圧倒するものらしい。

「Giallo Blu」は問題なく夏希の指揮下に入るのだった。まあ、イタリアンレストラン物語じゃないからな。数話前の下っ端扱いが嘘のようだ。

料理を待つ朝日の前に波奈江とタカシがやってくる。

「あれれ・・・朝日は一人でイタリアンなの・・・」

「悪かったな・・・」

「ご一緒してよろしいかしら・・・」

「のび太の会か・・・」

「私・・・ちょっと夏希に挨拶してくる・・・」

二人にされた朝日とヒカルだった。

「あの・・・先輩・・・いろいろとすみませんでした」

「何が・・・だよ」

「波奈江は・・・僕が幸せにします・・・」

「そうか・・・よかったな・・・ヒカル」

「先輩・・・」

そこへ戻ってくる波奈江・・・。

「あれれ・・・なによ・・・二人とも固くなって」

「こんな・・・立派な店だとは思わなかったからな」

「ふふふ・・・貧乏な人たちってしょうがないわね・・・とりあえず食前酒をいただこうかしら」

お嬢様は男たちをリードするのだった。

そして・・・のび太たちのディナーが始った。

繰り出される夏希、渾身のイタリアン。

「こ・・・これは・・・」

「美味しいね」

「・・・」

「凄い・・・夏希って凄い」

「美味しいね」

「・・・」

「朝日、なんで黙ってんの」

「なんか・・・こんなにおいしい料理を作れる人なんだと思ったら・・・こわくなってきた」

「何が・・・」

「だって・・・ひと夏・・・海の家でヤキソバ作ってもらってたんだぜ・・・ものすごく失礼なことだったんじゃないか・・・」

「今さら、何言ってんの・・・夏希の手料理食べたら・・・すぐ分ることじゃないの」

「・・・」

「夏希がレストラン青山で働いてくれたこと自体が・・・すでにミラクルだったのよ」

「なるほど・・・そうかもな・・・ミラクル過ぎて気がつかないってことか・・・」

「きっと・・・このドラマもそうなんだってスタッフは言いたいんだと思う」

「・・・」

食事を終えた三人は・・・夏希に挨拶をするのだった。

「まだ・・・帰れないの」

「うん・・・明日の仕込みとか・・・あるからね」

「じゃあ・・・またね」

「ごちそうさま」

「すごく・・・おいしかった・・・」

「うれしい・・・」

都会にうず巻くイリュミネーション。くちびる噛みしめ夜道を歩く三人だった。

ふと・・・夜空を見上げる朝日。

その姿を見て・・・波奈江は遠い記憶を呼び覚ます。

(これから・・・雨が降ってくるよ)と朝日は言ったのだ。

「じゃ・・・俺はここで・・・ちょっとコンビニに寄ってくるから・・・」

波奈江は朝日が何をするつもりなのか・・・分っていた。

何も気がつかず・・・波奈江と歩き出すヒカル。

やがて・・・雨が降り出した。

波奈江は朝日との別れを惜しむ。

「おかしいな・・・天気予報は・・・雨が降るなんていってなかったのに」と上着を脱いで波奈江にさしかけるヒカル。

「雨が降ってくるのがわからなくても許してあげる」

波奈江はヒカルの首に手を回して抱きつくのだった。

わけがわからないまま・・・ヒカルは波奈江を抱き返し・・・熱く唇を重ねるのだった。

長い道のりだったが・・・SUMMER NUDE史上屈指のラブ・シーンである。

・・・また、この二人かよっ。

一方・・・降りだした雨に仕事を終えた夏希は遠い記憶が蘇る。

(雨の中で待つのは得意なんだ)と傘をさしかける逃げたフィアンセ。

その記憶を振り払うように・・・雨に濡れて歩き出す夏希。

そこにさしかけられるコンビニで買ったビニール傘。

空模様を読む男、朝日が微笑んでいた。

相合傘で歩き出す二人。

しかし・・・幸せな記憶とフィアンセに逃げられた屈辱が交錯する夏希は息苦しくなってくるのだった。

小さなトンネルの前で傘から飛び出す夏希。

「どうしたの・・・」

「ごめん・・・苦しくて」

「・・・」

