« 学校の探偵(芳根京子)「翼をください」入りました(森川葵)超時空伴奏者(柴田杏花)壊れた天使が通ります(吉本実憂) | トップページ | 控えよ!天下御免の桜吹雪・・・姫様のご懐妊じゃ!(田中麗奈) »

2015年7月26日 (日)

そして今私は思っています(松山ケンイチ)そうやっていつまでも(前田敦子)主役気分でか(満島ひかり)

人それぞれに事情がある。

教え子に自殺されて一番ショックなのは担任教師だ。

わが子に自殺されて一番責任があるのは親だ。

そのあたりの事情に対する配慮が・・・赤の他人に過ぎない一部マス・メディアの人間に不足していると直感する。

もちろん・・・直感なんて一種の思いこみである。

だが・・・自殺する特殊な子供の問題を共有化しようとしても・・・そこにあるのは虚無だけだと考える。

もちろん・・・誰かがなんらかの理由で死の淵の前でとどまることもあるだろう。

しかし・・・自殺者の死の責任を追及するのは虚しいことだ。

大切なのは・・・その前に一歩を踏み出す人間を抱きとめる人間がいるか・・・いないかの問題なのである。

いじめられて自分を殺すような人間が他の誰かを殺さなくてよかったという考え方もあるのだから。

息子の死の責任を誰かに転嫁する前に・・・省みることがあるだろう・・・。

もう・・・そっとしといてやれ・・・。

察しがわるいにも程がある・・・。

で、『ど根性ガエル・第3回』(日本テレビ20150725PM9~)原作・吉沢やすみ、脚本・岡田惠和、演出・狩山俊輔を見た。ど根性で魂魄がこの世にとどまったカエルの話である。しかし・・・その残留思念も時の彼方に消え果てようとしているのだ。少年マンガの主人公として造形された主人公のひろし(松山ケンイチ)は青年となって・・・現実に直面し・・・懊悩する。ピョン吉(満島ひかり)にはその複雑な気持ちはわからない。さっさと少女から大人の女性となった京子ちゃん(前田敦子)は・・・ひろしに美点を見出しつつ・・・男の子から男へとチェンジすることができない幼馴染を歯がゆく感じるのだった。しかし・・・バツ一なので乙女ではないわけだが・・・幻想の乙女心は揺れるのである。

ひろしの母ちゃん(薬師丸ひろ子)は・・・息子の懊悩を諦観しつつ・・・我が子ゆえに期待もする。

「どうしても・・・大人にならなければいけないのか」・・・ひろしの悩みは深い。

少年マンガの主人公に生まれたのに・・・なんで大人に・・・。

少年マンガの読者たちの胸を熱くさせる苦悩なんだなあ・・・。

成り行きで・・・ゴリラパンへの就職を決めたひろし・・・。

根底にあるのは・・・ゴリライモこと五利良イモ太郎(新井浩文)へのライバル意識である。

主人公として・・・ゴリライモにだけは敗北できないのだ。

ゴリライモに屈服すれば・・・もはや主役とは言えない・・・ひろしには危機感がある。

ゴリラパンに就職した以上・・・いつか主従は逆転し・・・ひろしが社長になる必要があるのだ。

しかし・・・何をやってもゴリラパンには勝てないひろしだった。

「ゴ」の字を作ることも・・・小麦粉の運搬も・・・ゴリライモの技量がひろしを上回る。

遅刻しないために・・・夜の間に工場に忍び込もうとしたひろしは・・・不審者として警察に逮捕されてしまう。

「先輩、少年マンガの主人公としては立派でやんすが・・・社会人としてはNGでやんす」

警官の五郎(勝地涼)も困惑するのだった。

そんなひろしの唯一の理解者は京子のおばあちゃん(白石加代子)なのだ。

入荷直後の酢イカを購入した二人は意気投合するのだった。

「人が動くとかいて働くでしょう・・・じっとなんてしてられねえよ」

「私もお嬢様育ちだから・・・労働とは縁がないのよねえ」

帰宅した京子はひろしの存在に気がつかず着がえとするが・・・露出はなしである。

これ・・・二回続いたから・・・次は露出を期待していいよね。

どこに期待してんだよっ。

そんな・・・ひろしの心の葛藤に気配りをするゴリライモ。

営業にひろしを連れ出すのだった。

二人でゴリラパンを完売するのである。

「おまえ・・・変わったなあ・・・昔は店の手伝いなんてしなかったじゃないか」

「そうさ・・・パン屋なんて・・・基本的にお人好しっぽい職業だし・・・俺のキャラクターとは似合わない。俺は・・・パン屋を馬鹿にしてたんだ。でも・・・親父が倒れて・・・仕方なく母ちゃんの手伝いをするようになって・・・俺は気がついたんだ。親父と母ちゃんは・・・パン屋で働いて・・・その金で・・・俺は育ったんだってな・・・。つまり・・・パン屋をバカにするってことは・・・自分をバカにするのと同じことなんだ・・・ってな。それから・・・俺は仕事に熱中したよ・・・どうせやるからには・・・日本一・・・世界一のパン屋になろうって思ったんだ・・・」

