« 淋しい気持ちを捜して(芦田愛菜)ポスト、あんたが妹さ(大後寿々花)時には両親のない子のように(優希美青) | トップページ | 他人のサイフからクレジットカードを抜き取って持ち去るのは犯罪です(山田孝之) »

2014年1月31日 (金)

君(多部未華子)と別れた後で思い出す猫踏んじゃったを連弾した時間(三浦春馬)

正直に話すのは哀しい、嘘をつくのも悲しい話である。

正しい選択がない問題が人生にあることを示す一幕。

それでもどうにかしなければならず・・・どっちつかずにしていても時が流れていく。

ドラマが描きだす現実とはそういうものだろう。

正気の沙汰とは思えない言動をする人の内面には余人には窺い知れない・・・そういう葛藤があるのかもしれない。

「ALSの患者を傷つけるかもしれない」ドラマはスルーして「赤ちゃんポストちゃんを傷つけるかもしれない」ドラマに噛みつく人がいることは不思議な話だが・・・本人の中では整合性があるのかもしれないという話である。

さて、「難病ドラマ」で検索すると・・・現在はまず・・・このドラマについての記事がヒットする。

そういうわけで・・・これを「難病ドラマ」と言ってもそれほど意外ではないだろう。

テレビ番組は基本的には制作者が「企画」することからはじまる。もちろん、プロデューサーが自ら発案することもあるし、スタッフと相談の上、企画が練られる場合もある。

ドラマの様々な要素の何が最初にあるかは・・・ケース・バイ・ケースである。「原作」や「脚本」がある場合もあるし、脚本家や演出家、主演男優や女優が先行する場合もあるだろう。

企画がある程度、定まった段階で関係者との調整が行われる・・・局内の上司の了解や、予定スポンサーへの根回しもこれに含まれる。

「難病もの」がお茶の間にいかに受け入れられるかを・・・企画者はある程度、説明しなければならない。

一番、堅実なのは・・・先行例をあげることである。その時点で・・・企画は二番煎じで新鮮味がないという考え方もあるが・・・過去の成功に学ぶことは大きいのである。

「難病もの」で検索すると「24時間テレビ愛は地球を救うドラマスペシャル」もヒットする。「今日の日はさようなら」の悪性リンパ種、「車イスで僕は空を飛ぶ」の脊髄損傷、「生きてるだけでなんくるないさ」の悪性腫瘍・・・まあ、見ていなくてもなんとなく想像のつく感じでありますか。

連続ドラマで最初にヒットするのは「1リットルの涙」(2005年)である。

当然、「平均視聴率15.4%で最終回には20.5%を記録しました」という情報も説得材料になる。

それに加えて、恋愛ドラマとしての要素もアピールし「主演とヒロインは映画の『君に届け』(2010年)で高い評価を受けています」などと付け加えたりするだろう。

さらに脚本は「僕の生きる道」、「僕と彼女と彼女の生きる道」、「僕の歩く道」のいわゆる「僕シリーズ3部作」というヒューマニズムを全面に据えたドラマの実績があることもさりげなく申し添えるだろう。

一作目の「僕の生きる道」はスキルス性胃癌に冒された余命一年の男が主人公の物語である。平均視聴率は15.5%で最終回は21.6%だった。

関係各所もその気になったはずである。

結果として、ここまで11.2%↘*9.4%→*9.4%↘*8.5%となっているわけだが・・・裏番組が一部の心ない人たちの起こした騒動でとんでもないことになっているので・・・視聴率的惨敗への慰めにはなっていると妄想する今日この頃である。

