« 明治八年二月、川崎尚之助、東京医学校病院に入院、三月、慢性肺炎で死去でごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 愚かな母と賢い息子と幼年期の終りとスターマン(広末涼子) »

2013年9月 3日 (火)

夏の終りと湿気た線香花火のSUMMER NUDE(山下智久)

夏・・・終わっちゃったのか。

終っちゃったみたいだよ。

で・・・恋は始ったのかな。

始ったゃったみたいだよ。

「あまちゃん」を見てない人にはまったく意味不明だけどさ・・・「前髪クネ夫」人気で・・・少しは視聴率あがってるといいよね。

そうだねえ。

前髪クネ夫じゃなかった・・・タカシ(勝地涼)は・・・お見合い結婚かな・・・。

そうだねえ。

まあ、これだけの美男美女がそろっていたら・・・そろそろ、誰か妊娠してるよね。

いや・・・勢津子(板谷由夏)が出産してるじゃないか。

・・・ああ。

ああって・・・。

竜巻のようなものが来たよねえ。

埼玉から千葉へ通り抜けていったよねえ。

秋なんだな。

秋なんだよ。

で、『SUMMER NUDE・第9回』(フジテレビ20130902PM9~)脚本・金子茂樹、演出・金井紘を見た。写真の専門学校時代の友人で新進気鋭のカメラマン・・ハジメ(大東駿介)に刺激された朝日(山下智久)は生まれ育ったみさき市から旅立つ決意を固める。気がつけば夏は終ろうとしていた。海の家「レストラン青山」の店仕舞いの前夜、気になる存在となりつつある一つ年上の料理人・夏希(香里奈)がスケジュールを調整してみさき市にやってきた。朝日は・・・過ぎ去っていた夏の日々を思うのだった。思えば・・・この夏は夏希との出会いから始ったのだった。

夏の始りは・・・夏希の結婚式だった。

花婿に逃げられた夏希をみさき市に誘った朝日。

最愛の女・香澄(長澤まさみ)を待つ日々から朝日を解放した夏希。

二人は・・・心の傷をなめあってきた戦友だったのだ。

もう・・・全然ロマンチックじゃないが・・・しょうがない。

しかし・・・朝日の心が疼くのは・・・十年連れ添った波奈江(戸田恵梨香)ではなく・・・夏希なのである。

つまり・・・香澄と比べるとアレだが・・・波奈江よりアレなのである。

胸の高鳴りがね・・・。

そして・・・波奈江の自爆によって視界良好になった夏希はその気満々なのだった。

今・・・二人の夏は・・・夏の最終日に始るのだった。

まさに・・・それは・・・夏の終りの線香花火大会なのだった。

あぁ あの日が最後だと知っていたなら

もっとあたしあなたを抱きしめたのかな?

それともきつく当たったのか?

膨れた頬は線香花火 橙色も弾けた

しかし・・・二人の夏はこれからなのだ。

バー「港区」で夏希との再会を喜ぶ波奈江。

二人のハグをカウンターで微笑んで見つめる朝日。

しかし、タカシは夏希にハグしてもらえないのだった。

波奈江がフリーになったことで・・・あっさり、あおい(山本美月)を切って捨てた・・・みさき市一の冷酷な男・ヒカル(窪田正孝)に・・・あおいはつれなくされて燃えるタイプ特有のしつこさでメールを送信するのだった。