「幸せな時が長く続かないって・・・思っちゃうから・・・」

「・・・」

ウソだろ 誰か思い出すなんてさ

目を伏せて その髪の毛で その唇で

いつかの誰かの感触を君は思い出してる

「ずっと・・・一緒にいたいから・・・」

夏希は幸福とそれを失う不安で揺れる心に耐えかねたのだった。

朝日は傘を放り捨てた。

そして・・・無言で夏希を抱きしめる。

やがて・・・熱い唇付けを・・・しないのかよっ。

九月の雨が降っている。それは待たされ過ぎたお茶の間の涙なのかもしれません。

関連するキッドのブログ→第9話のレビュー

Sn010

ごっこガーデン、セプテンバーレイン・セット。エリサマーもヌードもないままに暦の上ではセプテンバーで気まぐれなレインがシトシトなのでスー。今回はおしゃれでロマンチックな気もしたけど・・・雨に濡れながら佇む女がいる・・・ってなんか演歌な感じ~。波奈江とヒカルのゴールインがなんだかうらやましかったのでスー。いよいよ・・・最終回、happyでloveなendでお願いpleaseなのですよ~・・・そうでないと来週は久しぶりの卓袱台祭りでスーまこむふふ・・・エリ姉ちゃんのダーリンドラマで思わぬ収穫をゲットだじょ~・・・棚からまめぶ汁なのでしゅ~くう駆け落ちの果てにさらに意味不明の展開に・・・ヒカルのドラマと連動してるとか・・・なんかあればよかったのではみのむしとにかく、今週もクネ男は良い奴でした~るるるシャブリ波奈江の中にミチルを見た・・・ikasama4このP先輩モデル(BB改)は活躍しましたなあmari裏切られた記憶に揺れる夏希・・・でも朝日はふられたのに三年待つ男だから・・・大丈夫だと思いますよ~・・・気が長すぎるのも困りますけどね~

|

« 求めずば与えられることなく、捜さずば見つかることなしでごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 恋人から30000光年・・・恒星間遠距離恋愛中の異星の人(有村架純) »

コメント

キッドさん、こんにちはhappy01

孝至「この夏はいったい何だったんだろうなあ」
波奈江「いろいろあった気がするけどねえ」
このオープニングでもう涙目ですよcrying

春夫と清子はセルフパロディだったんでしょうか。
やり方次第では、面白くなったような気もするので、
もったいないなあ・・・と思わずにはいられません。

助けてードラえもんーbearing

リアリティの薄いお仕事シーンとか、
(もっぱら光にとって)都合の良い展開とか、
(「僕が波奈江を幸せにします」「悪かったな」って順番逆じゃないかと)
なんだか、このドラマが全部、高校生の光の妄想と言うか、
ドリーム小説のような気がしてきましたわsweat01

夏希の店長抜擢も、実はブラック企業で、
誰も店長をやりたがらないのかもしれませんね。
夏希だって、仕事中に平気で携帯を触る料理人だし、
冷蔵庫に裸で寝ている人がいても、不思議じゃないレストランですからね。

思い返すと、海の家が舞台と聞いたときは、
山Pって、サーフィンもできるし、スキューバも水上バイクもライセンス持ってるじゃん、とテンション高くなったものでした。(←遠い目)
まあ、危ないですけど。

恋の終わった瞬間の、波奈江の切ない演技はすごく良かったです。

そういえば、
復興が始まるこの週で、東京オリンピックが決まるなんて、
やっぱり「あまちゃん」は持ってるんだなあ、と感じました。

7年後の自分の年を考えると恐ろしいですが、
キッドさんも、どうかお達者でいてくださいねwink

投稿: mi-nuts | 2013年9月10日 (火) 13時02分

キッドさま。私の心の声が聞こえましたか?
又、その二人かよ!
熱い接吻を…しないのかよ!
同じ所で突っ込んでました(笑)
いよいよ最終回。まさか‘見たことのない夏’が、‘なかった事にされる夏’になってるとは(゜_゜)

