« 愛と青春の平行世界(中村蒼)愛と宿命の多次元宇宙(桜井美南)愛と幻想のパラレルワールド(本郷奏多) | トップページ | 死者(大野いと)と生者(橋本愛)の心と心が今はもう通わない~ツナグ(松坂桃李) »

2014年2月24日 (月)

孫子・計篇に曰く、兵者詭道也・・・と軍師官兵衛篇は織田信長篇に合流(岡田准一)

つまり、支流が本流に合流してここから大河ドラマ・・・なのですな。

で、「孫子」の「計篇」からの引用である。

「計篇」は「孫子十三篇」の冒頭の一篇である。

「戦争は国の大事であるので・・・慎重に事を進めなければいけない。そのために五事七計が重要となる」

孫子では戦争の内容を分析するためのいくつかの指標をあげて・・・その大略を述べている。

その後で・・・戦争の本質を一言で示したものが・・・「戦争(兵)は策略(詭道)である」という言葉なのである。

まあ・・・身も蓋もないと言えばそれまでである。

後段はこう続く。

「準備万端が整っているのに準備不足のふりをしたり、すでに敵ののど元に刃を突きつけているのに平和的にふるまい、頭をなぐるとみせかけて急所を刺すのだ」

つまり・・・卑怯とか汚いとかは敗者の戯言ということである。

「おい、お前、試験勉強した?」

「してねーよ」

・・・というのが孫子の兵法の基本です。

で、『軍師官兵衛・第8回』(NHK総合20140223PM8~)脚本・前川洋一、演出・田中健二を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回の画伯は三十八行・・・おっ・・・少しだけ持ちなおした~。秀吉とおねのなんだかんだがややうけでございますかーーーーっ。しかし、今回は・・・すでに永禄四年(1561年)頃、死亡したと推定される武田の軍師・山本勘助(風林火山ヴァージョン)描き下ろしイラスト大公開で・・・お得なんだかどうだか不明でございますーーーーっ。一同大爆笑ですな。だから・・・プライベートな一同爆笑はコメント欄でやれと何度言えばっ。しかし・・・あくまでマイペースでお願い申し上げます。

Kan008 天正三年(1575年)五月、長篠の戦いで織田・徳川連合軍が武田勝頼を撃破。七月、小寺官兵衛、岐阜へ。・・・お、時の流れが止まった。夏の美濃国岐阜城下から夏の近江国長浜城下へ・・・西播磨国代表として小寺政職が織田家に誼を通じ、全権委任大使として小寺官兵衛は織田信長に拝謁。播磨国方面軍司令官として羽柴秀吉任命であるか。長篠の戦いで敗北した武田勝頼のために武田軍は敗色の兆し。設楽原から引き上げた織田信長軍は岐阜城で先勝祝いの際中である。なお、武田信玄の死はまだ秘されているが・・・主だった戦国大名には筒抜けだった。徳川家康軍は遠江国二俣城方面に攻勢をかける。長尾顕景は上杉景勝に改名、謙信より弾正少弼を譲位。北条氏政も小山秀綱の下野国祇園城を攻め落とした。美濃国岩村城の武田軍所属・秋山虎繁・織田つや夫妻の命は風前の灯となる。信長・嫡男・信忠は包囲戦に突入。岩村城落城後、夫妻を長良川の河原で逆さ磔の極刑に処す。一説によれば信忠は大伯母おつやの助命を嘆願したが聞き入れられなかったという。岩村城攻城中の八月、信長は兵三万による越前一向一揆平定戦を開始する。参戦武将は・・・佐久間信盛、柴田勝家、滝川一益、羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、簗田広正、細川幽斎、原田直政、蜂屋頼隆、荒木村重、稲葉良通、稲葉貞通、氏家直昌、安藤守就、磯野員昌、阿閉貞征、阿閉貞大、不破光治、不破直光、武藤舜秀、一色義定、粟屋越中守、逸見駿河守、織田信孝、津田信澄、織田信包、織田信雄などである。

つまり、官兵衛の岐阜訪問は・・・長篠の戦いと岩村城包囲戦、そして越前一向一揆平定戦の間隙を縫って行われています。

なお、近江国小谷城から長浜城は城下そのものが引っ越し中で物凄い修羅場になっています。

「播磨国・小寺官兵衛殿」

「であるか」

播磨国の地図と「中国攻略の策」を献上し、お土産に名物「圧切長谷部」(国宝)をもらった官兵衛は栗山善助、母里太兵衛、井上九郎右衛門ら少数の家来とともに、取次(上司)となった羽柴秀吉の領地・近江国長浜城を訪れる。