ドラマ至上最悪にウエットな帰国子女である。

「夏希さんは来たのね・・・ヒカルは?」

そして・・・片思いに恋する女・波奈江もまた・・・ずっと波奈江に片思いしてきたヒカルを憎からず思い始めていたのでメールを送信する。

「夏希が来たよ・・・ヒカルはやっぱり来れないの?」

たちまち・・・ヒカルは波奈江に返信するのだった。

「あ・・・ヒカルはやっぱり・・・来れないみたい・・・」

その返信速度に逆上するあおいだった。

「なんなの・・・この差別待遇・・・日本の男は帰国子女に冷た過ぎることは否めないね」

「まあまあ・・・しょうがないよ・・・ヒカルくん、仕事いそがしいんでしょ」

「あれ・・・夏希・・・ヒカルが就職したの知ってたっけ・・・」

「ああ・・・あいつから時々・・・メールが来てたから・・・」

「ええ~・・・あいつって・・・朝日~」

自分でふっておきながら・・・朝日が他の女と親しくしていると知ると何故か・・・心が疼く波奈江だった。

しかも・・・夏希は・・・親友なのである。

波奈江は・・・実は女王様気質なのだった。

しかし・・・朝日を観察し続けて十年の波奈江は・・・この日が来ることを最初から予期していたようにも見える。

朝日と夏希は・・・最初から運命で結ばれていることを感じていた波奈江だった。

あの夏の最初の日・・・海辺で・・・朝の腹に刻印された夏希のボディーブローの痕跡を発見した時から・・・。

しかし・・・奴隷を鞭打つ趣味はない・・・波奈江だったのだ。

きみは線香花火の 煙にむせたと

ことりと咳して 涙をぬぐって

送り火のあとは 静かねって

波奈江の部屋に夏希とあおいを迎えて夏の終りのガールズトークである。

「しかし・・・意外だったねえ・・・朝日と夏希がつきあってるとは・・・」

「え・・・あおいちゃん・・・何言ってるの」

「だって・・・遠距離恋愛で・・・メールでイチャイチャしていることは否めないね」

「いやいや・・・違うから」

「そうだよねえ・・・」

「そういう波奈江も・・・ヒカルと遠距離恋愛でメールでイチャイチャしていることは否めないね」

「え・・・そうなの」

「なによ・・・夏希ったら・・・じゃあ、本気出すかなって感じじゃないの・・・でも・・・いいよ・・・本当に私は・・・朝日のこと・・・あきらめたから・・・」

「いや・・・そのいかにも名残惜しい感じで言われても・・・」

「ああ・・・陰湿だねえ・・・日本の女は陰湿だよねえ・・・朝日もヒカルも見る目なさすぎだよねえ」

「・・・」

「・・・」

「もうこうなったら・・・責任とって・・・夏希が私を東京で面倒見てよ・・・」

「なんで・・・」

「だって・・・これで残りもののタカシと付き合いだしたら妥協するにも程があるって話になっちゃうのは否めないね。そうなるくらいなら・・・私は仕事に燃えるよ・・・だって・・・モデルになるために日本に来たんだから・・・」

「だったら・・・最初から東京に住めばよかったのに・・・」

「それを言っちゃおしめえだよ」

「寅さんなんて・・・よく知ってるね」

「寅さん・・・だれそれ・・・」

「波奈江・・・」

「波奈江・・・」

線香花火を とても大切そうに

風からかばう君の 白い手にみとれてた

こんなにも愛しい 瞬間を一秒さえも

撮り逃がさないように 瞬きさえ忘れ

朝日はタカシとボーイズトークである。

「若大将・・・俺、もうサーフィンをやめることにしたよお」

「青大将かよっ・・・せめて北の国からにしろよ」

「それだって・・・今の中高生はきっと知らないぜ・・・」

「せっかく始めたんだから・・・ウエットスーツ着て続けろよ」

「そういう・・・ストイック生き方は俺には似合わない・・・」

「いや・・・むしろ、似合うと思うよ」

「ふ・・・なんだか・・・冷たいな・・・マジで東京行く気か・・・そんで・・・わざと冷たく突き放してるのか・・・」

「・・・そうだよ」

「・・・そうなんだ・・・」

「ごめんな・・・タカシ」

「いいよ・・・俺はスノボに生きるから・・・」

「ここには海はあるけどゲレンデはないぞ・・・」

「夏の五輪の後は冬の五輪って相場が決まってるだろう・・・」

「お前・・・どこを目指してんんだよ」

「わからへん」

「誰だよっ・・・っていうか、俺はお前のお兄ちゃんでも番長でもねえよ」

線香花火 夏の夜 キラキラ星の下で

10年後 また会えるかな? キラキラしてるかな?

