« 恋愛なんて恥ずかしい(大野智)社長と新入社員の色恋沙汰は気持ち悪い(波瑠)恥ずかしくて気持ち悪いことを教えてやろう(北村一輝) | トップページ | ちぐはぐですがなにか(岡田将生)童貞ですがなにか(松坂桃李)浪人ですがなにか(柳楽優弥)クズですがなにか(太賀) »

2016年4月29日 (金)

男前はつらいよ(竹野内豊)ゆとり弁護士ですがなにか(賀来賢人)まむしドリンクは効きますか(岡本あずさ)

さて・・・修羅場である。

まず、朝の四時に母親が救急車を呼んで入院した。

ま・・・だからといって・・・入院手続きがすめば「することない」のである。

「痛い」と言って騒いだのだが、病院で看護師さんに鎮痛の座薬を入れてもらったらもう「わからない」のである。

近所の病院なので帰宅して親子丼を食べる。

早朝からかよっ。

さあ・・・もう・・・スケジュールは破綻している。

後は・・・いつ・・・眠くなっちゃうかだなあ。

で、『グッドパートナー 無敵の弁護士・第2回』(テレビ朝日20160428PM9~)脚本・福田靖、演出・本橋圭太を見た。人間が二人いれば社会は成立すると言う。まあ、一人でも成立する場合もあるがな。社会の最小単位である二人の人間関係を描くドラマである。主人公の咲坂健人弁護士(竹野内豊)は様々な場面で他人と一対一の対決をする。家庭では一人娘のみずき(松風理咲)の父親である。

小学生であるみずき(松風理咲)の授業参観で・・・去年、離婚した元妻の夏目佳恵弁護士(松雪泰子)と顔を合わせる。佳恵は神宮寺法律事務所の同僚でもある。

咲坂弁護士は娘と父としてグッドパートナーでありたいと思う。

咲坂弁護士は元夫として元妻とグッドパートナーであろうと考える。

そして・・・事務所の新人弁護士・熱海(賀来賢人)には教育係としてグッドパートナーであるべきだ。

しかし・・・そんなにグッドではいられないのだ。

疲れちゃうからである。

だから・・・咲坂弁護士は自分の信念は貫き通したいと考える。

自分が自分自身にとってグッドパートナーであること。

それこそが人生の基本なのだ。

今回、咲坂弁護士が担当する案件は・・・神宮寺法律事務所の顧問先「シンヨーメディカル」からのもの。三年契約の社員・小西勝也(野間口徹)を一年で解雇したために不当解雇で訴えられたので対処してほしいとのことだった。

「でも・・・労働契約法に反するので不当解雇ですよね」

熱海は軽い口調で与えられた仕事を根本から否定する。

「それで済んだら弁護士いらないだろう」と説教する咲坂だった。

小西は代理人として弁護士の宮前克美(モロ師岡)を立てていた。

「年俸1200万円ですから・・・解雇に応じる場合、残り二年分の2400万円をお支払いいただくことになります」と「労働者の味方」風の事務作業服で主張する宮前弁護士。

「しかし・・・営業担当社員だった・・・小西さんは一年間の一件の契約もとれていない・・・それなのに接待費としておよそ五百万円を使っています・・・これは常識的に考えて良好な勤務状態とは言えない」

「そういう人材を雇用した責任は企業にあります」

「・・・」

そこへ・・・佳恵と助手の赤星元弁護士(山崎育三郎)がやってくる。

「どうしてここへ・・・」と咲坂。

「相手方の弁護士と待ち合わせよ」

「夏目先生ですか・・・」と宮前弁護士は作業着を脱ぎ、背広を羽織る。

「え」

「私が・・・唐松物産の代理人の宮前です」

「ええっ」

佳恵の案件は顧問先の「チドリ電工」と「唐松物産」との合併交渉だった。

そもそも、唐松物産からの申し出で進んだ合併話が頓挫し、チドリ電工は経営危機に陥ってしまった。

事態打開のために佳恵は動いている。

合併話を白紙撤回しようとする唐松物産の代理人が宮前弁護士だったのだ。

宮前は「労働者の味方」と「企業の味方」という二つの顔を持つ男なのである。

「とにかく・・・合併しても・・・唐松物産にメリットはないという結論です」

「しかし・・・チドリ電工は倒産の危機で・・・このままでは二千人の従業員が路頭に迷います」

「それは・・・御社の自己責任でしょう」

「うわあ・・・なんだか・・・かっこいい」と敵にうっとりする熱海だった。

神宮寺法律事務所の所長・神宮寺一彦(國村隼)は・・・。

「同じ相手に二つの案件で負けたりしたら・・・信用を失います」と咲坂と佳恵に圧力をかけるのだった。

もう一人のパートナー(経営権を持つ)弁護士である猫田純一(杉本哲太)はベンチャー企業「ヒューガクラウド」の上場案件に携わり、CEOの日向俊矢(高橋光臣)と妻のくのいちじゃなかった美紀(青山倫子)と会食中である。

