« 本木雅弘の娘(内田伽羅)VS平愛梨の妹(平祐奈)の奇跡(橋本環奈) | トップページ | あまちゃん、最後の最後の火曜日(能年玲奈) »

2013年12月31日 (火)

2013年はあまちゃんと共に去りぬ(能年玲奈)

昨夜(12/29)の音楽界から始って・・・雑事をこなしながらの・・・「暦の上ではデイセンバー・・・これで見おさめ!?じぇじぇじぇ!あまちゃん祭り」10時間である。

頭の中が・・・あの懐かしい4~9月でいっぱいになり・・・あぶなく漂流しそうになった。

最終回が土曜日で・・・井ノ原快彦と有働由美子の「あさイチ」コンビが受けのコメントをできなかったということから・・・最後に二人の受けトークのおまけつきである。そういう粋な感じが・・・まさに愛なんだな。

そして・・・変顔の能年玲奈が・・・「潮騒のメモリー」を前フリして・・・全員で・・・熱唱なのだ。

明日(12/31)の紅白歌合戦が物凄く楽しみなわけである。

紅白歌合戦が楽しみなんて・・・何十年ぶりのことだろうかっ。

2013年は・・・SFドラマの金字塔「安堂ロイド」やスーパー・ファンタジーの「泣くな、はらちゃん」、戸田恵梨香の「書店員ミチルの身の上話」、航空自衛隊万歳の「空飛ぶ広報室」、なにはなくても「みんな!エスパーだよ!」、不朽の名作「Woman」など忘れがたい作品も多かったのだが・・・。

あまちゃん」だ・・・21世紀中にこれを越えるドラマはないだろう。

で、『即興が世界をつなぐ・大友良英と〝音遊びの会〟の仲間たち』(NHK Eテレ20131230PM8~)を見た。ハートネットTVの「まだ見ぬ音を求めて」と「同じ地平に立つということ」のまとめ放送である。番組そのものは・・・2014年1月7日(火)1月14日(火)にアンコール再放送される。即興音楽や、現代音楽、前衛音楽などに興味があればそれだけで楽しい番組である。知的障害児を愛する人は必見の番組と言える。

「音遊びの会」は、8年前、神戸大学で音楽療法を研究する大学院生が立ち上げた一種の文化的サークルである。単純に考えれば知的障害者の可能性を探る実験だが・・・ひとつの芸術活動であるとも言える。

まあ・・・なにがなんだかわからないものと考えてもいい。

即興音楽のプロフェッショナルたちと・・・知的障害者のセッションがメインである。

彼らは国内、国外でツアーを行い・・・演奏を重ねていく。

そこでくりひろげられる「なにがなんだかわからない音楽」が素晴らしいのだ。

シンプルに言えばプリミティブということである。

なにしろ・・・知的障害者の奏でるリズムとメロディーはどこまでも自由だ。

しかし・・・その自由さは・・・人としての不自由さの境界線を彷徨うのである。

「学校では・・・国語と音楽と体育は別々の教科です。しかし・・・言葉や演奏そしてダンスは・・・本来・・・共にあったものだと思う・・・その根源的な場所にこそ・・・無限の可能性がある」・・・要約であるが・・・即興音楽家としての大友良英はそのように・・・音遊びの会のパフォーマンスを賞賛するのだった。

キッドは「あまちゃん」の魅力の一つが音楽であることは間違いないと思うが・・・その根底にはこの音楽観が少なからず存在していると考える。

幼稚で・・・素朴で・・・原始的な・・・感覚への回帰・・・。

所詮・・・不自由な人間の知性が・・・方向性を喪失した時・・・生まれた場所へ・・・原点へ・・・遥かなる故郷へ・・・戻って行くのは自然の理なのだ。

関連するキッドのブログ→のだめカンタービレ

|

« 本木雅弘の娘(内田伽羅)VS平愛梨の妹(平祐奈)の奇跡(橋本環奈) | トップページ | あまちゃん、最後の最後の火曜日(能年玲奈) »

