« 監督の強打の指示に逆らってバントする選手って最高だ(二宮和也) | トップページ | 地獄の沙汰も金次第ですよ(小林薫)あの世に金なんか持っていけんのじゃ(尾野真千子) »

2014年6月16日 (月)

今はただ怨みもあらじ諸人の命に代わる我が身と思えば・・・と別所長治(岡田准一)

説明不要の責任者が自己犠牲に酔った辞世である。

二週連続辞世かよっ。

主君が家臣に名前の一部を与えることを諱と呼び、ある種の褒美にあたる。

別所長治の長は織田信長の長である。

信長は臣従した別所の総領に諱を与えて厚遇したのである。

しかし・・・情勢判断を誤った別所家家臣団は・・・主君を自害に追い込んだのである。

では・・・別所長治は誰を怨んだのだろうか。

敵対した織田家か・・・。

それとも謀反を唆した家臣団か。

あるいは謀反をさせながら援軍をよこさなかった毛利家か・・・。

まあ・・・敗軍の将は自分の不明を恥じるべきなのだろう。

ザックもまた然りである。

7回勝てば優勝じゃなかったのかよっ。

信長は前年の天正7年9月、娘婿である松平信康を実の父・徳川家康に命じて切腹させている。

二年連続・・・諱を与えたものを切腹させた信長・・・第六天魔王の面目躍如である。

で、『軍師官兵衛・第24回』(NHK総合2014061508PM8~)脚本・前川洋一、演出・大原拓を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は13行で・・・クララが立ったじゃなくて・・・官兵衛が立ったじゃなくて・・・一行増えたのですが・・・しかし、イラストは渾身の織田信長地獄の帝王黒田官兵衛地獄の使者の豪華二大描き下ろしでお得でございます。地獄の悪約プロレスラーのタッグチームでございますねえ。しかし・・・せっかく悪の官兵衛登場で盛り上がりを見せたのも一瞬、青面獣のように大きな痣を残せばいいのに・・・どんどんきれいになっていくメイクとともに・・・いつものお人よし官兵衛に逆戻り・・・一回で終わりかよ・・・どんだけ悪の持続力ないんだよ・・・でございました。なんかもう・・・「乾杯戦士アフターV」と大差ないドラマのクオリティーだな。だし(桐谷美玲)の怨霊アンコール出演が唯一の救いだな。ふう・・・だからためいきはコメント欄でつけと何度言えばっ。

Kan024天正八年(1580年)正月、三木城に籠城中の別所長治は・・・包囲中の羽柴秀吉軍の降伏勧告を受け入れ、城主・長治、正室の波多野照子、嫡子・千松丸、弟・友之ら一族の自害によって開城となった。摂津の有岡城、丹波の黒井城という連携相手を失い孤立しての憤死である。まあ、ある意味三国同盟でイタリア、ドイツに先に降伏された帝国のような運命である。欲しがりません勝つまではなどと言い出したらまず勝たないのである。波多野氏、荒木氏、別所氏の降伏により、孤立した石山本願寺の顕如は正親町天皇からの調停による和議に応じる。四月、顕如は紀伊国に退去し、本願寺残党は口惜しさ余って放火し、石山本願寺は灰燼に帰する。寺に火をつける罰あたりな坊主たちだったのである。荒木村重は有岡城から尼崎城、尼崎城から花隈城と後退しながらなおも抵抗を続けている。七月、花隈城を織田軍の池田一族が落城させ、ついに村重は落ち武者となった。それでも村重は生きのびるのだった。八月、近畿戦線の終結を見定めた信長は積年の怨みを込めて老臣・佐久間信盛を高野山に追放する。よほど無能だったのだろう。もちろん・・・本願寺攻略戦において荒木村重の謀反を招いた監督不行き届きが根本にあったと考えることができる。十一月、かって・・・信長への謀反歴がある柴田勝家は・・・蒼ざめて加賀一向一揆を制圧し、能登国・越中国にも侵攻した。よほど信長の目がこわかったのだろう・・・。ついに信長は東西両面作戦が可能な局面に到達したのだった。東の武田、西の毛利は風前の灯となった。西に羽柴秀吉、東に徳川家康。信長の両サイドは完璧な布陣になっていた・・・。