今日の話だけ見たら、全然ありだと思う。恋愛ドラマらしくなってるから。
ただ連続ドラマとして見続けて来た者には、優しくないドラマです。
ここまで、出演者の物語を紡いで来た結果の到達点なら、喜んで受け入れられたのに。
未だに、何で田舎町の海の家舞台にしてたのかわかりません。
結局、朝日はちゃんと海の写真撮ってないし…。
とは言え、最後はサマーヌードらしい夏の終着点を見せて欲しいです。

投稿: なっち | 2013年9月10日 (火) 15時55分

crown✭クイーン・オブ・ザ・ランチ✭mi-nuts様、いらっしゃいませ✭親切百回接吻一回✭parking

ふふふ・・・お嬢様方の涙がやはりどしゃ降りなのでございますねえ。

「純と愛」という朝ドラマがハイリスクノーリターン設定だとすれば
「S N」はあまりにも「ノーリスクハイリターン」設定ですよねえ。

しかも・・・恋愛ドラマだけどラブにノータッチですからな。

ほとんど意味不明の極致ですな。

春夫と清子は・・・せめて・・・劇中劇として
後にヒカルが演出することになるドラマの一場面だったとか
そういう仕掛けがあるか・・・。
とてつもなく面白いコントなのか・・・のどちらかでしたな。

単なるアイドルの水着サービスじゃあねえ・・・でございます。

ふふふ・・・リアルドラえもんがいたら・・・
「あの日」の悲劇はもう少し少なめでしたでしょうからねえ。
ドラえもんは実在しないのですぞ~。
・・・断言する必要あるのか・・・

まあ・・・とにかく・・・
朝日は物凄い腕のあるカメラマンだったということですから。

それに光も十年くらい片思いしていて
ちょっと頭おかしくなっているので
許してやってください。

基本的に・・・この脚本家の狂気が
前面に出たキャラクター造形ですよね・・・
ある意味、キャスト全員が・・・。

だから・・・はまってる人はかなりはまっているのかも。

とにかく・・・小学生で
好きなアイドルがキスとかしたら
死にたくなっちゃうタイプ専用ヴァージョンの
ストーリーなんだと思いますぞ~。

ふふふ・・・セカンドとかサードを押しのけて
いきなり外部から新しいシェフが来る。
基本・・・大波乱ですよね・・・普通は。

まあ・・・とにかく・・・
千葉という
おそろしく中途半端な田舎の設定が
まったく生かされなかったというのが
すべてでしょうな。

結局・・・行こうと思えば行けるけど
行くとなると遠い東京の話になってしまうわけで・・・。

今回は・・・
夏希が・・・海の家の店長なんて
やるような人じゃなかった・・・
と朝日が思い当るわけです。
それは田舎の写真館で写真撮ってる人じゃなかった自分とそれなりにリンクしているわけですが・・・。

だから・・・どうしたなんですよねえ。

基本・・・その部分に誰も思い入れしてないでしょうからあああっ。

だから・・・ずっと好きな人を
あきらめきれないけど
今はこの人で良いかな的な
波奈江の計算高い複雑な気持ちの表現だけが
女優の上手さを際立たせるだけ・・・。

だけどお茶の間は「それ」を見たいわけではないわけで・・・。

ふふふ・・・「あまちゃん」は
クランクアップの時点では
五輪が東京になるのかどうかは未決定。
しかし・・・あたかも・・・それを
織り込んでいたようにみえるのが・・・
天才のなせるワザなんだと考えます。

