« 2014年、冬ドラマを待ちながら(キッド) | トップページ | 眠れる森のバレリーナ(石原さとみ) »

2014年1月 6日 (月)

三略に曰く、將謀欲密・・・と軍師官兵衛(岡田准一)

「三略」は「武経七書」の一である。

太公望が書いたとされるがこれは偽りであるらしい。

黒田官兵衛は母親の死後・・・読書に熱中したと伝えられ・・・兵法書に通じ、軍師適性を得たのである。

「將謀欲密」は三略の内、上略に述べられ「将軍が策謀を行う時は秘密にすることが必要である」という意味です。

日本ではことわざとして「謀は密なるを貴ぶ」と申します。

戦術・戦略の極意とは極めて単純明快で・・・そんなことが奥義なのか・・・と思われるようなもの。

しかし・・・相手を騙そうとしていることがバレたのでは騙せるわけがないので・・・戦争において秘密がいかに大事かということは絶対的な真理と言えるでしょう。

それが分らない人が「特定秘密保護法」で大騒ぎするということです。

相手が気がつかない間に殺すのが最も安全な殺し方なのです。

で、『軍師官兵衛・第1回』(NHK総合20140105PM8~)脚本・前川洋一、演出・田中健二 を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は元服時15歳、小田原征伐時44歳の実年齢33歳の岡田准一演じる黒田官兵衛孝高と祖父・黒田下野守重隆(竜雷太)の二大描き下ろしイラスト大公開でお得でございます。大河ドラマで役年齢と役者の実年齢の関係は禁句なので以後一切口にしないことを誓います。選手宣誓か・・・画伯、本年もよろしくお付き合いください。姫たちがすごく楽しみですがあくまでマイペースでお願いします。・・・だから私信はコメント欄でしろと何度言ったら・・・。

Kan001 天文15年(1546年)に黒田官兵衛孝高(幼名・万吉)は小寺政職の養女で明石宗和の娘を母親に、播磨の姫路城の城代・黒田職隆の嫡男として誕生する。つまり、官兵衛は黒田重隆と、小寺政職という二人の祖父を持つことになる。黒田家は流浪の近江忍びであり、重隆の代に備前国から播磨国に漂着した。播磨国はすでに守護・赤松主家に往年の支配力はなく・・・一族郎党が割拠する状態になっている。播磨西半分は・・・赤松庶流の赤松政秀が龍野城に、同じく赤松庶流の小寺氏が御着城にあって勢力を競っていた。播磨東半分は同じく赤松庶流の別所氏が勢力を誇っている。しかし、国内の治安は乱れ、野武士が横行する時勢である。冒頭で幼女が軍馬に踏み砕かれる描写があるが・・・それを言いわけにメルヘンでスイーツな流れも充分に予感される・・・マイホーム・パパな小寺(黒田)職隆なのだった。官兵衛の生まれた頃は・・・出雲の戦国大名・尼子晴久の侵略がようやく停止し、播磨国内での内攻が再燃し始めた頃合である。しかし、天文21年(1552年)には尼子が再度侵攻し国境を脅かし、天文23年(1554年)には摂津の戦国大名・三好長慶の東播磨侵攻があり、別所氏が降伏するという事態も発生する。もはや・・・播磨国は国としての体裁を失っていたのである。弘治元年(1555年) には毛利元就が厳島の戦いで陶晴賢を撃破している。弘治3年(1557年)は甲斐国の武田晴信と越後国の長尾景虎が第三次川中島の戦いを勃発させる。永禄3年(1560年)には桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討ち取られる。ようやく元服した官兵衛が小寺政職の近習となるのが・・・永禄5年(1562年)・・・戦国は戦国大名による天下取り競争の様相を呈してきたのだった。西に毛利が勃興し・・・東に織田が頭角を現す・・・その寸前に・・・官兵衛は父に連れられ初陣を飾るのだった。