キッドとしてはどちらのドラマもとてもいいと考えている。レビューの順番が前後することに他意はない。

で、『僕のいた時間・第4回』(フジテレビ20140129PM10~)脚本・橋部敦子、演出・城宝秀則を見た。世界第一位(2011年)を誇る日本人の平均寿命は83歳(ただし男性に限ると79歳で世界12位)である。普通という言葉はなかなかに使用しにくい言葉だが・・・平均に対して・・・三十歳までに死んでしまうことは極めて短命と言えるだろう。主人公の澤田拓人(三浦春馬)は残り時間の少なさにうろたえる。そして・・・結婚を視野に交際している恋人・本郷恵(多部未華子)への対応に苦慮するのである。その結論をどう考えるかは人それぞれであろう。正直に告白することが誠実と考える人もいるだろうし・・・正直に告白してあっさり別れに同意されたら立場ないとあらぬ心配をする人もいるだろう。なんとなくだらだら付き合う方が人間らしいと考える人もいるかもしれない。後でどうせ分かるからいい格好してるだけだと邪推する人もいるかもしれない。それぞれの中にある「普通」と「それぞれ」の感慨。脚本家は淡々とそういう問いかけを描きだすことにかけては当代一の名人だと考える。

僕は闘病生活に入った。

筋萎縮性側索硬化症 (ALS)の患者として主治医の谷本医師(吹越満)の診療を受けているということだ。

僕は病気のことを誰にも打ち明けられずにいる。

こういう時、母親(原田美枝子)は超能力で・・・子供の身に起きていることを直感したりするべきだと思うが・・・母親は弟の陸人(野村周平)が急にピアノを弾きたいと言い出したので・・・弟の身辺に何かあったのではないかと・・・心配して僕に電話をしてくる始末だ。

「どうして・・・陸人に直接聞かないの」

「何かあったらと思うとこわいでしょ」

「そう・・・」

僕は思わず電話を叩き切ってしまった。

母さん・・・何かあるのは僕なんだよ。どうして分かってくれないんだい。

職場ではさらに力仕事が困難になってきた。僕は「宮前家具」の正社員としてそれなりの営業成績をあげ・・・アルバイト店員の宮下さん(近藤公園)に妬まれたりもしている。

妬みたいのはこっちだよ。アルバイト店員でもいい・・・健康で長生きがしたい。

ま・・・そんなこといったって状況は変わらないけどね。

いつまで・・・正社員でいられるか・・・出勤できなくなったらそれまでなのか。

面接官は・・・見る目がなかったと責められるのか。

まあ・・・病気だからね・・・本人さえ見抜けなかったんだから・・・不可抗力ですよね。

皮肉なことに・・・父親(小市慢太郎)は医者だし、弟は医大生だ。

担当医はいずれ・・・家族には話さなければいけないというが・・・家族に話して病気が治るわけではない。

ただでさえ・・・落ちこぼれた僕はせめてゼロでいたいんだ。

プラスではなくて・・・マイナスの存在の僕は家族の負担になるだけで・・・存在価値を疑われないか・・・奇妙な心配をしているんですよ。

向井先輩(斎藤工)にも友人の守と書いてまもる(風間俊介)にも打ち明ける気にならない。

「秘密」だ・・・。秘密を持っていることは心苦しいと言うけれど・・・もうすぐ死ぬことを黙っているのはどこか甘い香りがする。

それは劣等感と裏返しの優越感みたいなものかもしれない。

誰かが何かに悩んでいたとしても・・・何言ってんだ・・・僕なんかもうすぐ死ぬんだぜと言う気持ちだ。

なんだか・・・絶対的に優位になっている気がする。

なにしろ・・・守るべきものがもうすぐなくなるんだから。

でも・・・恵・・・君にはどう接したらいいだろう。

君と過ごす時間はどんどん楽しくなっていく。

君と過ごす未来を想像すると優しい気持ちになる。

君と結婚して・・・君と僕の子供が生まれ・・・平凡だけれどささやかな幸せのある家庭を作って・・・だけど・・・それはもうただの夢物語になってしまった。

僕の部屋に君がハブラシを置いたままにしたり・・・僕の腕の中で君がだんだんと女としての喜びを覚えて行ったり・・・二人で作曲者不明なのにみんなが知っている「猫踏んじゃった」を弟の電子ピアノで弾いてみたり・・・そういう幸せな時間に未来がないってこと。

