« 官僚の官僚による官僚のための隠蔽捜査(杉本哲太)VS恋多き女と恋に一途な女は同じ意味なの失恋ショコラティエ(松本潤) | トップページ | 坂元劇場じゃないのかよっと思ったら野島劇場だった明日、ママがいない(芦田愛菜) »

2014年1月15日 (水)

福家警部補の挨拶「お加減いかがですか?」(檀れい)

だが、今回は連作短編集として二作目の「福家警部補の再訪」(2009年)の「失われた灯」を原作とする。

実際は「失われた燭台」なのであるが・・・犯人が苦し紛れに口走る「失明の危機にある骨董屋が主人公」のミステリのタイトルが「失われた灯」なのである。

冒頭で「リンドバーグ愛児誘拐事件」にからむ「リンドバーグ関与説」が紹介されるが・・・これは「ゴシップ」というものの本質を示唆しているとも言える。

倒叙モノの原点の一つである「刑事コロンボ」の犯人は多くが社会的な成功者である。彼らは知力体力に恵まれ、財産や名誉を守るために「完全犯罪」を目論む。

その「トリック」を風采のあがらぬ移民系の下層民である刑事が見破り、彼らを栄光の座から引きずりおろす。

お茶の間はそこに快感を覚えるのである。

つまり・・・「スターのスキャンダルをリークするジャーナリズム」と同じ構図になっている。

当然のことながら・・・そこにはあさましい薄汚さがあるわけだが・・・本家「コロンボ」は「真実を追求する」という一点に置いて清冽であり・・・不純な動機を打ち消す。

亜流はそこを見落としがちなのである。

パクリの代表である「古畑任三郎」シリーズは主役の上品さがそれを救っていることは言うまでもない。

で、『福家警部補の挨拶・第1回』(フジテレビ20140114PM9~)原作・大倉崇裕、脚本・正岡謙一郞、演出・佐藤祐市を見た。脚本家がかなり拙いのでミステリとしてはもどかしい感じもするが・・・たとえば「うしなわれたひ」ではなくて「うしなわれたあかり」であるべきだ・・・演出もどちらかといえば耽美派なので・・・ますます、苦しい展開になっている。しかし・・・リピートしてみれば・・・探偵役である福家警部補(檀れい)の妄想がほぼ超能力のように殺人現場を再構成していることが分かる。つまり・・・正鵠を射ているのである。しかし、テレビドラマはそれではダメだと思う。

倒叙モノの基本は・・・善なる神による・・・犯罪者の失策の形成である。

それは犯人の性格と密接に関係している。

犯人は成功者であるために・・・自分に自信を持っている。そして・・・現代において成功者は能弁家なのである。

今回の犯人は・・・ミステリの脚本家である。だから・・・トリックには絶対の自信を持っている。そのために・・・うっかり口を滑らせる。

その「失策」の・・・さりげなさの按排が難しいのである。

「誘拐事件の渦中における正当防衛による殺人」と・・・ほぼ同時期に発生した「殺人放火事件」・・・この無関係な事件を結び付ける福家警部補の心の動きをもう少し見せないと・・・すべてが唐突に感じられ・・・あっと驚く結末がとってつけたものに感じられるのだ。

