« おばけなんてうそさなんてうそなのかもしれません・・・今日はここまで(成海璃子) | トップページ | わが青春に悔いなしなんて負け惜しみ!(錦戸亮) »

2014年11月17日 (月)

俺が死んだら三途の川で家来集めて戦するダンチョネ・・・と前田利家(岡田准一)

ここまで完全に気配を絶っていた前田利家登場である。

ちなみに黒田如水のキリシタン仲間、高山右近はこの時期、前田家に潜伏しています。

ついでに・・・ねねの侍女・マグダレナは小西行長の母と噂される人物。

あれか・・・関ヶ原の合戦の後に・・・「息子を助けてくだされ」と突然、ねねに泣きついたりするのか。

利家は「槍の又左」の異名の如く、完全なる武闘派である。

平和大好きのこの大河ドラマスタッフにとっては最も異端なのだろうなあ。

臨終に際して後生大事を願う妻・まつに「戦で人を殺すのは罪にあらず・・・我が命を活かすために敵の命を喰らっただけだ」と経帷子を拒絶。

「閻魔大王が問責するなら解散総選挙するまでだ」なのである。

「合戦の心得」を聞かれれば「戦とは侵略である。専守防衛などは戯言」と「先手必勝」の真理を語る。

本当は・・・こういう男だけが生き残れた時代であることを・・・忘れないでもらいたい。

で、『軍師官兵衛・第46回』(NHK総合20141116PM8~)脚本・前川洋一、演出・本木一博を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は倍増越えの54行。とにかく・・・認めたくないものだな・・・自分自身の若さゆえの過ちというものを・・・でまとめてきた今回。思えば如水も若気の至りの塊だった・・・という趣向なんですな。そこから教訓を得て・・・軍師と呼ばれるほどの軍略家になったというわけですが・・・肝心の・・・「さすがは黒田官兵衛」という場面が今ひとつ明瞭に描かれてこなかったので・・・なんだかなあ・・・と思う他はないのでございます。まあ・・・周囲の人々が徳川家康も含めて流石流石を連発するので・・・もう・・・洗脳されるしかない展開なのですな。今回は妻と子を成敗した左目に邪眼を秘めし男・徳川家康公描き下ろしイラスト圧巻でございます。年賀状がんばってくだされませ。だから、私信はコメント欄でえっ。

Kan046慶長三年(1598年)、豊臣秀吉は死去し、形式的に天下の主は幼い豊臣秀頼になった。しかし・・・それはあまりにも不安定な政権の座である。秀吉死後、最大の実力者・徳川家康の動向を巡って右往左往する諸大名たち。秀吉政権の秀頼への継承を目指す石田三成は戦国生き残りの古強者・前田利家を家康の対抗馬として担ぎ出す。しかし、家康は着々と有力大名の抱え込みのための婚姻策を開始する。それを阻止しようと奉行衆は家康を問責するが、実力のあるものに言葉責めは通用しない道理である。着々と党派拡大を図る家康を阻止する手段はないのである。秀吉と違って松平一族は由緒正しい大族である。婚姻のための武器である姫の数に不自由はないのだった。次々と親戚の娘を養女にしては大名家に正室として送り込む家康。たとえば福島正則には家康の祖父・松平清康の娘と結婚した家康にとっては叔父にあたる酒井忠次の娘婿・牧野康成の娘を嫁がせ、蜂須賀小六の孫にあたる蜂須賀至鎮には信長によって死を賜った・家康の嫡男・信康の忘れ形見・登久姫り娘・万姫を嫁がせるという容赦のなさである。家康の母・伝通院と再婚した久松俊勝(家康にとって義理の父)の娘・多劫姫と夫・保科正直の娘・栄姫も婚姻政策の道具として準備万端整ったのだった。

