« 主人公は唇を(神木隆之介)奪っちゃいましたからね(広瀬すず)私なんか16才で全裸披露よ(浅野温子) | トップページ | あなたいい人ね(杏)僕の人生は幻想だった(長谷川博己) »

2015年3月16日 (月)

妻を娶るは子孫相続の為なれば子なき女は去るべし(宮崎香蓮)

江戸時代の女子教育のための覚書のようなものが「女大学」である。

基本的に男尊女卑で貫かれているため、女子に基本的人権がない体裁である。

もちろん・・・当時の女性がそのように生きたとは言えない。

教科書通りに生きるのは昔も今も困難だからである。

嫁としての心得の一つがタイトルの教えである。

この辺りを発想の元として「子を産まぬ嫁を姑がいびる」という定番が生まれるわけだが、「女大学」は次のような続きがある。

「しかれども、夫人の心正しく行儀よくして妬みなくば同姓の子を養うべし」

養子があれば実子がなくても大丈夫なのである。

教えというものはこのように無理がないことが大事なのである。

まあ・・・さらに「妻に子がなくとも妾に子があれば去るに及ばず」と続き、一夫一婦制を完全に否定するところが・・・結局、男尊女卑なのだが。

で、『花燃ゆ・第11回』(NHK総合20150315PM8~)脚本・宮村優子、演出・末永創を見た。例によってシナリオに沿ったレビューはikasama4様を推奨します。今回は憂国の志士・前原一誠のイラスト描き下ろし大公開でお得でございます。吉田松陰を描くにあたって現在の政治と一番の齟齬があるのは「国体」の問題だと思われます。なにしろ、今は「象徴」でございますからね。「主権」が天皇にあった時代の源泉をあまり大きな声では描かない姿勢が要求されていると思われます。前原一誠をあまり平民擁護的に描くのはむず痒いのですが・・・国民皆兵に反対するのが・・・国民のためなのか・・・士族という特権階級のためなのか・・・微妙でございますからねえ。「日本政記/頼山陽」(1845年)の件で言葉を濁すあたりが一種の限界ですな。すべては天朝のためと叫ぶところですからな。ともかく・・・妹を想う兄と姉の対比、藩政におけるそれぞれの方針の対比を重ねてくるあたり・・・なかなかドラマでございますよね。まあ・・・「愛する小田村と一生つながりたいから寿を嫁に出し、愛する久坂と一生つながりたいから文を嫁に出す」・・・妄想的には松陰のホモホモしさが高まりまくる今日この頃でございます。

Hanam011嘉永七年(1854年)三月、ペリーと幕府は日米和親条約を締結。安政四年(1857年)十月、ハリスは修好通商条約締結を求めて江戸城に登城する。時の老中・堀田正睦は苦渋の選択を迫られるのだった。十三代将軍・家定の健康は優れず、将軍位継承問題は南紀派、一橋派の抗争として火花を散らす。十二月、下田奉行・井上清直と目付・岩瀬忠震は条約締結にむけて交渉を開始する。英国と仏国は清国を侵略中である。余波は長州におよび、幕府に対する穏健派と改革派は多数派工作を展開する。開国による密輸貿易の損失を案じる周布政之助は明倫館派閥による多数派工作に成功し、開国に備える緊縮財政を主張する椋梨藤太を一時、中央政務から遠ざけることに成功する。長州における開国反対派と開国派の誕生である。やがて経済政策としての開国反対政策は尊王攘夷という狂気を育み始めるのだった。もちろん・・・それを推進するのは藩政から遠く離れて理想論を謳歌する松下村塾の愉快な仲間たちであることは言うまでもないのだった。下級武士や明倫館からの落ちこぼれを集めた私塾はこうしてテロの温床となっていくのである。