君がきっと思っている僕との生活が実現しないってこと。

それを知ったら・・・君はどうなるんだろう。

凄く哀しむのかな。

それとも・・・僕から弟に乗り換えたお母さんみたいに・・・別の誰かと歩み始めるのかな。

ああ・・・いろいろと考えると僕は頭がおかしくなりそうだ。

きっと・・・そういうことなんてこれっぽっちも考えていない守と書いてマモルがうらやましい。

メグの友達の陽菜ちゃん(山本美月)に片思いだって・・・童貞だっていいじゃないか。

未来が残されているんだから。

ああ・・・どうせ死ぬんだから・・・なんだってできるはずなのに・・・僕は他人のことばかり考えている。

でも・・・そうだろう・・・人間は生き続けることを前提に生きているんだもの。

それが多分普通なんだもの。

マーくんの年俸と自分の時給を比べてカッとなって犯罪に走ったりする人間と僕は違うんだもの。

いや・・・これから・・・僕がどうなるかなんてわからない。

もっともっと残り時間が短くなって・・・もっともっと普通じゃなくなって。

愛する人を平気で傷つける人間になるかもしれない。

僕はそれが恐ろしい。

恵の短命だったお父さんのことを恵のお母さんは悪く言わない。

それでも・・・闘病と看護の生活が苦しかったことは分かる。

だって・・・マイナスの家族が一人いることは・・・プラスにするために倍の努力が必要ってことだから。

本当にギリギリの生活だったら・・・生きていてくれるだけでいい・・・なんて綺麗事に過ぎない。

まして僕なんか何も出来なくなってしばらく生きた後で死んじゃうんだぜ。

医学の進歩が明日・・・新しい治療法を生むかもしれないっていうけれど・・・そんなのなんの慰めにもならないよ。

今、誰かが実験台になって治療方法を開発中なんですか・・・それとも僕がその実験台なんですか。

ああ・・・段々と動かなくなっていく僕の身体。

いらだちを君にぶつけ始める僕。

潮時だ・・・潮時だよね。

「君とおしまいにしたい」

「何言ってるの」

「君と別れたい」

「他に好きな人ができたの」

「君との将来を考えられない・・・君は重い」

「・・・」

僕は・・・君に別れを告げた。

君は物凄く傷ついただろう。

それは残酷なことだっただろう。

でも・・・そうする他にはなかった。

君を哀しませたくなかったし・・・君に見放されるのが何より怖かった。

僕はもう精一杯だったんだよ。

君が向井先輩の胸で泣いたりするから・・・向井先輩がやってきてしまった。

君をただ奪ったりしない・・・いい人だって・・・僕には分かっていた。

だからといって・・・先輩にだって事実を話すことはできない。

でも不自由な体のおかげで・・・うっかり・・・先輩に病気のことを悟られてしまった。

隠しごとっていつかは露見するものなんだなあ・・・。

「病気のこと・・・彼女には・・・」

「言わないでください・・・」

「どうして・・・」

「僕はもう・・・自分のことで精一杯なんです・・・他人の心配をするのは・・・負担になるんですよ」

「・・・」

夜の闇の中で照明に照らし出された僕は死神のような顔をしているような気がする。

そうさ・・・僕は自分の死を告げる死神になったんだ。

だから・・・放っておいてください。

僕に関わっても不幸になるだけなんだから。

関連するキッドのブログ→第3話のレビュー

|

« 淋しい気持ちを捜して(芦田愛菜)ポスト、あんたが妹さ(大後寿々花)時には両親のない子のように(優希美青) | トップページ | 他人のサイフからクレジットカードを抜き取って持ち去るのは犯罪です(山田孝之) »

コメント

なんともアレな性格の弟だなと思っていたら、『梅ちゃん先生』では集団就職で来ていた勉学好きなあのコですか……。

って、さらに『プロゴルファー花』だって私は観ていたのでした。わかんないもんですー。

しかしこのドラマは就職活動から始まって結局どうしたいドラマなのか製作意図がよくわからなかったのですが、つまるところ赤いシリーズなんですよね?

