« 永禄十一年、寿桂尼死去(柴咲コウ) | トップページ

2018年11月21日 (水)

学習障害者、発達障害者、そして健常者のいない世界(榮倉奈々)

ドラマのレビューを続けるためにオンエアされるすべてのドラマを見ることにちょっと疲れたのでしばらくお休みしていたのだが気が付けば長期休眠に突入していたのだった。

レビューをしないととにかく自分の好みにあわないドラマを無理に視聴する必要がないので個人的には非常に快適な日々でした。

もちろんこの世につまらないドラマなどはなく面白くないのは単に視聴者が不勉強だからである。

とはいえ…あまりに未熟で拙速で不出来な作品というのがないわけではない。

だがものすごく豊潤で深みがあり素晴らしい作品もあるのだった。

僕らは奇跡でできている・第1~7話』(フジテレビ20181009~)脚本・橋部敦子 、演出・河野圭太(他)を見た。大杉漣のいなくなった世界の僕シリーズが展開された僕らの物語なのである。人間が人間であるためには人間としての調教が必要なのであるがそれを否とする野生の反逆が根底にあります。

キッドが生まれた頃には発達障害というカテゴリーはなく、ただエジソンはダメな子供だったが天才で偉人だったという物語のみがあった。

今は発達障害というカテゴリーがあり、学習障害というカテゴリーがあり、知覚障害というカテゴリーがある。

ダメな子にはそれぞれのカテゴリーに応じて、適切な対処が可能であるように思われている。

だが世界的なトップリーダーが50億円脱税することを見て見ぬふりをする社会である。

あらゆる病気が専門家の診断をあおげばなんとかなるような気もするがあまねくコンビニエンスストアが進出する国家でも専門医のいないド田舎は存在するのである。

発達障害なんて知らないという一部地域が存在することは十分に想像できるわけである。

このドラマのすごいところは明らかに発達障害とか学習障害とかいうカテゴリーを発声しないアクロバットさにある。

主人公の相河一輝(高橋一生)はあきらかに発達障害的な匂いを醸し出すいわゆる空気を読まない都市文化大学の動物行動学の講師である。

周囲の人々・・・学生や同僚たちは一輝の言動に戸惑う。

しかし・・・発達障害はもちろんコミュニケーション障害などという怪しいカテゴリーが存在しない世界では「彼は○○だから」という一言で片づけられないのである。

これは機知外に刃物という言葉の存在不能となった世界に準じる軽妙洒脱な設定といえるだろう。

一方で発達障害が軽度な健常者であるふつうの人々の周辺に水本歯科クリニックの水本育実(榮倉奈々)が配置される。

彼女はドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年フジテレビ)の小柳義朗(大杉漣)のポジションである。エリートとして勤労一筋の仕事人間だった義朗は仕事よりも家庭を優先し始めた息子の徹朗(草彅剛)の言動に激しく戸惑うのだった。

歯科医と患者として一輝に出会った育実は50億円脱税することが頂点の経営者として「すごい人間」になることが人としてまちがっているかもしれないと動揺するのだった。

おいおい・・・それはどうかな。

一方、虫歯が縁で知り合った小学生・宮本虹一(川口和空)と意気投合する一輝。

女児ではなく男児の設定なのは連れまわしたり家に連れ帰ったりするので別の問題が発生しないための対処である。

虹一もまた「教科書を読むと頭が痛くなる」が「絵を描くことは大好き」というダメな子なのである。

誤解を招くぞ。

虹一の母親・涼子(松本若菜)は「やればできる」と言われる虹一を「ふつうの子供」にしようと必死なのである。

なにしろ・・・発達障害といカテゴリーが存在しないので教師も母親も「ダメな子」としか認識できないのである。

明らかに非常識な言動をする一輝から虹一を引き離し、ふつうになるための学習塾を強要する母親。

仮病を使って登校拒否し家出をした虹一は一輝の家に逃亡する。

小学聖男色日記ではないので一輝の家には家政婦の山田さん(戸田恵子)が配置されているのだった。

やがて観察眼に優れた一輝は虹一の視覚に障害があることを推測する。

視覚過敏による特殊な読字障害による学習障害によって発達障害的な感じになっているという虹一の設定である。

発達障害の一言で片づけない脚本家の執念を感じる展開なのであった。

ダメな子供ではなくダメな母親だったと傷心する涼子はさておき・・・動物行動学者の一輝にけだものとしてあつかわれた育美はいつしか頬をほんのりそめるのであった。

幸福を追求するときが幸福なのか…幸福なんて知らないのが幸福なのか。

人はよくわからないで生きている。

関連するキッドのブログ→東京タラレバ娘 

あくまで一時帰宅です(=^・^=)

|

« 永禄十一年、寿桂尼死去(柴咲コウ) | トップページ

コメント

復活後の初コメが僕で、すみません(笑)
おめでとうございます。全然お元気そうで。
正直、全くの偶然で更新に気づきましたよ note
   
1年ぶりの復帰、ほぼ同期の
ココログブロガーとして嬉しい限りです。
レビュー内容も文体も、初期のキッド節の香りがして
懐かしい。アブナイ言葉も入ってるし♪typhoon
   