「フクシマ」をスルーしながら
それをこれほどまでにも感じさせる展開ですからねえ。


これだけのキャストを集め・・・
夏の海を舞台にして・・・
空振りしちゃうのもなかなかできないことですけどね~。wave

投稿: キッド | 2013年9月10日 (火) 16時49分

cherryblossom帝国臣民はトンチキがお好き~なっち様、いらっしゃいませ~可愛いよ山P可愛いよmoon3

ふふふ・・・山Pをこよなく愛する皆様の誰もが
同じ気持ちだと思いますぞ~。

ただし・・・ドラマの中でも山Pがキスしたりするのは嫌~という人たちをのぞくですな。

つまり、このドラマはそういう方のためのドラマなんですよ・・・きっと。

でも・・・見たかったですよねえ。
波にのる山P。
溺れた女の子を助けて人工呼吸をする山P。
豪快にヨットで太平洋を横断する山P・・・それは違うぞ。

ともかく・・・ちょい悪くらいで
女の子を傷つけちゃうけれど
それでも女の子がついてくる・・・
そんな朝日も見たかったのでございます。

もう・・・砂浜ではイチャイチャにつぐイチャイチャで・・・。

地元の暴走族と大立ち回りをして・・・だから、それも違うぞ。

とにかく・・・躍動感あふれるひと夏の青春が
欲しかったのですな。

まあ・・・きっと・・・
このドラマでは
最初から九月の雨がシトシトふっていたんだと・・・。
来るべくしてここに来たんだと思う他ないのでございますよ。sprinkle

投稿: キッド | 2013年9月10日 (火) 16時58分

王道のラブストーリーを と言ったのは自分のハズなのに
どこか ラブストーリー、ラブシーンを求める視聴者を小ばかにしている感がある高尚なスタッフ陣
今の時代のドラマ作りは本当に難しいですね
でも視聴者の反応を見ながら微調整して最終回ギリギリまで悪戦苦闘しながらも撮影を続ける連続ドラマの過程を見るのは好きです
早撮りでなく これからもずっと山下君には このスタイルでドラマに出演して欲しいです

8話あたりから 群像劇としては面白くなってきて10話はラブストーリーらしさもあったし 結構楽しめました(^^)

ただ残念なことに
心が持っていかれたシーンは雨の予感がして好きな人の元に向かう彼を見て揺れる複雑な女心をしっかりと演じて魅せてくれた戸田さんにでした
ラストの朝日のハグシーンはもう少し柔らかい演出のほうがよかった気がするんですがストーリー的には あの演出がベストなんでしょうか?

明日は真夏のような一日になるようです
最終回
そんな煌めきを一瞬でも感じれたら嬉しいな~☆

香澄には是非とも再登場してもらって失踪した本当の理由を知りたいしあのままではないと信じたいです(^^)

