« 螺鈿迷宮のターミナルケア(水野美紀)VS紙の月の節約主婦(水野真紀) | トップページ | 大激突!Dr.DMATの三十歳児(大倉忠義)なんですーっ(加藤あい)VSでんでん・大杉漣・小日向文世がいる緊急取調室で(天海祐希)VS医龍4いつもの無理ゲーはじめました(阿部サダヲ) »

2014年1月 9日 (木)

君(多部未華子)と僕のいた時間(三浦春馬)

映画「バイオハザードIV アフターライフ」(2010年)で東京の感染者第一号となった女(中島美嘉)が雨の中で立ちすくむように・・・アンデッドになったかのような主人公・・・。

刺激的な立ち上がりである。

救いようのない難病を題材にして・・・この刺激的な冒頭に魅かれる・・・。

手足や言葉の自由を徐々に奪われながら最後には体の運動機能を全て喪失してしまう難病といえば・・・「1リットルの涙」の脊髄小脳変性症(SCD)を思い出すが・・・今回は「コードブルー2」にも登場した筋萎縮性側索硬化症(ALS)である。どちらも特定疾患に認定されている難病だ。

難病ものは一種のホラー・サスペンスであり・・・その恐怖は・・・「明日自分もそうなるかもしれない」という緊迫感に尽きる。

そういう意味では「バイオハザード」と本作品は同じジャンルに属するのである。

治癒のための有効な治療法は確立されていないということが「登場人物の死」を確定しているのであるから、「バイオハザード」より恐ろしいとも言える。

しかし・・・主題歌が「春風/Rihwa」なので最終回はそれなりに暖かい結末が用意されている気がする。

まあ・・・その感動が・・・こなあゆきい・・・を上回るかどうかは不明である。

で、『僕のいた時間・第1回』(フジテレビ20140108PM10~)脚本・橋部敦子、演出・葉山裕記を見た。脚本家の力量が遺憾なく発揮され・・・よどみのない幕開けである。流石だとしか言いようがない。どこにでもある日常を切り取って花となすのは一種の魔力だな。そういう意味ではこの脚本家は魔法使いと言えるだろう。

おそらく・・・それほど偏差値の高くない大学に通う・・・澤田拓人(三浦春馬)は就職活動期に突入する。さわやかな好青年に見える拓人は高望みをしなければ「内定」を獲得するのは困難でないように思えるが・・・落選の連続である。

どう考えても・・・犯罪者になりそうな友人の水島守(風間俊介)や先輩で大学院生の向井繁之(斎藤工)があっさり就職を決めていくのに・・・拓人は内定に恵まれないのである。

やがて・・・拓人の心に巣食う「焦燥感」が・・・にじみ出ているのがその原因であることが描かれていく。

山梨で総合病院を営んでいる父親・昭夫(小市慢太郎)の期待に添えず医学部に進学できなかった拓人。四歳年下の優秀な弟・陸人(野村周平)が医学部受験のために上京しプレッシャーを感じる拓人。次男の陸人に期待を寄せ、出来の悪い長男にあからさまに無関心な母親・佐和子(原田美枝子)への満たされぬ思いに身悶える拓人。

そうした「心の暗闇」を覆い隠し・・・明るく振る舞う拓人の「本質」が就職面接官の心を醒めさせるのだった。

一方で・・・同じ大学に通うメグこと本郷恵(多部未華子)は奨学金を受け、ファミリーレストランでアルバイトをする苦学生。就職の面接で携帯電話の電源を切り忘れるという規格外の失敗を犯したり、用意した模範解答が他の学生とかぶって動揺するという適応力の無さを露呈するダメな子である。

美人の女友達の村山陽菜(山本美月)は「就職活動はあきらめて結婚活動に切り替える」などと言い出すのだが・・・メグは「恋愛力」も低いようだ。

女手一つでメグを育てた母親・翔子も「健康な男なら誰でも良い」と娘の恋人のレベルを下げまくっているのである。

大学生活で同じ学部に属しながら一度も話したことのない・・・メグと拓人は面接会場で出会い・・・自分より・・・ダメな子であるメグに拓人はようやく救いの手を差し伸べることができるのだった。

