« 2017年6月 | トップページ

2017年7月 3日 (月)

永禄十年、おんな城主気賀へ(柴咲コウ)

遠江国を巡って争う今川家と徳川家・・・その渦中に翻弄される国人衆井伊家である。

この記事は大河ドラマのレビューの前フリなのであるが・・・すでに第何話とかのデータにさえ触れずに更新をつづけているわけである。

だって・・・大河ドラマというよりは小川ドラマなんだもの。

処女であるがゆえに・・・ずっと乙女であり続ける主人公の・・・恋に恋する心が戦国時代に吹き荒れるのである。

もはや・・・言葉を失う展開である。

おりしも・・・都議選で・・・与党は歴史的惨敗で野党に転落したわけである。

更年期障害で我を失った国会議員が揺らがせた男女雇用機会均等法の世界を理知的な女主人公がピチピチのレディースを率いて救済したわけである。

しかし・・・おっさんたちを駆逐した若者たちもいつかはおっさんになるんだなあ。

気賀の堀川城にはおそろしい運命が待ち受けているわけだが・・・。

そうなってしまうには理由があることを・・・描いてくれるといいと思うよ。(仮記事です)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

永禄十年、織田信長は美濃国で勝利し北条氏政は上総国で敗北す(柴咲コウ)

遠江国を巡って争う今川家と徳川家・・・その背後には北条家と織田家がある。

永禄十年、東へと勢力伸張をはかった北条氏政は上総国で大敗を喫し、北に進出した織田信長は美濃国を支配下におさめる。

風が吹いているのである。

今川家にとってはものすごい逆風である。

三河国を失った今川家は対徳川の防衛ラインを構築する必要に迫られる。

その前衛の主軸となるのが大沢基胤を城主とする浜名湖岸の堀江城である。

堀江城の大沢家は鎌倉以来の有力国衆である。

この時期、堀江城の支城として急遽、築城されたと言われるのが気賀の堀川城である。

「おんな城主直虎」では主人公と野武士のラブロマンスをからめて気賀を舞台としたフィクションがくりひろげられているのだが・・・まあ・・・お笑いの一種である。

堀川城の守将の一人、新田友作と瀬戸方久の同一人物説もからめて・・・物語はあやしく進展していくのだった。(仮記事です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

永禄十年、織田五徳と徳川信康婚姻す(柴咲コウ)

遠江国を巡って今川家と徳川家が鬩ぎ合う永禄十年。

駿河進出を狙う武田家と遠江を狙う徳川家の利害が一致する。

織田と徳川は同盟関係にあるがその絆を高めるための婚姻である。

信長はすでに武田家の後継者候補との婚姻を実現させている。

これによって永禄十年には織田・武田・徳川が同盟関係となったのである。

駿河と遠江二か国の領主である今川氏真は美濃尾張伊勢三河信濃甲斐の六か国の同盟と対峙していることになる。

今川家には相模伊豆武蔵を領する北条家が同盟者としてあるが・・・北条家の関心は関東の経営にあり・・・求心力を失いつつある今川家にどれほどの援助を与えるか不透明である。

氏真は必死だっただろう。

そのために遠江国の国人衆の締め付けを行い・・・結果として国人衆の謀反を招き寄せる。

駿府への忠誠心を強要するあまりに国力そのものを減衰させていくわけである。

国人衆同士の政略結婚をいくらすすめても・・・一族郎党すべてが裏切ればはいそれまでよなのである。(仮記事です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