« 地獄の沙汰も金次第ですよ(小林薫)あの世に金なんか持っていけんのじゃ(尾野真千子) | トップページ | ねえ、待ってよ、仲間にしてよ、僕、強くなるから・・・仲間にしてよ、磁石男(相武紗季) »

2014年6月18日 (水)

彼と彼の妻とキャンピングカーと私~55歳からのハローライフ(長谷川博己)

幻想譚である。

幻想というのは基本的に心の病なのである。

この世に存在しないものをあると思うことは心の病だからである。

もちろん・・・そういう意味ではすべての人間は心の病にかかっている。

この世に存在しないものをあると思わない人間はいないからである。

だが・・・人々は思う。

この世にあるものとないものの区別は出来ている。

だから病んでいるわけではない・・・と。

しかし・・・たとえば愛。

そんなこの世には影も形もないものをあると信じてしまう人は多いのである。

で、『土曜ドラマ 55歳からのハローライフ 第1回 キャンピングカー』(NHK総合20140614PM9~)原作・村上龍、脚本・大森寿美男、演出・加藤拓を見た。大手家具メーカーの敏腕営業マンだった富裕太郎(リリー・フランキー)は勤務先を55歳で早期退職し・・・妻の凪子(戸田恵子)とともに退職金を費やしたキャンピングカーで悠々自適の旅に出る・・・太郎は美味しいコーヒーを飲み、絵を描くことを生きがいとしている凪子は時折、スケッチブックを開く。そこへ・・・見知らぬ男がやってくる。

「阿立と申します」と男(長谷川博己)は名乗った。

「素晴らしいキャンピングカーですね」

「ええ・・・」

「これでもう長い間、旅をしているんですね」

「いえ・・・」

阿立の質問に戸惑う太郎。

いつしか、太郎は回想の世界に入って行く。

「退職金でキャンピングカーを買うつもりだ・・・一緒に旅をしよう」

太郎は妻の凪子が当然、賛成してくれるものと思っていた。

少なくとも喜んでくれるはずだと考えていた。

しかし・・・妻の反応は鈍い。

「もう・・・買ってしまったんですか」

「いや・・・手付金を払っただけだ」

「私は・・・反対です」

「なんで・・・」

「なんでって・・・子供たちの結婚資金のこともあるし・・・第一、私は長い休みはとれないのです。絵画教室の付き合いもありますし・・・」

子供たちはまだ未婚だったが独立している。

長男の進武(橋爪遼)は「父さんの好きにすればいい」と賛意を示してくれた。

しかし、長女の美貴(市川実日子)は「お母さんの気持ちを考えてあげて」と難色を示す。

「母さんの気持ちって・・・」

「家計は母さんにとって大事なんじゃない・・・第一、父さん・・・ずっと遊んでいるわけ?」

「人を怠け者みたいに言うな・・・」

「じゃ・・・再就職のことも考えてみたら・・・旅は仕事があったって行けるけだし・・・」

「それじゃ・・・意味がないんだよ」

「仕事をしないで旅をすることに意味があるの・・・?」

「いや」

「じゃ・・・再就職にチャレンジしてみれば・・・」

自由に旅をするはずが・・・いつの間にか就職活動をしている太郎だった。

そして・・・思いの他・・・再就職は難航するのだった。

太郎の学生時代からの親友・駒野(ピエール瀧)はアドバイスする。

「俺たちは会社が沁みついてるんだよ・・・会社があったからそれなりの立場があるんだ・・・知らず知らずに上から目線になってるんじゃないのかな」

恐ろしい現実の壁に立ちすくむ太郎。

「英語が中国語ができますか。女性社員を部下に持った経験は? セミナーなどで講師をされた経験はありますか。プラインド・タッチはできますか。何か資格をお持ちですか」

キャリアカウンセラーの仲西(小林高鹿)の質問は太郎を追い込む。

「あの若造に・・・将来の夢について作文書かされたんですよ・・・屈辱です」

同じく再就職にチャレンジしている大手企業退職者の林(田山涼成)はぼやく。

いつしか・・・心身が不調になっていく太郎。

夜は眠れず・・・食は喉を通らない。

隣の家の飼い犬の吠え声が気になってしょうがない。

「ワンワンワンワンワンワン」

「あああああああああああ」

ついに錯乱する太郎だった。

そして・・・心療内科を受診する太郎。

担当医は・・・亜立だった。

「私は・・・心の病でしょうか・・・」

「驚かれるかもしれませんが・・・あなたは少し驚いているのです」

「え・・・」

「奥様に・・・大切にしている自分の時間があった・・・ということにです」

「・・・」

「そんなこと・・・と思われるでしょうが・・・人間は自分の信じている現実が現実ではなかったと知ると激しくショックを受けるものなのです」

「・・・私はどうすればいいのでしょうか」

「あるがままを受け入れることですよ・・・あなたがあなたの時間を生きているように・・・奥様も奥様の時間を生きている・・・ただそれだけのことです」

太郎は・・・凪子を捜した。

凪子は近所の公園で・・・絵を描いていた。

「コーヒー煎れて来た・・・飲むかい」

「ありがとう・・・」

「しばらく・・・君が絵を描くところを・・・見ていていいかな」

「・・・どうぞ・・・お好きなだけ・・・」

太郎は気がつく。

これが現実で・・・キャンピングカーで旅している自分は・・・幻想だったのだと。

それでも・・・太郎はキャンピングカーで旅をする夢を見る。

いつか・・・それが・・・現実になるのかどうか・・・今の太郎には分からなかった。

こんな調子で・・・後四回やる気らしい。オムニバス形式だから・・・ま・・・キャスト次第では堪能できるかもね。

関連するキッドのブログ→MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜

|

« 地獄の沙汰も金次第ですよ(小林薫)あの世に金なんか持っていけんのじゃ(尾野真千子) | トップページ | ねえ、待ってよ、仲間にしてよ、僕、強くなるから・・・仲間にしてよ、磁石男(相武紗季) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/56533667

この記事へのトラックバック一覧です: 彼と彼の妻とキャンピングカーと私~55歳からのハローライフ(長谷川博己):

» NHK土曜ドラマ『55歳からのハローライフ』第1話 [レベル999のgoo部屋]
「人生の再出発・村上龍原作ドラマ」 『キャンピングカー』 内容 定年退職になったら、キャンピングカーを買って旅に出る。 そんな夢を持つ、敏腕営業マンの富裕太郎(リリー・フランキー)は、 58歳にして、早期退職を選んだ。 会社を辞めた、その日の夕食。 妻・...... [続きを読む]

受信: 2014年6月18日 (水) 17時47分

» 55歳からのハローライフ TOP [ドラマハンティングP2G]
NHK総合テレビジョン「土曜ドラマ」枠(毎週土曜日 午後9時~9時58分)で2014年6月14日から7月12日の5回シリーズで放送中。週替わりで一つのエピソードを描くオムニバス形式で、主演者も週ごとに変わるスタイルになっている 原作 『55歳からのハローライフ』(55さいから…... [続きを読む]

受信: 2014年6月18日 (水) 17時59分

» 長谷川博己 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 [Nowpie (なうぴー) 俳優・女優]
長谷川博己 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2014年6月22日 (日) 09時12分

« 地獄の沙汰も金次第ですよ(小林薫)あの世に金なんか持っていけんのじゃ(尾野真千子) | トップページ | ねえ、待ってよ、仲間にしてよ、僕、強くなるから・・・仲間にしてよ、磁石男(相武紗季) »