「・・・じゃなんで・・・政治家に立候補してんだよ」

「中小企業は大変なんだ・・・俺の親父や母ちゃんもいろいろと苦労してた・・・そういう人たちを支える仕事も大切だと思ったからだ」

「・・・」

ひろしは・・・ゴリライモが・・・あまりに善良で・・・優秀な人間になっていて・・・闘志を失うのだった。

人間として・・・太刀打ちできないのである。

ゴリライモを見習って真人間になろうとするひろしと・・・少年マンガの主人公としてのひろしは激しく葛藤するのである。

そういう・・・ひろしの心理を理解できないまま・・・元気のないひろしを案ずるピョン吉。

ピョン吉は・・・ひろしを励ます就職祝いの会を催すことにする。

教師生活四十一年目になっている町田校長(でんでん)、梅さん(光石研)のプロポーズを待ち続けて十六年、四十歳になってしまったよし子先生(白羽ゆり)もかけつけて・・・乾杯する一同。

「け・・・健康ランドに・・・」というお約束は達成するが・・・打ちのめされたひろしは鬱屈して・・・ゴリライモにからむ。

「あんたは・・・立派だよ・・・だけど・・・俺は・・・そんな人生まっぴらだね」

ひろしにも立派になってもらいたいピョン吉は思わず・・・ひろしと喧嘩を始めてしまう。

就職祝いは修羅場と化すのだった。

仕事に行かず・・・街をうろつく・・・ひろし。

そして・・・ひろしの最初の就職の時の給料で飼った母ちゃんのがま口が・・・すっかりくたびれていることに気がつく。

ひろしは・・・ピョン吉に頼みこむ。

「明日・・・一緒に工場に行ってくれ・・・」

「おいらが手伝うのは反則だろう・・・」

「いや・・・俺がサボらないように見張ってくれ」

「ひろし・・・」

ひろしは我武者羅に働きだす。

「ひろし・・・頑張れ・・・怠けるな」

「おうっ」

ピョン吉はひろしを励ます。

その目からは涙が・・・。

「なんだい・・・ピョン吉泣いたりして」

「うれしいんだよ・・・ひろしの役に立っていることが・・・うれしいと涙が出るんだねえ」

「・・・」

そして・・・給料日・・・ひろしは・・・母ちゃんに新しいサイフを買うのだった。

「ピョン吉・・・お前には焼き肉おごってやるよ」

「本当かい」

ピョン吉は焼き肉のタレで染まるのだった。

「でも・・・これで仕事はやめだ・・・」

「え」

「だって・・・もう・・・モチベーションが・・・」

「なんだよ・・・それ・・・」

ひろしには・・・まだ・・・主役の意地があるのだった。

ゴリライモの部下で一生を終えるわけにはいかないのだった。

深夜・・・母ちゃんは・・・ピョン吉の異常を発見する。

落魄し・・・崩れかかるピョン吉の・・・「いのち」・・・。

「母ちゃん・・・」

「いいんだよ・・・」

母ちゃんは優しくピョン吉を撫でるのだった。

ひろし・・・ピョン吉がいなくなったらどうするつもりだ・・・。

だって・・・「ど根性ガエル」の本当の主人公はピ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

失われたカエルを求めて街を彷徨うひろし・・・哀愁がすぎるぜ・・・。

何かが胸に突き刺さる・・・。

関連するキッドのブログ→第2話のレビュー

|

« 学校の探偵(芳根京子)「翼をください」入りました(森川葵)超時空伴奏者(柴田杏花)壊れた天使が通ります(吉本実憂) | トップページ | 控えよ!天下御免の桜吹雪・・・姫様のご懐妊じゃ!(田中麗奈) »

コメント

さじ加減が…さじ加減が難しいのでありますね。大人ヒロシは脚本段階ではヘンではない(適度にマンガ的)のかもしれないけれど松山ケンイチが演じるとちょっとやりすぎやろということになってしまう感じ。

でも全体を貫く切なさがそれを補って余りありますね……。

投稿: 幻灯機 | 2015年7月26日 (日) 19時59分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