僕は今期、超可愛い有村架純virgoしか見てないので、
橋部ドラマをやってることさえ知りませんでした。
障害の分類は今後も揺れ続けるでしょうね。
LGBTの扱いの今後もなかなか読みにくい。
   
まあ、「小学聖」はしばらくダメでしょう。
「中学聖」ならともかく♪
っていうか、中学はドラマ前半だけだし(^^ゞ
現代版の常識的批判の声に耐えきれなかったのかも。
   
ともあれ、キッドさんの復活で幸福を感じてる
読者は少なくないと思います clover
マイペースで続けてください。ではまた。。shine

投稿: テンメイ | 2018年11月21日 (水) 23時10分

run○-○)))テンメイ様、いらっしゃいませ。○-○)))bicycle

お運びありがとうございます。

すっかり老化がすすんで本格的に老眼鏡のお世話になっている今日この頃です。

木枯らしの季節テンメイ様もご自愛くださりますように。

発達障害の深い闇について・・・結構エッジのきいたドラマだなーと感じて思わず記事を認めてしまいました。

人間の精神が本質的に不完全である以上、全人類が発達障害であることはまちがいないわけで・・・その程度の問題が根本にあるわけでございます。

まあ・・・そういう不憫な人類がそこそこ安穏と生きていける社会の実現が・・・せめて妄想の中だけにはあってほしいと思うのでございますねえ。

発達障害の一言で片づけない。

この作品の場合、そういう脚本家の覚悟がほのかにかぐわしい。

言葉はどこまでも曖昧なので・・・発達障害には個人差がありますと常に言わなければならない。

ドラマにこれはフィクションですと但し書きをつける愚かしい文化は常に空気を読み続けますからねえ。

有村架純が女子中学生を演じるドラマだったらもう少し積極的に視聴したいと思います。

女教師の性欲のはけ口悶え異性交遊というような日活ロマンポルノ的展開でヌードねなしじゃあちょっとねえと考えます。

日本は法治国家ですからねえ。

中国も法治国家だという意味ではねえ。

そしてフランスはよこしまな欲望をむき出しにする法治国家なのでございます。

まあ・・・そんな世界に天使テンメイ様はあまねく愛をふりそそがれますように・・・地獄から応援しておりますぞーtyphoon

投稿: キッド | 2018年11月22日 (木) 01時38分

FeedlyでRSS受信し続けて、復活(一時帰宅?)を知ることができて良かった(涙)。
ひとまずそれだけ。じっくり拝見します。

投稿: 幻灯機 | 2018年11月22日 (木) 09時34分

movie✪マジックランタン✪~幻灯機様、いらっしゃいませ~✪マジックランタン✪movie

お心がけに感謝でございます。

今期は「昭和元禄落語心中」とならんでこれがキッドをうっとりとさせています。

しかしこちらの方が一言言いたい気分にさせるドラマだったわけですねえ。

あくまで一時帰宅なので当分、記事の更新がないことをご了承くださいhappy01

投稿: キッド | 2018年11月22日 (木) 18時37分

じいや、お帰りなさいhappy01

お久しぶりです~~~~!crying
生きてたんですねぇぇええ。

一時帰宅とはいえ、やっぱり嬉しいです!
昨日来たんだけど、何言っていいのか悩んで
戻ってきてしまった。
このドラマ見てないし(^-^;

また書きたいものだけ、書きたい時に、書いて。
伊勢丹で買ったゆず茶置いておくねjapanesetea
めでたいめでたいめでたい。
じゃ、またね!

投稿: アンナ | 2018年11月23日 (金) 22時49分

☁Building☁アンナ☆ラン様いらっしゃいませ☁Building☁
snowboard

お嬢様におかれましてはご機嫌麗しゅうございます。

じいめの寄る年波には勝てずお嬢様方のお世話もじいやロイドにお任せ状態でございまする。

まあじいやロイド三万体がお世話しておりますので問題ないと存じます。

「A LIFE~愛しき人~」の脚本家でございますよー。

お嬢様のために脚本家リンクを追加しておきましたぞー。

ダーリン抜きでもたまにはドラマをご照覧あれー。

ゆず茶ごちそうさまでございました。

お嬢様専用農園に柚子の木百本植樹しておきましたぞー。

また機会があれば記事をアップしたいと考えます。

それまでしばし御免くだされませ~typhoon

投稿: キッド | 2018年11月24日 (土) 19時08分

わぁ~じいやちゃま、お帰りなさい。
テンメイさん、アンナちゃまもメンバーおそろいでしたか。アタクシメの遅刻を許してね。
まこちゃまもさっき遊びにいってましたけど間もなく帰りますからご安心くださいね。
一時帰宅ってどこを旅していたのか、また出かけられるのね。
お忙しいですね。