忘れないよ You're my best friend

大好きだよ You're my best friend

レストラン青山・・・最後の一日がやってきた。

夏に別れを告げるために集まるみさき市の人々。

いや・・・海の家は・・・やはり・・・観光客相手に商売しないと駄目だろうとはいわせない・・・閉鎖的な集団なのである。

「せっかくだから・・・写真を撮ってあげるよ」

夏希を誘いだし・・・砂山の罠を仕掛ける朝日。

もはや・・・完全なる水辺のイチャイチャを展開中である。

その姿を見て・・・完全なる敗北感を味わう波奈江だった。

香澄に向けたほどではないが・・・自分に向けられたことのない笑顔を夏希は朝日から向けられている。

いつだって波奈江は考え過ぎなのである。

まあ・・・処女だからな。

嗚呼 線香花火よ

僕をもっと輝かせてくれよ

そしたら僕はもっと自信を持って

毎日を生きていけるのに

波奈江はやけになって・・・朝日を夏希にたきつけるのだった。

まあ・・・そんなトスは・・・相思相愛の二人にはまったく必要ないわけだが・・・。

「夏希が呼んでいる」という嘘につられて海辺に向かう朝日。

もちろん・・・波奈江が嘘をつかなくても朝日はカメラを持って行ったのである。

夏希は一人で包丁を研いでいた。

「誰を殺すの・・・」

「あんた以外の誰がいるっていうのよ・・・」

「今度は・・・思い出になる写真を・・・マジで撮るから・・・許してよ」

「マジで・・・」

「マジで・・・」

夕暮れの光の中で夏希を激写するアサーヒーだった。

「いいね・・・」

「・・・」

「とってもいいね」

「・・・」

「夏の女神だね」

「それは言い過ぎだろっ」

「だって・・・来年の夏もまた来るだろう」

「そんな・・・未来のことなんて誰にもわからないよ」

悲しくったってさ 悲しくったってさ

夏は簡単には終わらないのさ

線香花火のわびしさをあじわう暇があるのなら

最終列車に走りなよ 遅くは 遅くはないのさ

あおいは恋の決着をつけるために・・・ヒカルにメールを送るのだった。

「波奈江ちゃんが・・・ピンチだよ・・・」

たちまち駆けつけるヒカルだった。

みさき台駅(フィクション)に波奈江を呼びだすヒカル。

「私を呼び付けるなんて・・・出世したわね」

「ごめん・・・最終で折り返し帰らないと明日の仕事に間に合わないんだ」

「ええー、なにそれー」

「十分だけ・・・あるから・・・話したいことがあるんだろう」

「十分じゃ足りないー」

「ごめん・・・」

「十分って・・・短いねえ」

「十秒だけ・・・僕にくれないか」

「えー・・・」

波奈江を抱きしめ・・・唇を奪うヒカル。

ヒカルは十年以上もこの瞬間を待っていたのだった。まあ・・・アホですな。

そして・・・最終電車に身体を前に折って乗り込むヒカルだった。

波奈江はファーストキスの余韻を味わっていた。

線香花火は はかなく咲いた

火種までが ゆらゆらと揺れていた

好きすぎて 少しだけ

臆病になっていた たぶん

朝日は・・・夏希の写真の編集に夢中になっていた。

自分でも意外なほど・・・朝日は夏希に夏の女神を見出していたのだった。

写真を撮ることで他人の人生を変えて来た男が・・・今、自分の人生を変えようとしていた。

さっき別れたばかりなのに・・・もう逢いたい。

写真を渡すのはすでに口実である。

朝日はメールも打たずに・・・夏希が一人眠る「港区仮眠室」に向かうのだった。

なぜ・・・夏希がいつものように波奈江の部屋に泊まらないのかは問わないでください。

しかし・・・夏希は不在だった。

線香花火が咲いてはじけて

煙のにおいが染みる夜

来年のこの日 僕と君はここにいるのかな?