この二人は映画『君に届け』でもさわやかなところを観ているので、本当に結ばれることになっても文句はいいません。むしろ応援します。ハイ。

あと浜辺美波も公式相関図に入れてほしいぞ。

投稿: 幻灯機 | 2014年2月22日 (土) 20時54分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

野村周平も貴重なクセのある二枚目予備軍ですな。

神木隆之介・福士蒼汰世代でございますねえ。

みんな二十歳になっちゃったのですな。

男の子たちの戦いも大変でございます。

基本、この脚本家のドラマは
疎外されたヒューマニズムのルネッサンスという流れです。

たとえば「僕と彼女と彼女の生きる道」は
非人間的な父親に育てられて
ロボットのような人間になった主人公が
妻に逃げられ
残された娘を育児することで
喜怒哀楽といった普通の感情を
一つずつ取り戻していくという趣向です。
最後には父親までが人間化します。

このように・・・一度、非人間的な主人公や
周囲の人間を描いておいて
誰でも「人間」に戻れる可能性があると
示唆していく手法です。

そしてその描き方が
なんとも緻密で上手いのですな。

悪魔としてはせっかく
魔道に引きずり込んだ人間を
回復させやがって・・・という気持ちでいっぱいになりますぞ。

しかし・・・純粋な人の子の気持ちというやつは
悪魔も号泣させるものですからねえ。

でっかい小学生から小さめの中学生まで。
浜辺美波も貴重な13歳でございます。

「天誅〜闇の仕置人〜」の第4話では
17歳の山谷花純が売春元締めのなんちゃって中学生やってましたけどな~。
ヒロイン(葵わかな)が15歳。
友達(森迫永依)が16歳。

やはり、女の子たちの戦いも大変でございます。typhoon

投稿: キッド | 2014年2月23日 (日) 00時44分

>疎外されたヒューマニズムの

なるほどー。その「キツイ」ところに現在のシュウカツやら正規非正規やらがピタリとはまって見てて辛い(けれども予定された死よりはつらくないはず?かどうか)わけですね狙い通りに……。


>「天誅〜闇の仕置人〜」の第4話では
>17歳の山谷花純が

『天誅』…ノーマークでした。観たかった。視聴者としての戦いに敗れつつあります(-_-;。

山谷花純を2010年の『ハンチョウ3』のゲストで初めて知って、『おひさま』で不完全燃焼させられて(苦笑)、『あまちゃん』でも同様……。どこかで準主役レギュラーで起用してー。『IS』は観ていましたが気づきませんでした。

投稿: 幻灯機 | 2014年2月23日 (日) 07時34分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

病院経営者は地方では名士・・・。
その息子に生まれて
医大受験に偏差値が届かないという
長男は後継者としてすでに落ちこぼれ。
ある意味では「もはや人間ではない」ということになります。
そのために・・・就職活動もどこか投げやりで
結果として・・・就職が出来ない。
しかし、自分より思いつめた同級生の自殺によって
「生きていること」を思い出す主人公。
その前向きな気持ちがさらなる障害である「余命宣告」にどのように
打ち勝つかという話です。
結構、設定が複雑でございましょう。

複雑な物語を毛糸のセーターを編み上げていくように紡ぐ・・・この脚本家はそういう点についていつも秀逸なのです。

山谷花純は友達のいない女の子に接近し
友達のフリをして下着の写真などを撮影して
それをネタに売春組織に引きずり込むという・・・
凶悪な中三を演じていましたぞ・・・。
先に毒牙にかかった森迫永依が勇気を出して
危機に陥ったヒロインを救うという展開。
ベタですが・・・さいはてのドラマとしては
なかなかです。

