« ネジが怖いのですか?(戸田恵梨香)ネジじゃない・・・猫舌なのです(堤真一) | トップページ | 表参道高校合唱部!(芳根京子)あまりん参上!(森川葵)痛いことするわよ!(吉本実憂) »

2015年7月17日 (金)

生命力がありあまる女(北川景子)横浜チャイナタウンで肉まんひとつ食べさせてもらえない女(川口春奈)

中華パイとか中華もちとかギョーザとかシューマイとかホイコーローとか食べたいよねえ。

ロマンスカーに乗ってシュウマイ弁当食べて温泉に入りたいよねえ。

横浜から箱根に目的地変わってるぞ。

食いしん坊万歳だな。

横浜までおつかいして手ぶらで帰るなんて不憫すぎるよな。

大丈夫だ・・・きっとロケ終わりで中華料理のディナーを食べている。

そう信じたい。

とりあえず・・・現地について入口でチャーシューまん買ってしまった・・・そういう緩い息抜きが欲しいだに。

ドラマの生命力は緩急だからな。

で、『探偵探偵・第2回』(フジテレビ20150716PM10~)原作・松岡圭祐、脚本・徳永友一、演出・石井祐介を見た。2009年「豊橋ストーカー殺人事件」が発生する。かねてから変質者・岡尾芯也(岡田義徳)のストーカー被害にあっていた高校生・紗崎咲良(芳根京子)は都内から地方の親戚宅に避難していたが、居場所を特定され、岡尾容疑者によって拉致され、生きたまま焼却炉に投げ込まれ殺害される。岡尾容疑者も焼身自殺して事件は終焉する。しかし・・・咲良の姉、紗崎玲奈(北川景子)は妹の住所を特定した探偵の存在を知り、復讐を誓うのだった。

2015年、玲奈は探偵社「「スマ・リサーチ」の対探偵課員となっていた。

悪徳探偵の業務を妨害するのが主な業務である。

探偵業務は基本的にすべてが悪徳探偵の要素を含んでいるために・・・玲奈は業界中から憎悪の対象となる。

寮完備の就職先として「スマ・リサーチ」を選択したという峰森琴葉(川口春奈)は玲奈の助手として須磨康臣社長(井浦新)・・・。

しかし・・・「スマ・リサーチ」の探偵・桐嶋(DEAN FUJIOKA)は・・・履歴書から琴葉が咲良の同級生であったことを知る。

はたして・・・それは偶然なのか・・・桐島は疑問に思うのだった。

玲奈が妹から贈られた赤いマフラーのポーレット人形(クマのマスコツト)と・・・琴葉が所有する青いマフラーのポーレット人形・・・二つの人形が暗示する・・・琴葉と咲良の関係性・・・。ひょっとすると・・・咲良の居場所が特定されたことに琴葉は・・・。

日銀総裁の孫娘・吉池梨央(玉野るな)の誘拐事件が発生。

自宅前で拉致するという大胆な犯行だった。

警視庁は極秘に捜査を開始したが・・・変質者による犯行の可能性を視野に・・・民事訴訟関連の案件において独自の変質者のデータ・ベースを所持する業界最大手の「阿比留綜合探偵社」に捜査協力を依頼する。

「刑事が・・・民間業者に頼るなんて・・・」

縄張り意識の強い捜査一課の窪塚刑事(三浦貴大)が憤慨するが・・・坂東係長(相島一之)は「上からの命令だ」と教育的指導をするのだった。

事件に没頭するために・・・娘を実家の母(岡まゆみ)に預ける窪塚刑事。

しかし・・・犯行に使われた盗難車が付近で発見された以後・・・誘拐された幼女の行方は不明のままである。

玲奈に業務を妨害され、含むところがある「阿比留綜合探偵社」の阿比留佳則社長(ユースケ・サンタマリア)が「スマ・リサーチ」を訪問し・・・「お詫びの品」を玲奈に渡すように留守番をしていた琴葉に手渡す。

探偵課の土井課長(伊藤正之)から電波受信機による発信器検査を命じられた琴葉。

「電波発信検出・・・反応なしです」

「少なくとも・・・送信型の盗聴器の可能性はない・・・ということだ」

「と・・・盗聴器・・・」

仕方なく・・・玲奈に電話する琴葉。

「どこにいるんですか」

「横浜の中華街よ・・・頼みたいことがあるから来てちょうだい」

中華街で・・・ランチという魅惑の言葉が脳裏をかけめぐる琴葉だった。

「何を食べてるの」

「いえ・・・ショウロンポーが百円だったので・・・」

「・・・」

「何をしているんですか・・・」

「風景を撮影しているの」

「写真が趣味なんですか」

「定点で撮影して・・・人物を解析するのよ」

「誰かを探しているんですか」

「いいえ・・・不特定多数の誰かを・・・」

「どういうことですか」

「横浜中華街は基本的に中国共産党工作員の根拠地であるけれど・・・伝統に基づいて旧政権の組織や、チャイニーズ・マフィアの巣窟でもあるの・・・同時に国際的な犯罪組織の出張所でもある・・・」