風が吹いて 花びら散ってく

朝日は夏希の匂いを嗅いで海岸へと向かう。

夏希はレストラン青山前で砂に文字を書いていた。

暗がりをライトで照らす朝日。

「なにしにきたのよ・・・」

「海亀の産卵を見に・・・」

「ぶっとばすわよ」

「・・・」

「見てないで手伝いなさいよ・・・」

「なんて・・・書くの・・・」

「勢津子さんにメッセージ・・・」

「ふうん・・・」

「私は・・・ひと夏の・・・港区青山の住人だからね」

「来年もまたきますって?」

「・・・そうよ・・・」

今は君がいないこの公園で

僕は一人 線香花火に火を灯した

懐かしい匂いがして 君に逢えるような気がして

何度も何度も火を点けるよ

一仕事終えた二人は星空を見上げる。

「星がきれいね・・・」

「夏の大三角が見えるよ」

「でも・・・私はあなたの顔ばかりは見ないわよ」

「まだ・・・教えてないだろう」

「お願いがあるんだけど・・・」

「・・・」

「一緒に線香花火してよ」

線香花火が消える前に 

二人の灯りを点したなら

来年の8月もこの場所へ

想い出のページをまた一つ描きに来よう

最後の一本に手を伸ばした夏希の手を・・・朝日がつかむ。

「残りは・・・また来年しようよ・・・」

「うん・・・いいよ」

「ねえ・・・君はきっといい料理人になるよね」

「たまにはイタリアン食べにきなさいよ」

「ヤキソバより上手いかな」

「私のペペロンチーノを食べてごらんなさい」

「僕は・・・いいカメラマンになれるかな・・・」

「あなたは・・・もういいカメラマンじゃない・・・」

「夏希・・・」

「朝日・・・」

せんこう花火がほしいんです

海へ行こうと思います

誰かせんこう花火をください

ひとりぼっちの私に

夏は終わった。

みさき市で過ごした歳月を胸に・・・。

今、朝日は旅立つ。

線路の向こうには・・・まだ見ぬ未来が待っているのだ。

タカシは見送りに行かなかった。

泣いてすがったらこわいからである。

とにかく・・・線香花火は日本人の心のふるさとらしい。

関連するキッドのブログ→第8話のレビュー

Sn009 ごっこガーデン。夏の終りの暗闇セット。エリふふふ・・・夏の終りは二人でひっそり、線香花火なのでスー。なんといってもせつなくてキュンとなるのでオレンジ色が消えた後は・・・絶好のぐふふ・・・ポイントでスー。ここは・・・チュッとね。チュッ・・・とかわいいキスが・・・チュッとこないのですか~・・・ファスナーはお付の侍女ロイドがあげるものではないのですか~?まこぐふふ・・・ついにヒカルロイドを発見。画伯が体調不良で新ロイドの開発遅れ気味なんですね。大河ドラマ仕様の改造モデルだジョ~。ささ・・・九時半の男に邪魔されないうちに~アンナじいや・・・これもう線香花火とはいえないぴょんくう明らかに発注ミスだよね・・・ユイちゃん生存確認祭りかシャブリおはよう日本さえドキドキしているのに・・・ついに誰もビキニにならないまま夏が終わってしまったのでありました~ikasama4ふふふ・・・大河ドラマがラブコメと化しているのに・・・ちーずジオラマ、バンザーイmari光と波奈江に先を越された朝日と夏希・・・来週は逆転出来るのでしょうかみのむし前髪クネ男はもらっていきま~す・・・るるる

|

« 明治八年二月、川崎尚之助、東京医学校病院に入院、三月、慢性肺炎で死去でごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 愚かな母と賢い息子と幼年期の終りとスターマン(広末涼子) »

コメント

サマーヌードも一夏の線香花火の様に、パッと消えてなかった事にならないかな?
実は壮大な夢を見ていて、本当のドラマは今から始まる・・・なんてね。
すっかり脱力してしまった私めは、書きたい事はいっぱいあるのに、どうでもよくなっちゃいました(笑)
朝日くん、あっさり東京に行っちゃうんだね。お別れ会は無しかよ!

ところで「10分でも会いたい」って主役の事じゃなかったですね。予告で、それらしく釣ってサブタイトルが、主役の話じゃないって‘あり’なんですか?