今季のドラマさいはて度ランキング

①ウシジマくん(主人公が犯罪者)
②僕のいた時間(主人公が余命宣告)
③明日、ママがいない(主人公が孤児)
④夜のせんせい(主人公が定時制高校の教師)
⑤天誅〜闇の仕置人〜(主人公がくのいち)
⑥ダークシステム(主人公が精神的に不自由な人)

五輪の季節でしたな・・・。typhoon

投稿: キッド | 2014年2月23日 (日) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/54806566

この記事へのトラックバック一覧です: 君(多部未華子)と別れた後で思い出す猫踏んじゃったを連弾した時間(三浦春馬):

» 僕のいた時間 第4話 [レベル999のgoo部屋]
「好きだからこそ…。涙の決断!!」 内容 病気の発覚を誰にも話せないまま、恵(多部未華子)と旅行した拓人(三浦春馬) そんななか、恵から介護のアルバイトをしながら資格取得をすると聞く。 複雑な思いを抱えながら、応援する拓人。 しかし、手の動きが徐々に不自...... [続きを読む]

受信: 2014年1月31日 (金) 07時38分

» 『僕のいた時間』 第4話 [美容師は見た…]
「今日で最後。。。もう会えない」そっちかぁ(ノд`;)ようやく病気を受け入れ考えたことは、恵のこと。大切な人ほど、早く話さなきゃいけないから…「病気が与えるものは辛さだけじゃないのよ」夫の看病経験もある、恵の母・翔子(浅田美代子)の言葉も、看て貰う側として複雑... [続きを読む]

受信: 2014年1月31日 (金) 09時57分

» 僕のいた時間 第4話★恵(多部未華子)に言い出せない拓人(三浦春馬) [世事熟視〜コソダチP]
僕のいた時間 第4話 ある夜、拓人のもとに母・佐和子(原田美枝子)から電話が入ります。 「拓人、大丈夫?」 自分の病気の事は誰にも伝えていないのに なぜ母が心配してるのか頭が整理できなくて「えっ?」と聞き返す拓人。 ところが母・佐和子は「陸ちゃん 変わりない? 電子ピアノ送ってくれって言うから。陸ちゃん何かうまくいかないことがあるとピアノに向かうことがあるから。だからちょっと気になっちゃって。」 彼女が心配しているのは弟・陸人(野村周平)のことでした。 相変わらず... [続きを読む]

受信: 2014年1月31日 (金) 11時34分

» 僕のいた時間 第4話:好きだからこそ…。涙の決断!! [あるがまま・・・]
別れちゃった…llllll(-ω-;)llllllガーン… 自宅で父親を介護してたらしいメグの母親の話を聞いた拓人。 初めて病気の事を知った時にどう思ったのか。 看病は大変だったのか。 出会わなければ良かったとは思わなかったのか。 それらの質問に、1つ1つ丁寧に答えるメグの母親...... [続きを読む]

受信: 2014年1月31日 (金) 16時21分

» 僕のいた時間 第4話 [ドラマハンティングP2G]
Story #4「好きだからこそ…。涙の決断!!」第四話あらすじ 2014.1.29 Wed On-Air フットサルをしていた拓人(三浦春馬)と繁之(斎藤工)のところに、恵(多部未華子)がやってきた。恵は、繁之に温泉旅行の土産を差し出し、介護のアルバイトをしながら資格を取るための…... [続きを読む]

受信: 2014年1月31日 (金) 17時14分

» 僕のいた時間 第4話 [エリのささやき]
友達失くすよと言われて、いないとは言えなかったね弟ちゃん^^; [続きを読む]

受信: 2014年1月31日 (金) 20時00分

« 淋しい気持ちを捜して(芦田愛菜)ポスト、あんたが妹さ(大後寿々花)時には両親のない子のように(優希美青) | トップページ | 他人のサイフからクレジットカードを抜き取って持ち去るのは犯罪です(山田孝之) »