このドラマ今週がいきなり大ヒットになり驚いてしまったくらいです。
ピュアな世界に惹かれてはいましたが炸裂しましたね。
発達障害って多分アタシもそうですし大半の人が自覚してると思うんですがね。
こんな時代ですので「誰かにどう思われる」観念が不要だと気付けた母親はきっとこれから虹一くんの力強い味方になれそうです。
ほっとしましたわ。

じいやちゃま、ちょっとお疲れでしょうから軟らかいハンバーグを作りましたわ。
オニオンスープは一時間ぐらい炒めたので飴色になり
凄く甘みがでていますからね。
ゆっくりお休みしたらまた次の地へ行かれてくださいませ。
お体に気をつけてね。

投稿: エリ | 2018年11月25日 (日) 17時52分

ribbon✿❀✿❀✿かりん☆スー☆エリ様、いらっしゃいませ✿❀✿❀✿ribbon

相次ぐ天変地異、大波乱の世界情勢、平成財閥の全力をあげて世界の平穏を維持せねばなりませんのでお嬢様方のお世話をロイドたちにまかせきりになっておりますぞーっ。

しかし、お嬢様方は健やかな高校生活を永遠にエンジョイなさりませーっ。

さすがはお嬢様、主人公がヒロインを鞭打った果てに甘いお菓子をあげる回を見逃しませんでしたなー。

ウサギさんだったヒロインがリスを見て電撃にうたれ・・・甘い言葉のシャワーにうっとりの展開なのでございますねえ。

100回ほめられたら100回ハッピーでございます。

完璧な子供がいないように完璧な母親もいませんからねえ。

人々はなるべくベストをつくすしかないのです。

なにがベストなのか神のみぞ知るわけですが・・・少なくともそそがれた思いは伝わりますからなあ。

大切に思われていた記憶こそが・・・愛の基本なのでございましょう。

主人公の生い立ちはまだ謎につつまれているわけですが・・・人が世界に馴染んでいくための奇跡がきっと隠されていると考えます。

デザートにパンプキンパイをどうぞ。

ほうじ茶ラテでおめしあがりください。

お嬢様たちが楽しいウインター・ライフを過ごせるように
冬の別荘を点検しにまいりますーっ。run

投稿: キッド | 2018年11月25日 (日) 20時59分

キャー キッドさま
おかえりなさい\(^o^)/

週1回くらい お部屋を訪ねていましたが
最近はコメント欄も静かでほぼ諦めの境地で不在確認をしておりました

まさか
このタイミングで更新して下さるとは夢にも思ってませんでした!!


きっと長い沈黙を破って語りたくなるほどに素晴らしい出来だったんですね
ぜひ探して見たいと思います
最近 アマゾンプライムで過去のドラマや映画を見てることが多くて あまり熱心に連ドラを見なくなってしまいました
偶然見た今期のNHKの落語の話は面白そうな気がしましたが
役者さん演技が大変だろうなぁ と同情してしまってアニメを先に見ようかなと思ってました

私、結構 辛抱強く待てるので
キッドさまがぜひ語りたいと思うドラマや 世の中の事
気の向くままに また更新してくださいね!

よろしくお願いします(*^_^*)

投稿: chiru | 2018年11月26日 (月) 21時04分

cherryblossomシンザンモノ↘シッソウニン↗・・・chiru様、いらっしゃいませ・・・大ファンheart04

ただいま参上でございます。

まもなく2019年になりますので・・・すでに1年以上更新していないのですが・・・2017年から二年更新していなかったぽくなるのでとりいそぎ更新しました。

まあ確かに記事を書きたくなるドラマがあったことが前提です。

「昭和元禄落語心中」も素晴らしい出来栄えですが主人公の存在感が抜群なんですよねえ。

キッドはアニメ版よりドラマ版の方が好みでございます。

大政綾→成海璃子という母娘のキャスティングもトレビアン!

最近は多くのドラマが登場人物が基本・・・発達障害の要素の濃いものが中心ですが・・・というか・・・そもそもドラマというものは未発達の人格と未発達の人格の相克が基本ともいえます・・・どうしても似たりよったりのものとなり・・・時々辟易いたします。

そういうドラマ群にあって…「僕らは奇跡でできている」はある意味ストレートで軽快でございました。

これが平成最後の記事にならないように・・・。

また語らずにはいられないドラマがあり、お目にかかれることがあることを信じてしばらく失礼いたしますtyphoon

投稿: キッド | 2018年11月27日 (火) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83353/74640744

この記事へのトラックバック一覧です: 学習障害者、発達障害者、そして健常者のいない世界(榮倉奈々):

» 「僕らは奇跡でできている」ほか秋ドラマ第2弾! [エリのささやき]
ピュアなドラマに惹かれるこの頃。(微笑 [続きを読む]

受信: 2018年11月28日 (水) 19時57分

« 永禄十一年、寿桂尼死去(柴咲コウ) | トップページ