また・・・倒叙モノでは犯人の犯行方法はもちろんだが・・・動機なども冒頭で処理するのが基本である。

今回は・・・被害者が・・・「加害者のデビュー作が盗作であったことを知って恐喝をしていた」ということを曖昧にする必要は全くない。

そこを濁すことによって・・・加害者の完全に見える犯罪の輪郭がぼやけてしまうので・・・禁じ手なのである。

「デビュー作が盗作なんて知られたら・・・お前は破滅するよな」と骨董品屋(有薗芳記)が言う。

成功した脚本家の藤堂昌也(反町隆史)は死んだ友人の作品を盗んでいたのだ。

骨董品屋は・・・故人の生家の骨董を鑑定していて・・・故人の原稿を発見したのだった。

それを買い取るように要求する骨董屋。

追い詰められた藤堂は・・・自身のストーカーである俳優志望の男・三室(小林且弥)を利用してアリバイ工作を目論む。

三室に拳銃を調達させるなど・・・かなり・・・無理のある設定だが・・・とにかく・・・三室を新作に起用すると言って騙し・・・別荘で三室に監禁された態を装う。

三室が常用している精神安定剤で眠らせ、自分の事務所の事務員で愛人でもある大城加奈子(水崎綾女)に電話をかけ、録音した三室の声で誘拐を知らせる。

そして・・・骨董屋を殺しに出かける。

骨董品屋は誰かと電話で話している。

そこで・・・藤堂は骨董屋が・・・古びた器で「酒を飲んでいる」と思いこむ。

さらに・・・金庫には・・・「故人の原稿」がしまわれている。

この時・・・藤堂は見ないが・・・金庫から原稿が取り出され、古びた器がしまわれるのである。

原稿を手にした藤堂は・・・骨董屋を殺し、原稿もろとも家を焼くのだった。

そして・・・別荘に戻った藤堂は誘拐事件を捜査中の石松警部(稲垣吾郎)に居場所を探知させるための「身代金要求」の電話をかけてから・・・三室を挑発し・・・自分に暴行させておいて射殺するのである。

ものすごく偶然に頼った完全犯罪だったが・・・警察が突入してそれは成功をおさめたかのように見える。

しかし・・・放火殺人の現場に現れた福家警部補は鑑識の二宮(柄本時生)に問うのだった。

「この焼け残った金庫に入ってたもの・・・なんだと思う?」

「コップですか・・・」

「壊れた燭台よ・・・」

「お宝ですかね・・・」

「このサイン入りの脚本なんかも・・・そうですかね」

「へえ・・・誰なの」

「ミステリー・ドラマで有名な藤堂昌也ですよ」

「なるほど」

やがて・・・藤堂昌也を調べ出す福家・・・藤堂の郷里の故人の家から創作ノートを発見し・・・燭台の取引先を捜索する。

そして・・・「コップ」の写真を藤堂に見せるのだった・・・。

うっかり・・・それを「器」と言ってしまう藤堂だった。

「失敗だったな」

「いいえ・・・あなたの失敗は・・・友人のアイディアを盗んだことですよ・・・そんなことをしなくても才能あったのに・・・」

「認めたくないものだな・・・若さゆえのあやまちというものを・・・」

「であるか」

藤堂と加奈子の情事のサービスくらいは欲しかったな。

まあ・・・茶碗を割ったあたりが水崎綾女の最大の脚線美の見せ場か・・・。

原作ものなのでもう少しプロットを練るべきだと考えます。

関連するキッドのブログ→永作博美の福家警部補

|

« 官僚の官僚による官僚のための隠蔽捜査(杉本哲太)VS恋多き女と恋に一途な女は同じ意味なの失恋ショコラティエ(松本潤) | トップページ | 坂元劇場じゃないのかよっと思ったら野島劇場だった明日、ママがいない(芦田愛菜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/54613269

この記事へのトラックバック一覧です: 福家警部補の挨拶「お加減いかがですか?」(檀れい):

» 福家警部補の挨拶「奇妙な女刑事×人気脚本家!完璧な犯罪は存在しないのです」 [のほほん便り]
いってしまえば、女コロンボですね。(実際に原作者さんはコロンボ・ファンなのだそう)福家警部補、ベースは美形だろうなぁ、とは察しがついたのですが、黒縁眼鏡に、やや、よれよれスーツと黄色いコート。最初は誰か分からなかったのですが、最後のテロップで、檀れいと知り、あらま、びっくり。同時に、な~るほど!初回ゲストで、犯人役の反町隆史、よく似合ってました。それにしても、右京さん真っ青にパワフルで細かいことをほじくりだす、独断捜査につきあわされる二岡友成(柄本時生)、お気の毒。嫌だ嫌だと抵抗しつつ、結局… な展... [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 09時13分