「重臣の周布様と先生の義兄弟が組んだ謀反は成功したそうでございます」

伊藤利助がつぷやいた。

「利助は耳が早いのう・・・まるで忍びのようだ」

松陰は呟いた。

「いえ・・・巷の噂でございます」

「なにしろ・・・密貿易は・・・藩の貴重な財源だからな」と高杉晋作が嘯く。

「開国などされては・・・せっかくの財政再建が振り出しにもどってしまいます」と海岸地方の産業振興を研究する前原一誠が持論を展開する。

「幕府の狙いはあくまで貿易の一元化だからな」と久坂は応ずる。

松陰は微笑んだ。

「ところで・・・久坂くん」

「何でありましょうか」

「私は君と師弟ではなく・・・兄妹となりたいと考える」

「え」

「文と夫婦になりたまえ」

「ええ」

「何か・・・問題でも・・・」

「いえ・・・確かに・・・文様は・・・才女でございますれば」

「そうだろう・・・わが妹ながら・・・他人の心が良く分かる・・・心映え優れた女子じゃ」

「何でもお見通しのようで・・・怖い時があります」

「ふふふ・・・さすがは久坂君・・・慧眼じゃのう・・・で」

「否も応もございません」

「うん・・・めでたい」

もちろん・・・松陰にとって・・・すべては決まりきったことである。

松陰の妹と久坂玄瑞は婚姻する運命なのだ。

松陰はあまり幸福とはいえない夫婦の未来も知っているが・・・それは瑣末な出来事に過ぎない。

すべては回天の大事業のため。

民の命は天子に捧げるために在るのだから・・・。

「万歳三唱だ」

「久坂くん、結婚おめでとう」

万歳を三唱する松下村塾の若者たちだった。

関連するキッドのブログ→第10話のレビュー

|

« 主人公は唇を(神木隆之介)奪っちゃいましたからね(広瀬すず)私なんか16才で全裸披露よ(浅野温子) | トップページ | あなたいい人ね(杏)僕の人生は幻想だった(長谷川博己) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/59283484

この記事へのトラックバック一覧です: 妻を娶るは子孫相続の為なれば子なき女は去るべし(宮崎香蓮):

» 【 花燃ゆ 】第11回 「突然の恋」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
松下村塾が型破りな学び舎として広く知れ渡ると、文(井上真央)は塾生たちの 世話で一層忙しくなる。 その様子を見て心配した姉の寿(優香)は、文に縁談を持ってくる。 塾生の久坂玄瑞(東出昌大)は文にほのかな想いを抱いていたが、気持ちを 打ち明けられぬまま、お見合いの付き添い役を任されてしまう…。 一方、小田村伊之助(大沢たかお)は、危機に直面する幕府に対し意見を進言 すべく、藩の...... [続きを読む]

受信: 2015年3月16日 (月) 18時31分

» 花燃ゆ 第十一回 [レベル999のgoo部屋]
『突然の恋』 「突然の恋松下村塾に舞い降りた運命の神のいたずら」 内容 安政四年。新たに前原一誠(佐藤隆太)もやって来て、 身分の分け隔てなく若者たちが集まる松陰(伊勢谷友介)の私塾は、 正式に松下村塾という名前を受け継ぐことになっていた。 そんなある日...... [続きを読む]

受信: 2015年3月16日 (月) 22時26分

» 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹11文は寿が進めた縁談に困惑!しかし伊之助が進めた久坂玄瑞の縁談には自らの心を察してくれた事に感謝し縁談を受け入れた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「花燃ゆ」第11話は松下村塾は身分関係なく塾生を募っているという事が評判となり広く知られるようになっていた。そんな中長州藩ではアメリカからの日米通商条約の締 ... [続きを読む]

受信: 2015年3月16日 (月) 22時43分

« 主人公は唇を(神木隆之介)奪っちゃいましたからね(広瀬すず)私なんか16才で全裸披露よ(浅野温子) | トップページ | あなたいい人ね(杏)僕の人生は幻想だった(長谷川博己) »