« 一人殺せば何人殺しても同じこと(財前直見) | トップページ | さらぬだにうちぬるほどもなつのよのわかれをさそうほととぎすかな・・・とお市の方(二階堂ふみ) »

2014年8月 3日 (日)

近キョリ恋愛〜Season Zero〜女子生徒はみんな彼女だと思っている(山下智久)

谷間でございます。

秋公開の映画のスピンオフを夏の深夜にだらだらとやる・・・すごい作戦だな。

しかも、山Pファンの皆様がいつでるかわからない・・・現代の櫻井ハルカを待ち続けるという阿漕な展開である。

時々、ナレーションが挿入されたりするので・・・聞き逃すこともできないのだった。

まあ・・・いいと思います。

ついに教師役の山Pが登場する時代になったんだな。

山下智久も二十代の終りなんだなあ。

で、『近キョリ恋愛〜Season Zero〜・第1回~』(日本テレビ201407200050~)原作・みきもと凜、脚本・松田裕子、演出・河合勇人(他)を見た。超弩級の少女マンガテイストである。2014年10月公開の映画「近キョリ恋愛」の前日談という形式で・・・第一回は高校の英語教師である櫻井ハルカ(山下智久)が登場する。

女子生徒「恋人はいますか?」

ハルカ「います」

女子生徒「どんな人ですか?」

ハルカ「明るくて笑顔が似合う素敵な人です」

女子生徒「それは誰ですか」

ハルカ「この学校の女子生徒全員です」

・・・というようなバカヤローな教師なのである。

本編には未登場だが・・・生徒の一人・枢木ゆにと禁断の恋を展開するのが映画の主題である。

ゆにを演じるのは映画「渇き。」(中島哲也監督)でキスをしまくっていた小松菜奈である。

予告編でも壁ドンであわやキス・・・という展開なのだった。

まあ・・・少女マンガでございますから~。

ハルカの勤務する西泉高校の男子生徒(岡山天音)からは「イケメンとしてアドバイスをお願いします」などと言われ「明日の来ない今日もある・・・今日やれるならやっておけ」などと応じるハルカなのである。

そんなハルカに着信があり・・・血の繋がっていない姉の凛々子の結婚式が知らされる。

そして・・・ハルカは忘れられない17歳の頃の回想に誘われる。

するとハルカは阿部顕嵐になってしまうのだった。

17歳の山下智久を知っているので物凄く違和感があるわけだが・・・そんなことを言っていたらドラマを楽しめないのでご注意ください。

母親の再婚相手の娘である凛々子(足立梨花)はハルカと一緒に暮らしたこともあるが・・・現在は両親と米国在住。

ハルカは高校生だが一人暮らしをしていた。

しかし・・・恋人に会うために凛々子が帰国。

血のつながらない年上の女と一緒に暮らすことになるハルカ。

そんなハルカに思いを寄せる幼馴染で同級生の女子・滝沢美麗(石橋杏奈)は「ハルカに送信しないメール」を書くような片思い中なのだった。

時の彼方で女子高校生と恋愛する教師になるハルカだけに・・・その恋もせつなさに満ちています。

一方、米国で知り合った美大の講師・橘将吾(永山たかし)には坂井麻理恵(久慈暁子)という恋人がいて・・・凛々子の恋も前途多難なのだった。

まあ・・・青春恋愛少女マンガです。

ちなみに・・・なんちゃって高校生の石橋杏奈は22歳。「第31回ホリプロタレントスカウトキャラバン」(2006年)のグランプリ受賞者である。

ついでに・・・足立梨花は21歳。「第32回ホリプロタレントスカウトキャラバン」(2007年)のグランプリ受賞者なのだ。

つまり、グランプリ受賞者の豪華共演で・・・年下の方が年上の女を演じ、おへそも出しているのである

しかし・・・違和感はまったくないぞ。

とにかく、少女マンガドラマとしては素晴らしい出来栄えだと思う。

まあ・・・これ以上、語ることはありません。

関連するキッドのブログ→金田一耕助VS明智小五郎

Kin001ごっこガーデン・禁断の教師と女生徒のセット。エリついに山P先輩が先生になる時が来たのでスー。教壇に立って英語をペラペラと話す山P先生にときめかない女子高生がいるでしょうか・・・いやいないなのでスー。壁ドンからのキスにメロメロになりまスーまこじいや~、壁の補強工事をちゃんとしないと大変なことになりましゅよ~・・・エリ姉ちゃんはロイドに壁をたたかせまくるに決まっているのでしゅから~

|

« 一人殺せば何人殺しても同じこと(財前直見) | トップページ | さらぬだにうちぬるほどもなつのよのわかれをさそうほととぎすかな・・・とお市の方(二階堂ふみ) »

コメント

キッドさん、こんにちはwink

阿部顕嵐くんの17才山Pですが、
私の周りの山Pファンには、
概ね好意的に受け入れられていますよ。
よく、ここまで似せてきたね!、とshine

似せてきたと言えば、
石橋杏奈ちゃんの水川あさみぽさにはびっくりです!
「LIFE!」でのコメディエンヌ姿も楽しいし、
これからが楽しみな女優さんですねcatface