オトナヒロシとコドモヒロシの狭間で
世にも奇妙なヒロシがのたうちまわる。
松ケンはそういう存在を軽妙に演じていると
考えますが・・・いかがでしょうか。

エンディングで・・・ピョン吉を求めて
彷徨うひろし・・・。
哀愁です・・・あまりに哀愁です。
でも・・・失われたものは・・・二度と戻らないわけで・・・。sweat02

投稿: キッド | 2015年7月26日 (日) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/60892513

この記事へのトラックバック一覧です: そして今私は思っています(松山ケンイチ)そうやっていつまでも(前田敦子)主役気分でか(満島ひかり):

» 【ど根性ガエル】第3話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
なぁ、仕事、大変なのか? ん? おいら連れてけよ!根性出してやっちまおうぜ! おいらもつまんねぇしさ、ここにいても。 反則だろ。それ。 反則? 俺だけお前の力を使って仕事すんのは反則だっつってんだよ。インチキだろうが。 そんなみっともねぇまねできるかよ。 何だよ!みっともねぇって! うるせぇな。 ど根性ガエル  第3話  ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 04時49分

» ど根性ガエル「決死のパン作り!初月給で親孝行」 [のほほん便り]
ますます、ひろし(松山ケンイチ)の寅さん化と、そういう周囲の空気が強まってきましたね。ゴリラパン工場で働き始めた、今ひとつ要領を得なくて不器用だったり、寝坊をするとイケナイと、深夜の工場に忍び込んで警察騒ぎになったり、何かとうまくいかないひろしでも、母親(薬師丸ひろ子)や、ぴょん吉(声・満島ひかり)、警官の五郎(勝地涼)に励まされたものの、また、すぐ、ぐずぐずに。また、ゴリライモ(新井浩文)に「なぜ、そんなに頑張るのか」と質問して、その感動的な答えに、ますます分からなくなってきました。優しい人々、応... [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 09時17分

» ど根性ガエル (第3話・7/25) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
日テレ系『ど根性ガエル』(公式) 第3話『決死のパン作り!初月給で親孝行』の感想。 なお、原作漫画:吉沢やすみ氏の『ど根性ガエル』は数巻は既読、過去のアニメ版も見た記憶あり。 早朝、ひろし(松山ケンイチ)はゴリライモ(新井浩文)のパン工場に忍び込もうとして捕まってしまう。ひろしがいないことに気付いたピョン吉(声=満島ひかり)は、嫌な予感がして母ちゃん(薬...... [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 09時25分

» 「ど根性ガエル」 第3話 決死のパン作り!初月給で親親孝行 [トリ猫家族]
「『ヒ』?・・・・『ヒ』・・・・えっ?・・・・『ヒ』!?」ゴリライモ  「ゴリラパン」がいつのまにか「ヒロシパン」に乗っ取られていた! で、目的を達成したひろしは翌日 ... [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 12時34分

» ど根性ガエル 第3話 [ぷち丸くんの日常日記]
ゴリライモ(新井浩文)のパン工場で働き始めたひろし(松山ケンイチ)ですが、工場に忍び込んで逮捕されるという騒ぎを起こします。 取り調べの結果、すぐに釈放されますが、母ちゃん(薬師丸ひろ子)は、我が子の情けなさを嘆きます。 ひろしは、ゴリラパンの「ゴ」の字をパンに付ける仕事の担当になりますが、思ったより上手く行きません。 ピョン吉(CV:満島ひかり)はひろしに、一緒に工場へ行...... [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 13時36分

» ど根性ガエル 第3話 [ドラマハンティングP2G]
第3話「決死のパン作り!初月給で親孝行」2015/7/25 放送 ゴリラパン工場で働き始めたひろし(松山ケンイチ)は、深夜の工場に忍び込むという騒ぎを起こし警察に連れて行かれたり、仕事がうまくいかずで、クサリ気味。 一方、ピョン吉(声・満島ひかり)は、一緒に工場…... [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 17時47分

» 「ど根性ガエル」3 ☆☆☆ [ドラマでポン]
今日のぴょん吉、訛ってたよね? ゴリライモ社に雇われて、ボチボチと働くひろし。口は達者でも手はぶきっちょなのねえ。おまけに社長が見本を見せると称してつきっきりで『俺の ... [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 17時54分

« 学校の探偵(芳根京子)「翼をください」入りました(森川葵)超時空伴奏者(柴田杏花)壊れた天使が通ります(吉本実憂) | トップページ | 控えよ!天下御免の桜吹雪・・・姫様のご懐妊じゃ!(田中麗奈) »