初陣を許された官兵衛は・・・姫路の舘の一角に隠居する実の祖父・下野守重隆の元へと赴く。重隆は齢54になっている。最初は赤松政秀に仕え、次に三木通明の配下・妻鹿氏の娘を娶り、ついには敵対する小寺氏の元で姫路城を築城するという策謀家である。何より、広峰山に巣食う陰陽師の一族・伊吹氏と結んで・・・神人忍びを配下に収めるという奇怪さを持っている。

官兵衛は・・・父よりも祖父に底知れぬ恐怖というものを感じるのだった。

「初陣か・・・」

「は・・・」

「まあ・・・生命を大事にするがよかろう」

「しかし・・・野武士相手と言えども合戦でございますから」

「そうだな・・・思わぬ不覚というものもある・・・」

「は・・・官兵衛めは時々・・・うつけになりますゆえ・・・」

「うふ・・・お手前は面白いのう・・・倅よりも・・・我に似たか」

「血がつながっておりますゆえ・・・おじじ様にも父上様にも似たりよったりでございましょう」

「なかなかに・・・とぼけたことを申すの・・・」

「そこは・・・おじじ様譲りと存じまする」

「小癪な奴め・・・よいか・・・油断は禁物じゃぞ」

「心得ましてございます」

その合戦とも呼べぬ、小競り合いで官兵衛は流れ矢を受けた。

矢じりには毒が塗ってある。

しかし・・・官兵衛は矢を放った敵を倒すと悠々と引き上げる。

くのいちのおたつが心配気に帰路の官兵衛の傷を見る。

「深手ではありませぬか」

「今・・・毒がまわっていい気分になっておる・・・」

「若様・・・」

「ほれ・・・傷ももう治りかけておるわ・・・」

「呆れた・・・」

官兵衛は・・・不死身体質だった。

こうして・・・心の底から戦が好きな男の戦人生が始ったのである。

関連するキッドのブログ→八重の桜

天地人

風林火山

|

« 2014年、冬ドラマを待ちながら(キッド) | トップページ | 眠れる森のバレリーナ(石原さとみ) »

コメント

改めてあけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

さて、始まりましたこのドラマ
個人的にはどことなく
「官兵衛はこんなに凄いんだ」みたいな
アゲアゲ感が満載でまるでかつて見た
愛の兜の雰囲気を感じさせるような
悪寒をちょっと感じております

神官とくれば、やはり忍ですなぁ

この辺りの情報流通の確かさはここに尽きます

同じ忍をつかう宇喜多との絡みもありそうで
楽しみな限りでございます

さてさて、先程
pixivを更新しまして過去に描いた
「秀吉」の竹中直人さんを追加しました

よかったらどうぞ ̄∇ ̄ノ

ちなみに宇喜多直家は
「毛利元就」の時の陣内さんで
いこうかなと思ってます ̄∇ ̄

投稿: ikasama4 | 2014年1月 6日 (月) 23時48分

✥✥✥ピーポ✥✥✥ikasama4様、いらっしゃいませ✥✥✥ピーポ✥✥✥

いよいよ寒中お見舞いの季節でございますな。

まあ・・・今回は帝国スターの大河ですので
その点はあま目で見る覚悟でございます。

番組プロデューサーが
主人公の特徴の第一点に
「側室がいなかった」を挙げる時点で
一同爆笑ですからな。

父・職隆も愛妻家であるがために
主君に嫌疑をかけられるという展開に
気絶しそうになりました。

官兵衛元服の頃には神吉赤松氏の未亡人に
三男・黒田利則を産ませているし
その三年後には
母里小兵衛の未亡人に四男・黒田直之を産ませている
未亡人好きという歴史的事実を・・・。

まあ・・・妄想の方は全開で参る所存でございます。

やはり黒田家は・・・重隆でございますよね。
いわゆる地縁・血縁の作り方が
由緒正しい「遣り手」でございますからねえ。

北条早雲の匂いがしますからねえ。

だから・・・広峰一族には風魔の香りが・・・。

赤松、浦上、宇喜多、尼子、毛利の
怪しい忍びたちが暗躍する
山陰、山陽の・・・戦国絵巻は・・・
いかに本編が健康的に
振る舞うとも・・・
淫靡な種が尽きないのでございます。