そして・・・二人はなんとなく・・・付き合い始めるのである。

ある意味では「就職活動」から「恋愛活動」への逃避であり・・・就職内定獲得競争に連戦連敗する二人だった。

もちろん・・・「恋なんてしている場合じゃない」という自覚のある二人は一線を越えることもできないのである。

気晴らしに海に出かけて・・・砂浜に「三年後の自分への手紙」を埋めてみたりするお子様デートをするのが精一杯なのだった。

しかし・・・次第にお互いに魅かれあう二人。

そんな時に・・・二人よりさらにダメな学生(夕輝壽太)が現れる。夕輝壽太は今季「S -最後の警官-」(TBSテレビ)にも出るのでこちらはゲストなのだろう。

「君は何社受けたの・・・」

「四十社くらい・・・」

「僕は八十社さ・・・」

拓人は上には上がいることを実感するのだった。

そして・・・「彼」は自殺してしまうのである。

葬儀の席に・・・メグもやってくる。

メグも・・・「彼」と面接会場で遭遇したらしい。

「彼は百社受けたんだって・・・」

拓人は「彼」とメグと自分との共通点を連想し・・・恐怖を感じるのだった。

そして・・・それは「生」への渇望となり・・・大胆な告白に至る。

「君にキスしてもいいかな」

うろたえたメグは思わず拒絶して・・・二人は気まずくなるのだった。

そして・・・最後の面接で再び同席する拓人とメグ・・・。

模範解答を答えかけた拓人は思わず・・・「彼」のことを思い出して笑ってしまう。

「どうしたのかね・・・」

「一生懸命・・・求職して・・・毎回、不合格者となり・・・自分のすべてを否定された気分になる・・・そんなことが百回も続くと・・・死にたい気分になることもあるのかな・・・とふと考えてしまったのです」

拓人の魂の叫びは・・・面接官や・・・メグの心を揺さぶるのだった。

そして・・・ついに・・・拓人は「内定」を手にしたのだった。

メグは・・・アルバイトをしながら・・・就職浪人に突入するが・・・拓人への愛を自覚するに至る。

しかし・・・拓人は「健康な男」ではなかったのだ。

二人に残された甘い日々は・・・あらかじめ失われていたのである。

実にスムーズに・・・せつない青春に・・・お茶の間の心は導かれて行ったと考える。

関連するキッドのブログ→遅咲きのひまわり~ボクの人生、リニューアル~

東京バンドワゴン~下町大家族物語

小さな故意の物語

家庭教師・拓人の教え子の桑島すみれ役(浜辺美波)についてはコチラへ

|

« 螺鈿迷宮のターミナルケア(水野美紀)VS紙の月の節約主婦(水野真紀) | トップページ | 大激突!Dr.DMATの三十歳児(大倉忠義)なんですーっ(加藤あい)VSでんでん・大杉漣・小日向文世がいる緊急取調室で(天海祐希)VS医龍4いつもの無理ゲーはじめました(阿部サダヲ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/54542069

この記事へのトラックバック一覧です: 君(多部未華子)と僕のいた時間(三浦春馬):

» 僕のいた時間 第1話:難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか? [あるがまま・・・]
すでに病気の兆候が…Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 難病モノだからなぁ・・・と内容がシリアスになりそうってーんで躊躇してたのに 就活もこれまたシビアで、自殺者が出る展開・・・ しかも春馬くんは、ちょっとチャラくて、いい人なんだか悪い奴なんだかわからんし、 どこか人生...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 06時45分

» 僕のいた時間 #01 [ぐ~たらにっき]
『難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?』 [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 07時21分

» 僕のいた時間「難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?」 [のほほん便り]
冒頭、あまりの難病度と、お気の毒・描写にタジッ「…無理かも」と躊躇したのですが、三浦春馬、多部未華子、斎藤工、というキャスティングに惹かれて、おそるおそる様子見。元気時代から始まるのですが、就活のシビアさを、「これでもか!」で、ついに自殺者まで出るシリアス展開に ・・・(゚_゚i)タラー・・・拓人(三浦春馬)クン、家庭内では、親の期待に応えられず、母親に至っては、出来のイイ、弟を贔屓しまくり、彼しか眼中にないほどで、父親も世間体ばかり気にしまくる不遇さだし、郷恵(多部未華子)も、シングル家庭の健気な... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 07時57分

