« 神に代わって、お仕置きよ!・・・うわあ、やられたあ(木村拓哉) | トップページ | 変身前のもう一人の私は異性からは無視され同性からは憐れまれる存在なのだった(中丸雄一) »

2013年12月17日 (火)

あの蒼穹を撃て!・・・でごぜえやす(綾瀬はるか)

・・・なんのこっちゃである。

序盤から・・・何が描きたいのかよくわからない大河ドラマだったが・・・最後にはついに誤射なのである。

いや・・・まさか天を撃てという極左テロリズムの推奨じゃないだろうな。

もちろん・・・そんなことはないという意見もある。

これほどまでに・・・一人の女性・・・しかも限りなく庶民を描いた大河ドラマはかってなかった。

彼女は歴史上の主役だったことは一度もない。

確かに・・・山本覚馬の妹だった。

そして・・・新島襄の妻だった。

会津若松城の戦いにおける男装の兵士だった・・・かもしれない。

だが・・・彼女が歴史を作ったとは言い切れない。

つまり・・・逆に言えば・・・歴史とは無名の人々のうねりに過ぎないということになる。

白土三平かっ。

まあ・・・それもいいだろう。

しかし・・・たとえば・・・八重が勲章をもらう原因となる日本赤十字社入社だ。

「公平」を理想の一つとする赤十字社の精神にのっとり・・・ある意味で孤高の人である八重に最後の活躍の舞台を提供する。

その日本赤十字社はやがて・・・日本の最後の戦争が終った後で・・・在日朝鮮人帰国事業に深く関与することになる。

人道的な事業だったものが・・・いかに悲劇を生んだか・・・ということである。

そこに歴史の恐ろしさがあるのではないか。

1959年、帰国事業に反対する当時の大韓民国政府は韓国工作員による新潟日赤センター爆破未遂事件を引き起こしたりするのである。

理想と・・・現実との・・・馬鹿馬鹿しいほどの乖離・・・。

キッドは平和主義者こそが・・・戦争を招聘する元凶であることを疑わない。

俺は本当の人間を描く・・・と言いながら嘘八百のメロドラマを書く徳富蘆花よりも・・・NG連発の新人女優に共感してしまうADの方がよっぽど好きだ。

ああ・・・単なる好みの問題かよっ。・・・っていうか分かる奴だけ分かればいいネタ禁止だと何度言えばっ。

で、『八重の桜・第50回』(NHK総合20131215PM8~)作・山本むつみ、演出・加藤拓を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。フィナーレを飾るのは勲六等宝冠章を受勲したヒロイン新島八重の三大イラスト描き下ろしで大興奮でございます。画伯におかれましては一年間、御苦労さまでございました。キッドは終盤は伊勢みねや山本久榮にも萌え・・・大山夫妻にうっとりいたしましたぞ~。来年は久しぶりの戦国もの・・・ワクワクいたしますな~。主人公は戦国時代を終わらせた男ではなくて・・・戦国時代が終って舌打ちした男だと思いますけどな~。

Yaeden050 明治27年(1894年)8月、日清両国が宣戦布告。公式に日清戦争に突入。新島八重は広島の陸軍病院で篤志看護婦の取締役として従軍したとされる。9月、平壌の戦いで野津第五師団長は清国兵2千人を戦死に至らしめる。黄海海戦で伊東連合艦隊司令長官は清国巡洋艦「経遠」「致遠」「超勇」を撃沈。10月、鴨緑江作戦で山縣第一軍司令官は九連城(清国領土)を無血で制圧する。11月、旅順口の戦いで大山第二軍司令官は旅順要塞を1日で陥落させ清国兵4500人を戦死させる。この時、旅順で日本兵による清国民間人の虐殺事件が発生する。ゲリラ対策問題の発生である。結局、総力戦となれば無差別大量虐殺は当たり前ということであろう。なお、現場には軍医・森鴎外が参戦している。明治28年(1895年)1月、樋口一葉が小説「たけくらべ」の連載を開始。4月、日清講和条約調印。5月フランス、ドイツ、ロシアによる三国干渉により、遼東半島を中国に4500万円で返還。6月、台湾総督府開庁。明治29年(1896年)5月、山本佐久死去。6月、明治三陸大津波により死者二万人。山本八重に勲七等宝冠章が授与。明治30年(1897年)、6月、京都帝国大学創立。明治31年(1898年)2月、山川浩男爵死去。3月、ロシア帝国が清国関東州に進出。5月、フランス共和国が清国広州湾に進出。6月、英国が清国九龍半島に進出。明治37年(1904年)、日露戦争において八重は大阪陸軍予備病院に篤志看護師として従軍。勲六等宝冠章を授与。昭和3年(1928年)、八重が昭和天皇より銀杯を下賜される。昭和7年6月14日、新島八重死去。享年86歳。