ふふふ・・・蘇る乱世の英雄たち・・・。
画伯の過去イラストを
探索する日々が始るのでございます。
やはり・・・戦国時代はワクワクしますな~。

投稿: キッド | 2014年1月 7日 (火) 06時23分

>戦争において秘密がいかに大事かということは絶対的な真理と言えるでしょう。
>それが分らない人が「特定秘密保護法」で大騒ぎするということです。

「特定秘密保護法」が純粋に戦争に関することだけ秘密にするとは限らないという意見もあります。
もっと言うと、政府が国民に対して悪用しない保証もないと言う方もいます。

そのようなことで「特定秘密保護法」は大丈夫なのでしょうか。

投稿: 名無しのおバカさん | 2014年1月11日 (土) 18時43分

ササイナコトガキニナル~名無しのおバカさん様、いらっしゃいませ~キケバオシエテクレマスカ

そうですねえ・・・名前のない人に
どのように教え導くかは難しい問題です。

まず・・・この「軍師官兵衛」は戦国時代を描いているドラマで・・・日本国憲法は存在しないわけですが
それでも全くの無法というわけではないわけです。
その中でたとえば「約束」が交わされたりします。
「法」がなければ「約束」なんて無意味ですからねえ。

「特定秘密保護法」は「軍事についての秘密を保守しなければ国益の損失につながる情報」についての法です。

「戦争」以上の「惨事」がないとすればそれを「阻止」するためにあらゆる「情報」が対象になるのは当然ということです。

だから・・・「政府」が「隠したいこと」を隠すためにこの「法」を流用することはあるかもしれませんし・・・それは為政者としては問題ないと考えます。

そのことによって・・・国益に損失がと生じたと国民が認識すれば・・・当然、政権は交代することになります。

政府=内閣と考えれば行政という権力が法を執行することに善も悪もありません。

当然、何の保証も必要ありません。

現在の日本の立法機関は国民の選挙によって選出された議員が権力を執行しています。

「法」が成立した以上、それは民主的な政治の結果ということになるわけです。

それぞれの独断や反対意見でそれが左右されるのはけして好ましいことではありません。

・・・「衆愚政治」などと言う言葉がありますが
そういうことを語る人はどれだけ自分を賢人と判断しているのか・・・呆れるばかりでございます。

まあ・・・そういうことで「特定秘密保護法」は国民が守らなければならない法として
すでに存在しているということです。

国民にとって不都合があれば民主的な手続きで「改正」すればいいだけの話でございます。

投稿: キッド | 2014年1月13日 (月) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三略に曰く、將謀欲密・・・と軍師官兵衛(岡田准一):

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術1最初の危機!父職隆は息子万吉を救うため命を捨てる覚悟で義を導き万吉は生き抜く難しさを初めて知った [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「軍師官兵衛」は戦国時代秀吉の軍師として仕えた黒田官兵衛の生涯を描いたストーリーで官兵衛の若き日の播磨姫路城時代から秀吉に仕え天下統一、そして家康に従い東軍 ... [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 06時05分

» 新大河ドラマ「軍師官兵衛」第1回 [日々“是”精進! ver.F]
嫡男として… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401050001/ 【送料無料】軍師官兵衛(1) [ 前川洋一 ]価格:1,470円(税込、送料込) [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 06時39分

» 軍師官兵衛 「生き残りの掟」 [のほほん便り]
冒頭から、いきなり花を摘んでた少女が、戦乱に巻き込まれる、諸行無常な始まりでうわぁ、びっくり。戦国という、サバイバルな時代を象徴してますそれにしても、子供時代の、万作君、(のちの官兵衛)けっこう、熱中型で行動力抜群なら、好奇心旺盛。でも、それゆえ、はみだして大人達のトラブルに巻き込まれる顛末なぞ、うわ~っでした。そんな中でも、淡い初恋があったりして… (^^*)子役が可愛かったし、官兵衛となった岡田准一も、実に凛々しく美しかったので、これは先が明るいかな?信長、秀吉の出会いも面白かったし、楽しみです... [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 08時18分