「蜂須賀家が徳川家と縁続きになるのはめでたいことか」

「そうとも言えぬぞ・・・徳川様の天下となった時・・・蜂須賀家は徳川様の親戚・・・こちらはその親戚では黒田家は蜂須賀家より・・・格落ちということになる」

「それは・・・」

「ここは・・・糸様には実家にお帰りいただいて・・・徳川家から正室を迎えるのが上策というもの・・・」

「さすがは・・・殿・・・」

如水とその参謀たちは・・・穏やかならぬ密談を重ねるのだった。

「幸い・・・糸様は・・・跡継に恵まれませんでしたからなあ・・・」

「仕方のないことじゃ・・・」

慶長四年閏三月三日・・・。前田利家は天寿を全うした。

服部半蔵の手引きによって伏見・徳川屋敷に石田三成が逃げ込んだ頃、石田三成配下の犬たちは大坂城から京に向かう黒田の軍勢に遭遇していた。

「犬が吠えるのう・・・」

長政は鼻を蠢かす。

「どうやら・・・石田の忍犬が群れているようでござる」

「ふふふ・・・近江で遊んだ頃にはあやつらとよく遊んだものじゃ・・・」

「殿は長浜育ちでございましたな」

「そうよ・・・知っておるか・・・又兵衛・・・」

「はあ」

「我ら・・・黒田には犬の血が流れておるのじゃ・・・」

「・・・殿・・・それは違いますぞ」

「ほお・・・」

「黒田に流れしは・・・狼の血でございます」

「なるほどのう・・・」

「して・・・犬どもは・・・いかがなさいますか」

「ふん・・・犬万でも馳走してやれ」

「はっ」

忍び犬たちは・・・河原で熱狂の叫びをあげ、はしゃぎまくった。

関連するキッドのブログ→第45話のレビュー

|

« おばけなんてうそさなんてうそなのかもしれません・・・今日はここまで(成海璃子) | トップページ | わが青春に悔いなしなんて負け惜しみ!(錦戸亮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/58010464

この記事へのトラックバック一覧です: 俺が死んだら三途の川で家来集めて戦するダンチョネ・・・と前田利家(岡田准一):

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第46回 [日々“是”精進! ver.F]
如水、天下獲りを決意… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】徳川家康 [ もとむらえり ]価格:1,080円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2014年11月17日 (月) 12時50分

» 【 軍師官兵衛 】第46回 「家康動く」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
秀吉(竹中直人)の死により、長政(松坂桃李)らを取り込んだ家康(寺尾聰)と、 大老・前田利家(横内正)と結ぶ三成(田中圭)との権力闘争が始まる。 家康は秀吉の遺言を次々と破り三成を挑発、天下への野心をあらわにする。 如水(岡田准一)は一触即発の事態の収拾を図るが、淀(二階堂ふみ)とおね (黒木瞳)の亀裂も決定的となり、利家の死で均衡は崩れ、家康派の武将による 三成襲撃事件が勃発...... [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 04時35分

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術46家康動く!如水は冷静に大局を見つめ三成には付かず独自で動く事を宣言した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「軍師官兵衛」第46話は秀吉の死去でいよいよ家康が動き出した。三成はそれを阻止せんとまず朝鮮から帰国した長政らを処分する沙汰を申告するが、これに反発した長政 ... [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 06時20分

» 軍師官兵衛 第四十六回 [レベル999のgoo部屋]
『家康動く』 「家康動く〜後継争い激化!勝者は誰か?」 内容 秀吉の死により、家康(寺尾聰)と三成(田中圭)による権力争いが激化。 朝鮮から帰国した長政(松坂桃李)らの三成への不満がうずまき、 そんな長政を如水(岡田准一)は、はやらず見極めるべきと諭すが...... [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 17時47分

» 【軍師官兵衛】第46回感想と視聴率「家康動く」&最終回情報 [ショコラの日記帳・別館]
副題「家康動く」 新聞ラテ「家康動く~後継争い激化!勝者は誰か?」 第46回の関 [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 21時00分

« おばけなんてうそさなんてうそなのかもしれません・・・今日はここまで(成海璃子) | トップページ | わが青春に悔いなしなんて負け惜しみ!(錦戸亮) »