投稿: chiru | 2013年9月11日 (水) 22時53分

cherryblossomシンザンモノ↘シッソウニン↗・・・chiru様、いらっしゃ いませ・・・大ファンheart04

王道のラブストーリーというものが
どういうものなのかは・・・意見が分れるところだと
思いますが・・・
王道と言う意味が分ってるのか・・・ってことですよね。

王の道・・・それは毅然として困難に打ち勝ち、民を導いていくのが基本です。

そういう意味ではかなりダメな王様でしたな。

まあ、キッドはどちらかと言えば
邪道に生きるものなので・・・
何か言う資格はないのかもしれませんがああああっ。

受け手と送り手の双方向な関係は
当然あってもいいのですが
基本は二つの結末のどちらが
好評か・・・これをリサーチすることなのですな。

このドラマの場合、そういう選択肢さえ
示せなかったのが
辛かったですな。

もはや・・・夏希と朝日が結ばれるかどうかの
最終回ですが・・・お茶の間はもう興味ないのではないかと危惧します。

だって二人とも・・・そんなにお互いを必要としているようには見えないんだもん。

お前は小学生かっ。

まあ・・・作り手は自信をもって作品を仕上げお茶の間に届けるのが本来の姿だと思いますね。

まあ・・・行為の途中で
相手の反応を窺うのはテクニックとしてはあるのかもしれません。

大人の話かよっ。

朝日は今回、夏希を「優秀な人間」として
認識を改めるわけですが
キッドそれはあまり、恋愛とは関係ないなと
思ったりもしましたぞ。

そこから・・・そんな夏希が
朝日のために特別にやってきたのだ・・・と
朝日が感じれば別ですが・・・
そうではないのです。

ここが・・・この脚本家の最大の弱点・・・。
男と女の在り方にはそれなりにこだわりがあるので
その心の動きが微妙過ぎるのですな。

戸田恵梨香は七色仮面なので・・・
なんとか対応していますが
基本・・・「香里奈」は「香里奈」なので
結局、朝日が妥協して行くしかない恋愛になってしまう。

写真家も料理家もアーティストですからねえ。

これはアーティスト同士の恋。

お互いの感性を賭けて血みどろになるのが基本だと思うのですが・・・。

ずっと・・・観察し合っている感じ・・・。
そして最後は主人公が一方的な包容力を示す。

これは・・・煌めかないと思います。

最終回、香澄が結婚相手を捨て
波奈江が光を捨て
夏希のキッチンで恋愛バトル・・・。
三つ巴で生き残ったものが朝日と結ばれる。

キッドはそうだったらいいなあ・・・と思いました。typhoon[

投稿: キッド | 2013年9月12日 (木) 00時12分

じいやSUMMERこんにちは!

暦の上ではセプテンバーですので
9月の雨の予報100パー確実な朝日から
雨の日の待ち伏せに最適な日を予報してもらいます~。
って何屋さんなんだか。
朝日の撮った写真が渋谷の交差点を埋め尽くす日だけが
残された希望のようなこのごろ。
そうそうなぜあのシーンで夏希の腕を振り払うのか
アタシもやや疑問でしたが
まあ基本朝日はハニカミさんなのでしょうから
素が出ちゃったのね(^^

ラス前のラストでようやく主役が誰かわかったという
ラストシーンでしたね。
ここまでくるのに辛抱強く付き合ったアタクシも
やれやれとほっと胸をなでおろしたような。。。
これで本懐を遂げた気分だわ(爆

そういえばオリンピックなんですけど
お屋敷の裏側が選手村になりそうですね。
収容しきれないときはお屋敷で1万人ぐらいひきうけても。
まあ先のことですし
じいやの采配発揮でなんでも乗り切れますね。

暦の上ではセプテンバーですので
秋の味覚風、キノコの焼きそばをどうぞ♪
今夜はりんごのワインなんていかがでしょうか。

投稿: エリ | 2013年9月12日 (木) 17時56分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリSUMMER、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

平成財閥お天気予報部では
お嬢様方の周囲半径100メートルで
三分前からすべての天気を予測していますぞ。
お嬢様方が一滴でも雨に濡れたら
一大事でございますからなーーーっ。

最後は看板が朝日の撮った写真だらけになるのではなくて
朝日の写真だらけになるとお嬢様方は期待しているのではーーーっ。
それは展開からしてうりえませんけどなーーーっ。