小寺藤兵衛政職は播磨灘を望む名もなき浜辺に潜伏していた。

毛利家の使者を名乗る草のものが手引きして・・・ここまで逃亡してきたのである。

怯える小動物のような表情を浮かべて、藤兵衛は身をすくめていた。

「舟の準備ができました・・・」

「さようか・・・」

「後は舟の揺れにまかせて落ちるがよろしかろう・・・」

「儂はどこへ参るのかのう・・・」

「もはや播磨には小寺様に同心するものはおりませぬゆえ・・・安芸に向かうのでございます」

「毛利は・・・儂を受け入れてくれるのか」

「もちろんでございます・・・なにしろ・・・敗れたといえども・・・小寺家は毛利のお味方・・・」

「そうじゃのう」

その言葉にようやく安堵して・・・藤兵衛は浜辺へ出た。

いかにも頼りなげな小舟が待っていた。

「その方は・・・参らぬのか・・・」

「拙者にはまだ草としての役目がありますれば・・・後は船頭がご案内しますので・・・」

藤兵衛は単身だった・・・一族郎党はすでに離散している。

やがて憐れな藤兵衛を乗せた小舟は沖へと漕ぎだし・・・たちまち視界から遠ざかる。

「はてさて・・・何の手柄もなきものを・・・毛利はどうするかのう・・・」

忍びの者は仮面を取り出した。

竹中半兵衛の命により・・・藤兵衛の脱出を手助けしたのは赤影であった。

播磨国に藤兵衛を残しておいては支障が出ると・・・今は亡き半兵衛は読んでいたのである。

官兵衛に独立を促し、秀吉の陣に加えることが・・・勝利への道だった。

赤影は半兵衛の未来予測の真髄を疑う気はなかった。

忍びのものは・・・ただ命に従うまでと思い定めているのだ。

播磨の浜辺を風が渡って行った。

安土城天主の間。

信長は葉蔵を呼んだ。

しかし、現れたのは忍びの一族・・・森の乱丸である。

「いかがした・・・」

「葉蔵は・・・老いによりて死にましてございます」

「であるか・・・」

「この乱丸が御用を承りまする」

「・・・」

信長は心に幽かに揺らぐものを感じる。

それは信長の感傷だった。

(あれも死ぬまでよう働いた)

言葉にならぬ思いがほんの一瞬、信長に沈黙を強いた。

関連するキッドのブログ→第23話のレビュー

|

« 監督の強打の指示に逆らってバントする選手って最高だ(二宮和也) | トップページ | 地獄の沙汰も金次第ですよ(小林薫)あの世に金なんか持っていけんのじゃ(尾野真千子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/56513134

この記事へのトラックバック一覧です: 今はただ怨みもあらじ諸人の命に代わる我が身と思えば・・・と別所長治(岡田准一):

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術24ついに播磨平定!官兵衛は小寺から晴れて独立し一大名として再出発した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「軍師官兵衛」第24話は戦線に復帰した官兵衛は早速2年間籠城戦をしている三木城の別所長治の降伏に成功させる。一方裏切った小寺政職は御着城を逃げ出し、途中で官 ... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 05時36分

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第24回 [日々“是”精進! ver.F]
地獄からの使者… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406150000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック...価格:3,348円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 05時37分

» 『軍師官兵衛』第24話「帰ってきた軍師」★信長vs怨霊だし(桐谷美玲) [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第24話「帰ってきた軍師」 三木城が落ちておののく小寺政職(片岡鶴太郎) 江田善兵衛が「ご城主 長治殿をはじめ別所一族は全てご自害。引き換えに家臣たちの命は救われたそうにございます。殿も…ご覚悟を!」 覚悟を決められない小心者の小寺政職は「わしに腹を切れと言うのか!?代々目をかけてやった恩を忘れたか!ああ?わしは腹など切らんぞ!」 不細工だけど、人間だからこんな風に死ぬのが怖い武将がいるのもアリかな。 江田善兵衛「腹を切ると仰せであれば斎(いつき)様だけは... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 11時40分

» 【 軍師官兵衛 】第24回 「帰ってきた軍師」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と 三木城の別所氏のみとなった。 官兵衛(岡田准一)は見事に三木城を開城させるが、その人が変わったような 冷徹さに秀吉(竹中直人)ら周囲は驚く。 一方、政職は城を放棄し逃げ出すが、善助(濱田岳)ら黒田家家臣に捕えられる。 かつて己を裏切り幽閉へと追い込んだ張本人・政職に怒りをあらわにする黒田家の 家臣達。そこに...... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 13時49分

» 軍師官兵衛 第二十四回 [レベル999のgoo部屋]
『帰ってきた軍師』 「“帰ってきた軍師”地獄の使者に変身?」 内容 有岡城の陥落で、播磨で残るは、三木城と御着城となった。 その三木城は、織田軍による兵糧攻めにより陥落寸前。 そんななか、使者として官兵衛(岡田准一)がやって来て、 城主・別所長治(入江甚儀...... [続きを読む]

受信: 2014年6月16日 (月) 18時32分

» 【軍師官兵衛】第24回感想と視聴率好調♪「帰ってきた軍師」 [ショコラの日記帳・別館]
「帰ってきた軍師」 第24回の関東の視聴率は、前回の16.0%より大幅に上がって [続きを読む]

受信: 2014年6月18日 (水) 17時12分

« 監督の強打の指示に逆らってバントする選手って最高だ(二宮和也) | トップページ | 地獄の沙汰も金次第ですよ(小林薫)あの世に金なんか持っていけんのじゃ(尾野真千子) »