「猫田さんはご結婚は?」

「私は独身貴族です」

しかし・・・婚活も続けている猫田・・・しかし、今回の相手は釣り師だった・・・。

それはともかく・・・咲坂は代理人抜きで交渉相手の小西と面会するという特攻作戦を展開。

「弁護士を通してください」

「人間としてお話したい・・・あなたは・・・どうして真面目に働かないんですか」

「失礼な男だな・・・」

「前の会社では・・・あなたは営業成績トップだとおっしゃってましたが・・・実状は違うようですね」

「・・・私は・・・面接が得意なんですよ・・・いずれにしろ・・・法律は私の味方です」

「つまり・・・あなたはせっかくの営業力を詐欺師として使っているわけですね」

「せ、先生・・・それは」とゆとりでもわかる咲坂の暴言に・・・あせる熱海だった。

「言いすぎじゃないですか」

「だって・・・ああいう奴・・・嫌いなんだもん」

「こ・・・子供ですか」

咲坂は・・・小西の接待費名目の領収書の裏どりを開始する。

接待相手への確認のために・・・足が棒になる熱海だった。

「先生・・・男前なのに・・・作戦がいつも姑息ですよね」

「男前だからって・・・姑息でなぜ悪い・・・ブサイクが華麗なことだってあるだろう」

「いや・・・ブサイクは存在がすでに華麗ではないですから・・・」

仕事が難航する父親を案じた娘は面会日に母親に告げる。

「ママはパパを心配したりしないのよね・・・もう」

仕方なく、佳恵は咲坂にまむしドリンクを差しいれるのだった。

「ママ・・・」

「ママじゃないっ」

みずきはまむしドリンクの結晶なのか・・・。

ついに・・・不正な飲食費を発見する熱海・・・。

しかも・・・接待相手は・・・宮前弁護士だった。

「何かの間違いだろう」

「先生は小西さんの営業する医療器具の購入予定がおありですか」

「いや・・・」

「では・・・スケジュールをご確認いただいた方が」

小西と面会したスケジュールを確認して蒼ざめる宮前弁護士。

「一歩間違えたら・・・横領の共犯ですよ」

「・・・」

一方、佳恵は株式取得による出資者をセッティングし、合併話をまとめるのだった。

神宮寺法律事務所の連勝である。

だが・・・咲坂と佳恵がよりをもどすことはなかった。

「あの二人にも・・・上手くいっていた時があったのか・・・」と熱海。

「そりゃ・・・あったんでしょう・・・12年も夫婦だったんだから」とヨシヒコ新シリーズの出演に期待が高まるヨシヒコの妹でもケータイ刑事でもない美人パラリーガル・茂木さとみ(岡本あずさ)は淡々と応じる。

そして・・・猫田純一の抱える案件は暗礁に乗り上げたらしい・・・つづくである。

関連するキッドのブログ→第1話のレビュー

Gpoo2ごっこガーデン。スーパーまむしドリンクで元気が出るセット。

まこお仕事ドラマでありながら・・・家庭の事情を持ちこみまくる元夫妻。本当は仲いいんでしゅよね~。離婚の原因も超ささいなことだと思うのでしゅ~。かわいいみずきちゃんのためには最後はグッドパートナーに戻るとバッチクーでしゅ~。子はかすがいと申しまして~てなことに~

※ココログでコピペが出来ない障害が発生していたようです・・・TB関係者の皆様、御容赦くださいませ。現在は復旧している模様です。

|

« 恋愛なんて恥ずかしい(大野智)社長と新入社員の色恋沙汰は気持ち悪い(波瑠)恥ずかしくて気持ち悪いことを教えてやろう(北村一輝) | トップページ | ちぐはぐですがなにか(岡田将生)童貞ですがなにか(松坂桃李)浪人ですがなにか(柳楽優弥)クズですがなにか(太賀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/65222639

この記事へのトラックバック一覧です: 男前はつらいよ(竹野内豊)ゆとり弁護士ですがなにか(賀来賢人)まむしドリンクは効きますか(岡本あずさ):

» グッドパートナー 無敵の弁護士 #02 [ぐ~たらにっき]
『大逆転 鍵は300枚の領収書』 [続きを読む]

受信: 2016年4月29日 (金) 12時36分

» グッドパートナー 無敵の弁護士 第2話 [ぷち丸くんの日常日記]
咲坂(竹野内豊)が所属する法律事務所の顧問先である医療機器メーカーが、元社員から不当解雇で訴えられて、咲坂と熱海(賀来賢人)が担当することになります。 解雇された元社員・小西(野間口徹)は、会社と年棒1200万円の3年契約を結んでいて、1年で解雇されたのは「労働契約法」に反すると言うのが言い分でした。 小西側の言い分はもっともで、熱海は勝ち目がないと判断します。 しかし、咲...... [続きを読む]

受信: 2016年4月29日 (金) 16時02分

» グッドパートナー 無敵の弁護士 第2話 [ドラマハンティングP2G]
第2話「大逆転鍵は300枚の領収書」 2016年4月28日  神宮寺法律事務所の顧問先である『シンヨーメディカル』という会社が、元社員から不当解雇で訴えられ、咲坂健人(竹野内 豊)と熱海優作(賀来賢人)が当該案件を担当することに。解雇理由は「会社の経費で飲み食いする…... [続きを読む]

受信: 2016年4月29日 (金) 22時46分

» グッドパートナー無敵の弁護士 第2話 [レベル999のgoo部屋]
「大逆転鍵は300枚の領収書」 内容顧問契約先のシンヨーメディカルにやって来た咲坂(竹野内豊)熱海(賀来賢人)社長の角田一樹(三浦浩一)は、激怒していた。クビを切った元社員・小西勝也(野間口徹)から、不当解雇と訴えられたと。年俸1200万、3年契約。。。...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 1日 (日) 00時01分

« 恋愛なんて恥ずかしい(大野智)社長と新入社員の色恋沙汰は気持ち悪い(波瑠)恥ずかしくて気持ち悪いことを教えてやろう(北村一輝) | トップページ | ちぐはぐですがなにか(岡田将生)童貞ですがなにか(松坂桃李)浪人ですがなにか(柳楽優弥)クズですがなにか(太賀) »