投稿: なっち | 2013年9月 3日 (火) 11時34分

cherryblossom帝国臣民はトンチキがお好き~なっち様、いらっしゃいませ~可愛いよ山P可愛いよmoon3

今回、視聴率が↗12.6%・・・。
クネ男ですな・・・みんな・・・クネ男を見に来た。

バカPが波奈江とヒカルのキス・シーンを
盛んにアピールしていましたが
そんなもんでは視聴率はとれないのでございます。

少なくとも序盤で朝日が香澄と回想キス。

中盤で波奈江とキス。

今回、夏希とキスぐらいでなくてはなりません。

そして・・・香澄・・・胸アツ。

波奈江・・・ガッカリ。

夏希・・・まあ、いいか。

このぐらいセクシーでないと・・・夏裸の名が泣きますからな。

まあ、冗談はさておき・・・。

脚本家はかなり・・・恋愛ドラマを研究している感じがするんですが・・・

見方がかなり・・・偏っている。

最初から片思いなのと・・・
たとえば「ローマの休日」のように
下世話な欲望でギラギラしていたのに
気がつけば胸キュン片思いでは全く違う。

この辺りの「換骨奪胎」の方法を
比較研究するべきだと思います。

「P大作戦」は山Pと長澤と藤木の三角関係という
主軸がはっきりしてましたからな・・・。

「千葉の片田舎の青春」を描きたいなら
それは・・・自主制作映画でやってくれ・・・
と思うばかりでございます。

まあ・・・それでも・・・
朝日が電車に乗るシーンが
それなりに雰囲気出ていましたから・・・。
帝国的には問題ないなのですな。

ドラマとしては大問題ですけどねえ。typhoon


投稿: キッド | 2013年9月 3日 (火) 14時52分

キッドさん、こんにちはhappy01

主演俳優にドラマファンミーティングで、
自虐的に「欲求不満」と言わせる恋愛ドラマですからねーsweat01

波奈江と光のキスシーンは、良かったけど、
やっぱり本筋じゃないんですよね。

てっきり、朝日と夏希の、
ちょっと大人のキスシーンの前フリかと思った私がバカだった・・・bearing

(関係ないけど、劇中劇の「女に子供ができたんだ」って
台詞、いろんな意味で酷いですねえ)

みんなを優しく送り出してきた朝日が、
一人で電車に乗り込むのは、ちょっとぐっときましたわ。(←甘々)

とりあえず、
今週は「あまちゃん」で毎日泣きっぱなしの私ですweep
キッドさんは、大丈夫ですかー?

投稿: mi-nuts | 2013年9月 3日 (火) 16時17分

crown✭クイーン・オブ・ザ・ランチ✭mi-nuts様、いらっしゃいませ✭親切百回接吻一回✭parking

ふふふ・・・登場人物たちは
全員控えめなキャラクターを
懸命に演じておりますよね。

なにしろ・・・全員が
疲れたサラリーマンみたいなキャラクターですからな。

実際にそうなのはタカシだけですが
タカシはチャラ男設定・・・。

波奈江にいたってはずっと小学生という設定の
頭のおかしな女の子を
真摯に演じている。

なんとなく・・・すごく何もおこらない
「純と愛」を感じるんですな。
「恋愛」に対して底知れぬ怨みがあるような脚本です。

エンターティメントとは何か・・・ってことを
忘れているんですよねえ。

いや・・・今回も「お話」としては
よくできていた。
なんとなく・・・そうなりにくい関係なんだけど
どうもお互いに好きらしい・・・
それで・・・どうしようか・・・
そんな感じは漂ってきますな。

これねえ・・・ちょっと昔の「青春映画」の手法なんですよね。

だけど・・・これが許されるのは
もう少しピチピチの世代なんだな・・・。

ほぼ童貞と処女のヒカル・波奈江と違って・・・

朝日と夏希は・・・それなりに大人なわけで
少なくとも・・・セカンド・ラブですからねえ。
「国道沿いのモーテルいくか」
「いいよ」
ぐらいのださいスピード感は必要ですよね。

ヒカルの劇中劇は・・・
安易の一言に尽きますよね。
もう少しリンクさせるならさせる・・・
少なくとも・・・カメラテストの
なんたるかは・・・説明してほしかった。
スタンバイしている俳優ももう少し味があってよかった。