» 福家警部補の挨拶 第1話★藤堂(反町隆史)の完全犯罪のはずが・・・。 [世事熟視〜コソダチP]
福家警部補の挨拶 第1話 「失われた灯」 人気脚本家、藤堂(反町隆史)は、俳優志望の三室(小林且弥)の自尊心をくすぐりながら、オーディションだと言って自分の別荘へ・・・ 三室は、ドラマ作りにおけるリアリティ追求のためだと信じ込まされて拳銃(本物)とロープを用意させられています・・・。 コロンボみたいな『倒叙モノ』であるという事前情報が流されているから、誰が見ても三室(小林且弥)は殺され役で藤堂(反町隆史)が犯人・・・。 で、脅迫電話用に「おまえのところの社長はあずかった。返... [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 10時30分

» 福家警部補の挨拶 #01 [ぐ~たらにっき]
『奇妙な女刑事×人気脚本家!完璧な犯罪は存在しないのです』 [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 12時38分

» 福家警部補の挨拶 (第1話 15分拡大SP・1/14) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ『福家警部補の挨拶』(公式) 第1話 15分拡大スペシャル『失われた灯』『(ラテ欄失われた灯」ラテ欄「奇妙な女刑事×人気脚本家!完璧な犯罪は存在しないのです)』の感想。 なお、大倉崇裕氏による原作小説は未読、NHK版ドラマ(2009年)も未見。 脚本家の藤堂(反町隆史)は、自分の秘密を握り脅迫してきた骨董(こっとう)商の辻(有薗芳記)を殺害して現場に放火。さらに自...... [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 14時08分

» 福家警部補の挨拶 - 檀れい [新ドラマQ]
福家警部補の挨拶 火曜 21:00 フジテレビ 2014年1月14日~ [キャスト] 檀れい 稲垣吾郎 柄本時生 中本賢 ほか [スタッフ] 原作:大倉崇裕(東京創元社/創元推理文庫) 脚本:正岡謙一郞 麻倉圭司 企画:水野綾子 編成企画:清水一幸 プロデュース:貸川聡子 演出:佐藤祐市 岩田和行 制作:フジテレビ 制作著...... [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 16時02分

» 福家警部補の挨拶 第1話 [ドラマハンティングP2G]
2014年1月14日火曜日『失われた灯』  人気脚本家、藤堂昌也(反町隆史)は、三室勘司(小林且弥)を呼び出して自分の別荘へ。三室は、藤堂に頼まれた拳銃とロープを用意していた。藤堂は三室に誘拐犯の役を与えると役作りを始める。しかし、しばらくすると、藤堂は三室に…... [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 16時39分

» 福家警部補の挨拶 第1話 [レベル999のgoo部屋]
『失われた灯』 「奇妙な女刑事×人気脚本家!完璧な犯罪は存在しないのです」 内容 人気脚本家の藤堂昌也(反町隆史)は、 誘拐犯の役作りの為と告げ、三室勘司(小林且弥)を連れ、別荘へと向かう。 藤堂の指導で、迫真の演技をする三室。 そして休憩中に、藤堂は三室...... [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 17時22分

» 「福家警部補の挨拶」1 ☆☆☆ [ドラマでポン]
ポラロイドは古いよね……フィルムまだ売ってるんだ。 それはさておき。 黄色いダッフルに斜めがけのカバン、眼鏡。現場が恐れる「変人」福家を、あの檀れいが演じます。 2005年の ...... [続きを読む]

受信: 2014年1月16日 (木) 02時44分

« 官僚の官僚による官僚のための隠蔽捜査(杉本哲太)VS恋多き女と恋に一途な女は同じ意味なの失恋ショコラティエ(松本潤) | トップページ | 坂元劇場じゃないのかよっと思ったら野島劇場だった明日、ママがいない(芦田愛菜) »