案内役はすでに死相の浮かぶ石田佐吉だった。

琵琶湖湖畔の長浜城下は大賑わいである。

「いかがですやろ」

「なんとも祭りのようでござるな・・・」

「わが殿(秀吉)が滅ぼした浅井家の小谷の城をつぶして、城下町ごとこの地に移築しておりますのや」

「城も町もでござるか」

「そうです。石も木も解体して運搬し組み立て直します」

「はあ・・・」

「織田家の武将は皆、建築が得意なのです」

「工事は来年までに終わらせますが、秋には越前攻めの戦がありますので・・・戦支度を急ぐ必要があります」

「越前を・・・」

「本願寺門徒がうるそうてかないませんからな」

「一向一揆でござるか」

「そうです。上様(信長)の戦は年中無休でかないませんわ」

「年中無休・・・」

「そうです・・・天下布武の日程に滞りがあってはならぬのですわ」

「日程・・・」

「はい・・・春は遠江、秋は越前ですわ。おそらく播磨は来年か、再来年になるのとちゃうやろか」

「え・・・」

「ま、我が殿におまかせあれば大船にのった気持ちで祝着のことと存じます」

「・・・」

官兵衛一行は秀吉に歓待された。

その宿に女旅芸人が忍んでくる。くのいちのお国だった。

「国元はどうか・・・」

「毛利と織田の忍びが暗躍して・・・にぎやかでございまする」

「そうか・・・」

「播磨の忍びなど・・・なかなか・・・手を出せませぬ・・・」

「手出しは無用だ・・・黒田の忍びも伊吹の忍びもしばらくは大人しくしているがよかろう」

「勘兵衛様も痛い目に遭いましたな」

「うむ・・・黒田忍びを岐阜城下に放ったが全員・・・戻って来ぬ」

「ここでもお控えあそばされ」

「秀吉殿も忍びか・・・」

「猿飛佐助の名を知りませぬか・・・」

「なんと・・・そんな・・・」

「長浜は・・・名うての真田忍軍で満ちておりまするぞ・・・」

「そうか・・・それでは武田に勝ち目など最初から・・・」

「・・・あ」

すでに官兵衛の身体はお国の中にある。

長浜の夏の夜は更けていく。

天正三年、真田昌幸の側室・菊の父・尾藤(宇多)頼忠はすでに羽柴秀吉の配下となっている。

尾藤(尾張の藤原氏)一族は小笠原、今川、武田と渡り歩いた信濃忍びの一族である。

関連するキッドのブログ→第7話のレビュー

天地人の天正三年

|

« 愛と青春の平行世界(中村蒼)愛と宿命の多次元宇宙(桜井美南)愛と幻想のパラレルワールド(本郷奏多) | トップページ | 死者(大野いと)と生者(橋本愛)の心と心が今はもう通わない~ツナグ(松坂桃李) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/55113866

この記事へのトラックバック一覧です: 孫子・計篇に曰く、兵者詭道也・・・と軍師官兵衛篇は織田信長篇に合流(岡田准一):

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術8信長に播磨平定が中国攻めの道と説き、秀吉とは意気投合して生き抜く為の後ろ盾を得た [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「軍師官兵衛」第8話は官兵衛は信長に謁見し信長に播磨を抑えれば中国攻めが有利になると論じ、信長も官兵衛の考えと自身の考えが一致した事で官兵衛に名刀を与え、秀 ... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 06時05分

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第8回 [日々“是”精進! ver.F]
人は、宝… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402230001/ 【送料無料】絶対絶対めげない男黒田官兵衛の行動原理 [ 鳥越一朗 ]価格:735円(税込、送料込) [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 06時40分

» 軍師官兵衛 第八回 [レベル999のgoo部屋]
『秀吉という男』 「秀吉という男〜乱世の英雄との出会い!」 内容 政職(片岡鶴太郎)を説得し、織田家につくことが決まった小寺家。 その使者として岐阜城を訪れることになった官兵衛(岡田准一)は 信長(江口洋介)への謁見を許される。 織田家家臣団を前に、官兵...... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 07時36分

» 第8回 「秀吉という男」とりあえずの感想 [軍師官兵衛-NHK大河ドラマ-プラットホーム]
 ちょうど、今、ドラマ黒田官兵衛「第8回 秀吉という男」が終わった。  目の前には、発泡酒「喉ごしの生」350リットル2缶と麦焼酎「いいちこ」200ミリリットルが転がっている。  嫁さんとドンパチをやらかして、インターネットカフェに逃げ込み、酒を飲みながら、一人、官兵衛を観たあと、頭のさめやらぬ間にと、パソコンにこうして向かい合っている次第である、  それにしても、このインタ...... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 09時05分

» 【軍師官兵衛】第8回 「秀吉という男」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
官兵衛(岡田准一)は岐阜城を訪れ、信長(江口洋介)に謁見。 明智光秀(春風亭小朝)ら織田家重臣たちが居並ぶ緊張と信長の鋭い視線にさらされる中、 必死の思いで播磨攻略法を説く。 官兵衛を気にいった信長は名刀を授け、播磨攻めの総大将に秀吉(竹中直人)を任命する。 秀吉は、官兵衛を自身の居城・長浜城に連れて行き、妻・おね(黒木瞳)や石田三成(田中圭) らと引き合わせ、夜が更けるまで語...... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 13時57分

» 軍師官兵衛 第8回「秀吉という男」 [あしたまにあーな]
前回前置きがあった信長との初対面から物語は始まります。事前に信長から大変気に入られたということを知っていたので、どれだけ素晴らしい説得を行うのか気になっていたのですが結果的には予想の範囲内でした。分析は非常に的確なのですが、もう少し洞察力のある説明があるとよかったのになと感じてしまいます。 官兵衛に対してもの凄く期待してしまった結果なのですが、それだけのことを言ってくれるのではという思いがあったのも事実。次回からもっと試練が待っていそうなので、そのような場面で視聴者に「こいつ、すごい」と思わせるよう... [続きを読む]

受信: 2014年2月24日 (月) 21時57分

« 愛と青春の平行世界(中村蒼)愛と宿命の多次元宇宙(桜井美南)愛と幻想のパラレルワールド(本郷奏多) | トップページ | 死者(大野いと)と生者(橋本愛)の心と心が今はもう通わない~ツナグ(松坂桃李) »