そういえば、「渇き。」を見たせいで、
映画予告の小松菜奈ちゃんに、
「その子、普通の女子高生じゃないよ。騙されているよ」
と思ってしまうのですが、こちらもクロサギでしたわsweat01
(もう8年も前なんですねー)

小悪魔系まめりんも可愛いし、
とにかく映像は綺麗だし、
少女マンガとしては、大満足ですhappy02

毎日、暑い日が続きますねえ~
「アオイホノオ」の暑苦しさが癖になるこの頃ですが、
キッドさんもお身体ご自愛くださいませpenguin

投稿: mi-nuts | 2014年8月 3日 (日) 16時25分

crown✭クイーン・オブ・ザ・ランチ✭mi-nuts様、いらっしゃいませ✭親切百回接吻一回✭parking

ふふふ・・・阿部顕嵐くんの17才山P・・・
言わば試練の配役ですなあ。
帝国のファンの皆様が
暖かい目で見守るというのは
心温まるお話でございます。
キッドはまだ山P本人のなんちゃって高校生で
充分な気もしますが・・・。
さすがにアラサーですからな。

石橋杏奈の潜伏期間もかなり
長かったわけですが
最近、バリバリと出撃してますねえ。
「LIFE!」では
お嬢様から眉毛つながりメイクまで
なんでもできるキャパの広さを
見せつけておりますな。

息の長い脇役美少女という
独特のポジションもいよいよ
終焉かもしれません。

「受験の神様」で
成海璃子の親友役をやってた頃が懐かしゅうございます。

ふふふ・・・小松菜奈ちゃんも
凄みを感じさせる美少女ですな。

はたして・・・山P先生とどんな禁断の愛を
展開するのか楽しみですな。

青春篇のまめりんは物凄い存在感ですが
現代篇にそのまま出てきても
年齢を超越できる・・・何かがありますな。

片思いの美麗の揺れる心・・・。
まさにこれぞ少女マンガですなあ・・・。

すでに苦手の夏で
半分溶けかかっている今日この頃。
暑中お見舞い申し上げます。

あつい・・・あついのか・・・夏があついのか
それともおれが・・・おれのこころがあついのか
アオイホノオでもえあがっているのかあああああsun

投稿: キッド | 2014年8月 3日 (日) 21時52分

じいやさま、暑中お見舞い申し上げます♪

このような映画があるとはつゆ知らず、
家族狩りで遊びに来たのに
こちらに引き寄せられてましたわ^^;

それにしても高校教師なんて、
ぐふぐふ・・鼻血ブーってか、
妄想ではちきれそう===

壁ドンって・・まこちゃまってばぁ。
そうね念には念いれてダイヤで補強しちゃいましょう。
傷つきやすいけれど硬度は最強ってことで~^^;
PSENPAIにぴったりでしょ。

じいやちゃま、暑すぎて脳みそとろけてませんか。
この際、ドンペリのかき氷にしちゃいましょ!
ちょっとアル風味が強いので
まこちゃまにはいちご練乳にしときますね♪

投稿: エリ | 2014年8月 4日 (月) 19時52分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

暦の上ではまもなく立秋でございますが
まだまだ暑い日々が続く模様でございます。
お嬢様におかれましても
熱中病にご注意くだされませ。

「コードブルー」のドクター
「金田一」の探偵に続いて
ついにティーチャーPSENPAIの登場でございますね。

3年B組山P先生みたいなものも
ありだと思いますが
ここはやはり
生徒との禁断の恋愛ものですな。
原作は大ヒットコミックなので
胸キュン確実なのでございましょう。

は、ただ今、壁は超合金使用の
ゴジラがたたいてもこわれない仕様に改造中です。
100カラットのダイヤをちりばめて
ムード満点に仕上げますぞ~。

この壁はまこ様のお勉強部屋の脱出防止用にも転用する予定でございます。

壁ドンは日本文化だそうでございますから~。
存分にお楽しみくださりませ~typhoon

投稿: キッド | 2014年8月 4日 (月) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/56974037

この記事へのトラックバック一覧です: 近キョリ恋愛〜Season Zero〜女子生徒はみんな彼女だと思っている(山下智久):

» 近キョリ恋愛〜Season Zero〜 各話あらすじ [ドラマハンティングP2G]
#2 2014/07/26 O.A ハルカ(阿部顕嵐)の家に一緒に住むことになった凛々子(足立梨花)。 今までハルカへの気持ちを隠してきた美麗(石橋杏奈)は、凛々子の恋愛体質を見習いたいと純粋に思う一方、 ハルカと凛々子が一つ屋根の下に暮らすことに不安を覚える。 その頃、…... [続きを読む]

受信: 2014年8月 3日 (日) 22時51分

« 一人殺せば何人殺しても同じこと(財前直見) | トップページ | さらぬだにうちぬるほどもなつのよのわかれをさそうほととぎすかな・・・とお市の方(二階堂ふみ) »