「えええ」

「闇社会に片足つっこんでいる悪徳探偵も出入りしているわけよ・・・写真にランダムに映り込んだ人物の関係を整理することにより・・・チャイナタウンに潜伏した悪徳探偵の同行を読むのよ・・・」

「わけが・・・わかりません」

「とにかく・・・あなたはここで写真を撮るだけよ」

「私はデスクワーク専門なんじゃ・・・」

「たまには息抜きが必要でしょう・・・」

玲奈の真意を測りかねる琴葉。

「あの・・・これ・・・阿比留から・・・玲奈さんに・・・」

贈り物を取り出した琴葉・・・玲奈の顔色が変わる。

「なんで・・・もって来ちゃったの・・・」

「え」

「これは・・・おそらく・・・振動で発動する・・・GPSによる位置報告装置だわ・・・」

「でも・・・電波発信は未検出です」

「これは・・・ときどき報告して・・・ある程度の距離を移動すると連続報告するタイプだと思う」

「そんな・・・じゃ・・・私・・・」

「今、私たちは居場所を特定されている・・・あなたはすぐに・・・バスに乗って横浜駅へ・・・東京に帰り、寮に直帰しなさい」

「え・・・ランチは・・・」

「ここは危険なのよ・・・早く走って・・・バス停へ向かいなさい」

「はい・・・」

あわてて・・・走りだす琴葉。

しかし・・・たちまち披露困憊するのだった。

道行く人々がすべて凶悪犯に見えてくる琴葉。

そこへ・・・桐嶋が現れる。

「迷子か・・・」

「どうして・・・ここに」

「それは・・・秘密だ・・・とにかく・・・東京に帰ろう」

探偵たちはみな・・・怪しいのだった。

駐車していた社用車に戻る玲奈。

箱の中身は案の定、GPSによる現在位置報告装置だった。

「どんな・・・御礼をしてくるつもりかしら」

玲奈は挑戦に応じて人気のない埠頭に向かうのだった。

夕闇に包まれる横浜港。

停車していた玲奈の車に暴走トラックが爆走して接近する。

咄嗟の判断で切り抜けた玲奈の車は出現したブルドーザーによって海に突き落とされるのだった。

「殺しにきたか・・・」

たちまち、海中に没する車内で玲奈はハンマーを取り出す。

ウインドウを叩き割る玲奈。

「・・・」

海中を潜水したまま泳いだ玲奈は浮上し、闇の中を遊泳する。

充分に現場を離れた玲奈は上陸するのだった。

体内の酸素は限界に達していた。

ずぶぬれの衣装を脱ぐと玲奈は走りだした。

下にはジョギングスタイルを着こんでいたのだった。

最寄りの駅まで走りきった玲奈はタクシーを拾う。

「東京まで・・・」

タクシーの運転手は思わずニヤリとした。

琴葉の携帯電話に着信がある。

「玲奈先輩・・・」

(社長に電話して・・・車は今日の午後・・・盗まれたと・・・)

「え」

(そう言えば・・・わかるから・・・)