» 僕のいた時間 第1話★三浦春馬と多部ちゃん、メッチャ好印象 [世事熟視〜コソダチP]
僕のいた時間 第1話 吉高由里子の『美丘-君がいた日々-』を男女裏返しにしたような話なのかな・・・。 『君がいた日々』ってのと『僕のいた時間』ってのも、どことなく微妙に似てるんだけど、そんなことはどうでもよくて三浦春馬と多部ちゃんの印象が凄く良かった。 拓人(三浦春馬)と恵(多部未華子)の恋の始まりが描かれて、二人のピュアな感じが半端なく素敵なのです。 −◆− さて本編。 ある商社の集団面接中、電源を切り忘れていた恵の携帯電話が鳴っちゃいます。 困ってフリーズしちゃう恵... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 13時01分

» 僕のいた時間 - 三浦春馬 多部未華子 [新ドラマQ]
僕のいた時間 水曜 22:00 フジテレビ 2014年1月8日~ [キャスト] 三浦春馬 多部未華子 斎藤工 山本美月 野村周平 吹越満 浅田美代子 原田美枝子 ほか [スタッフ] 脚本:橋部敦子 プロデュース:橋本芙美 江森浩子 元村次宏 編成企画:中野利幸 演出:葉山裕記 城宝秀則 制作:フジテレビ 制作著作:共同...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 14時34分

» 僕のいた時間 (第1話・1/8) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ『僕のいた時間』(公式) 第1話『難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?』の感想。 就職活動に苦労する大学生・拓人(三浦春馬)は、面接中に携帯電話が鳴ってしまった恵(多部未華子)をかばい、自分の電話が鳴った素振りを見せる。その優しさに触れた恵は、拓人との距離を縮めていく。一方、拓人は自分の体に異変を感じ…。 ---上記のあらすじは[Ya...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 15時59分

» 僕のいた時間 第1話 [レベル999のgoo部屋]
「難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?」 内容 大学4年、澤田拓人(三浦春馬)は、現在就活中。 ある商社の面接中に、隣の女性・本郷恵(多部未華子)の携帯電話が鳴り響いた。 そのまま恵が、とらなかったため電話は切れたのだが、 次の...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 17時16分

» 僕のいた時間 第1話 [ドラマハンティングP2G]
Story #1 第一話あらすじ「難病と闘い今を生きる青年の物語!!あなたは全力で生きてますか?」2014.1.8 Wed On-Air 澤田拓人(三浦春馬)は就職活動中の大学生。実家は山梨で総合病院を営んでおり、母親の佐和子(原田美枝子)や父親の昭夫(小市慢太郎)からは医者にな…... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 17時55分

» 【僕のいた時間】 第1話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
面接の練習して。 鏡の前で何度も何度も練習して…面接で初めて会った人に数分で判断されて…。 「不採用」っていう判子押されて…。 全否定された気分になって…。 それが50回も80回も100回も続いたら何のために生きてるか分からなくなって 生きてるのがバカらしくなるんだろうなって…。 僕のいた時間 第1話     簡単感想で~。 今...... [続きを読む]

受信: 2014年1月 9日 (木) 23時55分

» 「僕のいた時間」1 ☆☆☆ [ドラマでポン]
まずは未来の、罹病して車椅子で傘もさせずに雨に濡れ、転べば起きられずに倒れたままの主人公をこれでもかーと見せておいての、就職活動と恋愛。 本音と弱音をちらっと見せたら ... [続きを読む]

受信: 2014年1月10日 (金) 14時54分

» 「僕のいた時間 第1話」「軍師官兵衛 第2話」「S-最後の警官ー 第1話」 [エリのささやき]
冬ドラマ、始まりました。 [続きを読む]

受信: 2014年1月14日 (火) 07時19分

« 螺鈿迷宮のターミナルケア(水野美紀)VS紙の月の節約主婦(水野真紀) | トップページ | 大激突!Dr.DMATの三十歳児(大倉忠義)なんですーっ(加藤あい)VSでんでん・大杉漣・小日向文世がいる緊急取調室で(天海祐希)VS医龍4いつもの無理ゲーはじめました(阿部サダヲ) »