« 化学は化け物学ではありません(桐谷美玲)管狐・・・逃げた(山本美月)地獄先生ぬ〜べ〜(丸山隆平) | トップページ | 31歳 独身です(錦戸亮)ごめんね青春! (波瑠) »

2014年10月13日 (月)

人生七十力囲希咄吾這寶剣祖佛共殺堤る我得具足の一太刀今此時ぞ天に抛・・・と茶聖・千利休(岡田准一)

利休こと千宗易は天正十九年(1591年)、秀吉から切腹申しつけられ、これに従う。

信長の茶の湯の師匠だった利休は政治と風流を融合させて独自の境地を開いた。

知性と教養を供えた信長にとって利休は道具に過ぎなかったが、利休はそれに甘んじることができた。

しかし、秀吉には教養がなく、利休は己を抑えることができなくなっていったのである。

秀吉は信長同様に利休を道具として使おうとしたが果たせず、殺すしかなくなってしまったのだった。

死の前日、利休は当然の如く、それを察し、遺偈を残したのである。

「私は七十歳になりました。あっと言う間のことでした。私の実力は神も仏も畏れぬものでございます。私が本気を出せば敵するものなどありません。しかし、それを今、捨て去ることにいたします」

利休は天下人となった秀吉に・・・無償の愛を捧げたのである。

己が晒し首にした天下一の茶人に愛されていたことを知った秀吉はさめざめと泣いた。

で、『軍師官兵衛・第41回』(NHK総合20141012)脚本・前川洋一、演出・藤並英樹を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は微増の27行。まあ、豊臣秀長、豊臣鶴松という秀吉にとって肉親中の肉親が死ぬ。その中間に赤の他人が挟まっているところが人生の妙であり・・・史実とはいえ・・・どう描いてもそれなりに情念が伝わってきますからねえ。そして・・・ついに茶聖・千利休の描き下ろしイラスト大公開で感無量でございますねえ。まあ・・・信長が天才とすれば、利休は奇才・・・老いて、頑固になり、風狂が過ぎてしまったということなのでしょう。それはそれで漢(おとこ)の人生でございますなあ。

Kan041天正十八年(1590年)七月、北条氏政・北条氏照は切腹して果て、高野山に追放された北条氏直は天正十九年(1591年)に一万石を与えられ大名となるが十一月に病死する。ここに後北条氏はほぼ滅亡した。これにより、秀吉はほぼ天下統一を完成する。しかし、小田原征伐についに参加することの叶わなかった病床の秀吉の弟・秀長は天正十九年一月に病没し、織田・豊臣政権を通じて影の外交官となっていた千利休は二月に秀吉に死を賜る。天下統一の最後の仕上げと言える奥州仕置の最中、九戸氏が反乱し、秀吉は豊臣秀次に鎮圧を命じる。徳川家康・前田利家・上杉景勝、伊達政宗らは九月に九戸氏を降伏させた。反乱鎮圧の途中の五月、豊臣鶴松は病死する。十二月、秀吉は秀次に関白職を継承させる。半島経由での大陸侵攻を企画した秀吉は朝鮮通信使に対し服属交渉を開始する。しかし、李氏朝鮮は列島からの侵攻を現実のものとして把握することが困難であったため交渉は決裂する。秀吉はすでに渡海のための軍港として肥前・名護屋城の築城を開始していた。天正最後の年はこのように波乱を含んで幕を開けるのである。

大坂城には北条氏直が逗留していた。

すでに関東の盟主は徳川家康になっている。

氏直には旧領の下野から一万石が捨扶持として与えられることになっていた。

もちろん・・・氏直の正室である督姫の実父・家康の采配である。

しかし・・・氏直は病床に臥していたいた。

大坂城内の仮屋敷では督姫が懸命の看病に務めている。

だが・・・病状は思わしくなかった。

「少しお休みなされませ・・・」

近習として使える氏盛が義理の叔母である督姫に告げる。

氏盛は十四歳、氏直の父・氏政の弟・氏規の長男である。

督姫は看病に疲れた顔に微笑みを浮かべる。

「助五郎殿・・・お気遣いは無用じゃ・・・」

「・・・」

「ついに・・・戦がおわりしものを・・・殿は運がないのかもしれぬ・・・」

「そのようなことは・・・」

「ふふふ・・・小田原城の主たるものが・・・このように・・・敵の城のひとすみで・・・生死の境を彷徨っている・・・運がよいとは申せませぬなあ・・・」

「・・・」

「小太郎をお呼び下され・・・いざと言う時には・・・お前に跡を継いでもらわねばならぬ・・・そなたの父に一言言わねばならぬのじゃ」

風魔小太郎は屋敷の小さな庭に控えていた。

「父上に従って関東にいる氏規様に・・・文を届けておくれ」

「御意・・・」

小太郎は小雪のふりかかる大坂の地を駆け抜ける。

「北条も風前の灯のようじゃのう・・・」

小太郎には・・・風魔一族の行く末もまた・・・消えかかる灯明のように感じられるのだった。

「これが・・・天下統一か・・・」

大坂城の忍びたちは・・・遠ざかる小太郎の姿を監視している。

関連するキッドのブログ→第40話のレビュー

|

« 化学は化け物学ではありません(桐谷美玲)管狐・・・逃げた(山本美月)地獄先生ぬ〜べ〜(丸山隆平) | トップページ | 31歳 独身です(錦戸亮)ごめんね青春! (波瑠) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/57659211

この記事へのトラックバック一覧です: 人生七十力囲希咄吾這寶剣祖佛共殺堤る我得具足の一太刀今此時ぞ天に抛・・・と茶聖・千利休(岡田准一):

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第41回 [日々“是”精進! ver.F]
利休切腹、鶴松逝去… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410120000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック...価格:3,348円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 06時08分

» 【 軍師官兵衛 】第41回 「男たちの覚悟」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
官兵衛(岡田准一)の活躍で秀吉(竹中直人)は、ついに天下を統一するが、 大陸への進出という新たな野望をむき出しにし、官兵衛の説得も拒否、 おね(黒木瞳)を困惑させる。 利休(伊武雅刀)が厳しい言葉で諫めたところ秀吉の怒りを買い、三成(田中圭) の策謀もあって切腹を申しつけられる。 官兵衛は利休を救おうと奔走するが、利休は謝罪を拒み死を選ぶ。 そんな中、秀吉最愛の嫡男・鶴松が重...... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 12時45分

» 軍師官兵衛 第四十一回 [レベル999のgoo部屋]
「男たちの覚悟」 内容 官兵衛(岡田准一)の説得により、小田原城は開城。 しかし天下統一を果たした秀吉(竹中直人)は、本領安堵を反故。 北条の領地を召し上げ、家康(寺尾聰)のものとする。 結果的に、国替えとなった家康に、官兵衛は頭を下げるしかなかった。 ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 20時57分

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術41天下統一した秀吉の暴走に秀長は官兵衛と利休に後を託したが利休は切腹となり鶴松を失って止めす術を失った [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「軍師官兵衛」第41話は官兵衛が北条を降伏させて秀吉の天下統一が果たされた。しかし秀吉は降伏した北条氏政を切腹させ、その領土を家康の転封という形にしたが、官 ... [続きを読む]

受信: 2014年10月14日 (火) 06時17分

« 化学は化け物学ではありません(桐谷美玲)管狐・・・逃げた(山本美月)地獄先生ぬ〜べ〜(丸山隆平) | トップページ | 31歳 独身です(錦戸亮)ごめんね青春! (波瑠) »