洋風にしつらえた玄関は無人であった。

八重の嗅覚は夫である襄の匂いをとらえていた。

襄の存在が八重の足を急がせた。

奥の客室の扉を開く。

そこには豪華なベッドが置かれていた。

白人女性の胸に抱かれて襄は寝そべっていた。

「無礼者・・・」と美しく気高いヴァンパイヤは赤い目を見開いた。

「夫を返してもらいに参りました」

八重は英語で語りかけた。

「何・・・」とヴァンパイヤはドイツ語から英語に言葉を改める。

「私は新島八重・・・そのものは襄と申し我が夫です」

「・・・」

ヴァンパイヤはじっと八重を見つめ・・・やがて哄笑する。

「これは・・・おかしい・・・妾に・・・口を聞く猿がいるとは・・・」

「猿ではございませぬ・・・あなたのような魔性のものとは違い・・・洗礼を受けたクリスチャンです」

ヴァンパイヤは笑いを停め・・・八重を見つめた。

「面白い・・・このエリーゼ様の誘惑の眼差しが効かぬとは・・・」

「そのような邪眼などこの八重には通じませぬ・・・」

「そうか・・・それでは夫を返してしんぜよう・・・受け取るがいい・・・」

信じられぬ怪力でエリーゼは襄の身体を片手で八重に向かい投げつける。

しかし、八重もそれを軽々と受け止める。

「おかえしいただきありがとうございます。お礼にその汚れた魂を地獄に落してさしあげましょう」

八重の宣戦布告と同時にエリーゼは全裸のまま立ち上がり蝙蝠の翼を広げる。

しかし、八重は拳銃を抜き放っていた。

「会津山本流鉄砲術奥義・・・十字射ち」

銃声が鳴り響き・・・エリーゼの胸に十字架が刻まれる。

「なんと・・・このようなことが・・・」

「あるのでございます」

室内に超常的な旋風が吹いた。

一瞬後・・・エリーゼは塵となって爆散する。

エリーゼの消滅によって襄は呪縛を解かれた。

「八重さん・・・」

「襄・・・」

「私は・・・不浄のものとなってしまいました」

「こんなところで・・・寄り道をするから・・・」

「八重さん・・・私は神に背き・・・不死の道を歩むことはできません」

「襄・・・」

「信仰に殉じたいのです・・・あなたをどんなにか苦しめるか・・・それは分かっています・・・しかし・・・私がすがることのできるのは・・・八重さん・・・あなたしか・・・ありません」

「襄・・・」

「どうか・・・速やかに・・・私があなたの血を欲する前に・・・ああ・・・もう・・・時がない」

八重は・・・対吸血鬼用のクナイを襄の胸に突き刺した。

八重の腕に抱かれた襄は砂となってこぼれ落ちる。

八重は生まれて初めて異国の神に祈った。

「天にましますわれらの父よ・・・願わくば・・・心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたを愛したこの者の魂を救いたまえ・・・」

その声は冷たい冬の夜に虚しく響いた。

関連するキッドのブログ→第49話のレビュー

坂の上の雲の頃

|

« 神に代わって、お仕置きよ!・・・うわあ、やられたあ(木村拓哉) | トップページ | 変身前のもう一人の私は異性からは無視され同性からは憐れまれる存在なのだった(中丸雄一) »

コメント

年賀状描きで四苦八苦している今日この頃

作品としてはよかったんですが
襄の反戦主義的な主張が

そのまんま左派の方々の反戦的主張におきかえて
主人公にそういう類の台詞を言わせてしまうあたり


「時には戦わなければならない」という

そういう主張であってもよかったのかもしれません

何でもかんでも戦いというと血を流す事しか
考えていないのかとか

もしそういう主張をしたら拡大解釈で戦争までに
発展するのではないかとか

それはそれとしてそういう主義主張は別の番組で
やってほしいものですわな

なんか勝手に徳富蘇峰の弾劾裁判みたいな事を
最後にとってつけてましたしねぇ


一方で
色彩には艶やかさを主体にして見せてましたな

なにより綾瀬さん演じる八重
どんな時でも折れない凛とした佇まい

そういうところが色彩と演技・演出に色濃く
出ていたのではと思える今作でございました ̄∇ ̄

投稿: ikasama4 | 2013年12月22日 (日) 19時43分

pencil✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥pencil

いよいよあと10日なくなりましたな。
あくまでマイペースで・・・年賀状はお早めに。

とにかく・・・綾瀬はるかは
堪能できましたよねえ。

キッドとしてはピンクの傘化けを
妄想する予定でしたのでございますが
最終回までに・・・間に合いませんでした。
襄の葬式の雨の日がラストチャンスだったのですけどね。
やはり・・・明治という時代が
妖怪の登場を難しくしたようでございます。