コメント

今年ももうすぐ終わってしまいますね
あまちゃんが佳境に入った夏以降 秋ドラマもバラエティーに富んでいたし 連日のハードレビューお疲れ様でしたhappy01

今年は断トツであまちゃんがよかったですsign03幸せな半年間でした(^^)

あと なにげに冬クールが充実していて1番心に残りました

はらちゃん 最高の離婚 まほろば駅前
早々に見るのはやめてしまっていたんですが(^^;夜行観覧車 最終回のキッドさんのレビューを読んで心が震えました
哀しいけれど深いお話で素晴らしいかったです(ドラマでなくレビューの感想になってしまいました)

2013年ラスト
あまちゃんに再び会えるなんて最高ですねnote

良いお年をお迎え下さいclover

投稿: chiru | 2013年12月31日 (火) 12時12分

じいやさま、2013年、お疲れ様でございました ( 〃..)

今年はなかなかドラマ豊作の年だったと振り返って思ったくうでございます。
何よりも、自分がずっとずっと好きだった堺さんの活躍とクドカンの
光の当たりっぷりには今後が不安になるほどでございました。
いい1年でしたわ。

「あまちゃん」終了とともに廃人になりかけていたこの身も、ちょっとリハビリ出来てきた気が…いたします。

本日は古美門事務所所属服部シェフにお願いして特別にお節十段詰めを
作っていただきましたので、お持ちいたしましたわ。
もちろん、北三陸のウニ入りです。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ^^

投稿: くう | 2013年12月31日 (火) 18時13分

cherryblossomシンザンモノ↘シッソウニン↗・・・chiru様、いらっしゃ いませ・・・大ファンheart04

あけましておめでとうございます。

ずっと紅白歌合戦をリピートしていたら新年になっておりました~。

スナック「梨明日」からNHKホールまでの流れが・・・
ハートを直撃だったのでございました。

まあ・・・きゃりーぱみゅぱみゅも良かったんですけどね。

昨年はやはり「あまちゃん」につきるのでございますね。

もちろん・・・「最高の離婚」や「まほろ」、そして「夜行観覧車」も素晴らしい作品でしたが・・・
心を根こそぎもっていかれたりはしませんでしたからねう。

まあ・・・「夜行観覧車」レビューの前フリ話「夜行観覧車とゴジラ」は読み返すと少し神がおりてましたけど~。

chiru様のように励ましてくれる読者がいるからこその
妄想のひとときなのかもしれません。

本年もよろしくおつきあいくださいますように・・・fuji

投稿: キッド | 2014年1月 1日 (水) 19時19分

rouge❀❀❀☥❀❀❀~くう様、いらっしゃいませ~❀❀❀☥❀❀❀rouge

わざわざのお運び&おせちのおみやげありがとうございまする。

服部氏とは世界執事選手権の審査員として同席しましたので
御礼申し上げておきましたぞ~。

ちなみに本年度も優勝はメイちゃんの執事様でしたぞ~。

2013年は・・・いろいろな意味で
ドラマの年だったかもしれませんな・・・。
ふりかえれば「幸せな年」だったということになるかもしれません。

もちろん・・・震災のその後は・・・今なお続いているわけですが・・・。

紅白でアイドルが「半沢ものまね」をする時代・・・
そして綾瀬はるかが大野くんの真似をする時代ですな。

「あまちゃんの紅白歌合戦ハイ」が・・・
「祭りのあと」の静けさに変わる直前の元旦ですけれども~。

まあ・・・今夜は「相棒」と「モテキ」が
ありますけどな~。

2014年もよろしくおつきあいくだされませ~。fuji

投稿: キッド | 2014年1月 1日 (水) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/54438162

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年はあまちゃんと共に去りぬ(能年玲奈):

« 本木雅弘の娘(内田伽羅)VS平愛梨の妹(平祐奈)の奇跡(橋本環奈) | トップページ | あまちゃん、最後の最後の火曜日(能年玲奈) »