まさにクドカンにあって
カネシゲにないものですな。

とにかく・・・田舎の朝日編は終了。
暦の上ではセプテンバーを
どうサマーヌードするのか・・・生温かく見守りたい今日この頃です。

ふふふ・・・「あまちゃん」は
ユイちゃんが生きていただけで満足でございます。
なにしろ・・・基本、悪魔ですから~。typhoon


投稿: キッド | 2013年9月 3日 (火) 17時13分

(足跡ポチ…)

衝撃的ツメ跡を残した「前髪クネ男」見たさに視聴率アップとは---っ
じぇじぇじぇのぎょぎょぎょ

投稿: シャブリ | 2013年9月 3日 (火) 23時42分

wine▯▯black rabbit▯▯シャブリ様、いらっしゃいませ▯▯black rabbit▯▯wine

入間しおりさえ埼玉県知事に感謝状を贈られる「あまちゃん」・・・。

サマーヌードの視聴率をクネ男で1%引き上げる「あまちゃん」・・・。

架空の街・千葉県みさき市も・・・。
みんなが行きたくなる伝説の街に
もう一手でなれそうだったのに・・・。
そういう残念な感じが否めないのでございます。せめてミスみさきコンテストで水着審査があればなあああああああっと・・・。typhoon

投稿: キッド | 2013年9月 4日 (水) 03時40分

激しい雨音で変な時間に目がさめてしまいました
異常気象が猛威を振るう中
サマーヌードの中の世界はいつも優しくって このドラマが半年間続くのなら今の展開もアリな気もしますが
一途な光、おちゃらけているけれど思いやりがあって1番大人な孝至にくらべ朝日のキャラが今になっても1番 つかめなくってsweat01
ツイッターは特定な人に向けて発信しているものでないのは承知していますが1番熱心な主役ファンの心情無視のPのはしゃぎっぷりには驚いてしまいます
キュンキュンじゃなくモヤモヤして脱力感でいっぱいになってしまった人間もそれなりにいるんですけど~(^^;
今回空振りだったんでラストは一年後でもいいんでサマーヌードの歌詞のような海辺でのラブシーンを期待しています
このドラマのタイトル、楽曲を選んだ理由が提供者にたいする思い入れでなく世界観であるというのなら意地でも見せてほしい☆(笑)

ラストで一両編成の電車に乗る朝日は北三陸鉄道とダブりどこかあまちゃんの世界観と被りますね
1番の見せどころが脇役陣に用意されていた気がした9話
最後に表情で主役の意地を見せてくれた気がします(^^)

投稿: chiru | 2013年9月 4日 (水) 08時39分

それなりに「困ったな~コレッ!」と思いながら
見られるドラマもあるんですけど、
ここまで、裏切るな~!はモンスター以下かもです!
見た後の脱力感がはんぱない(笑)
8話が結構!良かったから?なのかも知れませんが!!

プロ大もツル(ガックン)カップルの方が目立っていたし、脇のカップルは、良いのに、
主役が・・・・・

ありがたい前髪クネ夫!
欲求不満なタカーシがアサーヒを・・・なんて
最後はボーイズラブになるか???

なんて、違った感じで見た方が楽しめる(笑)

投稿: ユキヒョウ | 2013年9月 4日 (水) 13時59分

cherryblossomシンザンモノ↘シッソウニン↗・・・chiru様、いらっしゃ いませ・・・大ファンheart04

温暖化による異常気象によって
日本列島を襲う大雨、突風、猛暑・・・。

まあ、脚本家の理想の世界で
ぬくぬくするしかないキャストの皆さまなのでございます。

それなりに居心地いいと思いますぞ。

愛する女を三年間も思い続けたり
友達たちやお客様のために
誠心誠意尽くす仏様のようなキャラクター。
なんといっても無邪気ですしね。

ある意味、心が洗われる感じ・・・。

しかし・・・世間の皆さまは
もっとギラギラしてドスドスしてアツアツの夏を
求めていたかもしれませんな~。

どこか・・・目的のためには手段を選ばないあくどさを秘めている光。

どうしようもなくお茶目でおバカだけど基本的にはお堅い孝至。

ドラマファンは欲張りなので
千手観音のようにきらめく主人公を求めがちですが
大人しくてあくまで優しい朝日にも
それなりにリアリティーはあって
演じていて楽しいのかもしれませんぞ。