セルフヌードオンリーのカメラマンならありえますがーーーっ。

朝日はひょっとしたら・・・
夏希は友達として好きだという気持ちと
女性として好きだという気持ちの間で
揺れているのかもしれませんな。

波奈江の朝日と光の間で揺らぐ気持ちに
こだわるように
脚本家としてはそういう描写が
自分の最後の砦と考えているのかもしれません。

最後に朝日がその気持ちを切り替えたとしたら
料理の味わいということになるわけですが
それも微妙な仕掛けですよねえ。

まあ・・・そういう恋もあってもいいけど・・・
凄くロマンチックとは申しません。

この脚本家の「男」ってどこまでも
のび太で・・・だめ夫で・・・ださ男なんですなあ。

そういうキャラクター設定を
淡々と演じる山P先輩と
苦悶するお嬢様方・・・。

ある意味、そこがお耽美的な世界でございまする。

とにかく・・・いよいよ最終回でございます。
このまま・・・秋で終わるのか・・・。
それとも来年の夏に続くのか。

覚悟を決めて臨みたいと考えます。

オリンピックは当然のことながら
平成財閥で票を買収しましたぞ~。

日本には「夢」と「希望」が必要ですからな。

そうでないと、この国難は乗り切れませんぞ。

選手村はもちろんのこと・・・競技施設、ホテル、交通機関すべてを平成財閥が仕切りますぞ~。

もちろん、開会式~閉会式まですべてを
H☆Cがプロデュースでございます。
七年後だってお嬢様方は高校生ですからなーーーっ。

後は関東大震災や東海地震が発生しないように
御祈祷に次ぐ御祈祷の毎日ですぞ~。
何はなくても神頼みですからな~~~。

今週は秋祭り強化月間ですので
お庭で縁日屋台ごっこが出来ますぞ~。

ヤキソバは水を引いた後でソバをキャベツの下で
蒸らすのが秘訣でございます。

鉄板ならではですなーーーっ。

お酒は二十歳になってからなので
ラムネで我慢してくださりませ~。typhoon

投稿: キッド | 2013年9月12日 (木) 19時14分

あ~キッドさんまで叫んじゃった!!
もう!先を見据えました(笑)のびた!
スネ夫なんだけど・・・(笑)

次は、デンジャラスな山Pが見たいです!
デンジャラス・P!!
強引におそっちゃうみたいな(キャッ!!)

夏ドラマだからこそ、強引に引っ張ってしまう
感じが欲しかった!裸だけ??
やっと、最後にお友達でなく、女性として
好きだと認識したと思われる朝日!遅い(笑)

まあ!キスシーンが嫌なら、深津絵里さんと堤真一さん
共演の「恋のチカラ」みたいな三角関係もあったし。
曲のサマヌをベースにしてるドラマのようなので
どうしましょ!!なかったことにしようかな(笑)

もうちょっと!好きなんだけど、色気が欲しい!
カリーナ!!苦手なのかな?って思っちゃいました!!

投稿: ユキヒョウ | 2013年9月13日 (金) 10時20分

snow絶滅危惧種~ユキヒョウ様、いらっしゃいませ~山下君愛好cat

ふふふ・・・悪魔ですから
基本は忍び笑いをするのですが・・・。
今回はさすがに多重人格一同爆笑しましたぞ~。
サマーヌードなのに「秋」になっちゃってますからな。

まず、山P戦略的に言うと
いつでも数字はとれる体制で
「エンプラ」→「モンスター」で
キャラクター開発を行ったわけですが
夏ドラマでも「30%」が獲れることを
「半沢」が証明してしまった以上、
10%前半は屈辱の数字と考えないと
いけないと思うのですな。

で、月9スタッフの場合、
いつまで・・・幻想にひたってんだ8チヤンネルなのですな。
テレ東7チャンネルより辺境にいて・・・となりは
U局なんですからな・・・。
ガツガツしないととんでもないことになるよね~。

それをのんびり・・・恋愛寸前で
もたもたじらす恋愛ドラマなんて
よほどの天才でももたねえよ・・・なのでございます。

こういうストーリーなら・・・前半は
香澄を捜して山Pぶらり旅。
中盤は香澄に結婚されてストーカーからの
波奈江と腹いせ駆け落ち。
後半は、香里奈をタカシとヒカルと元フィアンセと
新シェフと港区マスターの争奪戦。

最後はヨットで太平洋に・・・台風で遭難して
青いサンゴ礁みたいに漂流ラブロマンス・・・
それは「花男」でやってたか・・・。
だったら季節はずれの雪山遭難だっ。
それも「花男」でやってたぞ。