なぜ・・・吸血鬼や狼男たちが
この世に存在するのか・・・
もう少し解き明かしたかったのでございますが・・・。

基本的に左翼の論調というのは
自分たちの戦い以外は悪という発想が前提なので
厭戦家たちに
吹きこもうとするわけですが
そこがださいというのが分らないんですよね。

ついには・・・「不如帰」が
まるで・・・素晴らしい文学であるかのような
戦前の大日本帝国の正義が
100%なかったような話を
捏造してしまう。

そんなことでは
けして戦争は抑止できないのでございますけどねえ。

そういううかつな思想を
盛り込もうとした部分は
すべて薄っぺらくなり
「東北応援」という狙いは一気に色あせていたと
キッドは考えます。

あの「戦争」で生き残った人々の
忸怩たる思い。

このドラマの最高の見せ場は・・・
やはり・・・
襄といく会津の・・・あの場面にあったような気がします。

人を殺すための道具の修行に夢中になった日々。
そして・・・誰かのために役に立ちたかった少女が
それを果たした時に・・・失ったものの重さ・・・。
それは・・・作者の意図とは無関係に
歴史のもつ力を示したように思われます。

まあ・・・とにかく・・・
下請けに脚本発注してしまうような作者ですので
それ以上は申しませんけれど~。

なにはともあれ・・・一年間お疲れ様でございました。
来年もまたよろしくお願い申し上げます。cherryblossom

✿✿✿✿✿お誕生日おめでとうございます。✿✿✿✿✿

投稿: キッド | 2013年12月23日 (月) 03時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/54283566

この記事へのトラックバック一覧です: あの蒼穹を撃て!・・・でごぜえやす(綾瀬はるか):

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人の生涯は会津復興と女性の新たな道を切り開く事に尽くした生涯だった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」最終話は日清戦争が始まり、八重は広島陸軍予備病院で日清戦争で負傷した兵士たちを看護していた。当初は怯む看護婦もいたが、八重の懸命な看護に次第に勇 ... [続きを読む]

受信: 2013年12月17日 (火) 06時05分

» 大河ドラマ「八重の桜」最終回 [日々“是”精進! ver.F]
八重は、桜… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312150002/ 【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 「八重の桜」3 [ 坂本龍一・中島ノブ...価格:3,150円(税込、送料込) 【送料無料】八重の桜(完結編) [ 山本むつみ ]価格:1,05...... [続きを読む]

受信: 2013年12月17日 (火) 06時30分

» 『八重の桜』最終回「いつの日も花は咲く」★空に傘の花「私は諦めねえ」 [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』最終回「いつの日も花は咲く」 最終回をスルーするわけにも行かないから感想を・・・・。 −◆− 1894(明治27)年、八重(綾瀬はるか)は従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の負傷兵たちを看護。 大暴れしている清国人患者。 若い看護婦達は「手に負えません」と八重に助けを求めます。 言葉も通じない清国人患者に「傷が膿んでいます。すぐ治療を受けなければ足をなぐすことになりますよ。落ち着いて、私はあなたを助ける。心配いらねえ。赤十字の看護に敵も味方もねえがら。... [続きを読む]

受信: 2013年12月17日 (火) 14時22分

» 八重の桜 第50回 「いつの日も花は咲く」 [青いblog]
八重さん、いったいいくつなんだ。笑 仙人のような頼母との差……笑った。 最後に鉄砲を上に向けて終わる演出は、 なかなか含みがあって良かった。 大河ドラマは最終回の演出はどれも良いです。 八重さんが心情を声に出してるシーンが今日もありましたが、 こちらに何を思ってるのか想像する余地が欲しい。 ああいうところでダイジェストっぽくなって...... [続きを読む]

受信: 2013年12月17日 (火) 14時30分

» 八重の桜 第50回(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『いつの日も花は咲く』 「絶対にあきらめない!今、福島・東北に誓う」 内容 明治27年、八重(綾瀬はるか)は、広島の陸軍予備病院にいた。 看護婦達を指揮し、日清戦争の負傷者を日本、清国、両者を分け隔て無く、 毅然とした態度で看護をしていた。 中には、危険...... [続きを読む]

受信: 2013年12月17日 (火) 18時13分

» 【八重の桜】第50回 最終回 「いつの日も花は咲く」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
明治27年、八重(綾瀬はるか)は、従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の 負傷兵たちを看護していた。 院内は伝染病が発生して危険な状況だったが、八重はひるむことなく勇敢に看護に従事し、 若い看護婦たちを見事に統率する。 すると、その功績がたたえられ、皇族以外の女性で初となる宝冠章を叙勲。 しかし、戦争がきっかけとなった叙勲を素直に喜べない八重は、晴れない気持ちを抱いた...... [続きを読む]

受信: 2013年12月17日 (火) 18時40分

» 八重の桜 第50話 「いつの日も花は咲く」 [渡る世間は愚痴ばかり]
明治27年11月 八重は広島の陸軍予備病院に赴任し 看護婦たちの陣頭指揮を執っていた [続きを読む]

受信: 2013年12月18日 (水) 00時36分

« 神に代わって、お仕置きよ!・・・うわあ、やられたあ(木村拓哉) | トップページ | 変身前のもう一人の私は異性からは無視され同性からは憐れまれる存在なのだった(中丸雄一) »