» 軍師官兵衛 [Akira's VOICE]
第一回「生き残りの掟」  [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 10時47分

» 『軍師官兵衛』第1回「生き残りの掟」★銃弾が絶対に当たらない岡田准一カッケー [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第1回「生き残りの掟」 1590年 小田原 秀吉の本陣。 家臣が「殿下、ひと思いにひねり潰しては?」 ちょうどその時、官兵衛(岡田准一)が馬で参上。 (保険のCMの老けメイクとは雲泥の差!) 「お待ちください。」 馬から下りて片足を引きずりながら秀吉のもとに近づいた官兵衛。 岡田准一、40代半ばのメイクが渋い。 黒を基調とした装束もシャープで美しい。 とりあえずビジュアルはOK。 秀吉「軍師官兵衛の考えを聞こう。」 官兵衛「人は殺せばそれま... [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 12時12分

» 軍師官兵衛 - 2014年大河ドラマ 岡田准一 [新ドラマQ]
軍師官兵衛 2014年1月5日~ [キャスト] 岡田准一 谷原章介 高岡早紀 塩見三省 益岡徹 尾藤イサオ 濱田岳 永井大 金子ノブアキ 南沢奈央 大谷直子 近藤芳正 ピエール瀧 磯部勉 上杉祥三 団時朗 升毅 隆大介 飯田基祐 江口洋介 内田有紀 春風亭小朝 勝野洋 竹中直人 黒木瞳...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 17時07分

» 軍師官兵衛 第一回 [レベル999のgoo部屋]
『生き残りの掟』 「生き残りの掟〜戦国乱世を駆けた天才軍師その青春の日々」 内容 天正十八年、小田原。 豊臣秀吉(竹中直人)率いる大軍が、小田原城を取り囲んでいた。 しかし、いまだに開城しない北条勢。 そんななか、軍師である黒田官兵衛(岡田准一)は、秀吉...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 17時19分

» 【軍師官兵衛】第1回 「生き残りの掟(おきて)」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
時は戦国。 のちの天才軍師、黒田官兵衛(岡田准一)は播磨、姫路城主の嫡男として生まれた。 幼名は万吉。好奇心旺盛な少年だった。 父・職隆(柴田恭兵)は、主君である小寺政職(片岡鶴太郎)の領地を守るために日々奮戦していた。 そんな中、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)のため、薬草を摘みに敵の領内に入ってしまう…。 同じころ、木下藤吉郎(竹中直人)は、織田信長(江口洋介)と運命の出会...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 6日 (月) 19時53分

» (新)大河ドラマ「軍師官兵衛」第1回 生き残りの掟 感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
久々に大河ドラマらしい雰囲気が漂う幕開け 公式HPよりあらすじ 1590(天正18)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉(竹中直人)の大軍が、最後の敵、小田原城を包囲していた。死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・黒田官兵衛(岡田准一)の捨て身の説得だった。時はさかのぼり1558(永禄元)年、播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の黒田官兵衛/若山耀人)は好奇心旺盛な少...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 8日 (水) 00時36分

» 物語の始まり 軍師官兵衛第1話『生き残りの掟』感想 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
いよいよ始まった軍師官兵衛 藤村志保のナレーションがなんか抜けているけど。 冒頭、官兵衛が血を流さず、矢を抜けながら北条氏との和睦交渉に当たったという話があるけど、もちろんこれは作り話だろう。 もちろん秀吉のブレーンとして、参謀として作戦を授けたのは確かであろうが。 『寛永諸家系図伝』などによれば黒田氏は、賤ヶ岳山麓の近江国伊香郡黒田村の出身とされるが、定かではない。孝高の祖...... [続きを読む]

受信: 2014年1月12日 (日) 20時57分

« 2014年、冬ドラマを待ちながら(キッド) | トップページ | 眠れる森のバレリーナ(石原さとみ) »