そのぐらいでもよかったのになあああっと思う今日この頃でございます。

イタリアン食って「すげえうまい」とか言ってる場合かよって申し上げたいのでございますねえ。

バンビ~ノかよっ・・・ですな。

カリーナに罪はない・・・カリーナは
中盤から朝日にぞっこんなアラサー女を
上手く演じてた。

好きなのに手も握らない朝日です。
朝日のキャラクター設定が・・・
脚本家の・・・不幸な青春時代を
反映しているとしか思えないっ。

もててもてて困っちゃう朝日が書けないんだなあ・・・
きっと・・・。typhoon


投稿: キッド | 2013年9月13日 (金) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/53204959

この記事へのトラックバック一覧です: お天気カメラマンと傘なし女たちと九月の雨のSUMMER NUDE(山下智久):

» SUMMER NUDE 第10話 [ドラマハンティングP2G]
第10話「抱きしめられて」9月9日木曜 夜9時  東京で有名カメラマンのアシスタントとして働き始めた朝日(山下智久)は、夏希(香里奈)と連絡を取る時間がないほど多忙な日々を送っていた。一方の夏希も、店長・影山(中村俊介)の信頼を勝ち得るほどに実力を発揮していた…... [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 16時53分

» SUMMER NUDE 第10話 [レベル999のgoo部屋]
『抱きしめられて』 内容 東京で有名カメラマン長谷川(神尾佑)の アシスタントとして働きはじめた朝日(山下智久) だが、同じように東京にいる夏希(香里奈)たちと連絡を取れないほど 忙しい日々を送っていた。 そのころ、夏希も、仕事で忙しく。。。 そんなある日...... [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 17時56分

» SUMMER NUDE (第10話・9/9) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジ・『SUMMERNUDE』(公式) 第10話『抱きしめられて』の感想。 朝日が動き出したら、面白くなった! やっと『月9』らしいベタな恋バナになってきた、そんな印象の第10話。第8話から...... [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 17時58分

» SUMMER NUDE #10 [ぐ~たらにっき]
『抱きしめられて』 [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 19時27分

» 街の雨、心の涙、ビーチの水飛沫~『SUMMER NUDE』第10話 [テンメイのRUN&BIKE]
「水飛沫」を、「みずしぶき」と読むとは知らなかった。今まで「みずひまつ」と 読ん [続きを読む]

受信: 2013年9月11日 (水) 08時05分

» SUMMER NUDE 第10話 [ぷち丸くんの日常日記]
今回は初っ端から、何故かボロボロの春夫(千葉雄大)と清子(橋本奈々未)の逃走劇から始まっていました。 それを追う変な兄1名・・・ 意味不明ですが、何故か気になる春夫と清子のカップルなのでした...... [続きを読む]

受信: 2013年9月11日 (水) 11時47分

» SUMMER NUDE 第10話 [エリのささやき]
もう、何も言えない気がする~(苦笑。ひとまず今週のキーワードは待ち伏せってことで。 [続きを読む]

受信: 2013年9月12日 (木) 12時10分

» 《SUMMER NUDE》☆10 [まぁ、お茶でも]
東京に出てからの朝日は、有名写真家のアシスタントとして働きだして、毎日忙しかった。 波奈江はヘルパーの資格を取るためにという名目で、光と連絡を絶っていた。 孝至が、東京で物産展をやるため、出張になり、早速光に会うと、波奈江に 謝っておいてくれと頼まれた。そんなこと電話して直接言えと言うのを、 忙しさを口実にしていた。... [続きを読む]

受信: 2013年9月15日 (日) 17時00分

» この夏、裸になったもの~『SUMMER NUDE』最終回 [テンメイのRUN&BIKE]
ノドが荒れて、ガラガラになってしまった。秋の台風も通り過ぎたし、もう窓を 開けた [続きを読む]

受信: 2013年9月18日 (水) 04時50分

« 求めずば与えられることなく、捜さずば見つかることなしでごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 恋人から30000光年・・・恒星間遠距離恋愛中の異星の人(有村架純) »