流れから言えば・・・
朝日はこれから「夢」に向けて走り出すので
本当に一年くらいは
夏希を待たせる気満々なのかもしれません。

おいおい・・・アラサーのすることじゃないだろう・・・
という気持ちはわかりますが・・・
そういうドラマですからなあ。
なにもかもがスローペースなのでございます。

「花火の約束」しちゃったのですから・・・
一年後のみさき市の花火大会に
つながっていってもおかしくはありません。

まあ・・・「一年後」というのは
想像にお任せしすぎて・・・
安易ですが・・・「常套手段」でございますから~。

なにしろ・・・「渋谷」の看板飾ったり
あおいをトップモデルにしたり
夏希がシェフに返り咲いたり
孝至が主任になったり
波奈江が介護福祉士になったり
光が一人前のADになったり
「仕事」で頑張る一年で10話とか
やらかしてくれそうな感じですからねえ。typhoon

投稿: キッド | 2013年9月 4日 (水) 16時20分

snow絶滅危惧種~ユキヒョウ様、いらっしゃいませ~山下君愛好cat

やはり、ちょっと大人の人には
退屈な事は退屈ですよね・・・。
たぶん、基本は小中学生向きの青春ドラマなんだと思います。

お仕事をして・・・遊んで・・・夜はお酒を飲む。
そういう、大人ごっこを楽しむしかないわけですな。

キッドは悪魔でしたので
プライベートはなるべく一人で過ごしたいタイプですが
弟なんかは二十代の頃は
友達連れていつもワイワイやってましたからな。
悪魔の家の居間でいつもワイワイやってました。
そのやかましいこと・・・。

おそらく・・・そういうことが
楽しい人には楽しいんじゃないのかな・・・。
・・・と、彼らのライフスタイルの素晴らしさを
妄想するばかりでございます。

まあ「モンスター」よりは
よろしいかと思いますぞ~。
美女と野獣テイストは男子にとって
まったくお得なところがなかったですからねえ。

少なくとも三大元美少女をそろえての「サマヌー」の方が目の保養になりますから~。

ふふふ・・・クネオのパワーの真偽はともかく
アサーヒーになって・・・
ヌードモデルを「いいねえ・・・スケベだねえ」と
イッヒッヒな感じで撮りまくる朝日は
ちょっと見てみたいですな。

「よーし、オレも脱いじゃおう!」みたいな感じでね。

ファンが「キャーッ」と悲鳴をあげるくらいなアーチストっぷりを・・・。camerashine

投稿: キッド | 2013年9月 4日 (水) 16時34分

じいやSUMMERこんにちは!

数字UPはクネ男のおかげでしたか(^^
金子先生ってばハズしの天才みたいで
こちらは嘆きの天使たちがあふれていて
苦笑いするばかりですね~
ラブストーリーだと思ったけど
群像劇の成長物語だったねという最終回の青写真まで
できちゃった気がするこのごろ。

こんな渋い気持ちでいたら
チリワインも渋すぎて飲めないわ~orz
それなら、カクテルのベースにしちゃうぐらいで
いいのかもしれませんね。
ひとまずお砂糖加えて甘くホットにしてレモン絞ったらどうかしら。
あと朝日に必要なのは情熱でしょうかね^^;

今夜はあっさりお豆腐にしますね。
ザーサイのトッピングにオリーブ油でどうぞ。

投稿: エリ | 2013年9月 5日 (木) 17時37分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリSUMMER、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

クネ男こと・・・タカシは
少しうざいけれど理想の地元友達といえるでしょうな。
誰もいなくなっても・・・こいつだけはいるみたいな
安心感がございます。
なかなか・・・得難い友なんですな。