「・・・はい」

琴葉は何か恐ろしいことがあったことを直感した。

阿比留社長の元へ殺し屋が報告にやってくる。

「政治家が好き嫌いでものを言っちゃダメだよな」

テレビのニュースを見ながら阿比留はつぶやいた。

「しくじりました」

「失敗の報告って嫌いだなあ・・・」

「車ごと横浜港に沈めたんですが・・・」

「なんだよ・・・それなのに・・・失敗なの・・・」

「しぶといやつです」

「タフでなければか・・・」

消耗して帰還した玲奈の姿に・・・動揺する琴葉・・・。

「何があったんですか・・・」

「たいしたことはないわ・・・」

「ご家族は・・・心配しないんですか・・・」

「母は精神病院にいるし・・・父親は再婚間近なの・・・」

「・・・」

「私には・・・家族は必要ないのよ・・・」

ベッドに倒れ込む玲奈。

去来する過去の現実。

「そんな・・・男に付きまとわれていたことを・・・なぜ・・・黙っていた」

激昂する父親(矢島健一)・・・。

押し黙る在りし日の咲良。

「咲良は・・・お父さんたちに心配をかけたくなかったのよ」

「すぐに・・・警察に行こう」

「待って・・・あなた・・・そんなことをして・・・逆恨みされないかしら」

怯えた表情を見せる母親(宮田早苗)・・・。

「そんなこと言っている場合か・・・お前は口を出すな」

「でも・・・」

「大体・・・お前の育て方が悪いから・・・変な男に目をつけられるんだ」

「なんですって・・・きいいいいいいいいいいいい」

「うるさい・・・だまれ」

「きいいいいいいいいいいいいい」

「お母さん・・・」

「お母さんが・・・壊れた」

「きいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」

錯乱した母親の声が夢の中の姉妹の胸をしめつける。

暗闇の中に浮かぶ顔のない男の影。

「愛知県豊橋市鴨田町在住・・・紗崎咲良・・・豊橋北高三年生・・・」

玲奈は声なき声で叫ぶ。

「お前か・・・お前が・・・死神か・・・」

妹の所在を変質者に教えた探偵。

妹を生きたまま焼かれる運命に導いた死神。

玲奈は息もできないほどの憤怒に包まれる。

「お前を・・・絶対に・・・許さない」

玲奈の元へ愛知県警の嘱託医・矢吹洋子(高岡早紀)から連絡が入る。

ホテルのラウンジで密会する二人。

「あなたに・・・どうしても伝えたいことがありました・・・」

「・・・」

「妹さんの御遺体と一緒に発見された死体は・・・DNA鑑定の結果・・・岡尾芯也のものとする報告書をお読みになられましたね」

「・・・」

「あの報告書には削除された但し書きがあったのです」

「但し書き・・・」

「死体は骨まで・・・高熱による組織破壊が及んでいたのです・・・DNA鑑定したのは・・・現場に残された毛髪でした」

「つまり・・・」

「死体が岡尾芯也のものであるというのは・・・あくまで推定です」

「・・・」

「実は・・・現在発生中の誘拐事件に関するDNA鑑定を行いました。逃走に使われた盗難車の遺留物によるものです・・・採取されたDNAが・・・岡尾芯也のものと一致したのです」

「なんですって・・・じゃ・・・岡尾芯也は・・・」

「生きている可能性があります」

玲奈は・・・新たなる事実に・・・一瞬、我を失った。

面白い仕上がりなのだが・・・脚本の整合性がもう・・・一歩なんだよな・・・。

台風11号・・・四国・近畿を縦断中・・・東京も蒸し暑い・・・中華街のあんまんになった・・・気分だ・・・。

関連するキッドのブログ→第1話のレビュー

|

« ネジが怖いのですか?(戸田恵梨香)ネジじゃない・・・猫舌なのです(堤真一) | トップページ | 表参道高校合唱部!(芳根京子)あまりん参上!(森川葵)痛いことするわよ!(吉本実憂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/60775336

この記事へのトラックバック一覧です: 生命力がありあまる女(北川景子)横浜チャイナタウンで肉まんひとつ食べさせてもらえない女(川口春奈):

» 探偵の探偵 第2話 [レベル999のgoo部屋]
「狙われる命、暴かれる秘密」 内容 突如、“スマ・リサーチ”に阿比留(ユースケ・サンタマリア)が現れる。 “対探偵課”に用があると言う。 折しも、玲奈(北川景子)た留守中だったため、須磨(井浦新)が話を聞くが。 阿比留は、玲奈に渡して欲しいと小箱を琴葉(川口...... [続きを読む]

受信: 2015年7月17日 (金) 18時03分

» 探偵の探偵 (第2話・7/16) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系『探偵の探偵』(公式) 第2話『狙われる命、暴かれる秘密』の感想。 なお、原作小説:松岡圭祐氏の『探偵の探偵』は未読。 琴葉(川口春奈)は阿比留(ユースケ・サンタマリア)から、玲奈(北川景子)への贈り物だという小箱を託される。盗聴器ではないことを確認した琴葉は、調査中の玲奈に手渡す。だが、その中には居場所を特定して襲うためのGPS発信器が入っ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月17日 (金) 18時26分

» 探偵の探偵 第2話 [ドラマハンティングP2G]
STORY2「狙われる命、暴かれる秘密」7.16 THU 22:00 紗崎玲奈(北川景子)の留守中、「スマ・リサーチ社」に阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)がやってくる。阿比留は、出迎えた須磨康臣(井浦新)と峰森琴葉(川口春奈)に、昨日、玲奈に会ったと言う。さらに、リボンの付い…... [続きを読む]

受信: 2015年7月17日 (金) 19時50分

» 探偵の探偵 #02 [ぐ~たらにっき]
『狙われる命、暴かれる秘密』 [続きを読む]

受信: 2015年7月17日 (金) 20時03分

» 「探偵の探偵」 第2話 狙われる命、暴かれる秘密 [トリ猫家族]
 さて、玲奈(北川景子)の宣戦布告を受けた阿比留(ユースケ・サンタマリア)が さっそく「スマ・リサーチ」に挨拶に来ましたぞ。 玲奈が留守だったんで須磨(井浦新)がにこや ... [続きを読む]

受信: 2015年7月17日 (金) 20時59分

» 探偵の探偵 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
玲奈(北川景子)の留守中に、スマ・リサーチ社に阿比留(ユースケ・サンタマリア)が訪ねて来ます。 須磨(井浦新)と琴葉(川口春奈)が出迎えますが、阿比留は玲奈に会ったことを伝えて、リボンの付いた小箱を玲奈に渡してほしいと琴葉に預けて帰りました。 見送りに出た須磨に、指定暴力団員が出所した話をしていましたが、これって・・・ 預かった小箱を持て余す琴葉は、近くにいた涼子(...... [続きを読む]

受信: 2015年7月18日 (土) 13時40分

« ネジが怖いのですか?(戸田恵梨香)ネジじゃない・・・猫舌なのです(堤真一) | トップページ | 表参道高校合唱部!(芳根京子)あまりん参上!(森川葵)痛いことするわよ!(吉本実憂) »