ラブはないけれど
そういう親友を置いて
旅立つ朝日。
それなりに決心のいることなんですな。

だまって送り出す・・・タカシも男ですし・・・
後ろ髪ひかれつつ毅然と出発する朝日も男・・・。
「さらば、友よ」なんですな。

ま、往年の映画ですとアラン・ドロンと
チャールズ・ブロンソンでございます。

しかし、お嬢様方の見たいものはそういうものではないとこの脚本家は全く思わないのでございましょうかっ。

こまりものでございますよねえ。

ここはマルセーユの港ではなくて
千葉の砂浜なんですからな~。

砂だらけの熱いラブが欲しいところですぞ~。

チリワインの甘いカクテルと言えば・・・。

「テレモト」(地震)ですかな。

パイナップルのシャーベットに白ワイン。

もしくはパインフレーパーのアイスクリームに白ワイン。

まさにワインを甘く甘くガブガブ飲めるので
大地も揺れるのですな。

しかし、お酒は二十歳を過ぎてからですぞ~。wine

投稿: キッド | 2013年9月 5日 (木) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/53125455

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終りと湿気た線香花火のSUMMER NUDE(山下智久):

» SUMMER NUDE (第9話・9/2) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジ・『SUMMERNUDE』(公式) 第9話『10分でも会いたい』の感想。 やっと“恋のから騒ぎ化”したぞ! 今回は唐突に冒頭から、登場人物たちにから騒ぎ全開で恋バナを大量投下。これな...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 09時07分

» SUMMER NUDE #09 [ぐ~たらにっき]
『10分でも会いたい』 [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 12時30分

» SUMMER NUDE 第9話 [ぷち丸くんの日常日記]
朝日(山下智久)、波奈江(戸田恵梨香)、孝至(勝地涼)たちは、久しぶりにカフェバーに戻って来た夏希(香里奈)を歓迎します。 みんなが夏希に色んな質問をするうちに波奈江は、朝日と夏希が連絡を取り...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 12時43分

» SUMMER NUDE 第9話 [ドラマハンティングP2G]
第9話「10分でも会いたい」9月2日木曜 夜9時  朝日(山下智久)、波奈江(戸田恵梨香)、孝至(勝地涼)らは、久しぶりに「港区」に戻ってきた夏希(香里奈)を歓迎する。みんなが夏希にあれこれと質問をするうち、波奈江は、朝日と夏希が連絡を取り合っていたことを知る…... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 17時24分

» SUMMER NUDE 第9話 [レベル999のgoo部屋]
『10分でも会いたい』 内容 帰ってきた夏希(香里奈)は、“港区”で朝日(山下智久)と再会。 そこへ波奈江(戸田恵梨香)孝至(勝地涼)あおい(山本美月)たちも やって来て。。。。それぞれの近況を語る。 朝日が夏希に電話やメールで連絡を取り合っていたと知る波...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 17時53分

» SUMMER NUDE  第9話 [エリのささやき]
俺も好きだよって焼きそばのことだったのね。脱力三週目のような気がする^^; [続きを読む]

受信: 2013年9月 4日 (水) 17時34分

» そこしか無い、電車のドア(現実の扉)~『SUMMER NUDE』第9話 [テンメイのRUN&BIKE]
前回のレビューには、自転車記事や『若者のすべて』記事と並ぶくらい、多 数のアクセ [続きを読む]

受信: 2013年9月 4日 (水) 19時07分

» 《SUMMER NUDE》☆09 [まぁ、お茶でも]
オーナーシェフの計らいで、夏希は青山に戻ってこれた。朝日に「おかえり」と言われ「ただいま」と見交わす2人。 波奈江が走って戻って来た。店内が途端に賑やかになり、明後日までいられると夏希の言葉に今夜は飲もうと女子会が始まった。 あおいは、波奈江が朝日をきっぱり振ったことがいまだに信じられなかった。... [続きを読む]

受信: 2013年9月 5日 (木) 19時23分

« 明治八年二月、川崎尚之助、東京医学校病院に入院、三月、慢性肺炎で死去でごぜえやす(綾瀬はるか) | トップページ | 愚かな母と賢い息子と幼年期の終りとスターマン(広末涼子) »